必見!アーモンドはニキビの予防効果があるのかについて真剣に調べてみました。

[最終更新日]2018/04/06

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

アーモンド参考文献
アーモンド参考文献

良く耳にするのは、アーモンドやピーナッツといったナッツ系の食品を食べると、ニキビや吹き出物の原因となりやすくなるということです。

ですが、これらの情報には医学的な根拠はなく、誰かが言い出した嘘(執筆現在)だということが判明しました。。。むしろその逆で、アーモンドはニキビや吹き出物の予防につながると言われています。

今回は詳しくアーモンドとニキビの関係について、お医者さんや専門家の方から聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!

豊富な栄養素を含んでいる!

アーモンドは、バラ科の植物でサクラの仲間として分類されるそうです!

そんなアーモンドには、ニキビや吹き出物の予防に欠かすことのできない栄養素をたくさん含んでおり、天然のサプリメントと表現されることもあるほどです!

また、アーモンドを含むナッツ系の脂肪分は不飽和脂肪酸とされています。

アーモンド(ナッツ系)のあれこれ

「実は、ナッツの脂肪分こそが、美容と健康にとって、頼もしい味方になってくれる存在なのです。ほかにも、身体に必要不可欠な栄養素がたっぷりと含まれていますし、研究によってさらにいろんな働きがわかってきているんですよ」と、慶應義塾大学医学部教授の井上浩義先生。

○ナッツは脂肪分が多いって本当?
ひと粒の50~60%が脂肪分なので、多いのは確かです。しかしナッツの脂肪分は、身体にいいとされる不飽和脂肪酸。善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすオメガ3と、コレステロール値の低下や、生活習慣病の予防に効果的なオメガ6が含まれています。またオメガ3とオメガ6の黄金比率は1:2と言われており、特にアーモンドやピスタチオに多く含まれますが、その比率に最も近いのはくるみ。脂肪分のほか、炭水化物やタンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれるので、適度な量を食べれば美と健康にいい効果が期待できます。

○ナッツの食物繊維はどんな働きをしてくれるの?
ナッツは食物繊維が豊富で、腸の働きを活性化してくれます。食物繊維は1日19~21g 摂ることをおすすめしますが、現状の平均摂取量は15gほどです。ナッツを食べることで食物繊維が補われて便通がスムーズになり、美肌にも役立ちます。

(引用URL:http://fufufu.rohto.co.jp/series/jyoshiki/481/2/ , 2015/12/16)。

favicon 特に夜勤などしている人はアーモンドやナッツを!

ニキビ太郎は以前介護のお仕事をしていて、月に何度か夜勤をすることがありました。

日頃は昼間に起きて仕事をしているので、夜勤とるなると、日勤の時以上にかなり体力を消耗します。。介護職も人の命を預かる、お仕事なので精神的にも結構負担がかなります。。

また、何よりニキビや吹き出物といった肌荒れ(大人ニキビ)が出来やすくなります。。(汗)

そこでアーモンドといったナッツ系の食品の登場です!

アーモンドに含まれる栄養素を以下でより詳しくみていきますね!

favicon ビタミンB2

ビタミンB2イメージ画像

ビタミンB2には、皮脂の過剰分泌を抑えてくれる効果があります。皮脂がたくさん排出されると、毛穴が詰まりやすくなります。それがニキビの原因につながる可能性があると言われています。

なので、皮脂の分泌を抑えてくれえる働きがあるビタミンB2を積極的に摂って、毛穴の詰まりを予防し、ニキビや吹き出物などの肌荒れを防いでいくことは、非常に重要なことだと感じています。

逆にビタミンB2が不足すると、肌に皮脂が大量に排出されるようになり、肌質がオイリー(脂性)肌になりやすくなると言えます。なので、ビタミンB2の不足には注意が必要になってきそうです。

ターンオーバーの仕組みイメージ

また、ビタミンB2には、肌の代謝を助ける効果を促します。なので、肌の新陳代謝の機能が高まり、乱れた肌細胞のサイクルも元に戻っていくことが期待できると思っています。

肌細胞のサイクル=ターンオーバー機能が正常に機能されるようになれば、毛穴に皮脂や汚れが詰まりにくくなり、結果としてニキビや吹き出物といった肌荒れ予防にもつながります。

また、肌のターンオーバー機能が高まるということは、赤みやシミ(色素沈着)のニキビ跡を目立たなくする効果があるということになります!!

