必見!プロテインはニキビの予防効果があるのか?その真相に迫ってみました!

[最終更新日]2017/09/03

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
プロテインを飲んだらニキビといった肌荒れの原因になるの?

それとも逆に吹き出物の予防になる?

このような悩みを持っている人は少なくないはずです。

プロテイン参考文献

こんにちは。

現在、管理栄養士の資格を取るための専門学校に通っているニキビ太郎です。

今回は、プロテインとニキビの関係について、詳しくまとめていこうと思っています。

結論から言うと、ニキビ太郎はニキビを一刻も早く予防するために、普段の食生活にプロテインを取り入れた方が良いと実感しています。

そんな事を言っても、プロテインという言葉を聞くと、なんだかマッチョな人が筋肉付けるために飲んでいるイメージがありますよね?

僕も最初はそうでした。

ですが、ちゃんとしたプロテインにはタンパク質(必須アミノ酸)がバランス良く含まれていて、それを適切なタイミングと量を摂取することができれば、たんぱく質を効率良く摂る事のできる補助食品なんですね!!!

このタンパク質は、皮膚や髪の毛、筋肉の材料となる栄養素なので、ニキビや吹き出物といった肌荒れで悩んでいる人は特に注目して欲しいです。←超重要

僕ニキビ太郎は、プロテインを飲んで効率よくたんぱく質を摂れたおかげで、ニキビやニキビ跡の予防スピードが、圧倒的に早くなったと実感しています!!!

また、「筋トレをして体を大きくしたいけど、ニキビができるならプロテインは飲めないな・・・」と誤解をしている人にも正しいことをお伝えしたいので、

以下ではプロテインとニキビの関係に関して、書籍をはじめ、またお医者さんや専門家の方から聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!

ニキビで悩んでいる人こそプロテインを飲むべき!?

いきなりですが、僕がどうしてニキビで悩んでいる人にプロテインをオススメしているのかを説明していきますね!^^

まずは、プロテインに含まれている栄養素や原材料名(成分)を詳しく見ていこうと思います。

favicon プロテインに含まれている成分

プロテインには豊富なたんぱく質(アミノ酸)が含まれており、これが主成分となっています。

そもそもたんぱく質とは、数千個から数十万個ものアミノ酸が結合した状態の物質で、僕たちヒトの筋肉をはじめ、骨格筋や内臓、血液や皮膚や髪の毛、ホルモンといった材料になります。

また、たんぱく質は細胞(肌細胞)の新陳代謝に欠かせない栄養素にもなります。

プロテインの商品によっては、たんぱく質以外にも、レシチンやビタミン(特にビタミンB群やビタミンE)、ミネラル、糖質類が含まれている商品も多くあります。

ここで、ニキビ太郎が日頃から愛用しているプロテインの1つである、「ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート プレーン風味」に含まれる成分について見てみようと思います。

プロテインイメージ画像1

この商品に含まれる原材料名は、

原材料 : 乳清たんぱく、レシチン(大豆由来)

となっています。

なので、特に問題はないです。

次に、栄養成分ですが、

(100gあたり)エネルギー 377kcal たんぱく質 90.8g 脂質 1.3g 炭水化物 0.4g ナトリウム 168mg

栄養成分表(付属スクープ2杯(約20g))エネルギー 75.9kcal たんぱく質 18.2g 炭水化物 0.1g 脂質 0.3g

アミノ酸分析値(g/100g)アミノ酸スコア100

アスパラギン酸 11.52g セリン 4.55g グリシン 1.72g バリン 6.22g メチオニン 1.76g ロイシン 11.62g フェニルアラニン 3.00g リジン 10.12g アルギニン 1.93g スレオニン 8.26g グルタミン酸 20.53g アラニン 5.51g シスチン 2.50g イソロイシン 7.12g チロシン 3.64g トリプトファン 2.00g ヒスチジン 1.88g プロリン 6.15g 100g中に含まれるBCAA 24.96g

となっています。

現在の栄養学で、明らかになっているアミノ酸の種類は20個あるのですが、その内の18種類がこの製品には含有されていることになります。

この中で必須アミノ酸(9種類)というのがあって、これは食事を通じて摂らなければないアミノ酸なのですが、この商品は全てを含んでおり、そのバランスの比率もアミノ酸スコアも100です。

このアミノ酸スコアも非常に重要で、100に近づくほど理想的です。

なので、アミノ酸に関してもパーフェクトな商品だと、ニキビ太郎は判断しています。

favicon たんぱく質ならお肉を摂ればいいんじゃない?

