必見!28歳の男性でニキビで悩む人へ伝えたいこと。

[最終更新日]2018/04/10

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

今回は、28歳男性(会社員)の方から寄せられた「中学生の頃からずっとニキビで悩み、今ではニキビ跡が酷い」という相談が届いたので、もし似た様な境遇の方だと何か参考になることがあるかもしれません。※お名前のところはイニシャルにさせてもらっています。

題名:中学2年の頃から28歳の今までずっとニキビで悩んでいます。

Mさん28歳男性会社員の方1
Mさん28歳男性会社員の方2

ニキビで悩んでいる28歳会社員の男で、Mと言います。

中学2年の頃から28歳の今までずっとニキビで悩んでいます。学生の頃は思春期の頃のシンボルとか言われ、自分でも若い時はニキビができるものだと思っていました。そして、大人になるにつれて自然と良くなると思っていました。

ですが、20歳になっても全然ニキビは治ってくれず、むしろ年々出来る場所が変わって悪化している気がしています。

昔はおでこや鼻といった場所に良く出来ていたのですが、今ではフェイスライン(特にあご下)にやたらと出来ます。

最近特に環境の変化や生活スタイルを変えているわけではないのですがニキビ肌が酷くなっている気がしてなりません。本当にまいっています。

全然治らないので人と会う事自体が本当に辛く、毎日が絶望的な日々を過ごしています。(私は特に人前にでる仕事をしているので肌が汚い事は本当に辛いです)

凹凸のニキビ跡もあって、市販の塗り薬を始めとして病院でもらった内服薬(ビタミン剤)なんかも試してみましたが、効果は感じませんでした。

今はリプロスキンという化粧水を使っていますが、良い効果は今のところ出ていません。

自分でも色々と調べて、食事の面はきちんと脂っこい食べ物は控えたメニューを一日3食食べていますし、亜鉛やビタミンCといったサプリメントも毎日摂取しています。

最近はウォーキングもするように心がけていて、枕のシーツも毎日交換するほどです。本当に何が肌に悪いのかわからない状況です。

親しい友人とかにも相談しましたが、彼はニキビで悩んだことが無いらしく、気にしないのが1番だとといってくれるのですが、やはり同じような境遇で悩んだ人じゃないと分からないことなんですよね。

家族の中でもニキビで悩んでいるのは私だけですし、遺伝とかではなさそうなんです。

ニキビ太郎さん、出来れば自力でニキビやニキビ跡を治せる方法があったら是非教えてください。

ニキビ太郎の回答

Mさん

初めまして。ニキビ太郎です。

もう10年以上もニキビで悩まれてきているとのことで、本当に辛くて苦しい思いをされていると思います。

ニキビは10代のシンボルと表現されることがありますが、20代になってからニキビ(大人ニキビ)で悩む人の数もかなりいると僕は感じています。

Mさんも大人になってから鼻やおでこといったTゾーンから顎周辺といったフェイスライン(Uゾーン)へと移行していっていると書いてあるので、恐らく思春期ニキビから大人ニキビへと変化していっているものだと僕は考えます。

特にあご周辺にできるニキビや吹き出物は一度できると、炎症が強くて大きな赤ニキビや膿をもった黄ニキビになることが多く、ニキビ自体が目立たなくなったとしてもニキビ跡が残る可能性が大きいです。

>最近特に環境の変化や生活スタイルを変えているわけではないのですが、ニキビ肌が酷くなっている気がしてなりません。

とあるので、もしかしたら、日々の洗顔が今のMさんの肌に合っていないのかな?と僕は推測しました。

10代の頃は、成長に伴う皮脂の過剰分泌によって毛穴に皮脂が詰まることによってニキビが発生することが大きな原因となることが多いです。

一方で20歳を超えてからは逆に皮脂の分泌が加齢と共に減っていくと言われています。

なので、10代の頃からニキビで悩んでいる人は20歳を超えてからもずっと10代の頃と同じように洗浄力の強い洗顔料で顔をゴシゴシと洗っている傾向が強いです。

こうなると、おでこや鼻といった場所のニキビは落ち着き、逆に顎や口周りの肌が急激に乾燥するようになり、大人ニキビが悪化していきます。(実は僕もこの中の一人で20歳を超えてからフェイスラインの大人ニキビのせいで大量のニキビ跡に悩まされました)

→必見!1日でも早く大人ニキビを予防したい人へ。

Mさんはメンズ用やニキビ用といった洗浄力の強いもので洗顔をしていませんか?

