必見!豆乳でニキビ肌とさよなら出来ることが判明!?その真相に迫っていきます!

[最終更新日]2017/09/27

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
豆乳を飲むとニキビの予防につながるの?

それとも吹き出物といった肌荒れを悪化させる原因になる!?どっち!?

このような悩みを持っている人は少なくないはずです。

豆乳参考文献

こんにちは!

管理栄養士になるための専門学校に通っている、ニキビ太郎です。

豆乳は、体内のホルモンバランスを整えてくれたり、肌の美白効果もあると言われています。

他にも、女性で生理前や妊娠している間に発生するニキビや吹き出物といった肌荒れにも効果的、という意見もあるくらいです。

以下では、豆乳とニキビの関係について、お医者さんや専門家の方から聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!

豆乳(大豆)には「イソフラボン」が含まれている!?

豆乳イソフラボン化粧水イメージ

ニキビ太郎が良く通うドラックストアの化粧品売り場のコーナーでも、「豆乳イソフラボン含有」とパッケージに大きく書かれた化粧水を見かけたことがあります。

ちなみにこの化粧水には、ダイズイソフラボンやダイズエキスという成分が配合されています。

この大豆(豆乳)に含まれるイソフラボンは、大豆の胚軸(はいじく:芽)に高濃度で含まれる12種類のフェノール類があります。

また、大豆イソフラボンは女性ホルモンと良く似た働きをしてくれると、大注目されています。

なので、特に女性の方が大豆イソフラボンを摂取すると、女性ホルモンのバランスが整えられたり、生理不順や乳がんを予防できたりすると言われています。

このエストロゲン(女性ホルモン=卵胞ホルモン)は、美肌ホルモンとも呼ばれています。

エストロゲンは肌の水分量を増やしてくれたり、ニキビや吹き出物の原因となる皮脂の過剰分泌を防いでくれる効果があるとされています。

また、肌の奥にあるコラーゲンの生成も促進してくれ、肌のハリというハリを復活させてくれる働きもあると言われています!!

さらに、肌の新陳代謝(ターンオーバー機能)を促進させることで肌の保湿機能を正常にしてくれたり、美白作用も期待できることがあるようです。

特に、20歳を超えてから発生する肌の乾燥による、大人ニキビ(フェイスラインや顎、口周り)は豆乳を飲んで肌の保湿機能を向上させることが有効かもしれないです。

ちなみに、大豆の約35%が大豆たんぱくで構成されており、肌細胞を作る為に必要なアミノ酸が豊富なので、より肌の新陳代謝に役立つことが考えられます。

また、裂肛促進や抗酸化作用を持つ成分も豆乳には含まれているので、肌の老化を予防できます!

さらに、直接ニキビや吹き出物といった肌荒れには関係ないのですが、更年期障害や骨粗しょう症の予防だけでなく、前立腺ガン、動脈硬化の予防といった点においても効果を発揮してくれるとされています。

肌の天敵である便秘対策にも効果的!?

大豆(マグネシウム)イメージ図

実は、豆乳に含まれる「大豆オリゴ糖」と呼ばれる糖は、僕たちの大腸にとってかなり有益な成分だと言われています。

便秘になる主な原因は、腸内環境の悪化だと言われていますが、特に栄養素の偏った食生活(お肉ばかりの食品やジャンクフードや添加物を多く含む食品)を好んで食べているという人は要注意だとニキビ太郎は感じています。

なぜなら、腸にとって良い働きをしてくれる善玉菌の数を減らしてしまう、と言われているからですね。

ですが、大豆に含まれる「大豆オリゴ糖」は、善玉菌の大好物で、程度に摂ると善玉菌の数を増やし、腸内環境をとても良い状態へとすることが可能だと言われています。

人の免疫細胞の70%は、腸内にあると言われており、腸内環境が良くなることは、体の免疫力を高めるだけでなく、便通をよりスムーズにしてくれることが研究で明らかにされているようです!

→必見!便秘は吹き出物や肌荒れの原因!?その解消法を紹介します!(ニキビ太郎の見解)

また、ニキビや吹き出物といった肌荒れを防ぐ効果が期待できるとされるビタミン類も豊富に含まれているのが、豆乳の魅力的だとニキビ太郎は感じています。

ビタミンB2イメージ画像

具体的な種類で言うと、体の代謝を助けてくれる、「ビタミンB2ビタミンB6」。

その他にも、肌の細胞の再生や成長を促してくれる、ビオチンナイアシン、葉酸。

そして、体内の血流をよりスムーズにする効果が期待できる「ビタミンE」などの栄養素も含まれています。

さらに、豊富なビタミン類だけでなく、女性に不足ぎみとなりやすい鉄分も含有されているので要注目です。

もうめちゃめちゃ魅力的な効果がある大豆(豆乳)・・・皆さんもうメロメロになっちゃいますよね?(笑)

