注目!口周りニキビを1日でも早く予防する方法を原因から詳しく見ていきます!

[最終更新日]2018/04/04

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

ニキビ太郎も「かたいニキビ」や、しこりになった吹き出物が、少し前まで頻繁に、しかも大量に出来ていました。

鼻ニキビ

そんな時は、朝起きてから鏡を見るときが1番辛く、苦しい憂鬱な時間でした。

よく出来る箇所としては、鼻や口周り、顎といったUゾーンが多く、特に乾燥からくる大人ニキビは、固いニキビやしこりになる吹き出物になりやすいと、ニキビ太郎は感じています。

口の周りの乾燥

硬いニキビの特徴としては、炎症が非常に大きくなりやすく、また通常のニキビよりも赤く、それに熱をもったようになることも、しばしばあります。

今回はそのかたいニキビ(硬結ニキビ)がどうしてできるのか、その原因と僕が実践している対策について、専門家の方から聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!

かたいニキビができる仕組みについて

赤ニキビになるプロセスイメージ

上の写真は、鼻にしこりニキビ(かたいニキビ)が出来た時の写真です。

毛穴の奥で炎症しているので、表面は少し腫れたように赤いだけですが、触るとかなり痛いです(汗)

本当に酷いケースの時は、少し触れただけで涙が出てくることもあります(泣)

なので、ふいに当たったりしたらめっちゃ痛いんです。。。出来た事ある人は共感してもらえると思います。

さらに、鏡で大きなしこりニキビが出来ていると、かなりブルーな気持ちになるので、精神的なダメージもすごく大きいです。。。

この硬いニキビは、専門用語では「硬結ニキビ」と呼ばれていて、芯があるような感じがします。

この芯というのは、毛穴の奥に溜まっている膿を指します。

硬結ニキビをより詳しく解説するために、ここで少しニキビが発生するメカニズムを説明させてください。

ニキビや吹き出物といった肌荒れは、毛穴に皮脂が詰まって発生する皮膚の病気だと言われています。

通常だと、毛穴の中に白い皮脂が詰まるので、初期段階であれば白ニキビと表現されることが多いです。

ですが、そこにアクネ菌といったニキビ原因菌が毛穴に侵入し、悪さをすると、毛穴が炎症し赤く盛り上がるとされています。

これが赤くポツッと出来る「赤ニキビ」です。

さらに進行すると、毛穴の中でアクネ菌と白血球の戦いが繰り広げられ、毛穴にその残骸(膿)が溜まると、黄ニキビとなります。

普通、毛穴に蓄積した膿は毛穴の表面近くにまで現れるので、ニキビが硬くなることはないのですが、稀に”毛穴の奥”でコメド(ニキビ)が出来るので、その部分に炎症が発生します。

そして毛穴の奥に、膿が蓄積していくことになります。

この過程で、どんどん毛穴の細胞を破壊するので、激しい痛みが発生し、さらにそれを修復しようとコラーゲン(結合組織)が必要異常に作られることで、大きくしこりのように盛り上がるんですね。

これが、「かたいニキビ(硬結ニキビ)の正体です。

下の図を使って説明すると、

黄ニキビ炎症イメージ

↑この図よりも、さらに毛穴の奥深くに膿がたまると、かたいニキビ(しこり)ニキビになっていきます。
僕の体験では、炎症(患部)の中心部分に黄色い芯のような膿が固まってできるしこりタイプや、ただ単に毛穴がパンパンに赤く腫れ上がっているタイプの2種類が硬いニキビに分類できると思います。

さらに、ケースによっては、

ただ単に毛穴がパンパンに赤く腫れ上がっているタイプが、時間が経過するにつれて、「しこりタイプ(炎症の中心部分に、黄色い芯のような膿が固まって出来る)」に進行することが多くあると、ニキビ太郎は実感しています。。。

なので、硬いニキビ(硬結ニキビ)は黄ニキビがより悪い方向へと悪化したものだとニキビ太郎は捉えています。

黄ニキビから硬結ニキビになる原因について

微小面皰(ニキビになりかけの毛穴)イメージ

ここまでの復習になりますが、固いニキビや吹き出物ができるメカニズムは、基本的には通常のニキビと同じで、毛穴の中に皮脂が詰まることです。

その皮脂の詰まりが、毛穴の奥深くで出来ると硬いニキビ(硬結ニキビ)になるんですね。(時には蚊にさされた!?というように大きくボコっとなることもあります。)

