驚き!オナニーでニキビが悪化するのか!?の真実に迫ります!!

[最終更新日]2017/09/03

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

  • POINT!
オナニー(マスターベーション)をすると、ニキビや吹き出物の原因になるの?

それともオナニーを我慢すると肌荒れが予防できる?

そのような悩みを持つ人は少なくないはずです。

オナニー参考文献0

こんにちは。

現在、管理栄養士の資格を取るための専門学校に通っている、ニキビ太郎です。

今回は、ニキビとオナニーの関係についてまとめていこうと思います。

実は僕ニキビ太郎も、思春期の頃から「ニキビとオナニー(自慰行為)」についてものすごく悩んでいました。

その理由は、オナニーをし過ぎると、それがニキビが出来る原因になると周りの友人達から聞かされていたからですね。。。

人の三大欲求は、

①食欲
②性欲
③睡眠欲

だとされていて、その中でも性欲はちょっと特別な感じが僕はしています。

特に思春期を迎えた年頃の男性、そして女性なら、一度はオナニーをしたことがあると思いますし、何よりオナニーは性欲を上手く解消するために必要な行為だと思います。

ですが、オナニー自体が誰でもする行為で何も恥ずかしくないことだとしても、、自慰行為のしすぎでニキビが増えるというのが真実であったなら・・・

オナニーを控えるか、またはオナニーを全くしない「オナ禁」生活をしなければいけなくなってしまいますよね。。

ここでニキビ太郎の結論を言えば、「オナニーとニキビは関係ない」と考えています。

オナニーをし過ぎたから、また恋人と性交渉をたくさんしたからといって、それがニキビや吹き出物といった肌荒れに影響するとは考え辛いと思っています。

その理由を書籍をはじめ、お医者さんや専門家の人に聞いたことも踏まえてニキビ太郎の見解を以下にまとめので、良かったら参考にしてみてください!

※オナニーは別名マスターベーションや自慰行為と呼ばれますが、ここではオナニーと表現させてください。他の呼び方よりも過激な気がしますが、あえてこの表現でいきますm(_ _)m

男性ホルモンの分泌を増やす!?

男性ホルモンイメージ画像

男らしさを決定するのは男性ホルモンの影響によるものです。

アメリカの論文によると、なんと「ファイティングポーズを取るだけでテストステロン(男性ホルモン)の分泌が促進される」とされています。

また、オナニーが原因で男性ホルモンが普段よりも分泌されることが分かりました。

この男性ホルモンによって、肌荒れが起こるかもしれないです。

その理由として、実は男性ホルモンの働きの中に、毛穴から分泌される皮脂量を増やしたり、皮膚の表皮を硬くしたりしてしまう作用があります。

これらはどれも、毛穴を詰まらせる要因となり、その結果ニキビや吹き出物といった肌荒れを発生させることにも繋がります。

確かに、男性が性に関する想像をしたり、オナニーをするという行為には男性ホルモンが大きく関係しています。

何より、男性の睾丸(金の玉)で精子を作る際には、男性ホルモン(テストステロン)がものすごく関係すると言われています。

上記のことから、オナニーをすることによって男性ホルモンが普段よりも多く分泌されるのであれば、

ニキビを作らないためにも、オナニーを我慢しなくちゃいけない!!?

という発想に行き着くと思います。

ですが、オナニーを我慢することが「ストレス」だと感じるのであれば、それはまた違う意味でニキビを増やす原因になりやすいとニキビ太郎は考えます。

→注目!ストレスはニキビの原因になる!?今回はその真相にせまっていきます!

僕は、ストレスが与える肌の悪影響の方が怖いと思っています。

ここで1つ面白いデータを紹介させてください。

オナニー以外にも、例えば筋トレをすると男性ホルモンが多く分泌されると言われています。

ニキビ太郎はニキビが目立たなくなってきた頃から、趣味で筋トレをしている影響で、最近ではよくニホントップのボディビルダーの人を見ているのですが、

その方たちの肌には、ニキビや吹き出物といった肌荒れは一切ないんですね。

ボディビルダーイメージ

引用:( https://goo.gl/vYbqMS, 2017/08/16)。

これだけの筋肉を付けるためには、相当な筋力トレーニングが必要でし、それに比例して男性ホルモンの分泌量はかなり多いと考えます。

なので、ここまで書いてきた内容からいくと、男性ホルモンの分泌が多いボディビルダーの人は皮脂の分泌が多く、皮膚(表皮)も硬くなっているので、ニキビや吹き出物といった肌荒れで悩むことが多いはずです。

ですが、日本トップの大会に参加されているボディビルダーの方全員が、ニキビや吹き出物といった肌荒れで悩んでいるというお顔をされていません。

このことから、オナニーによる男性ホルモンの増加によってニキビが出来やすくなるという説ではなく、他の所に原因があるとニキビ太郎は考えます。

オナニーで体内の栄養素が大量消費されるから!?

