驚き!消化不良や胃腸・消化器系の障害がニキビの原因になっている!?その真相に迫っていきます!

[最終更新日]2017/11/08

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
胃や腸内環境が悪くなれば、生体内で合成できるビタミンの量が減り、代謝がスムーズに行われなくなるので、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になる可能性が高くなります。
胃や腸はニキビと密接な関係イメージ

こんにちは。

現在、管理栄養士の資格を取るための専門学校に通っているニキビ太郎です。

ニキビや吹き出物などの肌荒れになる原因の1つに、消化不良などの胃の障害であったり、腸の調子が悪く、腸内細菌のバランスが良くないことが考えられます。

食べ物が上手く消化されないと、腸内で合成される栄養素の量も減ってしまい、肌に必要な栄養素を十分に届けることが困難になる事が予想されます。

なので、日頃から腸内環境を整えることは、ニキビや吹き出物と言った肌荒れを予防することにもつながると、ニキビ太郎は実感しています。

また、胃下垂の人は消化不良であるケースが多いとされ、肌トラブルで悩む人の数もたくさんいると言われています。それだけ胃や腸と肌のは密接な関係にあるんですね。

以下では、胃や腸の働きなどについて、専門書籍をはじめ、お医者さんや専門家の方から聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!

胃腸障害は、自律神経と関係している!?

胃と腸バランスイメージ画像

胃や腸の調子が悪いのは、体内の自律神経のバランスが乱れているからかもしれません。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つがあり、これらが上手くバランスをとることで免疫機能の保っています。

消化器系は自律神経と密接な関係にあるので、食生活などの乱れによって、胃や腸で消化不良を引き起こすと、それが原因で自律神経のバランスを乱してしまいます。

逆に自律神経が乱れる事でも、胃や腸のパフォーマンスが落ちてしまうと言われています。

つまり、胃腸などの消化器官と自律神経は、相互に影響を与える関係にあるんですね。

腸内細菌のバランスが乱れると栄養素が不足する!?

ビタミン不足イメージ画像

実は、人の腸内では腸内細菌たちが一生懸命に働いてくれるおかげで、体内で必要な1部のビタミンなどの栄養素を合成してくれています。

ですが、この腸にいる腸内細菌のバランスが、下痢や便秘によって乱れてしまうと、正常であれば問題なく合成できたビタミンを作れなくなってしまい、その結果、体に必要な栄養素が不足してしまうことになります。

ビタミンが生体内でうまく作れないと、それだけ生体内の代謝が滞ってしまうので、肌の新陳代謝(ターンオーバー機能)に必要な栄養素が足りなくなってしまいます。。。

つまり、ニキビや吹き出物といった肌荒れがさらに悪化してしまう可能性があるんですね。。。

体内で合成できないビタミンは、食事やサプリメントで補うこともできるのですが、腸内がキレイな状態が保てていないと摂取した栄養素をうまく生体内に吸収できないといったことも考えられます。

なので、腸内環境をキレイに整え、腸内細菌のバランスを正常なものに保つことができれば、ニキビのない綺麗な肌に近づける事が可能だとニキビ太郎は実感しています。

腸内環境の良し悪し、腸内細菌のバランスが整っていることは、ニキビ治療において非常に大事です。

なので、出来れば日頃の食生活から偏った食事などは避け、腸内環境を整えるような食事を意識して摂るようにした方がいいと考え、ニキビ太郎は毎日実践しています。

腸内環境が乱れると、下痢や便秘といった症状を置き起こし、それがさらにニキビや吹き出物、くすみなどの肌トラブルを抱えることにつながる可能性があるので要注意です。

→必見!便秘は吹き出物や肌荒れの原因!?その解消法を紹介します!

胃の状態が悪いと、口周辺の肌荒れができる!?

