驚き!牛乳などの乳製品がニキビの原因になっている可能性がある!?アレルギーや乳糖不耐症が考えられます。

[最終更新日]2018/04/05

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
牛乳などの乳製品は、体質によって体に合わない人の割合が多いとされていて、そのことが酷いニキビや吹き出物といった肌荒れにつながっている可能性も、大いにありえるとニキビ太郎は思っています。

牛乳がニキビの原因に!?イメージ

もちろん個人差が大きく、牛乳などの乳製品を毎日大量に食べたり、飲んでいるけどニキビとは無縁の人だっています。今回はその謎について迫っていきたいと思います。

以下では牛乳(乳製品)とニキビについて、お医者さんや専門家の方から聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!

まずは牛乳がニキビの原因になる可能性!?

牛乳イメージ

ニキビ太郎の家庭では、僕が幼い頃から毎朝必ず牛乳を飲んでいました。

また、祖母が「牛乳ば飲まんば大きくならけん、たくさん飲みんしゃい!」とバリバリの九州弁で、呪文のように唱えていたので、牛乳を飲む事が自然となっていました。(意味は、牛乳を飲まないと体が大きくならないから、たくさん飲みなさい!)

このように、牛乳を背を高くするために小さい頃から飲んできた人、またそうじゃないけど、牛乳を飲むのが普通の習慣となっているという人は、今の日本には多いと思っています。

そんな牛乳ですが、実は日本人の多くは牛乳に含まれる成長ホルモンや抗生物質、ラクトース(乳糖)やカゼインと呼ばれるタンパク質を上手に分解・消化できないと言われています。

その理由としては、牛乳などに含まれる成分を分解するために必要な酵素を持ち合わせていない人がいたり、人によっては乳製品アレルギーだったりするからです。(乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)の可能性も考えられます)

参考URL:(https://goo.gl/xx5aj1,2015/11/15)。

よく、牛乳を飲んだらお腹を下してしまうという人がいますが、あれは恐らく牛乳に含まれる成分が体に合っていない証拠だと僕は思います。

favicon 牛乳はそもそも子牛が飲むもの

牛イメージ

よくよく考えてみると、牛乳は牛が子牛に飲ませるために作るもので、人が牛乳に含まれる成分を分解・消化するための酵素を持ち合わせていなくても全然不思議ではないですよね。。

実際に人と牛が作り出し乳の成分は違っていますし、牛乳を飲まなくても、きちんと他の食品をバランス良く摂っていれば、背は大きくなりますし、骨も丈夫になっていくというのがニキビ太郎が行き着いた結論になります。実際にニキビ太郎は小学生以降はほとんど牛乳を飲まなかったですが、身長は175cmありますし、今のところいたって健康体です。丈夫に生んでくれた母親に感謝しているほどです。

なので、もはや健康のために、またニキビや吹き出物予防のために、無理して牛乳を飲まない方が良いのでは?と考えるまでになってしまいました。

実際に僕ニキビ太郎もニキビを本気で治すと決意してから、糖質制限食を始め、それからはヨーグルトやチーズ以外の乳製品は極力摂っていませんが、体に問題は出ていません。むしろ酷かったニキビが良くなっていきました。

乳製品に注意する必要もあるかも!?

パンイメージ画像

日本に生活していると、牛乳を含む乳性品がスーパーなどの陳列棚に大量に並べてありますよね?

例えば、バターだったり生クリーム、アイスだったりですね。他にもパンなんかも牛乳が使用されています。

朝食は必ず牛乳とパンという家庭で育った人も多いと思います。それでニキビや吹き出物といった肌荒れが酷い人は、そういった乳製品を14日間ほど口にせずに、体がどういった反応をするのかを見極めてみるというのも1つの手段だと思います。

もし、それで肌の調子がよくなれば、乳製品が体質的にあっていない可能性が高いと言われています。なので、乳製品を摂らないようにすることが非常に重要となってきます。

ですが、食事制限によるストレスが溜まり、それが原因となって肌荒れが深刻化することがあっては意味がないので、そこはご自身の判断となりますが、十分に気をつけながら食事して行く必要があると思っています。

僕ニキビ太郎も、パンが大好物で、今でも猛烈に食べたいという時がありますが、そのせいでニキビができたり、吹き出物が悪化したら、そっちの方が辛いので、本当に食べないとどうにかなりそう!!!という時以外は口にしないようにしています。

favicon ニキビ太郎はヨーグルトはオススメしています。

乳製品の中でも、ヨーグルト(無糖)だけは日頃から積極的に口にするようにしています。

その理由はヨーグルトに含まれる乳酸菌が、腸内環境を良くしてくれると実感しているからです。

ニキビや吹き出物ができるのは腸内環境の善し悪しによって、大きく左右されると僕は感じているので、乳製品であるヨーグルトですが、積極的にたべるようにしています。

また、ヨーグルトにはビタミン類の栄養素も豊富なので、食後のデザートとして食べることが多いですね。

ただし、最初から加糖されているヨーグルトは逆効果となるので、必ず無糖:甘くないヨーグルトでバナナや蜂蜜といったもので甘さを調節するようにしてください

同じ発酵乳製品であるチーズがありますが、僕は脂質が少し多いものもあると感じています。

ですが、チーズは発酵食品なので腸内環境を良くする代表的な食品であり、肌に良い栄養素を含んだ食品だとも実感しています!なので、チーズは定期的に食べるようにしています!

脂質が多くなると、ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌が引き起こされる可能性が高くなってしまうので、あまり一度に多く食べないように気をつけてはいます。

→必見!チーズにニキビの予防効果が期待できる!?ただし・・・

※ただし、乳製品全てが体に合わない人もいると思うので、ヨーグルトやチーズを食べたら、ニキビや吹き出物といった肌荒れが出来たり、悪化したりと感じている人は、食べないようにしてくださいね。

→必見!ヨーグルトは吹き出物や肌荒れに効果のある食べ物!?

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できる!?

コメントを残す

このページの先頭へ