さらに、色素沈着の赤紫色や茶色のシミの原因となる「メラニン」の発生を抑制する働きもビタミンCよりも作用するというデータもあります。

なので、色素沈着(シミ)のニキビ跡を予防する効果も期待できます!!ビタミンB2ってすごいんです!!これは積極的に摂っていかないと損するレベルのビタミンですね!

→注目!ビタミンB2は吹き出物などの肌荒れ予防に効果がある!?

favicon ビタミンE

ビタミンEイメージ画像

ビタミンEには強い抗酸化作用があるので、積極的に摂っていきたい栄養素です。

特に肌の老化の原因となる活性酸素(ヒドロキシラジカルやスーパーオキシドアニオンラジカル。etc・・・)を上手に排除してくれる働きが期待できるので、肌のターンオーバー機能の低下を未然に防ぐことが可能とするんですね!

なので、ニキビや吹き出物といった肌荒れを予防してくれるだけでなく、目尻のシワやシミなんかの肌トラブルに対しても優れた予防効果が非常に期待できると言われています。

ビタミンEは血流を良くする働きがあり、逆に欠乏すると血行不良を招く原因となってしまいます。

肌に必要な酸素や栄養素は、この血液の循環によって届けられていて、それが滞ることになると、肌細胞の分裂を妨げます。(=肌のターンオーバー機能の低下の原因)

肌のターンオーバー機能が落ちると、それだけ古い角質が肌に蓄積されやすくなり、毛穴がつまる原因です。これが大人ニキビができる理由なんですね。

そこでアーモンドの登場です!

アーモンドは現在確認できる限り、全ての食品の中で、もっともビタミンEを摂取しやすい食べ物だと言われています。

なので、アーモンドを積極的に食べて、ビタミンEが不足しないように注意したいですね。

favicon 食物繊維

緑黄色野菜イメージ画像

実は食物繊維をたくさん摂る事で、ものスゴい効果がもう1つあります。それは、腸内細菌がビタミンを作ることに貢献しているということです。

人の腸内では、本当にたくさんの腸内細菌が存在していて、これらが口から入った食べ物を上手く分解し、人の体に必要なビタミンなどの栄養素を作ってくれていることが確認されています。

この理由は先述したように、食物繊維が腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌の数が悪玉菌よりも多くなるからです。腸内環境が良い方向へ傾けば、それだけ腸内細菌の活動も活発になり、重要度の高い栄養素(ビタミン類)を合成してくれるのです!!

腸内環境が整って、肌の新陳代謝に必要な栄養素を肌細胞に運ぶことができるなら、便秘を予防することができるので、結果としてニキビの予防につながります!

また、アーモンドには豊富なオレイン酸も含まれているので、よりトイレがスッキリ、腸内環境を整えてくれる作用が期待できます!

→必見!食物繊維を摂ることで吹き出物や肌荒れ予防効果が期待できる!?

favicon 亜鉛

亜鉛イメージ画像

亜鉛は、代謝が盛んに行われている場所に多く必要とされます。例えば、肌にニキビや吹き出物といった肌荒れや、酷い肌の炎症を引き起こすと肌の細胞や真皮細胞は傷つき、ダメージを受けてしまいます。この時に活躍してくれるのが亜鉛です。

亜鉛は、ニキビなどの肌荒れで傷ついた肌細胞達の成長(再生)を早めてくれる働きがあります。これが肌の新陳代謝機能(ターンオーバー)ですね。

ターンオーバーイメージ図

そのため亜鉛が不足している人は、肌のターンオーバー機能が鈍くなります。なので、肌の外側にある古い角質層が上手に垢として剥がれていかずに、そのまま毛穴を詰まらせ、吹き出物の原因となる恐れがあります。

また、ニキビなどの肌荒れの予防スピードが遅くなることもあるので、亜鉛不足にならないように気をつけていく必要があります。

亜鉛は体内で作ることができない栄養素なので、アーモンドで補給しておきたいです。

→驚き!亜鉛が不足すると、吹き出物といった肌荒れの原因に!?

特にアーモンドは、他のナッツ系の食品よりもビタミンBやビタミンEの含有量が多く、それだけニキビ予防につながりやすくなっているとニキビ太郎は考えます!