ただし、これは豆乳の製品(メーカー)によって大きく左右されるところがあります。

ですが一応、文部科学省の食品成分データベースに記載されている豆乳のページをリンクで紹介しておきますね。

豆乳栄養成分表

参照:食品番号: 04052 食品群名/食品名: 豆類/だいず/[その他]/豆乳/豆乳 -文部科学省- , 2017/06/30)。

ちなみに、成分表には大豆イソフラボンやサポニンといった栄養成分は表記されていません。

これは、糖と他の物質が結合して出来ている配糖体と呼ばれるものだからですね。ですが、これらの成分が豆乳の健康・美容パワーに大きく貢献しているので要注目です。

favicon 豆乳に含まれる脂肪酸について

栄養成分からも、大豆には約20%の脂質が含まれているとされていることがわかります。

この脂質をより詳しく見ていくと、リノール酸と呼ばれる脂肪酸が主成分となっています。

サポニンも肌の老化を予防してくれる!?

先ほどチラっと書いたのですが、実は豆乳には「サポニン」という成分が含まれています。

豆乳に苦味を感じたら、それはサポニンの仕業だと思っても大丈夫だと思います。

そんなサポニンですが、肌細胞の老化の原因とされている活性酸素を抑制する抗酸化作用があると言われています。

活性酸素が過剰に増えすぎると肌細胞の老化が進み、その結果として肌の新陳代謝(ターンオーバー機能)サイクルの機能が低下し、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になる可能性が高まると言われています。

他にも色素沈着タイプのニキビ跡のようなシミにも、サポニンは有効だとされているので要注目成分です!!!

→注目!活性酸素がニキビの原因になる可能性がある!?その真相に迫っていきます!

また、サポニンには便を柔らかくしてくれたり、水分と油を均一に溶かしてくれる働きがあるので、血液中に流れる過剰な脂質を綺麗にしてくれる作用が期待できると言われいます。

大豆レシチンは肌細胞を作る際に大切になる!?

豆乳には、大豆レシチンと呼ばれる脂質(大豆の脂質でリン脂質よ呼びます)が含有されています。

脂質というワードが付く言葉は、健康志向の人にほど敬遠されがちな栄養素ですが、体には絶対に必要になる栄養素なので、他の栄養素とバランスよくしっかりと摂取することが非常に大切になってきます。

豆乳22

少し話しが逸れましたが、大豆レシチンは肌細胞や代謝の際に活躍する酵素に栄養素を運んだりする役割を担ってくれています。

ですが現在の日本人の食生活では、このレシチンの摂取量が少ないと指摘されることがあるそうです。

もしそれが事実であれば、細胞が正常に機能しなくなり、例えばニキビや吹き出物といった肌荒れが発生する可能性も十分に考えられるのではないでしょうか?

なので、大豆レシチンを積極的に摂取することによって、肌細胞が活性化すれば、老化の予防にもなり、繰り返しになりますが、肌の新陳代謝(ターンオーバー)機能を促進させることにも繋がります。

また、レシチンには乳化作用もあるので、血液循環を促進する効果も期待できると言われています。

女性だけでなく男性の肌荒れにも有効的!?

皮脂イメージ画像

上記では女性のニキビ問題に特にまとめてきましたが、実は男性の吹き出物といった肌荒れにも効果があると言えるとニキビ太郎は実感しています。

女性と同じように、肌の乾燥によって出来るフェイスラインや顎周辺といった吹き出物で悩んでいる人にとって豆乳の効果は有効だと言えます。

また、男性ホルモンの1種類である、「ジヒドロテストステロン」を抑制してくれる作用があるとも言われてます。

このジヒドロテストステロンとは、男性ホルモンに代表的な、ハゲや皮脂の過剰分泌といったネガティブな働きを促進させてしまう可能性があるとされています。

なので、それらを抑制してくれる可能性のある豆乳を飲む事は、男性にとっても非常に有効になるかもしれないです。

厳密にいうと、男性ホルモンのテストステロンが体内の5α−リダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)に転換することで、薄毛やハゲの原因になるのですが、大豆イソフラボンによって、この5α−リダクターゼ(酵素)を抑制する働きがあると言われています。

