注目!タマネギが吹き出物など肌荒れの悩みに効果あり!?その真相に迫っていきます!

[最終更新日]2018/04/03

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
タマネギを食べることで、ニキビや吹き出物といった肌荒れの予防や解消に役立つのでしょうか?その真相について以下で詳しく見ていきいますね!
タマネギすごいイメージ

玉ねぎは、カレーライスやハンバーグ、ポテトサラダといったお子様向けのメニューにも使われる食材なので、小さい頃から毎日のように口にしていたよ!という人は意外と多いと思っています。

そんな玉ねぎは、高いデトックス効果があると言われていて、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因となる、体内の老廃物を排出しやすくしてくれたり、毛穴の詰まりの要因ともなる皮脂の排出もスムーズにしてくれる効果があると言われています。

なので今回は、玉ねぎとニキビの関係について、お医者さんや専門家の方から聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!

硫化アリルという成分に注目

硫化アリルイメージ

玉ねぎを調理する際に、包丁で切っていると、

「目がしむくなって、涙がでてきちゃう・・・ついでに鼻に刺激もあって、鼻水も酷い・・・」

という経験が誰しも一度はあると思います。

この原因は、タマネギに含まれる「硫化アリル」という成分が関係しているからだと言われています。

この硫化アリルは、タマネギを切っている時は人間にとって良いものとは言えませんが、体内に入ると体の新陳代謝をアップさせてくれるだけでなく、キレート効果と言われる効果が発揮されると言われています。

キレート効果とは、「蟹のハサミ効果」という科学用語を指していて、体内の毒素(有害物質)を一緒に絡めて体外へと排出してくれる働きのことを言うようですね。

つまり、デトックス効果があるということだと言えるのではないでしょうか?玉ねぎって本当にものすごい成分を含んでいるんですね!

ここで注意したいのが、硫化アリルは水に溶けやすい性質を持っているという点です。なので、玉ねぎはきっても水につけないことを僕はオススメしたいです。

favicon 高い抗酸化作用がある!?

たまねぎイメージ

先ほど、タマネギには硫化アリルという成分があると書きました。その硫化アリルという成分には様々な種類がありますが、有名なもの言うと「アリイン」があるとされています。

玉ねぎを切った際に出てきたアリインは、アリイナーゼという酵素と混じり合うことによって【アリシン】という成分に変わり、このアリシンに、とても強い抗酸化作用があると言われています。

抗酸化作用とは、体内にできた活性酸素をやっつける効果のことで、肌の老化を防ぎ、肌のターンオーバー機能を活性化する働きが期待できることを指します。

なので、抗酸化作用のあるものを上手に摂取することができれば、ニキビや吹き出物などの肌荒れ予防効果が期待できる、と言われています。

favicon ビタミンB1と一緒に摂取すると効果倍増!?

豚肉イメージ

硫化アリル(アリシン)はビタミンB1と合体することで、体力の向上や疲労回復を高めてくれる働きがあることが分かっているとされているので、これらの栄養素を一緒に摂取することがとても効果的だと言えるのではないでしょうか?

元々ビタミンB1は水溶性で水に溶けやすく、さらには熱に弱いという特徴をもっているとされているのですが、硫化アリル(アリシン)と結合することで、アリチアミンに変わるとされています。

アリチアミンは、ビタミンB1よりも体内に吸収されやすくなり(肝臓に蓄積)、さらには糖をよりエネルギーに変えやすい性質を持っていると言われています。なので、ビタミンB1を多く含む食材とタマネギを一緒に調理することで、その効果が期待できることになりますね!

豚肉にはビタミンB1が多く含まれているので、僕ニキビ太郎は、豚肉と玉ねぎを塩こしょうで一緒に炒めて食べたりしています!!美味しいのでオススメですよ!^^

他にも、たまねぎに含まれるアリシンは、血流を良くしてくれる効果があると言われています。

皮もあなどれない!?ケルセチンに注目

ケルセチンイメージ

玉ねぎを調理する時には、まずは茶色い皮を剥くと思うのですが・・・

実はこのタマネギの皮に「ケルセチン」と呼ばれる成分が多く含まれています。ケルセチンは、ポリフェノールの一種で、先ほど紹介したキレート効果が高いことで有名だと言われています。

さらに驚くことに、ビタミンCの生成を促進する効果もあるとのことで、ニキビや吹き出物といった肌荒れの解消だけでなく、シミやシワといった肌の老化を防ぐ効果も期待できると言われています!!!

ビタミンCが生成されるということは、肌のハリを決定しているコラーゲンの生成をも高めてくれるので、凹凸のニキビ跡(クレーター)を良くしてくれることが期待できると言われています。

→【保存版】酷いニキビ跡を一日でも早く消す方法について

なので、皮をそのまま捨てるのはもったいないので、僕は味噌汁やカレーライスには必ず皮を刻んで入れるようにしています!小さく刻んでしまえば、全然わからないし、味も変わらない(むしろ美味しくなる)ので、個人的にはものすごくオススメですね!

腸内環境を良くしてくれる効果がある!?