亜鉛イメージ画像

オナニーによって消費される精液や精子ですが、これらを作るために体内にある栄養素(タンパク質やミネラル)が必要になってきます。

本来であれば、肌の新陳代謝に消費されるはずだった栄養素が、精子や精液を大量に作るために優先される可能性もあると思います。

肌の新陳代謝(ターンオーバー)機能が正常に働かなくなると、古い角質がいつまでも表皮にいることになり、それが原因で毛穴がつまり、ニキビができることも考えられます。

特に亜鉛が体内で不足すると、精子の減少や精力の減退が専門書等で示唆されています。

また亜鉛欠乏症になると、ニキビやアトピー性皮膚炎といった肌荒れの原因にもつながるだけでなく、抜け毛や薄毛の原因にもなるかもしれないことが調べていく内に分かってきました。

特に、普段から加工食品を食べている人は要注意です。

別名コンビニ病とも言われるのですが、加工食品には亜鉛が足りていないんですね。

→驚き!亜鉛が不足するとニキビの原因になる!?その真相に迫っていきます!

また、食品添加物も大量に含まれているので、腸内環境も悪い方向へ進行してしまいます。

オナニーよりも腸内環境の悪化が肌に悪い!?

ニキビ太郎は、オナニーよりも腸内環境の悪化の方が怖いと思っています。

腸内で必要な栄養素を合成しますし、食事で摂った栄養素を体内へと吸収するのも小腸だからですね。

腸内環境が劣悪なものになれば、それだけ栄養素を十分に確保できない可能性が出てきます。

また、人が精神的にリラックスするためには、セロトニンというホルモンが必要なのですが、実はセロトニンの95%以上は腸内で作られると言われています。

腸内で作られるセロトニンは、主に腸の蠕動運動に使用されていて、脳で幸福感を感じるセロトニンとは別です。

ですが、腸内にいる善玉菌によってセロトニンの前駆体(セロトニンの前段階の物質)が作られ、それが脳内に送り込まれています。

つまり、腸内環境が良くて善玉菌がたくさんいないのと、人は栄養素を十分に確保できないだけでなく、リラックスするためのセロトニンの合成にも悪影響が出る可能性があるということですね。

善玉菌を増やすためには、普段の食生活を見直す必要があるとニキビ太郎は実感しています。

腸内環境が良くなれば、便秘といった症状も緩和されるはずです。

→必見!腸内環境の悪化は酷いニキビの原因となる!?その真相に迫ります!

オナ禁は効果があるのか?

Googleやyahooで「オナニー ニキビ 原因」という風に検索すると、

オナニーがニキビの原因と考える人は、その対策としてオナ禁(オナニーを完全に禁止)することを提案されていますね。。。

実は、ニキビ太郎も大学生の頃に一ヶ月間オナ禁をした経験があります。

ですが・・・よくオナ禁によって得られる効果、例えば

・やる気の促進
・判断力、決断力アップ
・快楽増加
・闘争本能促進

上記のようなものは得られませんでした。

なので今回、オナ禁についてもよく調べました。

すると、「男性機能を高める本」という書籍の中に、

・筋肉は鍛えることによって増やすことができる
・それと同じように男性機能も使わないと機能が衰え、テストステロン値も低下していく

上記のように指摘されています。

また、男性ホルモンの分泌が促進されることによって、集中力や記憶力、判断力といった脳の働きを高めるだけでなく、体の調子を高めることにも繋がると記載してあります。

他のニキビ関連のサイトやブログさんで指摘されている、オナ禁によって得られるメリットは、実は「男性ホルモンの分泌促進によって得られる効果である」ということを、今回ニキビ太郎はお伝えしたいです。

favicon オナニーがEDや勃起力が低下を誘発する!?

これも、他のニキビ関連のサイトやブログさんに記載してある内容で、気になることがあるので、書かせてくださいね。

男性のペニスが勃起するためには、3つの段階を踏まなくてはなりません。

①まず、視覚や聴覚・触覚によって感じた性的刺激は、脳の前頭葉から視床下部へと伝えられます。

②次に、視床下部で感じ取った興奮を指令として変換し、それを脊髄の一番下にある仙髄(せんずい)の勃起中枢へと伝えます。

③そして、指令を受け取った勃起中枢が陰茎(ペニス)にある、3本の海綿体と呼ばれるスポンジ状の組織の空洞へと血液を流し込み、その血圧によって初めて勃起することが可能になるんですね。

なので、オナニーによってEDや勃起力の低下に繋がることは考えづらいです。

ですが、””間違ったオナニー””をすることによって「射精障害」が発生する可能性があると、書籍では指摘してありました。

具体的には、床オナ(床にこすりつけるようにするオナニーの略)は絶対にしないようにとお願いされてありました。

繰り返しになりますが、オナニーによって、EDや勃起力の低下に繋がることはなく、むしろ正しいオナニーは積極的にする方がいい結果に繋がりやすいと、今回詳しく調べていくうちに分かりました。

ちなみに、EDや勃起力の低下の原因として血管の病気の疑いが挙げられるので、こういった症状で悩んでいる方はすぐに専門機関(泌尿器科)を受診することをオススメしたいです。

もしもオナニーでニキビができるのなら・・・

猫背イメージ

もしオナニーによってニキビができるのだとしたら、それはオナニーをするときの姿勢に問題があるのでは?とニキビ太郎は考えます。

僕以外の人が、どのようにオナニーをするのかわかりませんが、もし変な姿勢(例えば、イスに座って酷い猫背状態)でオナニーをやっていると、その変な姿勢によって血行不良が引き起こされている可能性があります。

→驚き!猫背だとニキビの原因になる可能性が高くなる!?その真相に迫っていきます!