また、ストレス社会で働く日本人は、何かとストレスが溜まりやすい男性も多いと思います。

そこで、豆乳に含まれるビタミン類や大豆レシチンの登場です。

ビタミンB群は、ストレス解消や集中力の向上に役立つと言われているので、頭の片隅に置いておくのもいいかもしれないです。

ですが・・・実は摂り過ぎも良くないと言われています。。

非常に残念なことに、ただ闇雲に大豆イソフラボンを大量摂取するわけにはいかないようなのです。

2006年の食品安全協会による、「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の 安全性評価の基本的な考え方」という資料 では、大豆イソフラボンの一日上限摂取目安量は、

男性:76mg/日

     女性:64mg/日(閉経前)
        74mg/日(閉経後)

とされています。(引用:http://www.fsc.go.jp/hyouka/hy/hy-singi-isoflavone_kihon.pdf , 2015/03/30)。

なので、サプリメントや他の健康食品等で大豆イソフラボンを過剰摂取してしまった場合、女性ホルモンとの関係が強い箇所である「乳房や子宮ガンのリスク」が異常に高まったり、生理不順などの症状が現れるケースがあるということが指摘されているようです。

食品安全委員会でも、妊婦がサプリメントなどで大豆イソフラボンを摂取する事、そして乳幼児や小児などが、通常の食事以外で大豆イソフラボンを摂取することは推奨していないようです。

しかし、農林水産省の見解では普通の食生活でイソフラボンを過剰摂取するのは逆に難しいと言われており、そこまで気にする必要はないとの見解のようです。

これらのことから、

サプリメントや他健康食品でイソフラボンを摂取する場合は、その含有量をチェックして、一日当たりの上限値を超えないようにする必要があると、ニキビ太郎は考えます。

日本人は、豆腐、納豆、煮豆、みそなどの「伝統的な大豆食品」について、日常の食生活における長い食経験があり、これらの大豆食品を食べることによる大豆イソフラボンの健康への有害な影響は、現時点では確認されていません。大豆食品は、良質なタンパク質を含み、またカルシウムなどにも富む、重要な栄養源の一つです。日本で行われた追跡調査の結果では、通常の食生活で大豆食品を食べることは、まったく大豆食品を食べない場合に比べて、健康に有益であることが報告されています。もし、大豆イソフラボンによる悪影響を心配して大豆食品を食べることをやめてしまうと、大豆食品から栄養成分が得られなくなり、むしろ健康を損なう可能性もあります。

(引用:http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/kome/k_daizu_qa/#b9, 2015/03/30)。

上記のことから、大豆はあくまで体の健康と美肌作りに必要な栄養素の1つであり、そこまで良い効果を期待しないというスタンスで向き合うことが良いのかもしれません。

無調製豆乳イメージ画像2

中には、納豆のような大豆製品は大丈夫だけど、豆乳となるとお腹を下してしまう・・という方もいらっしゃるからですね。(ちなみに、僕の妹が豆乳が飲めなくて、もし飲んじゃうとお腹の調子が悪くなると言っていました。あと、豆乳独特の風味が嫌なんだとか・・・汗)。

また、豆乳もアレルギー症状を引き起こすアレルゲンになる可能性があるので、豆乳を飲んで身体に異変が出た人はすぐに飲むのを中止してくださいね。

ちなみに、文部科学省のページに豆乳以外に大豆イソフラボンを含む食品についてまとめてあるページがあったので紹介しておきますね。

豆乳以外にイソフラボンを含む食品例

→文部科学省 大豆および大豆加工食品中の大豆イソフラボン含有量 , 2017/06/30)。

ニキビ太郎がオススメする豆乳は・・・

僕は、ニキビや吹き出物などの肌荒れ対策として、定期的に豆乳をメニューに加えて飲んでいます!

そこで今回は、僕ニキビ太郎が実際に飲んでみて、ニキビや吹き出物といった肌トラブルに効果がありそうな豆乳を紹介させて下さいね!

ニキビ太郎が実際に飲んでいる豆乳は、こちらになります!

有機豆乳イメージ

近くのスーパーやドラッグストアに売ってある、全ての豆乳の原材料名の箇所を見比べしてみた結果、ニキビ太郎の肌に美肌効果をもたらしてくれたのがこの有機豆乳でした。

最初は本当に豆腐を飲んでいるようでした。笑

なので、もしかしたら「無理」と感じる人がいるかもしれないです。

実はニキビ太郎の母も僕が薦めて最初は「マズっ・・・」という感想でしたが、無理して飲んでいるうちに、今では無調整じゃないと豆乳じゃないと思えるようになったそうです。笑

無理の無い範囲で、無調整豆乳に挑戦されるのもアリかもしれないです。

豆乳って、実は

・無調製豆乳(お水と大豆のみを使用している)
・調整豆乳(砂糖や油などを加えている)
・豆乳飲料(フルーツやコーヒーなどを加えている)

大きく分けて上の3つに分類することができます!