他にも鉄分が豊富で、皮膚や粘膜を形成してくれる働きがあるとされています。その鉄分が不足すると湿疹や肌荒れが怒りやすくなるので、鉄分もアーモンドなどのナッツ系の食品で積極的にとっていきたいです!

favicon 以下のイラストをご覧ください!

ナッツ系栄養成分比較表
※五訂増補日本食品標準成分表参照

ニキビ太郎が好きなナッツ系(アーモンド、ピスタチオ、ピーナッツ)の100g当たりの栄養素の含有量を比較してみました!

アーモンドは、抗酸化作用があるビタミンEの含有量がぶっちぎりの数値となっていますね!

一粒1g換算すると、アーモンドを約23粒食べれば、一日に必要なビタミンEの摂取目安量はクリアできることになります!

添加物にご注意を!

よくスーパーやコンビニで見かける1袋100円程度で販売してあるアーモンドを買えばいいや!と思っている人はご注意ください。

アーモンド3

その理由は、安いものは糖質や塩分を多く含み、また添加物もモリモリ入っています。さらには、比較的質の悪い油で揚げてあるので開封後すぐに酸化するアーモンドが多いからですね。

必要以上に加工されたアーモンドを食べると、一粒ごとのカロリーが跳ね上がり、それこそニキビの原因となる皮脂の過剰分泌につながることが考えられます。

また、添加物のせいで腸内環境が劣悪なものになって肌のターンオーバー機能が低下し、結果として吹き出物が出来やすくなるといったことにつながる可能性があるので大変注意が必要だと言われています。

ニキビ太郎がオススメするアーモンド

アーモンド2

ニキビ太郎は、家の近くにある「マルヤ」というスーパーで販売している素焼きアーモンド(食塩や植物油を使用せずにローストしたもの)を買ってきて食べています!

価格は1袋250円程度です!

アーモンド4

原材料のアーモンドはアメリカ産で、販売者は千葉県松戸市にある「株式会社スイートボックス」さんです。

普通に美味しくてオススメですね!

そして、少しリッチにアーモンドを食べたい時は、Amazonさんで購入しています。

アーモンド5

こちらの商品を買っています。定期購入だと10%OFFなので、すっごくオススメです!

ですが、時々予約しても発送が2週間後とかなることがあるので、そこらへんは注意しとかないといけないです!

favicon ニキビ太郎は一度に10粒程度食べます。

他のニキビ関連のサイトやブログさんでは、一日に20粒前後食べると良いと書いてありますが、僕の場合は一日10粒程度です。

日によって5粒だったりしますが、基本的には10粒程度です。食べるタイミングとしては完全に夕食後です。

自作アロエヨーグルト

自作アロエヨーグルト

普段は、アロエとバナナとヨーグルトにはちみつを加えた特製ヨーグルトを食後のデザートに食べるのですが、アーモンドを食べる時はその後に食べています。

ニキビ太郎特製ヨーグルト+アーモンドは最強の組み合わせだと感じています。

食物繊維を含んでいるので、食後に食べればより便通を良くしてくれると実感しています。

ただし、一度に何粒も過剰に食べ過ぎると栄養の摂り過ぎで皮脂の過剰分泌につながったり、また体質的に肌荒れを引き起こすことは考えられます。深刻な場合だと食物アレルギーである可能性も否定できません。

アーモンドを食べて何か体調に異変が起きたら、すぐにかかりつけの病院で診察してもらうようにしてください。

アーモンドは一度食べ始めると食べ辞めるのが難しい食品でもあるので、今日はこれだけ!と強い意志で決めておくことも重要だとニキビ太郎は実感しています。

favicon 水と一緒に食べるとより◎

アーモンドを含むナッツ系は食べると口の中がパサパサと乾燥しやすくなるので、水と一緒に食べるようにしましょう!

ここで注意したいのが、冷えたものではなくて、なるべく常温以上のものが良いとニキビ太郎は実感しています。

冷えた水は内蔵をも冷やし、間接的にニキビの原因にもなるので、なるべく避けた方がいいです。

他にも人工甘味料や他の添加物がモリモリはいった飲料水も飲むのは控えた方がいいと思います。

また、一度にガーっと飲むのではなくて、アーモンドと水を交互に少しずつ口に入れると満腹感にもつながるので、食べ過ぎ予防につながります!

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→注目!1日でも早く赤ニキビを予防する方法を原因から詳しくみていきます!

コメントを残す

このページの先頭へ