必見!タンパク質はニキビの予防に欠かせない栄養素だった!?

[最終更新日]2018/04/24

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
ニキビや吹き出物の劇的な予防には、タンパク質を中心とした食生活にしてみることもニキビ太郎はオススメしたいです。たんぱく質は肌の細胞を作る材料となります。なので、たんぱく質不足はニキビの原因にもなっているかもしれないとニキビ太郎は思っています。
ニキビ予防にたんぱく質が有効です!

ニキビや吹き出物といった肌荒れを作らないためには、肌細胞の材料となる「良質なタンパク質」を積極的に摂っていくことが非常に重要だとニキビ太郎は感じています。

ですが、多くの人は美容のために、タンパク質(お肉やお魚)よりもビタミン類(野菜など)をたくさん食べている気がしてなりません(汗)

確かに野菜に含まれる食物繊維やビタミン類も、肌の新陳代謝(ターンオーバー機能)には欠かすことのできない栄養素だとされています。

繰り返しになりますが、肌の材料の良質なタンパク質がないと、それだけでは無意味となってしまう可能性がありそうです。

※良質なタンパク質とは、脂質が少なく、タンパク質が豊富なものを指します(例えば、卵、タコやイカ、魚や鶏のササミや胸肉、納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品になります)

以下では、お医者さんや専門家の方から聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!

現代人は深刻なタンパク質不足!?

卵かけごはんとえごま油

ニキビやニキビ跡が顔中を覆っていた頃のニキビ太郎も、今思えば完全に深刻なタンパク質不足だったと強く思っています。

これはニキビ太郎に限らず、現代の多くの日本人に言えることかもしれないです。

以前、Twitterで大相撲の元横綱である朝青龍さんが「日本人は甘いもの(糖質)の食べ過ぎ」を指摘されていました。日本人は他国のアスリートの人達と比較して体が小さいですよね?これは幼少期の食生活に原因があるとも言われています。

日本人はお米を主食として、どうしてもタンパク質が少なく炭水化物(糖質)を多く摂ってしまう傾向があるんですね。

ですが、何度も繰り返し言うようにたんぱく質は、僕たち人間の体を構築している大切な栄養素で、血液や血管、筋肉や骨、皮膚、歯、毛髪、内蔵、脳、爪といった体の全ての材料になるのがたんぱく質だと明らかになっているようです。

他にも、たんぱく質は体の成長や免疫力や酵素の生成、ホルモンの材料にもなるとされています。

そして、たんぱく質が不足すると、次の様な不調が体にでることがあると言われています。

・肌の老化が異常に早い
・身長が伸びない
・髪にツヤがなくなる
・抜け毛の原因
・ストレスに弱い
・疲れやすい
・生理不順etc・・・

このように、たんぱく質を摂取しないと様々な体の不調が出てくるということなんですね。。

※炭水化物をのけ者にしている感じの文章にも見えてしまいそうですが、僕は炭水化物も非常に重要視していて、あくまでもバランスを考えた方がいいのかな?ということをお伝えしたいです。例えば、僕の周りには麺類と一緒にごはんの組み合わせで食事をいる人がいますが、、、これは炭水化物と炭水化物なので、確実に栄養のバランスが偏っていると思っています。

favicon たんぱく質は一日にどれだけ摂ればいいと?

では、それだけ体に必要なたんぱく質はどれくらいの量を一日の中で摂取すればいいのでしょうか?

目安としては、

・普通の人なら体重1kgに対して、タンパク質が1g
・病気の人は、体重1kgに対して、タンパク質が2g
・アスリートの人は、体重1kgに対して、タンパク質が3g

必要だと言われています。

現代の日本社会で働く人は大きなストレスを慢性的に抱えているケースが多いので、普通の人でも体重1kgに対して、タンパク質が2g程度は必要になってくるとニキビ太郎は感じています。

その理由は、ストレスを強く感じると、それだけタンパク質の消費を激しく増大させるというデータも存在しているからですね(汗)

お肉も超大事な栄養源!?