無調製豆乳イメージ画像

無調製豆乳イメージ画像2

↑これらは、無調製豆乳(お水と大豆のみを使用している)です。

調整豆乳イメージ

調整豆乳イメージ2

↑これは、調整豆乳(砂糖や油などを加えている)です。

この調製豆乳を飲まれている方は多いのではないでしょうか?僕の友人達に聞いても、豆乳といったらものすごい勢いで、これや!コレ!と言っていました。(笑)

豆乳飲料イメージ

↑最後に、これらが豆乳飲料(フルーツやコーヒーなどを加えている)ですね。

これは完全に砂糖などが入っています。

オススメメニューは豆乳カレー!!!

ニキビ太郎がオススメする豆乳メニューは、「豆乳カレー」です!

市販の固形カレールウを使用したものでも作れなくはないのですが、小麦アレルギーなどがあったり、脂質や食塩相当量を気にする人、

また、添加物がモリモリ入っている市販のルウを使うのはちょっと・・・という人にオススメしたいのが、スパイスで作るシンプル豆乳カレーライスになります!

こちらの「カレーとニキビ」の記事にもレシピを紹介していますが、こちらでは、さらに豆乳を入れて作ったものを掲載していきますね!

豆乳カレー1

favicon ○用意するもの

・鶏もも肉       400g
・玉ねぎ        1個
・トマト        1個
・はちみつ       大さじ1
・おろしニンニク  少々
・おろしショウガ   少々
・オリーブオイル  適量

【○】
・プレーンヨーグルト  大さじ2
・カレー粉  小さじ2
・塩          少々

【☆】
・コンソメ  小さじ1
・豆乳  600ml
・じゃがいも 1個
・にんじん 半個

(じゃがいも、にんじんを小さく切り、コンソメを溶いた水600mlと一緒にレンジで熱を通します。)

favicon ○作り方

まずは鶏もも肉を一口大に切って、それを容器に入れ、【○】につけ込み、なるべく2時間程度放置します!(これは30分でも大丈夫ですが、2時間置くと美味しさが増すと僕は感じています。)

豆乳カレー2

次に、たまねぎを切って炒めていきます!

豆乳カレー3

きつね色になった玉ねぎは別の容器に移し、にんにく、しょうがを擦ってオリーブオイルをしき、火を通します。

豆乳カレー4

そこに【○】につけ込んでおいた鶏肉を入れ、焼き色を付けていきます!

豆乳カレー5

焼き色が付いたら、炒めておいた玉ねぎ、湯煎皮むきをしたトマト、はちみつを加え全体的に炒めていきます。

豆乳カレー6

そして、【☆】を加えグツグツと煮ていきます。

豆乳カレー7

いい感じに火が通ってきたら、最後にカレースパイスを追加してカレー色を出して行きます。

豆乳カレー9

この段階ではあんまり美味しそうではないですが・・・

豆乳カレー10

このように盛りつければ美味しく見え、味も塩や醤油で整えると完璧なカレーライスになります!

今回は豆乳を紹介しましたが、豆乳がどうしても無理な方は、豆乳という選択肢もあるので、そちらも僕はオススメしたいです。

豆乳×オリーブオイル!?

豆乳×オリーブオイル

僕ニキビ太郎は最近知ったのですが、豆乳とオリーブオイルを混ぜたもの(調味料)が流行っているようですね。

オリーブオイルはニキビ太郎も使っていて、日々の全ての加熱料理の際に愛用しています。

なので、その効果は身をもって体験しているのですが、そこに豆乳を加えるとなると、確かにより高い効果が期待できそうです。

豆乳関連の書籍に書いてある、ニキビや吹き出物といった肌荒れに関係がありそうな効果は、

・オリーブオイルと豆乳に含まれるポリフェノールが細胞や血管の酸化を防止してくれる。
・ふたつの食材に含まれるビタミンEが免疫力を高めてくれる

他にもたくさんあるのですが、肌の悩みに大きく影響を与えるのは上記2種類です。

→【検証】オリーブオイルは吹き出物や肌荒れを悪化させる!?その真実に迫ってみます。

主な参考文献

豆乳参考文献

・「豆乳」でキレイになる!(書籍名),中澤 勇二(監修者),株式会社 青春出版社(発行所),2004年01月05日(発行)

・豆乳グルグル(TGG)ヨーグルト(書籍名),栗生 隆子(著者),株式会社 永岡書店(発行所),2015年09月10日(発行)

・血管がぐんぐん若返る!!豆乳オリーブオイル(書籍名),小山 浩子(著者),池谷 敏郎(監修)株式会社 集英社インターナショナル(発行所),2016年09月30日(発行)

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できる!?

コメントを残す

このページの先頭へ