必見!吹き出物や肌荒れを上手に隠す方法!!男子編(ニキビ太郎流)

[最終更新日]2018/04/03

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

  • POINT!
ニキビや吹き出物を隠す方法には主に、①マスクで顔を自体を隠す方法、②ファンデーションやコンシーラーなどで隠す方法などが挙げられるのではないでしょうか?以下で詳しく見ていきますね!
ニキビを上手に隠す方法イメージ

ニキビやニキビ跡、吹き出物などの肌荒れが深刻化してしまった時、どうにかして隠したいですよね?

僕も顔中がニキビで覆い尽くされていた時は、どうやったらニキビを他の人に見られないようにするかで必至でした。

「うわーあいつの顔ニキビだらけじゃん!ちゃんと洗顔しよるとかな?」

と思われたくなかったからですね。。当時の僕は、ほんとうに人の目ばかりを気にしていました。

マスクで顔自体を隠す方法

マスクイメージ画像

まず初めに僕ニキビ太郎が考えたのは、マスクでニキビを隠すことです。

これが1番簡単で、他の人から

「なんでマスクしとると?」

と聞かれても、「あーちょっと風邪気味で^^;」と返事すればいいからですね!

ですが、これが夏になるとそうはいきません。マスクを付けて外にでると、マスクの中が蒸れて大変なことになってしまいます。また、他の人からの不審がられますよね。。真夏にマスクは不自然だからですね。。

マスクは、主に冬や秋などの寒い日に限られてくるのが欠点ですね。。(> <) →注目!僕はマスクでニキビを隠しながら予防していきました!!!

メイクでニキビを隠す方法!?

メイクイメージ画像

次に思いついたのが、ファンデーションやコンシーラーと呼ばれるメイク商品で、ニキビやニキビ跡を隠す方法です。

ですが、僕もそうですが男の人ってメイクを普段しないので、ファンデーションやコンシーラーを使う事にかなり勇気がいりますし、そもそも使い方がよくわからないから不安だらけですよね?(汗)

だけど、僕はもうこの方法しかないと当時は思い込んでいたので、年の近い妹に相談してファンデーションとコンシーラーを貸してもらい実際に試したことがあります。(後に自分で買ったりもしました)

男性でメイクしている人は意外といる!?

メイクイメージ画像2

男性のメイクの仕方を調べているうちに、男の人がお化粧をすることって今の日本では意外といるということがわかりました。もちろん数は多くないですが、男性もメイクをする文化が少しずつ出てきたようです。

といっても、僕の身近な人でファンデーションやコンシーラーをしている人は、まだ一人もいなかったので、メイクをすることにとても勇気がいりました。

女性の方はメイクしない方が普通じゃない!(特に若い世代)というくらい当たり前になっていると言われているので、ニキビ跡をメイクで隠すことは意外と簡単だと思います。ですが、男性がメイクをしているということが他の人に知られると「ドン引き」されるという結果もあるんですよね。。

特に仕事が営業職で、色んな人に会わなくちゃいけない人にとっては致命的な問題となりえますよね?だけど、ニキビのせいで上手く人の顔を見て話すことが難しくなることも、これまた大問題ですよね。。(> <) 非常に難しい問題ですが、僕ニキビ太郎は「肌荒れを治すために特殊な薬をお医者さんから処方されてるんですよ」と誤摩化して乗り切るようにしていました。

だけど、次の問題が出てきたので長くは持ちませんでした。

ファンデーションは色に気をつけないとすぐにバレる・・・

バレルリスクイメージ画像

人の肌の色は個人差が大きくて、微妙な色の違いでも肌に付けると、ファンデーションと肌の色の差が大きいんですね。。

これは使ってみないとイメージがつきにくいかもしれませんね。。

とにかく「びっくりして、目がビヨーンと飛び出る」くらい、僕にとって衝撃的なものでした。

え?こんなに違うと?てか、自分の肌に合う色のファンデーションとコンシーラーを見つけるだけで一苦労だよね?と痛感させられました。。。(汗)

特にニキビで悩んでいる人の肌は赤みがかかっていることが多いと思うので、必ず買う前に試してみるのをオススメします。

僕は妹がパレットのようにたくさんの色が入ったファンデーションの試供品を持っていたので、何とか助かったのですが、普通に男の人が薬局やその他メイク用品店で買うのってものすごくハードルが高いですよね。。。

化粧崩れという現象に遭遇する・・・

化粧崩れイメージ画像

僕もメイクをするようになって気づいたのですが、化粧をして、夜メイクを落とすまでに何度かお化粧を塗り直す必要が出てきます。

これが世間一般的に言う「化粧崩れを直す」という作業なんですね。。

これをしないと肌の一部が不自然な仕上がりになって、僕の経験上、すぐに他の人にバレます。

特におでこや鼻の上のTゾーンの部分は、皮脂の分泌量が他の場所より多いので、すぐに化粧崩れが起こりやすくなると感じています。

この面倒が、ファンデーションやコンシーラーを継続して使うことのハードルになると、僕は体験しました。そして、メイクをしている女性の皆さんを本当に尊敬するようになりました。

メイクで隠すのはいいけど、、へたすると悪化する!?

ニキビ落ち込むイメージ画像

ニキビやニキビ跡をメイクによって隠せることは本当に精神的にも楽になるのですが、、それによるデメリットもありました。

それは、ニキビが悪化してしまうということです。

ファンデーションやコンシーラーはカバー力が強い分、それだけ肌の毛穴に詰まったり、洗顔をしても簡単に落ちないことがあります。特に普段からメイクをしない僕のような男性には大きな問題になってくると思います。

また、お化粧を落とすためにクレンジングも必要になってきますよね?

とにかく肌への負担が大きいものばかりで僕の肌はボロボロになっていく一方でした。

→注意!ニキビを隠すためのメイクはしない方がいい!?

僕が最終的にとったニキビを隠す方法は・・・

最初のマスクでニキビを隠す方法を選択しました。

どうしてマスクを選んだのかというと、ファンデーションやコンシーラーの価格も高いですし、メイクや化粧崩れを直す手間や時間も考えると、「あー!!!!もうマスクでいいや!」となったからですね。。

メイクはとにかく面倒くさいです。そんな労力が必要なら、ニキビやニキビ跡を隠すんじゃなくて、ニキビを予防することに力を入れた方が費用対効果は高いと感じました。

なので、僕は夏でもできるだけマスクでニキビを隠しながら精神的にダメージやストレスを減らし、規則正しい生活習慣や正しいスキンケアでニキビを予防するという方法を選択しました。

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→必見!頬ニキビを1日でも早く予防するための治し方を原因から見ていきます!

コメントを残す

このページの先頭へ