注目!鼻の下の黄ニキビを1日でも早く予防する治し方を原因から見ていきます!

[最終更新日]2017/09/30

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

  • POINT!
鼻の下の黄ニキビを1日でも早く予防するためには、原因をしっかりと把握し正しい治し方が1番だと感じています。吹き出物を早く治す方法を以下にまとめました!
鼻の下ニキビ

こんにちは。

現在、管理栄養士の資格を取るための専門学校に通っているニキビ太郎です。

鼻の下に出来るニキビや吹き出物は、大人ニキビの代表的な部位で、赤ニキビや黄ニキビといった炎症の酷いニキビに進行しやすくもあるので、早急に正しい治し方で対処する必要があると感じています。

また繰り返し出来やすく、強い痛みも伴う部位なので、慎重にケアしていく必要もあります。

ニキビ太郎も食べ過ぎたりした翌日から、鼻の下(くぼみがある箇所)に黄ニキビが現れたりします。。

鼻の下ニキビができると目立ちますし、何より痛みもあるので、ひげ剃りも難しくなりますし、、本当に良い事ないですよね(泣)

なので、今回は鼻の下のニキビや吹き出物を原因からしっかりと把握し、1日でも早く予防する方法を以下にまとめましたので、是非参考にしてみてください!

以下では鼻の下に出来るニキビについて、専門書籍をはじめ、お医者さんや専門家の方から聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!

原因について

favicon 体内のホルモンバランスの乱れが原因!?

黄ニキビ

鼻の下ニキビの原因の1つに、体内のホルモンバランスの乱れが挙げられます。

人は強いストレスを浴びたり、睡眠不足で交感神経が優位な時間が長くなると、体内のホルモンバランスが乱れてしまいやすくなる、とされています。

通常であれば、強いストレスを感じると、それに対抗するために、体内では抗ストレスホルモン(男性ホルモン)が分泌されるようになり、大きな健康被害が発生しないような仕組みになっています。

ですが、ストレスがあまりに強すぎると、男性ホルモンが異常に分泌されることになります。

これがニキビを作ってしまう原因になるんですね。

その理由に、男性ホルモンには角質層を硬くする作用(角化異常)や、毛穴から排出される皮脂の分泌量を多くする作用があるからです。

皮脂の分泌が普段よりも増加すると、毛穴がつまりやすく、ニキビや吹き出物といった肌荒れを引き起こしやすくなる事が考えられます。

また、鼻の下は男性であれば髭が生える部分ですよね?

なので、男性ホルモンの影響を色濃く受けてしまうので、鼻の下ニキビや吹き出物は炎症の強い赤ニキビや黄ニキビへと進行しやすく、ニキビ跡も残してしまう可能性が高いと言われ、ニキビ太郎もそう実感しています。

favicon 過剰な洗顔が原因のケース

過剰な洗顔イメージ

既に書きましたが、大人になってから鼻の下ニキビや吹き出物が出来るケースは、皮脂の大量分泌というよりも、体内のホルモンバランスの乱れの方が大きく影響しているとニキビ太郎は考えます。

なので、鼻の下ニキビが出来たからといって、10代の頃と同じように洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシと洗顔すると、逆にそれが肌への刺激や乾燥の原因となり、鼻の下の吹き出物を悪化させる恐れがあります。

確かに鼻の下ニキビは、皮脂が毛穴に詰まることで発生するのですが、皮脂の分泌量が落ち着いてくる20歳を超えても、ゴシゴシと洗顔をしていたら間違いなく必要以上に皮脂を洗い落としてしまいます。

皮脂は肌のバリア機能を維持する為には、絶対に欠かすことのないものです。

また皮脂は、肌のphバランスを保つために一定量肌に必要なんですね。

なので、過剰な洗顔によって皮脂を洗い落としすぎることは、逆に肌を乾燥させて、肌状態をボロボロにしてしまいます。

そうなると、肌の乾燥によって角質層に古い角質(垢)が蓄積するようになり、益々毛穴を詰まらせる大きな要因となってしまいます。

良かれと思っていた洗顔が、注意していないと、逆に鼻の下ニキビや吹き出物を作る原因になってしまうんですね。

さらに付け加えると、他のニキビ関連のサイトやブログさんでは、洗浄力の強いニキビケア商品を推奨しているケースが多いのですが、ニキビ太郎は避けた方がいいと思っています。

