必見!水は毎日3〜4ℓ飲むことでニキビ肌を予防することが期待出来る!?

[最終更新日]2017/09/03

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
水を飲み過ぎるとニキビや吹き出物の原因になるの?

それとも、逆に水を飲まないから肌荒れになってしまう?

そのような悩みを持っている人は少なくないはずです。

水の飲み方について

こんにちは。
現在、管理栄養士の資格を取る為の専門学校に通っている、ニキビ太郎です。

突然ですが今現在、顔に赤ニキビや黄ニキビ、またはニキビ跡の色素沈着が酷いという人は、水分不足(慢性的な脱水状態)によって肌トラブルを引き起こしているかもしれないです。

体内の約60%は水分で、その水分が不健康な状態になると、血行不良になったり、それによって肌のターンオーバーに必要な栄養素が、肌細胞に届き難くなっていることも考えられます。

ニキビ太郎もニキビが酷かった頃は、1日に1ℓ程度の水分しか摂っていませんでしたが、1日に摂る水分量を1日3〜4ℓを目安に飲む事を初めてから便秘に悩むことがなくなりました。

何より、ニキビや吹き出物といった肌荒れの予防スピードが劇的に向上したと実感しています。

ですが、だからといって、むやみに水分を多く摂ることは逆に体に悪影響になる可能性が要注意が必要です。

以下では水分補給とニキビについて、書籍で学んだこと、またお医者さんや専門家の方から直接聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!

水はこまめに摂った方が良い!?

水イメージ

人は水を摂る事によって、

・慢性的な脱水症状を予防する
・食べ物の消化を助ける
・血行促進の効果が期待できる
便秘の解消や予防につながる
・腸内環境が良くなり、免疫力の向上が期待できる
・脱水症状を未然に防ぐことができる
・肌の乾燥を予防することにつながる
・代謝機能が向上し、尿と一緒に老廃物が排出されやすくなる

といった効果を得れると、ニキビ太郎は実感しています。

ニキビ太郎は、重度のニキビやニキビ跡が顔全体を覆っていた頃は、今思えばめちゃくちゃな食生活をしていましたし、実は普段から水分を摂る事が極端に少なかった状態でした。

それに気づいてから、1日に3〜4ℓを目安に水分(一度沸騰させた水)を摂るようになってからは、本当に体の調子がよくなっていきました。(※ニキビ太郎は運動もするのでこの量になります)

あくまでも個人的な感想になってしまうのですが、目のドライアイで悩むことが少なくなり、酷かった便秘も嘘のように解消しました。

そして何より顔中にあった酷いニキビやニキビ跡が劇的なスピードで予防できたんですね。

自分でも信じられないくらいの速度だったので、水を摂る事の重要性を身をもって体験しています。

飲むタイミング(いつ飲めばいいのか?)

入浴後水分補給イメージ画像

朝、目が覚めたときはコップ1杯程度の水は摂取した方がいいと思います。

寝ている間は何も口にしていないからですね。

また、寝ている時にも呼気や皮膚から水分が出て行っているので寝起きの水分補給は大事だと思っています。

水を飲むタイミングですが、最低でも2時間に1回程度コップ1杯(200〜250ml程度)を目安に飲むと良いとニキビ太郎は感じています。

ニキビ太郎はこの他にも、水をたくさん飲むようになってから、自然と喉が渇くことが多くなりました。

なので、口に含む程度ですが、1時間に1杯程度飲むこともあります。

特に夏場は、こまめに摂ることを意識しています。(※外出する場合)

※ニキビ太郎がそうだったのですが、食事を済ませた後に、突然胃が痛むことがあるんですね。もたれると言うのでしょうか?あれは、もしかしたら水分の量が足りていないのかもしれません。

胃や腸に大きな負担がかかると、ニキビや吹き出物などの肌荒れが発生しやすいと言われているので注意したいところです。(他の重要な病気の可能性もあるので、痛みやもたれが続くようでしたら、病院を受診されることをオススメしたいです。)

→注目!消化不良や胃腸・消化器系の障害が吹き出物など肌荒れの原因に!?

少し話がそれましたが、こまめに水分補給をすることで、血液の流れがスムーズになったり、血中の活性酸素もクリーンにすることが可能になると感じています。

なので、ニキビや吹き出物のない綺麗な美肌を手に入れやすくなることが期待できる、と僕ニキビ太郎は思っています。

ちょっと計算してみますね

仮に朝7時に起きて、夜の11時に就寝するQさんがいるとします。

Qさんは、1時間ごとに200mlの水を摂ることに決めています。

朝7時から夜の11時までは16時間ありますよね?