もしそうであれば、洗顔料の使用を即刻中止して、ぬるま湯洗顔に切り替えることを強くオススメしたいです。

そして、リプロスキンを始めとした市販のニキビ薬等も使用中止し、皮膚科に行かれることをオススメしたいです。(ちなみに僕もリプロスキンを試したことがありますが、効果はなかったです汗)

皮膚科でベピオゲルやディフェリンゲルといったニキビ薬を処方してもらいそちらをぬるま湯洗顔後に使用されることをオススメしたいです。

また、顎したのニキビは肌の乾燥が主な原因となっている可能性が高いので、ヒルドイドローションやプロペトといた保湿薬の使用もオススメしたいです。

→必見!冬の乾燥でニキビが発生する時に効果的なとっておきの保湿対策を紹介します!

これらも皮膚科の先生にお願いすれば処方してくださると思うので、勇気を振り絞って皮膚科に通われることをオススメしたいです。

ニキビはどんなに小さくても肌の病気です。例えば、健康に大きな悪影響を与える病気になれば病院に行くと思うんです。ニキビは精神的にも辛い肌の病気だということをMさんにお伝えしたいです。

自力で治したいお気持ちもわかりますが、可能であれば皮膚科に行かれることを僕は強くオススメします。

favicon 根本的なところから解決する必要があると思っています。

Mさんは仕事柄人前にでることが多く、ニキビやあるとそれが気になって夜も眠れないほどだと思います。僕自身もアルバイトで接客(映画館のレジ)をしていたことがあるので、人に会うことが辛いという気持ちが痛いほどよくわかります。

なので、一時的な解決方法ではなくて、ニキビを根本的に解決する方法で新しいニキビを作らないようにすることがかなり重要だと思っています。

その為には日々の食生活の見直しも大事になってきます。

favicon 食事について

Mさんはサプリメントを摂取し、脂っこい食べ物を控えきちんと三食食べているようなので、かなり食関しては意識が高い方だと感じました。

なので、今の食事から本の少し見直せば、肌状態は良くなっていくと僕は思います。

僕は腸内環境を良くする食事に糖質制限食、そして脂質の摂り方を組み合わせた食事を摂っています。

例えば、

①炭水化物(特にグルテンを含む小麦製品)は控えめに食べること。

②魚を中心として時々お肉、他にも大豆製品(納豆や豆腐)といったたんぱく質を少し多めに食べること。

③腸内環境を良くする為に、食物繊維やオリゴ糖を含む野菜や果物、乳酸菌を含むヨーグルトなどをメニューに加えること。(バナナ+ヨーグルトは特にオススメです)

④調理に使う油は、オリーブオイルやココナッツオイルといったものにする。

といったことです。リンク先の記事にも詳しくまとめているので良かったら参考にしてみてください!

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

また、サプリメントも大事ですが、やはり基本は口にする食べ物が中心となってくるので、Mさんも是非色々な食事メニューを食べて腸内環境を良くしてみてください!きっとニキビの予防スピードが劇的に変わってくると思います!

favicon ニキビの悩みはニキビで悩んだ人にしかわからない。

僕もMさんと同じように、ニキビの悩みはニキビで悩んだ人にしかわからないと考えています。

ニキビで悩んだことが無い人は、僕がニキビで本気で死ぬ事を考えたことを伝えると絶対に信じられないと思うんです。

きっとニキビなんかで死ぬなんてありえない

と考える人が大半だと思います。ですが、僕はニキビやニキビ跡で酷く悩んでいた時は毎日のように死にたいと思っていたこともありました。

他の人には理解できにくいことだから、周りの視線とかが気になって辛くなるんですよね。。

Mさん、ニキビやニキビ跡は本当に辛くて苦しい肌の病気です。これからも治療していく過程で悩む事があると思いますが、僕も今現在クレーターニキビ跡を治療中です。

なので、何かあったらまた連絡ください!僕もMさんと一緒に諦めずに頑張りたいと思っています!

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できる!?

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