その理由は、顔には皮脂がある程度ないと、肌のバリア機能が上手く働かなくなってしまうと言われているからですね。

また、アルコールやエタノールといった殺菌成分(10代のニキビケア商品に多い)の入った化粧水なんかも極力避けた方がいいと思っています。

ニキビの原因菌となアクネ菌は、殺菌した方がいいと言われがちですが、実はアクネ菌は肌に必要な常在菌で、普段は肌の健康を維持する為に活躍してくれているので、殺菌しては逆効果になるケースが多いと感じています。

なので、思春期に鼻の下ニキビが酷い場合は、必ず皮膚科に行って自分に合ったお薬を処方してもらうようにすることを強くオススメしたいです。

皮膚科のニキビ薬も併用しながら、日頃のスキンケアを正しいものへと変えていく必要があると考えます。

favicon 偏った食生活が原因のケース

カップヌードルイメージ画像

体内のホルモンバランスを乱す原因に、普段の食生活も大きく関係しています。

社会人になって食事を簡単に済ませることが多い人もたくさんいらっしゃると思います。

例えばコンビニのお弁当で済ませたり、スーパーの惣菜コーナーのものやカップラーメン、インスタントカレー、冷凍食品といった加工食品は美味しく、しかも簡単にできるのでついつい買って食べてしまいたくなりますよね?

ですが、これらの食生活では食品添加物や糖質、脂質がかなり多く含まれているため、日常的に内蔵へ負担をかけることになってしまいます。

そうなると、胃は荒れやすく、腸内は劣悪な環境へとなってしまいます。

この内蔵機能が荒れると、内蔵の状態は肌に直接的に現れると表現されるように、特に鼻の下にニキビや吹き出物が出来やすくなってしまう可能性が高まります。

また、ストレス解消のために暴飲暴食、偏食・過食をすることも、胃や腸に大きな負担をかけることになります。

→注目!消化不良や胃腸・消化器系の障害が吹き出物など肌荒れの原因に!?

他にも栄養素の偏りや、必要な栄養素(ビタミンやミネラルなど)不足なんかも考えられます。

食生活が不規則だと、便秘になりやすかったり、本来肌の新陳代謝に使われるはずだった栄養素が、食べ物の消化や分解に大量消費されることになります。

その結果、肌細胞は栄養不足に陥り、肌のターンオーバーが乱れるという事態になりかねません。

これらを予防するためにも、まずは規則正しいバランスの摂れた食事を意識することが非常に大事になってきます。

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

favicon ひげ剃りが原因の場合

T字カミソリ刃イメージ

特に男性に鼻の下ニキビができる原因は、日頃行うひげ剃りに問題があるかもしれません。

不衛生なひげ剃りやシェーバーで毎日髭を剃っていると、それが毛穴にダメージを与えたり、毛穴の中にばい菌が侵入し、炎症する原因となってしまうことが考えられます。

また、同じ刃で何日も使い続けてくると、どうしても刃が滑らかではなくなってしまうんですね。

なので、もしもずっと刃を交換していないと、肌の角質層を傷つける大きな要因となり、これも鼻の下ニキビや吹き出物を悪化させたり、発生させることにつながってしまいます。

他にも、毛抜きで髭を処理しているという人も要注意です。

髭は毛が太くしっかりしているので、無理矢理引き抜くとそれが毛穴に刺激を与えて炎症の原因となってしまいます。

ぽっかり空いた毛穴に、汚れや菌が入ってしまうことも考えられるので大変注意が必要です。

→注意!ヒゲ剃りが原因で吹き出物や肌荒れが出来やすくなります。

favicon 洗い残しが原因!?

洗い残しイメージ

鼻の下は、意外と洗い残しが多く残ってしまう場所でもあると言われています。

確かに人によっては、鼻の下のくぼみの場所がありますよね。(調べてみると、この場所のことを「人中”じんちゅう”」と呼ぶそうです。)

この人中に、洗顔やシャンプーやリンスといった頭髪ケアの泡が残ったりすることもありますよね。。。。

なので、洗い残しがないように、鼻の下はしっかりとすすぐといった方法で対策すると良いと思います。

ニキビ太郎もこの”人中”が結構ハッキリと溝が深く、泡が残りやすいので、最後お風呂からあがる前にもう一度洗い流してから入浴を終えるようにしていますよ!

favicon 運動不足が原因!?