では、どうしてそのように悪化していくのかというと、僕ニキビ太郎は、

1つ目に、間違ったスキンケアを繰り返していることによる肌の乾燥が引き起こす、肌の新陳代謝機能(ターンオーバー)の低下が挙げられると考えます。

ニキビ太郎の場合は、一日に何回も洗浄力の強い洗顔料を使った洗顔でゴシゴシと顔を洗っていたことが一番の原因でした。

その影響で、肌のバリア機能が破壊され、肌の状態はボロボロになってしまったんですね。。。

もちろんスキンケア以外にも他にも、睡眠不足やストレス、食生活の乱れが考えられます。

以下で詳しく取りあげますね!

favicon 睡眠不足

睡眠イメージ画像

人は寝ている間に成長ホルモンが分泌され、それによって肌細胞は一定期間で古い角質(細胞)から、新しい角質(細胞)へと入れ替わっていきます。

この一定期間の肌サイクルのことを、肌の新陳代謝(ターンオーバー機能)と呼んでいます。

規則正しく、毎日同じ時間だけ自分にとって十分な睡眠を取れていれば、恐らく大きな問題はないです。

ですが、現代の日本人は世界基準で比較しても、かなり睡眠不足な国民と言われています。

現代の日本人のように、毎日十分な睡眠時間が確保できないと、必要なだけの成長ホルモンが分泌されなかったり、されていたとしてもかなり質の悪いものだったりする可能性が高いと考えます。

なので、それが原因で肌細胞が古いものから新しいものへと入れ替わりがスムーズに行われない可能性があると思っています。

つまり、睡眠不足によって成長ホルモンが満足に分泌されなくなると、それが肌のターンオーバーサイクルを乱す原因となったり、また古い角質が肌の一番上に蓄積しやすくなる可能性も出てきます。

これが結果として毛穴を詰まらせ、ニキビや吹き出物といった肌荒れを発生させやすく、それに伴ってしこりになるニキビの数も比例して多くなるとニキビ太郎は考えます。

→注意!睡眠不足は吹き出物や肌荒れを引き起こす原因となる!?

favicon 食生活の乱れが原因?

ニキビが酷かった頃の食事メニュー

普段の食生活が不規則だと、これも「かたいニキビ」の原因となりやすくなります。

先述しましたが、肌のターンオーバーに必要な栄養素は、食事から摂ることが基本となります。

なので、例えば毎日コンビニお弁当(野菜が少なく高脂質で、食品添加物もモリモリ入っている食品)ばかりを食べていると、腸内環境が悪くなります。

それが肌の細胞分裂に必要なビタミン類や質の高いタンパク質を、満足に消化、吸収することが難しくなる可能性が高いです。

これについては、以下のリンク先記事に詳しくまとめているので、是非参考にしてみてください!

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

favicon ストレス

ストレスがニキビの原因に!?イメージ

人はストレスを感じると、それに対抗するために体内の男性ホルモンの分泌を増やします。

そうすることで、ストレスによる免疫力の低下などに対抗しているのですが、それと引き換えに、通常よりも皮脂を多く分泌したり、肌の角質層をいつもより厚くしてしまったりする作用も同時に起こると言われています。

つまり、ストレスによって男性ホルモンが通常よりも多く分泌されるようになると、毛穴に皮脂が詰まりやすくなったり、古い角質が毛穴を塞ぎやすくなります。

これが、かたいニキビを作る原因にもなるので、極力ストレスは溜め込まないようにしなくちゃいけません。

ですが、今の現代社会でストレス無く生活するって本当に難しいと思います。

以下のリンク先記事で、ストレスとニキビの関係、それの対策方法などをまとめているので、良かったら参考にしてみてください!

→注意!ストレスは吹き出物や肌荒れの原因になる!?

ここまで見てきたように、固いニキビや吹き出物も、多くの原因が複雑に絡み合うことによって発生する肌の病気だということがわかりますね。。。(汗)

なので、普段からこれら硬いニキビの原因を1つひとつ取り除くように、スキンケアだけでなく、生活習慣も見直していく事も、非常に重要になってきます。

また、かたいニキビは適切な処置をしないと、こもった状態になり、気づけば大きな黄ニキビ、紫ニキビへと進行していたりすることもあるので、正しい対策方法や治し方は絶対に知っておく必要があると強く思います。

ニキビ太郎がやっている治し方について

ニキビ太郎が皮膚科から処方してもらったお薬

ニキビ太郎は、皮膚科で「かたいニキビ」や吹き出物用に、ダラシンTゲルというニキビ薬を処方してもらいました。

これを塗り始めてからニキビが炎症しても、圧倒的なスピードで回復していくようになりましたよ!

