注目!ニキビの膿は出した方がいいのでしょうか?24歳女性から相談が届いたので全力で回答しました!

[最終更新日]2018/04/16

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

今回は、24歳女性から「ニキビの膿は出した方がいいのでしょうか?」という相談が寄せられたので、それに全力で回答しました!!

繰り返しできに膿ニキビ(黄ニキビ)の膿は出した方がいいのか?それとも出さずに放置した方がいいのか?

また、膿が出たときすべき対処方法についてもまとめたので、もし似た様な状態にある人は、何か参考になる部分があるかもしれません。

題名:ニキビの膿は出した方がいいですか?

24歳女性膿は出した方がいいですか?
24歳女性膿は出した方がいいですか?2
24歳女性膿は出した方がいいですか?3

にきび太郎さん

お久しぶりです。赤ニキビの膿について聞きたいことがあって、メッセージを送らせてもらいました。

今、私の左の頬に赤ニキビ(結構大きい)があって、ものすごく悩んでいます。

というのも、普通の炎症しているニキビじゃなくて、ニキビの中に膿が溜まっているのがうっすら分かるんです(>_<)

膿が溜まったニキビ(黄ニキビ?)はこれまでも何度か出来たことがあるのですが、今回のは奥の方にこもっている感じで、しかも少しでも触ると激しい痛みを伴います。

恐らく今が腫れのピークだと思うんですが、、酷い色素沈着?シミ?や凹むクレーターのようなニキビ跡になったら嫌なので、非常に困っています。

膿が溜まったニキビは膿を出すと早く治るという記事や知恵袋なんか読んだのですが、一方で逆に悪化するという情報も目にしてどっちが正しいのか分からない状態です。。。

実は少し前に、ニキビの表面が真っ黄色に腫れたのが口元にできたので、そのときは自分で針を使って膿を出したことがあります。ですが結果は若干赤みがその後残ってしまいました。。

自己流だったんでやり方が悪かったんだと思います。

そして、膿ニキビを放置したこともあります。その時はフェイスラインのニキビで次第に腫れは治まったんですが、濃い紫色のような状態になって、、お風呂から上がった時に勝ってに潰れて黒っぽい血の様なものが出てきました。。。(涙)

結局、膿をだしても出さなくてもニキビ跡が残ってしまうのなら、どうせなら少しでも早く良くなる方を選択したいと思っています。

膿のあるニキビができると、どうしても目立ちますし、何より人に見られたくないという気持ちが出てきて人に会うことが億劫になるのでほんとに困っています。

にきび太郎さんに膿のあるニキビが出来た際はどのように処置しますか?

膿は出さないですか?

よろしくお願いします!

K

ニキビ太郎の回答

Kさん。

お久しぶりです。ニキビ太郎です。

左の頬に大きい赤ニキビがあって、さらに膿があるということは、恐らく強い痛みもあり、かなり目立つことだと思います。

一日でも良くしたいですよね。またニキビ跡にならないか不安でもあると思います。僕も似た様な経験を何度もしてきたので、その気持ちは本当に僕もよくわかります。。。

膿を持ったニキビは、皮膚科の先生の間でも、潰して膿を取った方がいいという先生と逆に潰さずに自然に治ることを期待する(放置しておく)方が良いという先生の意見に分かれています。。。(汗)

なので残念ですが、今のところどちらが正解というのは言い難いと思っています。

ですが、僕の経験上ではありますが、膿ニキビの種類によっては潰した方が良いケースと一方で放置しておく方がいいものが存在していると感じています。

なので、今回は僕ニキビ太郎の経験に基づく判断方法というのをまとめたので、良かったら参考にしてみてください!(ニキビ太郎の見解です)

膿を出した方が良いケース

まずは、膿を出した方がいい黄ニキビに関してまとめていきますね。

チョコボール黄ニキビ

↑膿が溜まったニキビの例です。(写真が汚くて申し訳ないです汗)

膿の溜まったニキビは、黄ニキビと表現されることもあり、その多くのケースでは早く膿を出した方が回復する時間は早くなると僕は感じています。

そして、膿が溜まっているニキビを触って痛みがあるケースでは、次第に膿が毛穴の奥に進むようになり、炎症が最終形態にまで進行する可能性があるので、早急に膿を出す方がいいと僕は考えています。

※ここで注意したいのは、膿が無理なく簡単に外へ排出されるものは出した方がいいという考えで、膿があるものは全て出した方がいいということではないので注意してくださいm(_ _)m

鼻ニキビ

↑上の写真はニキビ太郎の鼻に出来た、大きな鼻ニキビなのですが、このニキビは毛穴の奥に膿が溜まっている状態で痛みが伴いました(汗)

写真では分かり辛いですが、炎症が大きく、本当に薄らと膿が見えるか見えないかという状態です。この場合は毛穴の奥に膿があり、無理に出すとクレーターニキビ跡が残るので、この場合は放置した方がいいです。