運動イメージ画像2

ニキビ太郎も鼻の下ニキビが酷かった頃は、人に見られたくない気持ちが強かったので、外出する機会も減らしていました。

ですが、それが日頃の運動不足につながってしまいました。

人は運動不足になると、筋肉量が減って基礎代謝が落ちるだけでなく、血行不良や便秘、冷え性といった原因にもなってしまいうと言われています。

なので、まずは室内で軽いストレッチや筋トレといった、軽い運動をするようにすることをオススメしたいです。

そうすることで、血行が良くなり、肌のターンオーバーも活性化することに繋がると考えます。

また、血行が良くなると、体内に溜まった老廃物を排出するのを助けるので、鼻の下ニキビが出来難くなることが期待できる可能性もあると思っています。

さらに、程よい疲れは質の高い睡眠を取れることにもつながるので、肌荒れの回復スピードも上がることが考えられると感じています。

また、人は十分な睡眠によってストレスも解消できるので、日頃から定期度な運動をして、鼻の下ニキビの原因を減らしていきたいですね!

ニキビ太郎は鼻の下ニキビを本気で良くする!と決心した日から毎日運動をしています。

今ではマラソン大会に出場するようになってしまいました。

→必見!顔や体の血行不良はニキビの原因になる!?血液の流れが悪くなると、結構恐ろしいです。

favicon 冷え性が原因!?

冷え性がニキビの原因に!?イメージ

日頃から運動不足や偏った食生活で便秘がちの人、タバコを吸う人にも冷え性が多いのではないでしょうか・・・・?

ニキビ太郎も鼻の下ニキビが酷かった頃は常に冷え性で、特に冬になるとこたつに足を入れて寝ないと寝れないほど酷かったです。

また冬に外に出ると、特に鼻の下の肌の色がどす黒い色になり、さらに血行が悪くなってしまっていました。。。

鼻の下ニキビがある程度治まった今でも、冬になると特に鼻の下の肌の色はくすんでしまいます(涙)

なので、ニキビ太郎のように極端な冷え性の人は鼻の下の血流が悪化し、ニキビや吹き出物ができやすくなってしまうと考えています。

また、血行不良になるということは、それだけ肌のターンオーバーに必要な栄養素が届き難くなるということなので、さらに肌の入れ替わりスピードが低下して、益々鼻の下ニキビが出来やすくなることも考えられると思っています。

そのため、日頃からしっかりと運動をしたり、姿勢を正したり、ストレスを解消したりして少しでも冷え性が解決できるように努力する必要があるとも考えます。

※冷え性の人は、冬になると熱めのお風呂に入って長時間温まりたいですよね?

ですが、これは全くの逆効果で、40度以上のお湯に10分以上つかると、体内の交感神経が優位になり、血管が収縮しやすくなると言われています。

そのため、体は温まっても入浴後は極端に体が冷えてしまうので、実は逆効果となってしまう可能性が高いので、大変注意が必要です。

→注意!冷え性の人は吹き出物や肌荒れを引き起こしやすい!?

正しい治し方

ニキビ太郎が皮膚科から処方してもらったお薬

1日でも早く鼻の下ニキビを予防するためには、まずは「皮膚科に行く事」が超重要になってきます。

鼻の下ニキビは少しでも間違ったニキビケアをしてしまうと、簡単にニキビ跡が残ってしまうため、まずは皮膚科にいって正しい処置で面皰圧出やお薬を処方してもらう必要があると思っています。

ニキビ太郎は鼻の下ニキビで悩んでいた当初は、「鼻の下のニキビなんかで皮膚科に行く事は恥ずかしい」と思っていたため、自己流で解決しようとしました。

ですが、それが完全に間違いでした。

当時は何の知識もなかったので、逆に鼻の下ニキビを悪化させることばかりしていたんですね。。(汗)

3年ぐらいずっと悪化しつづけました・・・(涙)

だけど、ニキビを本気で良くすると決意してから、勇気を振り絞って皮膚科にいったところ、2件目で本当にいいお医者さんと巡り会う事ができ、1年後には酷かったニキビやニキビ跡が綺麗に目立たなくなっていきました。

これはお医者さんが処方してくださったディフェリンゲルというお薬のおかげです。

また食生活やスキンケアの仕方もアドバイスをいただいたことが、本当に大きかったです。

鼻の下ニキビが出来てすぐに皮膚科に行けば良かったと、今本気で後悔しているほどです。

自己流で治そうとせずに、必ず一度皮膚科のお医者さんに見てもらった方が絶対にいいと僕は強くオススメしたいです。

favicon スキンケアについて

ニキビケア商品一覧

皮膚科に行った後は、すぐに自宅で行うスキンケアの方法を見直す必要があると思っています。

鼻の下ニキビは、体内のホルモンバランスが乱れることが主な原因なので、普通に洗顔をしていても、思春期以外の人は皮脂を洗い落としすぎる傾向があると思っています。

また皮脂を一定量の残そうとすると逆に肌に汚れがのこり、それが鼻の下ニキビや吹き出物の原因になってしまう可能性が高いと言われています。

その加減が本当に難しいですよね。。

ニキビ太郎も最初は戸惑いました。

そこで、実際にニキビ太郎が酷かった鼻の下ニキビを、劇的なスピードで予防したスキンケアの方法を、以下のリンク先の記事にまとめたので、是非参考にしてみてください!