チンゲン菜と豚肉と卵の炒め物1

たんぱく質を多く含む代表的な食品といえば、お肉やお魚といった動物性の食品、そしてお豆腐といった大豆製品(植物性食品)が挙げられると思います。

なので、日頃から上記の食品をたくさん食べている人も多いと思います。

ですが、プロテインと同じたんぱく質(アミノ酸)を摂る過程において、問題を生じることがあります。

その問題の1つに、たんぱく質を多く含む食品には、別の栄養素を多く含んでいることが挙げられます。

これは、特にお肉に言えることですが、たんぱく質を多く摂取したいと思ってお肉ばかりを食べていると、便秘になったり、排便が黒っぽく、臭いがきつくなったりしませんか?

これはお肉を食べることによって、腸内に存在する腸内細菌のバランスが乱れてしまう(悪玉菌が増える)のが原因です。

腸内細菌のバランスが崩れると、それが巡り巡ってニキビや吹き出物といった肌荒れに繋がってしまうとニキビ太郎は考えます。

→必見!腸内環境の悪化は酷いニキビの原因となる!?その真相に迫ります!

また、お肉には脂質も多く含まれているので、食べ過ぎは要注意が必要です。

なのでただ単に、たんぱく質を多く食事をすればニキビの予防ができる!という訳にはいかないんですね。

もちろん、お肉を食べることも非常に重要で、今回ニキビ太郎がお伝えしたいのは、たんぱく質を含む食事をするにしても、その食品のバランスや摂取量も真剣に考えなくてはいけないということです。

favicon お肉はほどほどに、お魚や大豆製品もしっかりと摂るべき。

質の高いたんぱく質を摂るために、お肉も食べてはいいのですが、それ以外にも例えば、お魚や大豆製品もしっかり食べることをニキビ太郎はオススメしたいです。

お魚はお肉と同じ動物性たんぱく質なのですが、たくさん食べてもお肉よりは遥かに腸内環境を悪化させにくく、またたんぱく質(アミノ酸)をバランス良くかつ多く含んでいる食品です。

しかも青魚(サバやサンマ)であれば、質の高い脂質(EPAやDHA)も多く存在しているので、ニキビや吹き出物といった肌荒れで悩む人には、お肉よりもお魚メインの食事をして欲しいと思っています。

→必見!サバ(鯖)がニキビの予防に効果的だった!?

→注目!サンマがニキビ予防に効果ある!?秋は秋刀魚を食べよう!?

また、植物性食品に分類されるお豆腐といった大豆製品もオススメしたいです。

食品によってはアミノ酸スコアが不安なものがありますが、それでも腸内環境への負担も少なく、脂質も多く含んでいないので、良質なたんぱく質を多く摂るためには有効活用すべきだと思っています。

favicon プロテインは意外とリーズナブルな価格!?

プロテインイメージ画像3

プロテインは1kg単位から販売されているので、一見めちゃくちゃ高いものに感じますよね?

ですが、お魚やお肉、チーズといった乳製品を買ってたんぱく質を確保しようとするよりも、同じ量のたんぱく質を摂るためなら、実はプロテインの方が経済的には安いってご存知でしょうか?