口の周りニキビ

口の周りにニキビや吹き出物といった肌荒れが現れる原因の1つに、胃の健康状態が優れないからという見解があります。

強いストレスを感じると、胃がしめつけられるような思いをすることがありますよね。。。

そのストレスを発散するために暴飲暴食を続けたりすると、胃の炎症を引き起こしやすくなります。

実はこれが原因で、口周りにニキビや吹き出物ができやすくなる可能性が指摘されています。

ニキビ太郎も10代の頃は、食卓に唐揚げが並ぶと、絶対と言っていいほどお腹いっぱいに食べてました。

その結果、翌日から胃がもたれるだけでなく、ほぼ確実に口周辺にニキビも新しく出来ていました。。

→注意!揚げ物は吹き出物や肌荒れの原因になる!?

なので、胃へのストレス(大きな負担)は、口周りや顎周辺のニキビと密接な関係にあるのではとニキビ太郎も以前から感じていました。。

口ニキビに関しては、以下のリンク先記事に詳しくまとめているので、よかったら参考にしてみてください!

→注目!口周りニキビを1日でも早く予防する方法を原因から詳しく見ていきます!

また、寝る直前に食事をしたりすると睡眠にも悪影響(睡眠のサイクルを乱したり、質の低下)を与えることになると言われています。

これは、ニキビなどの肌荒れを引き起こすだけでなく、健康そのものに悪影響を与えるので、なるべく暴飲暴食は避けた方がいいとニキビ太郎は感じています。

食べ物はよく噛んで、唾液(アミラーゼという消化酵素を含む)となじませることで、糖質の消化を助けることも大事になってきます!

キムチイメージ画像

また、あまりにも冷たいものを食べ過ぎることにも注意したいです。

冷たい食品を胃に入れると、胃が収縮したり、下痢の原因になったりする可能性が高まります。

他にも、香辛料が強すぎるもの(キムチや唐辛子など)も胃の炎症の原因や、お腹を下す要因になるので、注意が必要だと感じています。

さらに付け加えると、脂質の多い食べ物は、消化の過程において長時間胃に滞在し、胃もたれの原因となり、それが胃への負担増大へとつながるので、食べ過ぎには本当に注意が必要です。

→注意!辛い物は吹き出物や肌荒れの原因になる可能性が高い!?

ストレスは肌の敵である!?

ストレスイメージ画像

人は強いストレス感じると、胃や腸にストレートに悪い症状が出ますよね、、、

既に書きましたが、ストレスによって胃が締め付けられるような状態になれば、それだけ消化不良を起こす可能性が高くなります。

また人の腸内細菌のバランスは、強いストレスの影響で乱れてしまいます。

ニキビのない綺麗な肌を目指すためには、少しでもストレスを減らすことが大切です!

なので、軽い運動やストレッチや好きな物を適量食べるなどして、自分に合ったストレス解消法を実践していくことが非常に大事になってきます!

→注意!ストレスは吹き出物や肌荒れの原因になる!?

ビタミンB12の吸収率が落ちる

ビタミンB12を吸収する際に、胃から分泌される内因子というものが必ず必要となります。

なので、胃の調子が悪いとビタミンB12の吸収が悪化し、悪性貧血を引き起こす危険性があります。

→注目!ビタミンB2はニキビの予防に効果がある!?その真相に迫ります!

口内炎ができる原因は、胃や腸の調子が落ちてるから!?