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

favicon 食生活を見直す

食事見直すイメージ画像

鼻の下ニキビは、胃や腸が悪くなると直ぐに出来てしまいやすい傾向があるので、日頃の食生活は十分にきをつけて置く必要があると思っています。

もちろん、ほかの部位でも同じことが言えるのですが、なるべく皮脂を多く分泌させないように、唐揚げなどの揚げ物や、糖質を多く含むケーキやチョコレート、ドーナツなどのお菓子を食べ過ぎないようにした方がいいと考えます。

また、これらを消化・分解するためには大量の栄養素を必要とするので、極力控える努力も大切になってくると思っています。

鼻の下ニキビや吹き出物を1日でも早く予防するためには、やっぱりバランスの摂れた食生活を送ることが1番大切になってくると感じています。

以下で、鼻の下ニキビに有効なビタミン・ミネラル類を紹介しますね!

favicon ビタミンA

ビタミンAイメージ画像

ビタミンAの主な働きは、皮膚・粘膜の健康を保ち、肌をしっとりとさせる効果があります。

他にも、肌の新陳代謝(=ターンオーバー機能)を向上させたり、高い抗酸化作用があることで有名なビタミンだと言われています。

なので、揚げ物を食べ過ぎて、活性酸素が発生しやすくなっている体には、ビタミンAは積極的に取り入れたい栄養素になります。

次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンAを摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

チーズ

・のり

・たまご

・にんじん

かぼちゃ

とまと

ピーマン

などです。

特ににんじんやかぼちゃを調理すると、ビタミンA(βカロテン)を効率よくとれるとニキビ太郎は実感しています。

→注意!ビタミンAが不足すると吹き出物や肌荒れの原因になる!?

favicon ビタミンB2

ビタミンB2イメージ画像

ビタミンB2は、皮脂の過剰分泌を抑えたり、肌のターンオーバー機能を向上させる効果があると言われています。

また、炭水化物(糖質)や脂質、タンパク質の代謝も助けてくれる役割も担ってくれています。

なので、炭水化物や脂質を多く含む食品を食べ過ぎたときは、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンB2を摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

レバー

納豆

・牛乳

ヨーグルト

さんま

などです。

特に納豆の納豆菌にはビタミンB2が豊富に含まれていると言われてるので、積極的に食べていきたい食材ですね!

→注目!ビタミンB2は吹き出物などの肌荒れ予防に効果がある!?

favicon ビタミンB6

ビタミンB6イメージ画像

ビタミンB6はタンパク質やアミノ酸の代謝を助けたり、筋肉や血液、細胞を作る際にも大活躍してくれると言われています。

また、ストレスを抑制してくれる作用もあると言われているので、飲み会などの席で溜まったストレスなんかにも有効です。

なので、飲み会の席なんかでたくさんの揚げ物を食べ過ぎたときや、ストレスが溜まったときには、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンB6を摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・レバー

・かつお

・豆腐

バナナ

・にんにく

など。特にバナナにはたった1本で、一日に必要なビタミンB6を摂取できると言われているので、大変オススメです!ニンニクなんかもメニューに入れやすいので、是非試してみてくださいね!

→必見!ビタミンB6は吹き出物や肌荒れの予防効果がある!?

favicon ビタミンC

ビタミンCイメージ画像4

ビタミンCには、抗酸化作用があるので、肌はもちろん体の老化を予防できるので、積極的に摂っていきたい栄養素です。

揚げ物を食べ過ぎて、活性酸素が体内に蓄積すれば、それだけ肌細胞がダメージを受けるので、口ニキビや吹き出物ができやすくなります。

なので、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンCを摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・かぼちゃ

ブロッコリー

・レモン

・じゃがいも

・パセリ

・モロヘイヤなど

特にじゃがいもなんかは、加熱に強いので、熱に弱いビタミンCを効率良く摂るにはもってこいの食材となっています!

→必見!ビタミンCが吹き出物や肌荒れに効果的!?

favicon ビタミンE

ビタミンEイメージ画像

ビタミンEにも、高い抗酸化力のある栄養素として肌の老化防止に貢献します。

また、血液のドロドロを予防したり、血行を良くしたりする作用があるので、口周辺ニキビで悩んでいる人ほど積極的に摂りたい栄養素です!