もちろんプロテインの種類によっては、めちゃくちゃ高価なものもありますが、普通に市販されているものであれば、意外と価格は安い設定です。

例えば、豚肉(バラ)でたんぱく質6gを得ようとしたら、脂質も13.8gあり、価格も120円です

これをプロテインに置き換えると、同じたんぱく質6g得ようとしたらソイ(大豆)プロテインであれば20円で、脂質はほぼ0です。

また、ホエイプロテインでも脂質はほぼ0で、価格は48円になります。

さらに比較しやすく、サケの切り身だと、たんぱく質6gを得るためには脂質は1.2gで価格は50円となります。

他にもプロテインパウダーのメリットがあって、それは長期保存が可能で気軽に持ち運びができるという点です。

実際にニキビ太郎も外出する際には、可能な限りプロテインパウダーを持ち歩いています。

※プロテインの種類や食材によっては価格変動などがあると思いますが、プロテインを摂ることで、基本的にはお肉やお魚よりも価格は安く、良質なたんぱく質を得ることが出来ることの方が多いと思っています。

安易に飲みすぎると危険!?

プロテインも推奨量を超えて摂取することは栄養素の過剰摂取となり、体に害を与えることがあるので、必ずメーカーさんの推奨量を守るようにしてください!

基本的に普通の食事で、自分の体重程度のたんぱく質量を3食の食事で摂取できているなら、プロテインは飲まなくてもいいかもしれないです。

プロテインを摂った方がいいケースというのは、忙してくて食事で摂るたんぱく質量が明らかに少なかった時などでいいと思います。

その他には日頃から筋トレなどトレーニングや仕事で肉体労働の人は、プロテインで適宜補給する感じですね。

少し怖い話になりますが、プロテイン(たんぱく質)には窒素(N)、硫黄(S)、リン(P)を含んでいるので、摂取量が多くなると肝臓や腎臓への負担が大きくなるとされています。

なので、プロテインを過剰摂取すると、腎臓に大きな負担がかかり、近い将来、透析センター(腎臓がうまく機能しなくなった人が通う場所)に通うことになるかもしれません。。(汗)

透析治療を必要とすると、週に3日、一日4時間病院のベッドの上に拘束されることになります。(僕の祖父が透析を必要とする体になってしまったので、よく理解しているつもりです)

ちなみに、プロのボディービルダーの人達は、プロテインを飲む期間にあえて休息期間を設けているようです。

3ヶ月飲んだら、あえて一ヶ月くらい飲まずに生活する。

そうすることで、定期的に内蔵を休ませることで、長期間でより高い効果を生んでいるようなのです。

ニキビ太郎も定期的にプロテインをあえて飲まない期間を設けて、健康診断では、血液検査や尿検査を通じて、腎臓に異変がないかをお医者さんと一緒にチェックしています。

favicon 逆にプロテインに頼りすぎるのも危険

プロテインパウダーと水をシェーカーに入れて、ただそれをシェイクして飲めるプロテインがいくらお手軽にたんぱく質を摂れるからといって、そればかりに頼るのも本当に危険なことだと僕は感じています。

プロテインは手軽に飲めるのがメリットでもあり、デメリットでもあります。

その理由は、人の内臓(胃や腸)は食べ物を消化したりするプロセスを日頃から経てないと、どうしても弱ってしまうからですね。

食べ物を食べさすぎると、いざ普通に食事をした時に胃や腸への負担が大きくなり、最悪の場合食べ物を吐いたり、消化不良を起こして下痢といった症状をすることが考えられます。

また、普通の食事(お肉や魚、卵など)を食べることによって、生命活動のエネルギー源が確保でき、脂肪やコレステロールといった栄養素は性ホルモン・細胞膜の原材料となるので、しっかりと摂取する必要があります。

→注目!卵がニキビ・肌荒れ予防に劇的な効果をもたらしてくれる食材だった!?

さらに付け加えると、鉄分が入っていないタイプのプロテインを飲んでいると貧血になる可能性もグンとアップしてしまうので、やはり時にはお肉もやお魚といった鉄を含む食材をバランス良く食べるべきなんですね。

→驚き!鉄分不足がニキビの原因になっている可能性!?その真相に迫っていきます!

あくまでもプロテインはサプリメントの一種なので、普通の食事を摂ることを基本として、その補助的役割としてプロテインを摂取していくべきだと僕は実感しています。

女性もプロテインを飲んでいい?