16時間×200ml=3.2ℓ

これだけで3.2ℓの水分が摂れることになります。食事中や運動をした後、入浴後にはもう少し多く摂ると思うので、1日に4ℓを飲んでも不思議ではないことになる計算です。

1日に4ℓと書くと、「飲み過ぎじゃないと?」とか「逆に体に負担をかけることになるよ?」、「水中毒になる」という人がいますが、ニキビ太郎はそんなことは無いと思っています。

ニキビ太郎は実際に、上で例として挙げたQさんのような生活を1年半以上継続していますが、めちゃくちゃ健康的になっていると実感しています。

※ただし、ニキビ太郎は身長が175cmあって、1日に一時間程度汗をかく運動をしているので、このような生活でいいのかもしれません。

なので、まずは2時間ごとにコップ一杯程度の水分補給を目安に、1日に食事以外で2ℓ飲むといったことから初めてみることをオススメしたいです。

身長や体重によってもその人が必要とする水分量は変わってくるので、自己判断で水分量を調整する必要があるとニキビ太郎は感じています。

また、一度に多くの量を摂ってしまうと、これも胃や腸などの内蔵に負担をかけてしまいます。また、尿の中にはナトリウムやカリウムといった成分も含まれるので、一度に大量に水分を摂るんじゃなくて、適度な間隔で水分補給していくことが理想です!

あと、就寝前に大量に水を飲む事は控えた方が良いと思います。できれば寝る1時間前までに水分補給を完了させて、夜中にトイレに行く事がないようにしたいですね。

清涼飲料水(ジュースやスポーツドリンク)

ジュースイメージ

水分補給に、日頃から糖質を多く含む清涼飲料水(コーラなどの炭酸ジュースや、スポーツドリンクを含む)を飲んでいる人は要注意です。

これらの飲み物に含まれる糖質(砂糖や人工甘味料)は、腸の善玉菌の数を減らすだけでなく、毛穴から排出される皮脂の量を過剰にしてしまう恐れがあるからですね。

皮脂の分泌量が増えると、それだけで毛穴に皮脂が詰まりやすくなってしまうと言われています。

つまり、ニキビが出来やすくなってしまうということですね。。。

→注意!皮脂の過剰分泌は吹き出物や肌荒れの原因になる!?

ニキビに影響のでやすい飲みものイメージ画像

他にも、栄養ドリンクやコーヒーといった糖質&カフェインを多く含む飲料水も、極力避けた方がいいとニキビ太郎は感じています。

これらの飲み物は、胃や腸に負担をかけるだけでなく、体内の自律神経のうちの交感神経を優位にするため、睡眠不足を招き、肌のターンオーバーサイクルを乱すことが考えられます。

なので、水分補給に適している一度沸騰させた「水」や「お茶」をオススメしたいです。

ただし、お茶もカフェインを多く含むものがあります。

また、お茶やコーヒーに含まれるカフェインやポリフェノール、カテキンなどを飲む事が、逆に慢性的な脱水症状を引き起こすとも言われているので要注意です。

なので、可能であれば、普段から一度沸騰させた水で水分補給をすることをオススメしたいです。

そうするこで、酷いニキビやニキビ跡だけでなく、血行促進、便秘の解消などにもつながるとニキビ太郎は実感しています。

favicon 市販のミネラルウォーターもあまり良くない!?

水イメージ画像0

水やお茶といっても、市販のペットボトルなんかで販売されているものは、逆効果だとニキビ太郎は考えます。

ペットボトルのお茶やミネラルウォーターにも、長期保存できるように防腐剤や添加物が入っている可能性もあるからですね。

これらの添加物を体内に摂り込むと、活性酸素を作り出してしまいます。

活性酸素は肌細胞だけでなく、体全体の細胞の老化を進行させてしまう恐れがあります。

なので、外出する際にはできればマイ水筒などを持参して、家で沸騰させた水や浄水器のもの飲むようにした方がいいと思っています。

ニキビ太郎も仕事や外出する際には、必ず水筒を持参しています。そうすることで、ペットボトルを買う手間や費用がかかりません。

アルカリイオンの水(軟水)

最初は持ち歩くのは面倒だと感じるかもしれませんが、慣れたらそうでもなくて、逆に持ち歩かないと不安な気持ちで一杯になるとニキビ太郎は身を以て体験しています。

ちなみに、炭酸水や硬水、アルカリイオン水といった飲み水については、以下のリンク先記事に詳しくまとめたので、良かったら参考にしてみてください!