なので、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンCを摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・魚肉ソーセージ

玄米

・大豆

・オリーブオイル

・もやし

などです。

また、ビタミンEはビタミンAが不足がちの時に活躍してくれるビタミンでもあると言われています。

サプリメントを飲むのもオススメ

サプリメントイメージ画像

揚げ物を食べ過ぎたけど、上記のような食材を使って調理できない!!!という人には、サプリメントでこれらの栄養素を効率よく摂る方法がオススメです。

ですが、栄養素は基本的に食事から摂るのが一番良いとニキビ太郎は思っているので、サプリメントに過剰に頼りすぎるのはいけないと思っています。

また、サプリメントで過剰摂取した場合、逆に体に悪影響が出たり、肌にニキビや吹き出物が出来たりすることもあるので、大変注意が必要です。

→ニキビ太郎がオススメするサプリメントはこちらです。

また、ニキビ太郎が実際に酷かった鼻の下ニキビや、ニキビ跡を予防するために行った食生活の方法を、以下の記事にまとめましたので、良かったら参考にしてみてください!

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

favicon 辛い時はマスクで隠すこともあり

マスクイメージ画像

鼻の下ニキビは本当に目立つので、どうしても隠したいですよね。

なので、そんな時はマスクで隠すことをニキビ太郎はオススメしたいです。

よくマスクはニキビや吹き出物を悪化させるので、使用しないでと言われますが、それよりも人に見られることを気にして溜まるストレスの方がニキビ太郎は嫌でした。

酷いニキビや吹き出物、ニキビ跡を見られることは本当に辛かったです。なので、僕は常にマスクをつけていました。

それでも今は酷かったニキビやニキビ跡は目立たなくなって、悩むこともほとんどないです。

なので、鼻の下ニキビが出来て辛い時は、マスクで隠しても全然問題ないということをニキビ太郎は伝えたいです。

鼻の下ニキビが出来た時に注意したいこと

favicon 触ることは絶対にNGです

触るイメージ

鼻の下ニキビや吹き出物ができると、ついつい触ってしまいたくなる場所だと思います。

ですが、指先や手は清潔にしているつもりでも汚れや菌が付着しています。

なので、触ることによって、汚れや菌が毛穴を刺激して、さらなる鼻の下ニキビや吹き出物の悪化につながる可能性が高くなるので、絶対に触らないようにした方がいいと思っています。

favicon 市販薬はなるべく避けること

市販のニキビケア商品イメージ

ニキビ太郎は、以下の市販薬を使用したことがありますが、どれも思ったような効果は出ず逆にニキビの炎症を悪化させたとさえ思っています。

オロナイン
クレアラシル
ロゼット洗顔パスタ
ユースキン
アクネス25メディカルクリーム
PAIRアクネクリーム
ビフナイト

↑これらですね。

他にも実際に使ったものはまだまだたくさんあります。

もしもこれらの市販のニキビ治療薬を買う時間や労力、経済力があるのなら、ニキビ太郎は皮膚科にいって、自分にあったお薬を処方してもらう方が、費用対効果は高いと思っています。

ドラックストアなどで買える市販薬には決して配合できない、効果の高い成分が皮膚科のお薬には配合されているからですね。

鼻の下ニキビや吹き出物の予防できていくスピードや効果が全く違っているとニキビ太郎は実感しています。

鼻の下ニキビは立派な肌の病気です。

下手すると酷いニキビ跡を残し、一生傷を残してしまうこともあるので、勇気を振り絞って皮膚科に行く事をニキビ太郎はオススメしたいです。

→【検証】市販のニキビ薬でオススメなのは一体どれ!?効果があるものを厳選しました!

主な参考文献

胸ニキビ参考文献

・スキルアップ!ニキビ治療実践マニュアル(書籍名),赤松 浩彦(編者),株式会社全日本病院出版会(発行所),2015年05月15日(発行)

・ファーマナビゲーター にきび治療薬編(書籍名),林 伸和・宮地良樹(編集者),株式会社メディカルレビュー社(発行所),2016年06月15日(発行)

・最新版 肌美人になる スキンケアの基本 悩み解消パーフェクトBOOK(書籍名),友利 新(監修者),株式会社  学研パブリッシング(発行所),2014年04月30日(発行)

・皮膚科学看護スキルアップシリーズ④ たった20項目で学べる スキンケア(書籍名),安部 正敏(編著),株式会社 学研メディカル秀潤社(発行所),2016年09月10日(発行)

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→必見!頬ニキビを1日でも早く予防するための治し方を原因から見ていきます!

コメントを残す

このページの先頭へ