結論から言うと、女性の方もプロテインを積極的に摂った方がいいと、ニキビ太郎は思っています。

女性はダイエットをしようとすると、どうしても無理な食事(例えば3食サラダだけや糖質を完全に抜いてしまう)をしがちな印象です。

ですが、偏った食事では逆に健康を損なってしまったり、ニキビの原因にもなりかねません。

そこでオススメしたいのが、普通の食事をしながら全体的に量を減らし(バランス良く減らします)、食後にプロテインでたんぱく質を補給すると言う方法です。

特に大豆プロテインであれば、女性ホルモンと似たような働きがあると言われているので、軽い運動をした後にプロテインを摂ることができれば、きれな体型を作ることはそう難しく無いはずです。

そうすることで、肌細胞の新陳代謝に必要なたんぱく質を不足することなく供給することができ、結果としてニキビや吹き出物といった肌荒れを予防できやすくなるとニキビ太郎は感じています。

ただし、たんぱく質の摂取量が少し増えるので、ケースによってはビタミンB6を含むサプリメントをプロテインと一緒に補給するのもアリだと思っています。

ビタミンB6は、たんぱく質を消化する際の補酵素として絶対に必要だからですね。

→必見!ビタミンB6はニキビの予防効果があるのか?その真相に迫っていきます!

ニキビ太郎のオススメのプロテインについて

0118ソイプロテイン

現在はプロテインといっても、本当にたくさんの種類のものが販売されています。

代表的なもので言えば、

・ホエイ(乳清→ヨーグルトの上澄み液)
・ソイ(大豆)
・カゼイン(乳汁に含まれるたんぱく質)

上記3種類が主流で、他にもあるのですが、一般のドラックストアなどの店頭に並んでいるのはこれくらいで、特にホエイのものが一番人気で商品数が多いと思います。

ニキビ太郎は今現在、ホエイとソイの両方を使い分けています。

気になっているプロテイン及び、愛用しているプロテインがいい製品なのかどうかを見分けるためには、

・原材料に余計なものが含まれていないか(体に良くない食品添加物など)
・アミノ酸の含有量やそのバランス(アミノ酸スコア)

を見ていかなければいけないです。

既にこの記事で紹介しましたが、ニキビ太郎はもう何年も「ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート プレーン風味」を愛用していて、優れた製品だと感じています。

また、最近では大豆プロテインも摂っています。

筋トレがニキビの原因になっている!?

筋トレ本

ニキビができる原因は、本来であれば毛穴から排出されるはずの皮脂が、過剰な分泌や、皮膚の角質が毛穴を塞ぐのがきっかけで、毛穴に皮脂が詰まることが挙げられます。

実は、そのニキビの原因にもなる皮脂の過剰分泌が、筋トレによって引き起こされる可能性があるとされています。

筋トレをすることで、男性ホルモン(テストステロン)が普段よりも多く分泌されるようになるからですね。

男性ホルモンは皮膚の角質層を厚くしたり、皮脂の分泌を多くしたりする働きがあります。

なので、ニキビが筋トレによってニキビが出来やすくなると言われる所以ですね。

ですがニキビ太郎自身、今現在ハードな筋トレ(週4日以上、毎回一時間半程度のトレーニング)をジムでやっていますが、今のところ深刻な悩みになるほど出来ていません。

むしろ、何もしていなかった頃の方が、顔全体に酷いニキビとニキビ跡があり、毎日死にたいと思っていました。。

favicon 筋トレとプロテイン摂取をオススメした人たちとは

ニキビ太郎自身の経験を通じて、以下に箇条書きすることに該当する人には簡単な筋トレでもいいので、筋肉量を増やし、体の内側から活性化させることをオススメしたいです。

・筋肉量が落ちていると感じていて、一方で体脂肪は増えている人
・内臓脂肪が増えて、お腹が出てきている人
・筋肉量が落ちて、基礎体温、基礎代謝が低下していると感じている人
・冷え性で手先や足先が冷たい人
・運動不足の人(成長ホルモンが満足に分泌されていない)
・無理な食事制限をしてダイエットをしようとしている人