鶏のササミイメージ

ニキビや吹き出物の原因になるからといって、お肉(お肉の脂身)極端に嫌って食べない人がいらっしゃいますが、その必要はないのかな?とニキビ太郎は実感しています。

お肉の種類を間違わなければ、普通に食べても問題はないと感じています。むしろ、お肉や卵といった動物性たんぱく質は大豆などの植物性タンパク質と同じくらい、超積極的に摂った方がいいと思っているほどです。

それだけ良質なお肉にはタンパク質(動物性の食品にしか含まれない必須アミノ酸もあるとされています)が豊富なので、美容成分であるコラーゲンの材料にもなると言われています。

ちなみに、人の体内に必要なビタミンB群、赤血球の材料となるヘム鉄といった栄養素は動物性たんぱく質にしか含まれていないので、貧血になりやすい女性は、特に食べる必要があるかもしれないです。

また筋肉の材料にもなるので、良質なタンパク質を上手に摂取すれば運動することで適度な筋肉が付き、血行不良冷え性も気にならなくなって、肌のターンオーバー機能が向上することも期待できます。

なので、お肉を食べることは、巡り巡って良質な肌細胞を作ることにもつながり、ニキビや吹き出物といった肌トラブルを劇的に良くしてくれる可能性もあるのではないでしょうか?

もちろん、お肉の食べ過ぎもいけませんが、植物性タンパク質と動物性たんぱく質のバランスの摂れたメニューで普通に食べる分には全然問題ないので、美容のためにも、むしろお肉も積極的に食べるようにすることをニキビ太郎はオススメしたいです!

そして、注目しておきたい成分が動物性たんぱく質には含まれています。それは、「メチオニン」というアミノ酸です。

このメチオニンは、脳の神経伝達物質の材料となるだけでなく、肝機能や腎機能の向上アレルギー症状の緩和、肌の老化を抑制する作用に大きく関係していると言われています。

ニキビ太郎も今現在も悩んでいるのですが、クレーターのニキビ跡で悩む人に欠かせないコラーゲンの生成にも役立つ可能性があるのが、このメチオニンという含硫アミノ酸と言われる栄養素だとされています。

また、トリプトファンというアミノ酸にも注目です!

トリプトファンは、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの材料となるだけでなく、メラトニンという眠りの質を高める物質にもなるとされています。

そんなトリプトファンも、動物性たんぱく質には豊富に含まれているようなんですね。

ニキビ太郎は糖質制限食を実践しています。

糖質制限食イメージ画像2

ニキビを予防するために実践した食事方法は、ニキビ太郎なりにアレンジした糖質制限食をオススメしたいです!

そのアレンジしたオリジナルの糖質制限食で、肌質を良い方向へ変化させるだけじゃなく、筋肉や髪の毛にも良い効果が出てきていると実際に体感しています。


なぜなら、糖質を極限までカットした食事方法なので、皮膚や筋肉、髪の毛の原料(材料)となるタンパク質中心の食事生活になるからだと考えます。

タンパク質中心の食生活にすると、体内のホルモンバランスが安定するとされています。

そして、全身の血の巡りも良くなって、体の代謝も上昇もあり得ます。

これが、自然治癒力を復活どころか今までにないくらいに高まり、肌や髪の毛といったところまで健康的になると感じている理由なのかもしれません。

では、僕が食生活に実際に取り入れている糖質制限食(ニキビ太郎アレンジver.)を紹介していきますね!^^

favicon 「タンパク質8:脂質2」が黄金比。

タンパク質イメージ画像2

ニキビを最速で目立たなくするためには、体に必要な食事だけを取り入れることも超重要となってくると、僕は考えています。

一秒でも速くニキビの悩みから解放されるには、サブタイトルにもなっている「タンパク質8:脂質2」の黄金比での食事が最も効果が高いかもしれない、とニキビ太郎は自分の経験を通じて感じています。

「タンパク質7:脂質3」や「タンパク質9:脂質1」もしばらく実験してみましたが、ニキビ太郎には8:2が一番しっくりきた比率でした!(もちろん、人によっても違うので、自分にあった比率を探すことも大事になってきそうです)

ニキビ太郎が実践した糖質制限食では、糖質(炭水化物や芋類)だけを極力食べすぎないようにしています。

体には、糖質と同じくらいタンパク質や脂質も大事だと考えているからです。

たまに「脳の唯一のエネルギー源となるのはブドウ糖だから、糖質を摂取しなくちゃいけない!」といったことを耳にしますが、脳に限らず体に必要な糖質は肝臓で作られると言われているので、あまり深刻に考えなくても大丈夫かもしれません。(その理由は、こちらに書いています。

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→必見!糖質制限食はニキビの予防に効果的!?