ニキビは通常であれば、毛穴の中に皮脂が詰まって発生し、そこにアクネ菌がやってくることで炎症が発生します。

患部に炎症が起きているということは、毛穴の中でアクネ菌と白血球のバトルが繰り広げられているということなんですね。

そして、その白血球の残骸として膿が溜まります。膿が大量に蓄積すると毛穴の奥にある真皮細胞という場所にも相当なダメージとなり、最悪の場合だと最悪の場合、酷い紫ニキビやクレーター(凹み)ニキビ跡を残す危険性があります(汗)

なので、このケースでは早急に膿を出して少しでもニキビ跡になるリスクを下げることが大事になってくると思います。

Kさんが書いた以下の文章のような状態だと・・・

>ニキビの表面が真っ黄色に腫れたのが口元にできた。

Kさんの口元にできたものは、膿を出した方が良かったものだと僕は思います。表面が真っ黄色ということは早く出してあげないと更に毛穴の奥にダメージを与え、ニキビ跡の赤みがより強く残ることが考えられるからですね。

>濃い紫色のような状態になって、、お風呂から上がった時に勝ってに潰れて黒っぽい血の様なものが出てきました。。。(涙)

↑この状況だと恐らく黄ニキビから紫ニキビに進行してしまったケースだと考えます。

なので、この時のケースでは膿を早く出した方が良かったのかもしれないです(ですが、あくまでも可能性なので、膿を出した方が必ずしもいい結果につながるわけではないです)

自己流でも良いのですが、非常に難しいですよね。。以下に僕がやっている膿の出し方をまとめたので、良かったら参考にしてみてください!

僕の仕方に少しでも?が浮かんだら挑戦されないことをオススメしたいです。膿を出す事はやはりリスクが高く、可能であれば皮膚科での治療を僕はオススメしたいからですね。

膿を出す場合

ダラシンTゲル1%イメージ3

僕が膿を出す場合、最近は綺麗に殺菌した針に皮膚科の抗生物質の塗り薬を塗って膿を出しています。

また、僕ニキビ太郎が膿を出す基準(例)を挙げるとすれば、

①ニキビの膿が誰から見ても、明らかに目立つくらい表面に出ていて、さらに簡単な刺激で膿が出せそうな場合

②入浴後に皮膚がふやけて、今にも自然と潰れそうな場合

上記の条件に当てはまる場合は、膿を出しますね。

※以下で紹介するやり方はあくまでもセルフケアなので、自己責任でお願いします。また、皮膚科のニキビ薬(ダラシンTゲルや、アクアチムクリーム、アクロマイシン軟膏3%、フエナゾール軟膏5%などが用意できない場合もしないようにしてください)

favicon 用意するもの

・先端が太くない針
・医療用のアルコールガーゼ(用意できない場合は熱湯)
・皮膚科で処方してもらえる抗生剤の入った塗り薬(ダラシンTゲルや、アクアチムクリーム、アクロマイシン軟膏3%、フエナゾール軟膏5%など
など)

favicon 膿の出し方

①まずは用意した針を消毒していきます!

出来れば医療用のアルコールガーゼがいいのですが、難しい場合は熱湯を用意して針の先端をしばらくそこに付けます。

そして、皮膚科の抗生物質が入った塗り薬を針の先に塗布します。

②針を清潔にしたら、いよいよ膿を出していくのですが、膿のある毛穴に針を軽く当たるか当たらないかの加減で近づけてください。

膿の腫れが酷いと、軽くツンっと指しただけで膿が出てきます。

※決しておくまでグサっとささないように注意してください。針で刺すのはあくまで表面だけです。奥までいくと凹みのあるクレーターがの残る危険性が高まります(汗)

そして、その毛穴の周辺を軽く指先でおしてください。(この時、本当に超やさしくです!!!)

軽く押して膿が出てくると思います。もしも、周辺を軽く押しても膿が出なかった時は、しばらく放置するようにしてください。このシチュエーションではまだ膿を出す段階では無かったということだとニキビ太郎は考えます。

③膿を出し切ったら(血または透明な組織液が出るかでないか、のところまで来たら)、最後に皮膚科でもらった抗生物質の入った塗り薬(ダラシンTゲルやアクアチムクリーム、アクロマイシン軟膏3%、フエナゾール軟膏5%など)を患部に塗りこむように塗布して終了です。

一度で膿を出し切ることができない場合は、何度かに分けて行ってみてください。その際は、セルフケアの度に最後に皮膚科でもらった抗生物質の入った塗り薬を塗るようにしてくださいね。

※膿を出す時の1番ベストな治療方法は、やはり皮膚科でプロに処置してもらうことですが、それにはお金がかかるので、あくまで自己責任で最悪跡が残っても仕方のないという強い覚悟がある人だけが、自身で膿を出すことに挑戦されてくださいね。リスクが高いので、少しでも自信が無い場合はしない方が絶対に良いとニキビ太郎は思います)

ちなみに、美容皮膚科では炭酸ガスレーザーという治療方法や面皰圧出で膿を取り除く治療があります。目安としては膿ニキビ20個の治療で約5,000円が相場だとされています。