ニキビ太郎も、酷いニキビやニキビ跡で悩んでいる頃は、頻繁に口内炎も出来ていました。

今思いかえすと、あまりに偏った食生活を続けていたので、それが胃や腸に負担をかけることになり、それが胃や腸内環境を悪化させていたと思います。

消化・吸収機能が落ちれば、それだけ体に必要な栄養素を上手に吸収したり、合成することが難しくなってしまいます。

なので、

体に必要な栄養素が体内で吸収・合成されなくなれば、肌や粘膜に異変が起きることは容易に推測できますよね。

また偏った食生活、例えば唐揚げやトンカツといった糖質や脂質の多い食事を頻繁にしていると、それを生体内で代謝するために大量のビタミンを消費しなければいけないです。

糖質であればビタミンB1が多く必要となり、脂質だとビタミンB2、タンパク質が増えるとビタミンB6の必要量が増加します。

また、加工食品や揚げ物も大量に食べていると、体内で活性酸素が必要以上に発生し、抗酸化ビタミンであるビタミンAやビタミンE、そしてビタミンCの必要量も増加します。

チョコラBB2

そうなると、もう全体的にビタミン不足に陥ってしまい、わかりやすいところで体がサインを出してきます。

その一つが、ニキビや吹き出物といった肌荒れといった肌トラブルで、他にも口内炎などが挙げられます。

チョコラBBといった内服するニキビ治療の商品には、ニキビや口内炎ができた時に、ビタミンB2などを服用することを推奨しています。

→【検証】チョコラBBシリーズがニキビに効果あるのかを実際に買って飲んで調べてみました!

消化不良や胃腸・消化器系の障害を防ぐには?

ピロリ菌が関係している!?

菌イメージ画像

ピロリ菌という細菌をご存知の方は多いと思います。

胃炎や胃潰瘍、また十二指腸潰瘍や胃ガンの原因にもなりうる、大変怖い菌です。

ピロリ菌に感染する原因は、胃の酸性が弱い幼い子供の頃に経口感染することが挙げられます。

このピロリ菌は、胃酸では退治できず、キチンと除菌しないと胃の中に居続けるという恐ろしい菌なので、注意が必要ですね。(つい先日、ニキビ太郎の叔母がそのピロリ菌に感染して除菌をしたと言っていました。。。)

胃の調子が悪かったり、消化不良を起こしている人で、激しい痛みを感じる人は、ピロリ菌に感染したことを疑う必要がありそうです。。。

その場合は専門機関で呼気検査、血液検査、胃カメラ(内視鏡検査)を通じてピロリ菌が胃の中にいるかどうかを確認する必要があります。

除菌の方法としては、抗生物質や制酸剤(プロトンポンプ阻害薬やネキシウム、タケキャブ)を用いた治療方法がメジャーだと言われています。

ビタミンD3やLG21という乳酸菌がピロリ菌の抑制に!?

食品を食べることでピロリ菌を除菌できる可能性があります。

体内で分解されたビタミンD3の分解産物に、抗ピロリ菌活性のある物質があり、それが明らかにピロリ菌を抑える活性があることが明らかになっています。

→注目!ビタミンDがニキビ予防に効果のある栄養素だった!?その真相に迫っていきます!

ヨーグルトイメージ画像3

また、LG21というヨーグルトに含まれる、乳酸菌(ラクトバチルス・ガッセリーOLL2716)も、ピロリ菌を抑えて、胃の炎症をも抑えてくれる効果があるとされています!

→必見!ヨーグルトはニキビに効果のある食べ物なのかどうか徹底的に調べてみました!

アルコールの飲み過ぎは、胃や腸を荒らす原因に!?

アルコールイメージ画像

アルコールの入った飲み物は、飲み過ぎると胃炎になったり、下痢になってしまう原因となる可能性があります。

実際にニキビ太郎もお酒の飲み過ぎて、胃や腸が不調に陥った経験があります。

そのことから言えることは、お酒は必ず自分にあった量を飲むようにしましょう!

さらに、アルコールを体内で分解するためには、これまた大量のビタミンやミネラルが必要になります。

なので、本来肌細胞の代謝に必要だった栄養素が、アルコールの分解に使用されると、肌の新陳代謝(ターンオーバー機能)が低下し、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因につながってしまいます。。。

お酒を摂りすぎると、胃や腸への負担増大だけでなく、栄養素も不足しがちになるので、お酒(アルコール)の摂りすぎはダメ絶対!!です!

→注意!お酒を飲み過ぎると吹き出物や肌荒れの原因になる!?

タバコも絶対にダメ!?

タバコダメ

タバコはニキビの敵だと断言します!!

煙草に含まれる有害物質が食道へ刺激を与え、炎症させる原因にもなってしまいます。

また煙草を吸う事で体内で活性酸素が大量に作られ、細胞をより早く老化させる原因にもなるので、肌の健康にも悪影響が出ます。

また、タバコの煙が喉頭癌や食道への悪影響になる可能性が高いです。

ニキビがない綺麗な肌を目指す人は、煙草を辞めた方がいいとニキビ太郎は感じています!!!

