注目!肌の仕組みを知ればニキビ予防に役立つと感じています。

[最終更新日]2018/04/02

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

  • POINT!
ニキビを予防するためには、規則正しいターンオーバーが必要となってくると感じています。それを深く理解するために”皮膚の仕組み(構造)”を知っておいて損はないと思っています!これを理解しているのとしていないのとでは、ニキビや吹き出物といった肌荒れの予防速度が明らかに違ってくる可能性が高いとニキビ太郎は思います。

皮膚のイメージ図

皮膚の構造とか全くしらずに22年間生きていたのは、ニキビ太郎です。でも、逆に知っている人いたらちょっと尊敬できるレベルかもしれないですね。

では早速ですが、皮膚の構造について、お医者さんや専門家の方から聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!

表皮アップ図

上記のイラストは、皮膚の中の表皮という部分を超拡大したものです!(ちなみに、これはいつもお世話になっているお医者さんにイラストを病院で描いてもらって、それをニキビ太郎がアレンジした図になります。)

※これ、全然わからん!って人も、僕はイラストが苦手なのでどうかご了承ください。m(_ _)m

この下手なイラストを見てもわかると思うんですが、中学校の理科の教科書(2分野)に掲載されていた地層に似ていると思った人は居ませんかー?(居たら僕とお友達になれるかもしれません!すみません、余談が過ぎましたね)

実は、表皮(皮膚)の構造は4つの層に分けることができると言われています!いろんな種類の層が集まってできているので、なんだか地層にも似ていませんか?

では、表皮の層を上の層から順番に見ていきましょう!

表皮(皮膚)は4つの層から構成されている!?

エントリーNo.1 【角質層】

一番上にある層は、「角質層」と呼ばれています。”角質”というワードを、聞いたことがある人も多いかもしれませんね!角質層はバリア機能を持っていると言われています。そのバリア機能の働きというのは、常に外気にさらされている状態の肌を、外敵(細菌やウイルス、紫外線など)からガッチリ保護してくれる役割となっているようです。

こうやってよく調べていくと、!”角質層”ってすごいことがわかりますね!!←超重要!

エントリーNo.2 【顆粒層(かりゅうそう)】

上から2番目の顆粒層とは、角質層に近い層になるため、硬くて少しつぶれたような扁平な形をしているようです。また3層程度から構成される薄い層でもあるようです。

また、ここに存在している細胞のことをを顆粒細胞と呼んでいて、細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌の水分量には欠かせない成分も含まれているということを、頭の隅に入れておきたいですね!

エントリーNo.3 【有棘層(ゆうきょくそう)】

有棘層は、上から3番目の層に位置しているそうです。ちょっと高さのある細胞層になっていて、その厚さは5〜10層程度になると言われています。

有棘層は表皮の中で一番厚い層として活躍する存在で、有棘細胞が細胞間の橋となって、しっかりと結びつくことで丈夫な肌を作るために必要とされています。

突然ですが、ここで合コンで披露できる、豆知識を書いておきますね!←

Q:どうして有棘層と呼ばれるのか?

A:この層にある細胞を顕微鏡でのぞくと、細胞と細胞がくっついている箇所が、棘(とげ)のようにしているからだそうです!

これ、実際にニキビ太郎が自信を持って披露したところ、、まったく逆効果だったですね。。皆さんが披露する際は、実行する前にもう一度よく考えてみてくださいね!←

エントリーNo.4 【4.基底層】

そして、上から4番目。最下層に位置するのが「基底層」と言われています。

「基底層」では、毎日細胞分裂が盛んに行われていて、新しい細胞が次々と誕生している、非常に大切な場所だと言えるのではないでしょうか?

4つの層は、実は基底層(下)から順に角質層(上)へと毎日入れ替わっている

エントリNO.1~4まで、紹介してきましたが、これら4つの層は、実は基底層(下)から順に角質層(上)へと毎日入れ替わっているようなんです!

つまり、基底層で新しく作られた細胞は、毎日少しずつ上へ上へと上がっていくということなんですね。そして、めちゃくちゃ長い道のりを経て、一番上の角質層辿りつきます。

そこで肌のバリア機能を担う角質層の最上部に到達した細胞たちは、最後には垢(角質層のこと)となって剥がれ落ちていく運命にあるとされています。

グッバイイメージ画像

【グッバイ。私の細胞たち。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。←】

細胞たちには、毎日悲しいお別れがあったんですね。。

これら一連の肌細胞の流れを「ターンオーバー(新陳代謝)」と呼ぶようですね。

角質層がバリア機能という任務を終え、最後に皮膚から垢として剥がれおちていくと、それよりも下の3層が「やばかって!はよ上の層へ上がらんばって」と焦りはじめるようです。これがターンオーバーの仕組みとなるようですね!

正常にこのターンオーバーが働いている人は、今日も新しい僕の可愛いベイビー細胞たちが生まれている!。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 ヤッターン♪状態だと言えると思います。

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→必見!頬ニキビを1日でも早く予防するための治し方を原因から見ていきます!

コメントを残す

このページの先頭へ