炭酸ガスレーザーは、特殊なレーザー光で皮膚に0.1mmの穴を開けて、その間にレーザー光を使って膿や脂質を熱エネルギーで溶解して膿を取り出すという方法ですね。

また、レーザー光には殺菌作用もあるので、炎症を抑える役割も担ってくれていると言われています。

黄ニキビが大量にある人、セルフケアが怖い人、また自分ではどうしようもない場所に膿ニキビがある人は検討してみる価値はあるかもしれないですね。

favicon 膿を出す時に、指先に力を入れすぎないこと

キズパワーパット黄ニキビ張った後④

毛穴の奥にある膿を出そうと、つい指先に強い力を入れてしまって、毛穴とその周辺の肌細胞を酷く傷つける場合があります。

僕の場合だと、過去に縦長の(内出血)アザが出来たことがあります(汗)

こうすると肌細胞の奥にある真皮細胞を傷つけ、確実にクレーターニキビ跡を残してしまったり、傷が残らなくてもニキビの回復スピードが落ちてしまうので、決して無理に膿を出し切ろうとはしないでください!

繰り返しますが、一度で無理だったら、複数回に分けて膿を出すのもアリだと僕は思っています。

ちなみに、僕の失敗談なのですが、膿を取り出す際に頬の奥にある真皮細胞が傷ついたときは、膿がものすごい勢いで飛び出すのと同時に、プチっと音はしませんが、肌の奥で何かが潰れたような感覚と鋭い痛みですぐにわかります。

特に鋭い痛みは本当に激痛なので、すぐにわかります。。。(汗)

ニキビ太郎の場合はうっすらと肌にクレーターが出来ました(涙)それ以来膿は軽く出す程度にとどめています。

favicon 明らかに膿が目立つ場合は放置も良くない

膿のあるニキビは放置しても危険なケースがあります。特に膿がモッコリと外から見てもハッキリと分かる場合ですね。この場合は膿を出した方が回復が早いと僕は感じています。

その理由として、毛穴の中にあるアクネ菌は空気を嫌う性質を持っているので、膿を出して毛穴が空気に触れる状態を作るこでアクネ菌を退治しやすくなるからですね。

また、膿ニキビを放置すると、逆に膿がどんどん毛穴の中に蓄積してとんでもない大きさの黄ニキビへと進行してしまう恐れも考えられるからですね。

そうなると、膿を出さなくて自然治癒に任せたはずなのにかえってニキビ跡を残してしまう危険性があります(汗)

ニキビが大きくなると、その毛穴の周辺の肌細胞までも傷つけることになるので大変注意が必要です。

逆に放置した方が良いケース

赤ニキビ

話が矛盾するかもしれないですが、逆に無理に膿を出そうとせずにそのまま放置した方がいい結果につながるケースもあると感じています。

判断は非常に難しいですが、膿を出さない方がいいニキビの特徴としては、

・膿が毛穴の奥にあるケース(この場合酷い痛みを伴います。)
・肌の表面が非常に硬くなっているケース(肌が乾燥していたり、角質層が厚い場合)

特に上記2つのケースでは、膿を出さずに放置した方がいいかもしれないです。

記事の上部で説明しましたが、特に鼻に出来るニキビは、鼻の毛穴自体がものすごく大きいので膿自体が肌の奥にあるので、それを取り出そうとしたら真皮細胞を傷つけ、後に酷いニキビ跡を残す危険性が出てきてしまいます(汗)

なので、この場合は鼻ニキビで膿がある場合はそっとした方がいいケースであることが多いかもしれないですね。(もちろん、炎症ニキビには皮膚科の高背剤タイプのニキビ薬を塗布した方がいいと思われます)

また、ニキビが出来ている箇所が乾燥肌気味だったり、過剰なスキンケアなどによる肌がゴワゴワと硬くなっている場合も、皮膚科のニキビ薬を塗って後は放置した方がいいかもしれないです。

もしくは、皮膚科で処方してもらえる内服薬(ビタミン剤や漢方薬)で対処する必要があると思っています。

膿を出すか出さないか、、選択は非常に難しいですが、皮膚科の炭酸ガスレーザーであれば、小さな白ニキビの皮脂も取り除くことができるとのことなので、膿が頻繁にできて跡が残る場合であれば、そういった治療も検討することをオススメしたいです。

膿ニキビを予防することが1番大事

皮膚科でいただいたニキビ薬

膿ニキビで悩まないようにするためには、やはり1番はニキビの初期の段階で予防すること、食い止めることだと思います。

といっても膿ニキビ(黄ニキビ)は突如として現れるケースもあるとニキビ太郎自身経験があるので、どうしようもない部分があるというのも理解できます。

ですが、出来る限りの努力をしてニキビを予防することが大切だと思います。

そのためには、日頃のスキンケアや食生活を徹底的に見直すことも非常に大事になってくると考えます。

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

体の内側からと、外側からのケアが正しいもので、かつ継続することができれば、少しずつニキビ肌の体質や肌質は良い方向へと戻るとニキビ太郎は実感しています。

こんな感じの回答ですが、Kさんの肌が少しでも良くなるきっかけになれば嬉しいです。

また何かあれば連絡ください!

ニキビ太郎

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→【検証】テラ・コートリルに化膿ニキビへの効果があるのかを実際に試してみました!

コメントを残す

このページの先頭へ