→注目!タバコはニキビの原因になる!?禁煙が悪化(老化)を防ぐ?

胃下垂が消化不良の原因!?

筋力トレーニングイメージ画像

ニキビ太郎の妹が胃下垂で、消化不良や便秘に悩んでいました。

あまりに症状が重かったので、ニキビ太郎の妹は手術して治したのでよかったです。

ですが、中には胃下垂だけど手術する程じゃないと言う人もいると思います。

そんな方には、筋力トレーニングが有効だと言われています。

特に腹筋や背筋をバランスよく鍛えれる体幹トレーニングが推奨されているようです。

ニキビ太郎はチューブトレーニングで行う体幹トレーニングをやっていますが、確かに腹筋や背筋が少ない運動で効率良く鍛えられると感じてますよ!

胃の炎症にはブロッコリーがいい!?

ブロッコリー保存

胃の炎症はほとんどの人が無自覚なので、痛みを感じない人の方が多いので、発見が遅れることが多いです。

これを予防するためには、定期的に胃の検査を受診してお医者さんに見てもらうことが一番です。

またそれ以外にだと、「ブロッコリーとブロッコリースプラウト」を摂取すると良いです。

ブロッコリーとブロッコリースプラウトの中には、スルフォラファンという成分が含まれており、それが胃の炎症の原因とされるピロリ菌を抑えてくれる働きがあるとされています。

ブロッコリー、ブロッコリースプラウトについては、以下のリンク先記事に詳しくまとめているので、よかったら参考にしてみてください。

→必見!ブロッコリーがニキビ予防に効果的!?茎も食べる方が○

EPAにも胃炎を改善する働きがある!?

サバイメージ

サバやサンマといった青魚に含まれる、EPA(エイコサペンタエン酸)という脂肪酸が胃炎の炎症を改善し、胃がんの発生を抑えてくれる方向に働いてくれることが明らかになっています。

ですが、お魚自体を塩辛くすると胃がんの発生が逆に3倍以上になってしまうので大変危険です。

なので、青魚を食べるならなるべく薄味の塩漬けで食べるのがいいです!

また、EPAには胃炎の炎症を抑えるだけでなく、血管系の病気を予防してくれる効果もあります!

→必見!顔や体の血行不良はニキビの原因になる!?血液の流れが悪くなると、結構恐ろしいです。

ムカムカや胃酸の過剰分泌にはキャベツ

キャベツスライス

脂っこい食べ物を一度に大量に食べると、胸がムカムカしたり、胃酸が逆流してきて、なんだか食道に違和感がある・・・

こういった悩みを抱えている人は、少なくないはずです。

実はこの20年の間に、食の欧米化に伴って、日本人の胃酸の分泌量はなんと約2倍にもなっています。

脂質の多い食事を摂ると、どうしても胃酸の分泌が多くなってしまうんですね。。。

胸がチリチリしたり、何だか物が詰まったような感じがするのは胃酸の過剰分泌が原因かもしれないです。

こうなると、逆流性食道炎になる確率もグンと上昇してしまいます。

そうなると、食道がんにもなる可能性になるので、注意が必要です。

そこに登場するのが「キャベツ」です!

キャベツにはビタミンUという成分が含まれており、それが胃酸を抑えてくれる効果を発揮してくれるとされています!

ですが、ビタミンUは熱に弱いので、生のキャベツを食べるのが一番いいです!

キャベツの千切りを、1日70g程度を目安に食べ始めるといいとされています!

また、ビタミンUは冷やすと増える性質があるので、冷蔵庫で保存するのはすごく良いことです!

さらに嬉しいことに、キャベツにはイソチオシアネートという成分があり、これはグルタチオンの効果を高めるとされています。

抗酸化物質の効果が高まると、体内に蓄積した有害産物や毒物を体外に排除するデトックス効果が期待できます!

→検証!キャベツはニキビ予防に効果あるのか実際に食べてみて調べてみました!