4 Responses to “必見!タンパク質はニキビの予防に欠かせない栄養素だった!?”

  1. ぶつーん より:

     だいぶ前にニキビについて相談させていただいたものです。現在レーザーを使い1年がたち、少しあとが残るもののニキビができにくくなりました。
     前よりは自信がついたのですが、人とのかかわりが苦手だと感じています。というのもニキビがあったせいで極度の自己嫌悪をしていたせいか人との関わりが怖い時期が長く、今でも対人関係が苦手です。家族や親友には普通に接することができるのですが。。今ではニキビより人間関係のほうが悩んでます。
     ニキビ太郎さんはどうやって対人関係で自信をつけましたか?

  2. ニキビ太郎 より:

    ぶつーんさん

    お久しぶりです。
    ニキビ太郎です。

    ぶつーんさんは、レーザー治療でニキビができにくくなったんですね!

    ですが、

    >>前よりは自信がついたのですが、人とのかかわりが苦手だと感じています。というのもニキビがあったせいで極度の自己嫌悪をしていたせいか人との関わりが怖い時期が長く、今でも対人関係が苦手です。家族や親友には普通に接することができるのですが。。今ではニキビより人間関係のほうが悩んでます。
     ニキビ太郎さんはどうやって対人関係で自信をつけましたか?

    このお気持ちが本当によくわかります。
    僕もニキビやニキビ跡が落ち着いてからも、何年もうまく人と目を合わせたり、一緒に笑ったりすることがとてもぎこちなく、自分でも大笑いしているつもりでも、「どうして、苦笑いなん?」と時々指摘され、相手に対して不快な気持ちにさせてしまうことが多かったです。。。

    それがまた自信を失わせる原因となって悪循環を作っていました。。。

    僕は何年間もニキビのせいで、人と目をまともに合わせたり、笑ったりしたことがなくなっていたので、それを取り戻すには本当に、年単位の時間を要しました。

    というより、「昔のように、普通に笑ったり、接したりしてもいいんだ」と気づくのに、何年もかかった感じがしています。

    こんな僕から、ぶつーんさんにお伝えできることは、

    「ぶつーんさんも、思いっきり笑ったり、人と目を合わせて話したりといった普通のことを普通にやっていい」ということです。

    家族や親友と話すように、どんな人とも普通に接してもいいんです。

    これがとても難しいとは思うのですが、僕は徐々に普通でいていいという自分を受け入れて、今では普通にどんな人とも会話することができました。

    今でも、顔に残るクレーターニキビ跡が頭をよぎって少しぎこちなくなることはありますが(タイプの女性に話かける際など)、
    勇気を出して、普通を心がけて接していれば、少しずつ自信もついてきました。

    練習あるのみなのかな?とも最近考えるようになりました。

    たくさん人と話す機会を無理やり作ったりして、克服する努力も、必要になってくるのかもしれないです。

    僕も自信を取り戻すために努力(普通に話す努力)をしていたと今になって思っています。

    このような返信ですが、ぶつーんさん、一緒に頑張ってもらえませんか??
    ニキビで悩んだ人は、相手のことを思いやって、以前よりも優しく接して人と関わることができるのでは?と僕は感じています。

    ニキビ太郎

  3. ぶつーん より:

    ご返信ありがとうございます!
    最後のレーザー治療で女医さんに同じことを言われてびっくりしています笑 こんな黒歴史だと思えることも経験で、辛かった分誰かに優しくできるって。失ったものは多いですがこれからは前向きに捉えて積極的に人と関わって行こうと思います。
    ニキビのことで相談できる人は少なく感じていまして、数年前もニキビ太郎さんに励まされました。今も思春期にニキビで悩まされている方がいるとおもいます、これからも頑張ってください!

  4. ニキビ太郎 より:

    ぶつーんさん

    ニキビ太郎です。

    ぶつーんさんも今後、もしかするとニキビやニキビ跡で悩む人に出会うかもしれないですね!
    ニキビの悩みは、同じニキビで悩んだことがある人でないとわからないこともあると思うので、ぶつーんさんの経験をお伝えすることで、救われる人も多いと思います!!!

    僕もぶつーんさんが頑張ってるから、ニキビ跡(クレーター)の治療を頑張れました。
    本当に感謝しています。

    また何かあれば連絡ください!!!

    一緒に解決できていくことが出来たら嬉しいです!!!

    ニキビ太郎

コメントを残す

このページの先頭へ