上記のような内容に1つでも該当している人は、積極的に日頃から運動をするようにすることをオススメしたいです。

忙しい日本人にとって、運動をする時間を確保することは難しいかもしれないですが、筋肉を動かしたり、増やしたりすることは血液の流れを良くしたり、体温や基礎代謝が上がり、健康に良いことが多いです。

また、成長ホルモンが分泌されることによって新陳代謝も活性化され、若々しく生きていくことが期待できます。

さらに、適切に栄養補給(プロテインなど)をすることで、効率よく引き締まったカッコいい体に近づけ、それがニキビや吹き出物といった肌荒れを予防することにも繋がっていきます。

またニキビ太郎は、お腹が空いている時の間食(お菓子やジュースといった糖質を多く含むものなど)の代わりに、プロテインを飲む事もあるので、ニキビの原因となる皮脂の分泌を抑えることはもちろん、インスリンの過剰分泌を抑える効果もあると感じています。

ちなみに甘いものを多く食べないので、虫歯予防にもなっていると実感しています。

→衝撃!ニキビの原因は虫歯も大きく関係していた!?その真相に迫っていきます!

ニキビを作らない強い肌を維持するために、プロテインを飲む!というのは恐らく他の人はあんまりやってないと思うですが、ニキビで悩んでいる人は、一度は試して欲しい食事方法だと思っています。

ニキビ太郎がプロテインを飲むタイミング(頻度)

ニキビ太郎は、一日3回程度飲むように心がけています。

以下に、ニキビ太郎のプロテイン生活を時系列でまとめてみますね!

——————————————————————-

AM 7:30 朝食

PM 0:30  昼食

PM 3:30 間食(バナナヨーグルトやアーモンドなど)

PM 5:30 ホエイプロテイン(トレーニング1時間前に摂取)①

PM 7:30 ホエイプロテイン(トレーニング後30分経過した後に)②

PM 8:00 夕食

PM 11:45 就寝前に大豆プロテイン③※(ハードな運動を日頃からする人限定)

——————————————————————-

↑毎日こんな感じでプロテインを摂取しています。

まずは、①の「プロテインをトレーニングの1時間前に飲む理由」について書いていきますね。

筋肉を酷使すると、どうしても筋肉の分解が行われるのですが、トレーニングの一時間前にプロテインを摂取することによって、筋肉の分解を最低限に抑えることができ、筋肉をうまくつけやすくなると言われています。

時々トレーニングの前にプロテインを飲むと、それが胃や腸への負担が大きくなり、それがニキビの原因になると言われていますが、それはあくまでも直前に飲むことが問題になっていると思います。

プロテインは普通の食材と違って、たんぱく質がアミノ酸の形なので、消化や吸収が早いです。

なので、トレーニングの一時間前に飲むことで、血中のアミノ酸濃度がいい感じに上昇し、運動に最適な状態になるとされています。

繰り返しになりますが、プロテインはトレーニングの1時間前に摂ると良いです。

②のトレーニングを終了してから30分後にプロテインを飲む理由ですが、これはトレーニング直後はまだ交感神経が働いており、これは消化などに向かない状態です。

ですが、終了してから30分程度経過すれば副交感神経が程よく働くようになる(消化しやすくなる)ので、このタイミングでプロテインを飲むことによって、効率よく体にたんぱく質を補給することが出来るとされています。

ちなみに、運動した後にプロテインを飲んでいるので、成長ホルモンの分泌を促すのと同時に、タンパク質を効率よく摂取できるとも感じています。

その影響か、肌の回復力もかなり上がったとニキビ太郎は実感しています!!^^

favicon 就寝直前にプロテインを摂る理由

最後に③の寝る直前ですが、トレーニングを継続的にやっている人、筋肉を大きくしたい人、そしてニキビといった肌荒れで悩んでいる人にお伝えしたいことがあります。

厚生労働省が発表している、たんぱく質の食事摂取基準によると、成長期に必要な1日あたりのたんぱく質量は、体重1kgあたり2〜3gとなっています。

厚生労働省 たんぱく質の食事摂取基準

引用:(厚生労働省 たんぱく質の食事摂取基準 , 2017/08/16)。

年齢によって新陳代謝の量が違うとしても、トレーニングや筋トレなどで筋肉を酷使している人も、成長期の子供たちと同じくらいたんぱく質は摂取すべきだと、ニキビ太郎は感じています。