たまねぎイメージ

ニキビ太郎は、自分の腸内環境を良くしてくれた優れた食材の1つが「タマネギ」だと思っています。

それくらいタマネギは、腸内環境を良くしてくれる効果が高いと実感しています。

タマネギには、腸内にいる「善玉菌」の好物である

・オリゴ糖
・食物繊維

を含んでいて、善玉菌の育成に大きく貢献できると言われています。玉ねぎを毎日食べてみれば直ぐに効果が実感できると思いますが、タマネギを普段よりも多めに食べることで、便秘に悩むことも減り、体内に毒素が溜まりにくくなることが考えられると思っています。

善玉菌が増えれば、それだけ栄養素の吸収も上がりますし、体調も良くなり、自己治癒力が劇的に上がるとも言われています。

そうなれば、ニキビや吹き出物といった肌荒れだけでなく、酷いニキビ跡といった肌トラブルも一段と回復するスピードが早くなると感じています。

→注意!腸内環境の悪化は吹き出物や肌荒れの原因となる!?

上手な切り方は?

上記のようなタマネギの効果を思う存分発揮させるには、実は玉ねぎを切る時にコツがあるようなのです!

簡単な方法なので、是非目を通してみてくださいね!

favicon 玉ねぎを切るときに役立つたった2つのコツ

①タマネギを冷蔵庫などでしっかりと冷やす
②ついで包丁もしっかりと冷やす

↑この2つなんです!冷やすだけなので、めちゃくちゃ簡単ですよね!

タマネギに含まれるアリシンは、発揮性(気体になりやすい性質)があるので、気温が高いとすぐに気体になってしまいやすくなると言われています。

なので、タマネギを冷やし、さらには包丁を冷やすことで、そのアリシンが気体になるのを予防することができる!というわけなんですね!

こうすることで、タマネギを切っても目が痛くなることも減らせますし、栄養価も高いまま調理することができます!なので、是非今日から実践してみてください!^^

favicon 豆知識

たまねぎイメージ

ここで、タマネギに関する豆知識を披露させてください!

たまねぎには、辛みと甘みの成分の両方が含まれているのですが、特に生で食べたときは辛く感じませんか?逆に、加熱したら玉ねぎが甘く感じますよね?

これは、玉ねぎを加熱することによって、アリシンが分解されて、甘味成分だけが凝縮されるからなんですね!

また、玉ねぎをきつね色に炒めると、うまみも加わり、カレーやシチューなんかの調理にも濃厚な味わいが生まれると言われています!

ニキビ太郎オススメ!玉ねぎアレンジメニュー

ニキビ太郎は、玉ねぎを毎日食べるために、食べ続けて飽きないメニューが無いか?と探していたところ、

「玉ねぎと納豆とキムチを使った簡単メニュー」があると職場の先輩に聞きました。

なので今回、朝・昼・晩と食べないと逆におかしくなっちゃう!というほど病み付きになる可能性大のタマネギメニューを皆さんにもご紹介しますね!

今回使う食材は↓の写真の通り

納豆、玉ねぎ、キムチ

・玉ねぎ
・キムチ
納豆

です。

この3つの食材は、どれも腸内環境を良くするためには(善玉菌を育成するために)もってこい!のものばかりです!

どの食材にも豊富な食物繊維やオリゴ糖や乳酸菌が含まれているからですね!キムチと納豆は発酵食品でもあるので、これまた腸内環境を良くするための代表的な食材です。

これらを同時に食べるということは、スペシャルに腸を大事にすることと同じことなので、是非皆さんにも試してもらいたいメニューです!(※ニキビ太郎は腸内環境を良くするマニアなのでどうしても熱く語ってしまいます・・・ご了承くださいm(_ _)m)

では、ここからは作り方を紹介していきますね!!!

①まずは、タマネギをみじん切りにしていきます!

タマネギイメージ画像

本当はもっと細かくした方がいいのでしょうが、僕はあえてこれくらいの大きさでカットしています!(面倒くさいからですね←)

②次にキムチも食べやすい大きさにカットしていきます!

タマネギキムチ

牛角さんのキムチを使ったら、カットする必要はないです!でも小さいお子様にはカットした方がいいですね!

③そして、ボールのような適当な器に、納豆と①と②でカットしたものを入れます。

納豆キムチ玉ねぎ2

今回は納豆1パックですが、日によって2パック入れたりしています!

ニキビ太郎は、

・今日は腸の調子が良くないな、、、
・肉や甘いものを食べた時、、、

なんかは納豆を2パック入れています!

そして混ぜます!!!

納豆キムチ玉ねぎ混ぜる

納豆を混ぜることによって、納豆キナーゼが出来ます!混ぜる回数は80回以上がベストです。

こうすることで、乳酸菌のパワーを高めることが可能となります!^^

※完全に余談ですが・・・

ここで、突然個人的な意見で申し訳ないのですが、僕ニキビ太郎の家庭ではニキビ太郎の母親が大の玉ねぎ嫌いだったため、小さい頃から玉ねぎが入った食べ物が一切食卓に並ぶことはありませんでした・・・

だからニキビが酷かったんじゃないのかな?と今になって思っています。実際に玉ねぎを多く食べるようになってから、腸の調子は良いですし、ニキビもグンと少なくなり、今ではほとんど悩むことがなくなった程です。(汗)

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できる!?

コメントを残す

このページの先頭へ