30歳男性から繰り返しできるニキビで悩んでいるという相談があり、それに全力で回答しました!!!

[最終更新日]2018/04/14

今回は、30歳男性から繰り返しできるニキビに悩んでいるという相談が寄せられたので、全力で回答しました!!

一日何度も洗顔をし、他にも色々な対策を講じているけどニキビが繰り返し出来てしまうTさんにアドバイスさせていただきました。

もし似た様な心境にある人は、何か参考になる部分があるかもしれません。

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

題名:30歳の男なんですが、繰り返しニキビが多発していて悩んでいます。

30歳男性相談1
30歳男性相談2

初めまして。私は30歳の男なんですが、この年齢になっても繰り返しニキビが出来、非常に悩んでいます。そんな時にこちらのサイトに辿り着き、今回メッセージを送らせてもらいます。。

21歳の頃から肌荒れが酷くなり、皮膚科でディフェリンゲルとダラシンを処方してもらって使っていますが、治ってもすぐに赤くて大きい痛みのあるニキビが口周りに出来、鼻にも定期的に繰り返しできてしまいます。

皮脂の分泌は多い(アブラギッシュ)と感じているのですが、口周りはカサカサと乾燥しているような気もしています。

なので、今は朝と夜に一回ずつ泡立てた洗顔料で洗顔をしていて、職場では水道水で2〜3時間毎に洗っています。夜の洗顔後にパウダー化粧水は塗っていますが、保湿クリーム等は付けていない状況です。

またビタミン剤や抗生物質も処方されるので、それらを夕食後に摂り、体の代謝をあげるためにウォーキングといった軽い運動を週に3回程度しています。

お菓子など一切食べずに、お酒やタバコもすったり飲んだりしません。そして睡眠も一日6時間はとるようにしています。以前ネットで胃の病気でニキビが出来るという情報を目にして病院で胃の検査をしたのですが、特に異常はなく、どんな対策を取ってもニキビが一向によくならないです。(ちなみに、健康診断では中性脂肪や血糖値の数値も正常でした。)

30歳になってもこういう肌状態で、他にどのような対策をしたらいいか思い浮かばない状況です。顔にいくつも赤い吹き出物があり、時には膿のあるものも出来てしまいます。

職場の飲み会で、同僚に「鼻の毛穴が汚い」「何歳までニキビ出来るの?」「ブツブツうつるじゃん」「ちゃんと洗顔してる?」といった結構精神的につらい罵声を浴びせられることもあるので、今は本当に辛いです。

もし何か気になる点、こうした方が良いこと、またオススメの方法があれば教えてほしいです。

私のニキビの原因はどこにあるのでしょうか?洗顔などでニキビを目立たせなくすることは可能でしょうか?

よろしくお願いします。

ニキビ太郎の回答

Tさん

初めまして。ニキビ太郎です。

繰り返しできる赤くて大きいニキビは痛みを伴い、良くなってもニキビ跡として赤みが肌に残り続けるので本当に苦しいですよね。。

僕自身も似た経験をしているので、今Tさんが抱えている不安がどれほどのものか予想することができます。

本当に辛いですよね。この度は勇気を出してメッセージを送ってくださり、本当にありがとうございます。

早速ですが、僕のできる範囲で、Tさんの相談に全力で回答(ニキビ太郎の見解)させていただきたいと思っています。

favicon >21歳の頃から肌荒れが酷く、皮膚科でディフェリンゲルとダラシンを処方してもらっているが、治ってもすぐに赤くて大きい痛みのあるニキビが口周り、鼻にも定期的に繰り返す。

この「治ってもすぐに」という記述があることから、皮膚科のニキビ薬は一定の効果があると僕は判断しました。

僕もディフェリンゲルとダラシンゲルを処方してもらい、使用しましたが、基本的にディフェリンゲルは長期使用(僕の場合は約1年間塗り続けました)し、ダラシンゲルは赤いニキビが出来た時に患部にだけ塗るといった感じです。

ディフェリンゲルは毛穴に皮脂が詰まることを予防してくれるニキビ薬なので、一定期間塗り続けないと思った効果を維持することができないと感じています。

なので、もしディフェリンゲルを使用して良くなってきたなと判断し、直ぐに(一ヶ月とか三ヶ月)で使用を中止していたなら、この期間を一気に一年単位で使用されてみることをオススメしたいです。

ニキビが繰り返しできるということは間違いなく肌状態が正常ではないので、元の綺麗な肌状態に戻すためにはそれなりに期間が必要になってくると僕は実感しているからですね。

favicon >皮脂の分泌が多く、口周りはカサカサと乾燥している気もする

口周りにできるということは、Tさんが考えているように、肌が乾燥してしまっている可能性があります。

アブラギッシュで皮脂の分泌が多いと感じている鼻は、逆に皮脂の過剰分泌が考えられるので、今のTさんの肌質は、場所によって乾燥肌と脂性肌が混じった肌質だと言えると思います。

このような肌質になる原因として、


>朝と夜に一回ずつ泡立てた洗顔料で洗顔し、職場でも2〜3時間毎に水で洗顔している

↑まさにこのスキンケアの仕方が考えられます。

実は僕自身もニキビやニキビ跡がめちゃくちゃ酷かった時期は、一日に4回も洗顔料を使った洗顔でゴシゴシと何分も洗顔していたことが最大の問題でした。

確かに毛穴に皮脂が詰まることでニキビが発生するおで、洗顔によってその皮脂を洗い落とすという発想は良いのですが、それが過剰になると肌にとっては完全に逆効果なんですね。。。(汗)