成人男性でトレーニングや筋トレをしている人は特に、自分の体重の2倍量(60kgの人であれば120g)のたんぱく質を1日に小分けして摂取する必要があると思っています。

さらに理由を付け加えるなら、摂取した「たんぱく質の体内での使い道には優先順位がある」ということです。

具体的に説明すると、たんぱく質が体内で吸収されると、

①内臓や血液の組織の形成に使用される
②活性酸素の影響で傷ついた細胞組織やDNAを修復するために使用される
③唾液や胃液、ホルモンボランス、セロトニンやメラトニンといった脳内分泌液の循環の補助に使用される
④骨格筋(インナーマッスル:関節などを支える小さな筋肉)の形成に使用される
⑤皮膚や髪の毛、爪、粘膜の修復、そしてアウターマッスル(大きな筋肉)の形成に使用される

上記①〜⑤の小さい順から、たんぱく質は使われていくとされています。

なので、たんぱく質が十分に摂取できていないと、⑤の皮膚や粘膜の形成に支障が出るということになります。

つまり、ニキビや吹き出物といった肌荒れで傷ついた皮膚、そしてニキビ跡を目立たなくするためには、⑤に使用されるたんぱく質の分をしっかり摂取する必要があるので、自分が思っているよりも多くたんぱく質は摂取した方がいいとニキビ太郎は感じています。

もちろん、個人差があって、たんぱく質を多く摂取することでエネルギー過剰となって脂肪になったりするケースもあるかもしれないので、③の就寝直前に限っては、ハードな運動をしている人限定でオススメしたいです。

初心者の方が3回飲むのは抵抗があると思うので、まずはトレーニングをした後の30分後に飲んでみることをオススメしたいです。

また、プロテインの摂取量が多くなると、それを消化するためにどうしてもビタミンB6の消費量も多くなるので、ビタミンB6を含むサプリメントの摂取も検討されることをオススメしたです。

時々、サプリメントに拒否反応を示す方がいますが、実は食事由来のビタミンよりもサプリメント型のビタミンの方が生体内利用率は高く、効率よく摂取出来るとされています。

詳しくは以下のリンク先記事にまとめているので、よかったら覗いてみてください!^^

→注目!ニキビに効果のあるサプリメント、医薬品ってどれ!?その真相に迫っていきます!

飲み方について

プロテイン初心者の人はまずどうやって飲んだらいいのか?、がわからないですよね??

そこで、ニキビ太郎がプロテインを飲むまでのプロセスを書きたいと思います。

①まず、プロテインとプロテインを入れる容器(シェイカー推奨)を準備します。

プロテインイメージ画像1

②次に、購入した際に付いてくる計量スプーンにすり切りの分量を容器に移します。

この作業を2回行います。(2回で約20g入れることになります)

プロテインイメージ画像2

③次に水を400ml入れ、フタをしっかり閉めます。

※飲みにくい方は果汁100%のジュースなどで割るのもアリです。

ただし、糖質が多くなるのでそのあたりは注意が必要です。

また、牛乳で割るのもアリだと思いますが、脂質の量が多くなりがちで、さらに乳糖不耐症を持っている人は水で割る方法をオススメしたいです。

→驚き!牛乳などの乳製品がニキビの原因になっている可能性がある!?アレルギーや乳糖不耐症が考えられます。

プロテインイメージ画像3

④そして、20回ほど上下に振ります。

プロテインイメージ画像4

⑤泡立っているのを確認したら、フタを開けてプロテインを飲みほします。

プロテインイメージ画像5

⑥飲み終わったら、速攻で洗ってください!(※放置すると、後で後悔するほど生臭さが残るので要注意です!)