ちなみに、キャベツ以外にイソチオシアネートを含むアブラナ科の野菜は、

小松菜グリーンスムージー2

・かぶ
・カリフラワー
・ケール
・小松菜
・大根
・白菜
・ブロッコリー
・水菜
・ルッコラ

などもあります!

主な参考文献

消化とニキビ参考文献

・なぜ、胃が健康な人は病気にならないのか(書籍名),江田 証(編集者),株式会社PHP研究所(発行所),2015年08月19日(発行)

・強い胃腸をつくる本(書籍名),江田 証(編集者),株式会社宝島社(発行所),2016年09月04日(発行)

・臨床栄養学概論(書籍名),秋山 栄一,位田 忍,鞍田 三貴,鈴木 一永,高岸 和子,福田 也寸子,古澤 通生,蓬田 健太郎(著者代表),株式会社化学同人(発行所),2016年09月20日 第6刷(発行)

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→必見!酵素の力で吹き出物や肌荒れを素早く予防できる!?

2 Responses to “驚き!消化不良や胃腸・消化器系の障害がニキビの原因になっている!?その真相に迫っていきます!”

  1. あそ より:

    こんばんは。

    ニキビについて調べてたら、こちらのサイトにたどり着きました。

    質問なのですが、肌荒れやにきびが酷くて皮膚科ではなくて、胃腸科や消化器内科にいくことっておかしいですか?

    これまで皮膚科でビタミン剤や漢方薬をもらって飲んでたのですが効果が出なくて全然ダメです。

    ニキビ太郎さんは、にきびや肌荒れの原因に胃腸が関係してると言ってますが、実際のところどんなにきびにも当てはまりますか?

    胃腸科で先生に診て貰えば肌荒れの改善につながりますでしょつか?

  2. ニキビ太郎 より:

    あそさん

    初めまして。
    ニキビ太郎です。

    早速ですが、質問に返信させていただきますね。

    >>肌荒れやにきびが酷くて皮膚科ではなくて、胃腸科や消化器内科にいくことっておかしいですか?

    >>これまで皮膚科でビタミン剤や漢方薬をもらって飲んでたのですが効果が出なくて全然ダメです。

    胃や腸が正常に機能していなければ、どうしても食べ物を消化する機能が低下してしまうので、肌の新陳代謝に必要な栄養素を十分に吸収することができない、またビタミンなどを腸で合成することも難しくなっていきます。

    特にビタミンB12などは、胃から出る内因子という分泌液がなければ、体内へ吸収することができないです。

    なので、それらが巡り巡って、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になる可能性があります。

    このことから、僕はあそさんに、一度胃腸科や消化器内科を受診されることをオススメしたいです。

    多くの日本人は胃酸の分泌量が多くなっていたり、実はピロリ菌に感染していて、気づかないうちに胃に炎症が炎症し、それが原因で健康(肌の健康を含む)でなくなっている可能性も十分にあり得るからですね、

    また、皮膚科で処方されたビタミン剤や漢方薬も、やはり胃や腸内環境が正常に働いていないと、うまく吸収されないので、いくらそれらを摂っても無意味なことになりかねません。

    僕は食生活を通じて、胃や腸内環境を整えるものを普段から取り入れていくことも、かなり大事だと実感しています。

    胃腸科の先生に見てもらっただけでは、ニキビや吹き出物といった肌荒れは改善しないので、先生の指示のもと、普段の食生活といった生活習慣をもう一度見直すことも非常に大切になってきます。

    また、あそさんは皮膚科で、ニキビ薬(肌に塗布するタイプ)を処方されていないでしょうか?

    具体的なニキビ薬名を挙げると、

    ・エピデュオゲル
    ・ベピオゲル
    ・ディフェリンゲル

    といったものです。

    僕はこれらの皮膚科のニキビ薬も上手に取り入れながら治療していくことも強くオススメしたいです。

    このような返信ですが、何か少しでもあそさんの参考になれば嬉しいです。

    ニキビ太郎

コメントを残す

このページの先頭へ