→驚き!水道水がニキビの原因になっている!?その真相に迫ってみました!

夏場でも冷えた水は危険!?

冷えた水イメージ画像

冬場はもちろん、夏場でも冷やした水を飲む事は内蔵に負担をかけることにつながるので、極力避けた方が良いとニキビ太郎は実感しています。

なので、僕は必ず最低でも人の体温程度まで水を温めてから飲むようにしています。

ティファールのポットを使用すれば、短時間でそれくらいの温度になるのでオススメです!

夏場は気温が高いので、たくさん冷たい水を摂りたくなる気持ちはわかりますがが、ニキビのない美肌を手に入れるためにはグッ我慢して常温で飲む事が1番いいとニキビ太郎は思っています。

繰り返しになりますが、冷たい水は内蔵を冷やし、その結果として、体内の免疫力や新陳代謝機能を低下させてしまう恐れがあるからですね。

トイレが近くても基本的には問題ないと思っています

トイレイメージ

ニキビ太郎も普段から水分を摂らなかった理由に、トイレが近くなるからというのが原因でした。

ですが、水分補給の回数をかなり増やしたことによって、それに比例してトイレに行く回数も増加しました。

ですが、これは問題ないと僕は感じています。

※特にニキビ太郎の場合はこれまでが異常なほど、水分摂取が足りていませんでした(汗)

尿には水分や老廃物、毒素などを一緒に排出してくれているからですね。

大事な用で、トイレに頻繁に行けないといった特別なことが無い限りは、こまめに水を飲んで、こまめにトイレに行く事は体や肌にとって悪いことではないとニキビ太郎は感じています。

favicon 硬水の飲み過ぎは腎臓に負担がかかるケースもある

例えばですが、ミネラル分を多く含む硬水を多量に摂取すると、それだけ腎臓に負担がかかると言われています。

腎臓には、血液中の老廃物をろ過する役目を担ってくれているからですね。

腎臓に負担がかかると、人工透析を必要とするケースも出てくるかもなので要注意です。

まとめ

最後に、僕の見解をまとめて起きますね。

これまで、ニキビ太郎は一日にこまめに水分を摂った方がいいと記述してきました。

実際に僕が1年以上経験してきて、その結果顔全体を覆い尽くしていた酷いニキビやニキビ跡が目立たなくなったからですね。

ですが、これはあくまでも上記してきた内容が僕の体に合っていただけで、他の人にとってはもしかすると逆効果になる可能性も否定できません。

もちろん、僕と同じように、実は日頃から慢性的な水分不足状態(脱水状態)だと言う人は、積極的に水分補給をすることでいい結果が得られる可能性もあります。

つまり、実際に実践してみて体が良い状態に近づくのであれば継続してみてほしいですし、逆に合わないなと感じたのであれば、直ぐに中止し、これから紹介する参考文献のお医者さんの元を尋ねてみることを僕は強くオススメしたいです。

お医者さんによっても、良い飲み水(硬水)を積極的に摂った方がいいという人、逆に水ではなく紅茶をオススメする先生もいます。

これからは自分の体に合った水分補給の仕方も、ニキビや吹き出物といった肌荒れで悩む人は追求していかなければいけないかもしれないです。

参考文献

水の飲み方について

・体をつくる水、壊す水 10年後に差がつく「水飲み”腸”健康法」30の秘訣(書籍名),藤田 紘一郎(著者),株式会社 ワニ・プラス(発行所),2014年06月25日(発行)

・医師が教える 不調を治す水の飲み方・選び方(書籍名),森下 克也(著者),株式会社 KADOKAWA(発行所),2015年08月18日(発行)

・水の飲みすぎが病気をつくる 体内の「水毒」を追い出す飲み方、食べ方、暮らし方(書籍名),石原結實(著者),株式会社ビジネス社(発行所),2016年06月29日(発行)

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

 
  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→必見!頬ニキビを1日でも早く予防するための治し方を原因から見ていきます!

コメントを残す

このページの先頭へ