正常な肌にはバリア機能というのがあるのですが、これは肌の常在菌バランスや皮脂が一定量排出されることで維持されています。なので、過剰な洗顔によって皮脂を洗い落としすぎると肌は乾燥し、カサカサと乾燥するようになってしまうんですね。

乾燥肌、普通の人の肌のイメージ図

肌が乾燥すると肌の一番上にある角質層がボロボロ(隙間ができるよう)になり、本来であれば肌の内部に保持するはずの水分が蒸発するようになります。これが酷い肌の乾燥を招く原因なんですね。

これは特に、普段から皮脂の分泌の少ない口周りやフェイスライン付近で起こりやすいです。

一方で、普段から皮脂の分泌が多いおでこや鼻といったTゾーンの皮脂が洗顔によって洗い落とされると、脳は皮脂をその分カバーしようとするので、今まで異常に皮脂を出して肌が乾燥しやすくなります。これが過剰な洗顔による皮脂の過剰分泌が引き起こされる原因になります。

つまり、Tさんが今までニキビをよくしようとやっていたスキンケアが原因で、乾燥とアブラギッシュといった肌質を作り上げていることになります(汗)

正常な範囲の洗顔は多くて朝と夜の2回までにするようにすることが良いと僕は考えます。ちなみに、僕が考える究極の洗顔は、洗顔料を使わずにぬるま湯ですすぐだけのぬるま湯洗顔でちゃっちゃっと洗顔することだと思っています。

ですが、Tさんがいきなり洗顔の回数を減らす事は逆に不安で仕方がないと思うので(僕がそうだったので)、早速明日から徐々に洗顔の回数を減らすことをオススメしたいです。

職場では水洗顔はせずに、柔らかいティッシュなどで顔を軽く抑えて皮脂を一定量取るといった方法が良いんじゃないのかな?と僕は思います。

favicon >夜の洗顔後にパウダー化粧水は塗っています

Tさんの今の肌質を考えると、洗顔後は皮膚科で処方してもらえる保湿剤(プロペトやヒルドイドローション)が良いと思います。

市販の保湿薬でTさんの肌に合うものがあるといいのですが、見つけるのは恐らく至難の業なので、可能であれば、皮膚科のお医者さんに保湿薬を処方してもらえないか相談されてみてください。

皮膚科の保湿薬は保険適用なので、費用の負担も少なく、効果が出やすいと僕自身実感しています。

ビタミン剤や抗生物質もお医者さんが処方されているのであれば、それも相談しながら継続されることをオススメしたいです。

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

favicon >軽い運動を週に3回程度している

これは良い事だと思うので、継続されることをオススメしたいです。ですが、歩き方が悪いと筋肉が逆に緊張して姿勢が悪くなったり、関節を痛めたりすることもあるので、その辺りには十分に注意されてくださいね。

favicon >お菓子やお酒は飲み食いせず、タバコも吸わない

これも是非継続されてください!僕の場合、ニキビで本当に人生を諦めたこともあるくらい精神的にも追いつめられていたので、少しでも甘い食べ物、お酒を飲む様な飲み会には一切参加しませんでした。。

また、どうしても断れないお酒の席では本当に病気で飲めないと嘘付いて飲まなかったです。

僕の例はあまりに極端ですが、お酒の席に行かなくなると、金銭的にも厳しくならないですし、自分の自由な時間ができるので、肌のことについて勉強する時間などに当てていました。

そして、Tさんは飲み会の席で同僚から心もとない罵声を浴びせられているので、こういった人達と過ごす時間は少しでも減らす事も大事だと思います。ニキビでの悩みは本当にニキビで悩んだ事が無い人には理解できないことで、こういった人を傷つけるようなことを平気でいう人達とは接点を経つ事も真剣に考えるべきなのかもしれないです。

僕がこんなことをいうのも変ですが、本当にTさんのことを大事に思ってくれる人は、絶対にTさんのことを簡単に傷つける言葉を言わないと僕は思うからですね。

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

favicon >睡眠が一日6時間

これは少し短い気がしています。最低でも7時間は寝る事をオススメしたいですが、仕事をされていると会社から帰宅した時点である程度遅い時間になっていることもあると思うので、寝る直前にパソコンやテレビ、スマホなど光の強い光源を長時間使用されないことをオススメしたいです。

ブルーライトを見る時間を減らす事で、睡眠の質を高めることができると僕は実感しています。

Tさんは健康診断の数値や胃の状態も悪くないとのことなので、食生活を改善したり、睡眠の質を高めたりすることで、ニキビが良くなっていく可能性が高い思います。

乾燥によるニキビは、大きく膿を持つ黄ニキビや、炎症の強い赤ニキビになる可能性が高く、ニキビ跡も残りやすいです。

なので、これまでに挙げたスキンケアの仕方(特に洗顔の方法)などを見直してみたりされることが、ニキビを予防していく第一歩になってくると僕は感じています。

ニキビは本当に「死にたい」と思わせるほど恐ろしい肌の病気です。

Tさんも今めちゃくちゃ辛い状況だと思います。ですが、絶対に希望は捨てないでくださいね!!!

何かあればまた連絡ください!僕の出来る範囲でチカラになりたいと思っています。

ニキビ太郎

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→注目!1日でも早く黄ニキビを予防する方法を原因から見ていきます!

コメントを残す

このページの先頭へ