プロテインイメージ画像6

以上がプロテインを飲む作業となります。

ニキビにプロテインは僕の中では必須なアイテムとなっています。

ニキビで悩んでいる人ほど一度挑戦してほしいニキビ予防のための治療方法だと自負しています!!!!

↓購入はこちらをクリック

ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート プレーン風味

プロテインは肌に悪影響だと聞いたけど・・・

ニキビプロテインyahoo

GoogleやYahoo!で「ニキビ プロテイン」と検索してみると、

プロテインを飲むことで、ニキビや吹き出物といった肌荒れを引き起こしやすくなるという記事があります。

その記事には、プロテインによって肌トラブルを引き起こす理由として、

プロテインは基本的に多種類の栄養素が入っていて、それを飲み過ぎると、栄養の過剰摂取となり、摂りすぎた栄養が毛穴に詰まって炎症を起こすことがあると書いてありました。

プロテインにきび引用

↑その記事のスクリーンショットです。(引用:http://nikibi-kireini.com/?p=2292 , 2015/03/19)。

この見解にはニキビ太郎は真っ向から反対したくて、

ニキビの原因になるのは、毛穴に皮脂や汚れが詰まることだと言われています。なので、決して栄養素が毛穴につまるということでは無いとニキビ太郎はお医者さんから教わりました。

繰り返しますが、摂りすぎた栄養素が毛穴に詰まって炎症を起こすという理由が、ちょっと僕には理解することができません。(記事作成者さんごめんなさい。)

僕はニキビやニキビ跡を本気で良くする!と決めた日から、毎日プロテインを飲んでいますが、ニキビが悪化するどころか、むしろ日に日に良くなっていると実感しています。

しかし、プロテインを飲み始めてからニキビや吹き出物といった肌荒れが酷くなったよ?という人は必ずいると思っていて、

その理由は、僕が思うに、糖質や添加物が大量に入った安価なプロテインを飲んでいるのでは?(※高価なものでも糖質が大量に入っているものがあります)と考えています。

僕はこれまでに本当にたくさんのプロテインを飲んできましたが、中には本当にバニラアイスのように甘くて、無駄に着色料が付いているものとかがありました・・・こういうの飲んだら飲んだだけ健康に悪いと感じています。。(涙)

既に紹介してますが、僕は【ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート プレーン風味】がイチオシです。

これは不要なものは一切入っていません。なので、美味しくもないです。だけど、必要な栄養素だけ効率良く摂取することができます。(※ただし、基本は食事が大事なので、プロテインはあくまでも補助食品だということは、しっかりと把握しておく必要があると思っています)

サプリメントイメージ画像

また、これらと一緒にサプリメント(ビタミン類)も摂取するとより高い効果を得れる可能性がある、と僕は実感しています。

主にビタミンB2ビタミンB6は代謝をアップさせてくれるだけでなく、タンパク質をアミノ酸に変えてくれる働きがあるからですね!

ただし、プロテインも推奨量を超えて摂取することは栄養素の過剰摂取となり、体に害を与えることがあるので、必ずメーカーさんの推奨量を守るようにしてください!

→注目!ニキビに効果のあるサプリメント、医薬品ってどれ!?その真相に迫っていきます!

参考文献

プロテイン参考文献

・サプリメントのほんととウソ -エビデンスに基づいたサプリメントの有効性-(書籍名),長島 宏之(発行者),有限会社 ナップ(発行所),下村 吉治(編集),2013年05月23日(発行)

・トレーニングの相棒 プロテイン(書籍名),野沢秀雄(著者),株式会社ベースボール・マガジン社(発行所),2014年06月20日(発行)

・基礎代謝UPで燃えるカラダを作る プロテインダイエットレシピ(書籍名),山崎志保(著者),株式会社河出書房新社(発行所),2015年06月30日(発行)

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→【保存版】酷いニキビ跡を一日でも早く消す方法について

コメントを残す

このページの先頭へ