もしそうであれば、血行不良が冷え性にもつながることが考えられます。

冷え性によって血液の流れがスムーズでなくなると、肌の新陳代謝に必要な栄養素が満足に届けられずに、その結果として、肌のターンオーバーサイクルを乱している原因になる可能性も十分に考えられます。

→注意!血行不良は吹き出物や肌荒れの原因に!?

ちなみに、姿勢のいい人は男性機能も衰えないと言われています。

姿勢をよく保つためには、体にある抗重力筋が働く必要があり、その抗重力筋がしっかりと働いていると背筋は伸び、目元や頰、口元も持ち上がり、若々しく見れるとのことです。

favicon 長時間のPCやテレビ、スマホは睡眠の質を下げる!?

また、18禁の映像を見る際には恐らくテレビやPC、そしてスマホの画面でみる場合が多いと思います。

これらの発光画面を長時間みていると、それが原因で体内の自律神経が乱れ、興奮状態がずっと続くとされています。

興奮状態だということは、交感神経が優位な状態が継続することにつながります。

そうなると眠気がいつまでもこなかったり、寝れたとしても眠りが浅く疲れが抜けなかったりします。

また、睡眠不足自体がストレス(コルチゾールというストレスホルモンが分泌される)になるので、余計にニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になる可能性があります。

特に寝る直前に、テレビやPC・スマホを見てオナニーをするのは控えた方がいいかもしれないです。

なので、妄想を通じたオナニーが良いと思っています。

また睡眠をもたらすのはメラトニンで、実はコルチゾールとメラトニンの原料はコレステロールと同じ物質なんですね。

なので、コルチゾールにばかりコレステロールが使われると、それだけメラトニンの生成が不足してしまうことになります。

つまり、睡眠不足がより深刻に悪化していくことに繋がってしまうんですね。

日本人は世界的にも圧倒的に睡眠不足なので、特に注意が必要だと僕は感じています。

→注目!ストレスはニキビの原因になる!?今回はその真相にせまっていきます!

まとめ

話があっちこっち行った感があるので、最後に簡単にまとめさせてください。

・オナニーのせいでニキビが出来るのか?と悩むよりも、まずはスキンケアの方法や食生活に問題がないか考えた方がいいかもしれないです。

・オナニーをしたら、ダメだと思わないこと。個人的には、むしろ積極的にオナニーをした方が、余計なストレスを溜メズに体に良いと思っています。

繰り返しになりますが、オナニーは無理して我慢しない方が健康にいいとニキビ太郎は思っています。

性欲は食欲や睡眠欲と同じように人に必要な欲です。性欲は全く恥ずかしいことではありません!

どんなにイケメンでも、どんなに可愛いあの子でも、性欲があるから人を好きになったりするんです!恥ずかしがっていると、肝心な時に肝心なことを伝えれなかったりします。

ただし、夜お風呂に入って洗顔した後にオナニーをすると、汗をかいたりして毛穴から必要以上に皮脂が出ることもあるので、出来ればお風呂に入る前にはオナニーを済ませた方がいいかもしれないです!

また、お風呂に入る前だと、オナニーをした後でもすぐに下半身を清潔にして寝る事ができ、体も心も綺麗な状態で寝りにつくことができると思うからです!

ニキビや吹き出物といった肌荒れですっごく悩んでいても、オナニーをしたい時には無理に我慢せずにして、日頃の食生活やスキンケアの方法を見直してみることの方が、ニキビ太郎は重要だと思っています。

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

参考文献

オナニー参考文献1
オナニー参考文献2

・亜鉛の機能と健康 -新たにわかった多彩な機能-(書籍名),日本栄養・食糧学会(監修),駒井 三千夫 / 神戸 大朋(責任編集者),株式会社建帛社(発行所),2013年05月20日(発行)

・男のからだが蘇る食、老ける食(書籍名),蓮村 誠(著者),株式会社PHP研究所(発行所),2013年06月19日(発行)

・男性機能を高める本(書籍名),鶴見隆史(著者),株式会社マキノ出版(発行所),2014年12月22日(発行)

・コミック版 女医が教える 本当に気持ちのいいセックス(書籍名),宋美玄(著者),株式会社ブックマン社(発行所),2015年01月25日(発行)

・泌尿器科医が教える オトコの「性」活習慣病(書籍名),小堀善友(著者),中央公論新社(発行所),2015年09月10日(発行)

・男性機能の「真実」(書籍名),永井敦(著者),株式会社ブックマン社(発行所),2017年06月21日(発行)

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→注目!1日でも早く黄ニキビを予防する方法を原因から見ていきます!

コメントを残す

このページの先頭へ