また、皮膚科にいって適切な処置をしてもらうことも大切になってきます。

具体的にどんな処置かというと、毛穴に詰まっている皮脂を取り除く治療です。

かたいニキビやしこりになる吹き出物は、奥で炎症していることが多いので、この皮膚科で適切な施術(皮脂を取り出す処置)を行ってもらうことが非常に重要です。

皮膚科によって多少治療方法が変わる事もあると思うのですが、基本的には「コメドプッシャー」という特殊な器具を使って毛穴に溜まった膿を取り出す治療です。

治療の際には痛みを伴うこともあるのですが、それは一時的なもので、皮脂や膿を取り出すことでニキビの治癒スピードは早まるので積極的にお医者さんに、この治療をしてもらえないか相談してみる価値があると思っています。

ちなみに、スキンケアの一部に

ピーリング(酸の強いもの)で肌の角質を剥がしやすくする方法もありますが、これは刺激が肌への刺激(負担)が大きく、一歩間違うと逆に症状を悪化させるリスクも潜んでいます。

特に、肌の乾燥からできるしこりニキビ(大人ニキビ)に、自己判断で刺激の強いピーリングを行う事は、絶対にNGだと僕は実感しています。

スキンケアで皮膚科で処方される、ディフェリンゲルやベピオゲル、そしてエピデュオゲルといったニキビ薬にもピーリング作用があると言われているので、僕はこれらのニキビ薬を使用することを強くオススメしたいです。

favicon オロナインパックは辞めた方がいいと思います。

他のニキビ関連のサイトやブログさんでは、硬いニキビに、オロナインパックをオススメされているところが多いですね。

ニキビ太郎も、かたいニキビに対してオロナインパックを実践してみましたが、まったく良くなることはなかったです。むしろ悪化したとさえ感じてしまいました(汗)

→【検証】オロナインはニキビの予防に効果的なのか?

硬結ニキビをよくするために、オロナインを塗るよりも、皮膚科で処方してもらえるニキビ薬の方が費用対効果はめちゃくちゃ高いと感じています。

favicon メルラインよりも皮膚科のニキビ薬

メルライン9

肌が乾燥しやすいあご周辺に、しこりのような吹き出物が出来やすくなる確率は、非常に高いとニキビ太郎も感じています。

そこで他のニキビ関連のサイトやブログさんでは、その対策として、メルラインという商品を紹介されているところもありますが、これもニキビ太郎はおすすめできないです。。

僕もしばらく使用してみましたが、これといって効果がなかったからです(汗)

これよりも、皮膚科のお薬の方が費用対効果は高いと実感しています。

メルラインは極力使用しない方がいいと僕は思います。

→【検証】メルラインはニキビの予防に効果があるのか?

favicon テラ・コートリル、ドルマイコーチ軟膏よりも皮膚科のニキビ薬

テラコートリル9

他のニキビ関連のサイトやブログさんでは、テラ・コートリルや、ドルマイコーチ軟膏というお薬をオススメしたいますが、やはりこれらよりも皮膚科のニキビ薬をニキビ太郎はオススメしたいです!

上記のお薬にはステロイドを含むので、使用を誤ると強い副作用を肌に残す危険もあります。

そういった理由から、皮膚科にいってお医者さんに診察してもらい、しっかりと話し合ってから使う皮膚科のニキビ薬の方が費用対効果は高いと思います。

→【検証】テラ・コートリルに化膿ニキビへの効果があるのかを実際に試してみました!!

favicon メイクの厚塗りも避けた方がいい

メイクイメージ画像

男性でもニキビが出来るとそうとうブルーな気持ちになるので、女性であれば尚更だと思います。

ニキビの赤みや色素沈着(シミ)を隠す為に、メイクを普段よりも厚めに塗ることもあると思います。

ウォータープルーフタイプのファンデーションや、コンシーラあたりですね。

実際にニキビ太郎もメンズ用のものを使ったことがありますが、正直メイクは避けた方がいいと感じています。

仕事の関係で隠さないといけないこともありますが、カバー力の強いお化粧は、毛穴を塞ぐ原因になったり、アクネ菌の増殖にも繋がる事が指摘されているので、患部の炎症を悪化させる可能性が高くなります。

また、メイクをする際に使用するパフやブラシなどにも雑菌が繁殖しやすく、よりニキビの数を増やす事にも繋がるので、同じ隠す方法であればマスクなどを使用した方がいいとニキビ太郎は感じています。

→注意!ニキビを隠すためのメイクはしない方がいい!?

favicon 体の内側からのケアを考えてみる

サプリメントと医薬品イメージ

かたいニキビケアも、普通のニキビケアと同様に普段の食生活が大事になってきます。

特に食事が偏っている人は、ビタミンやミネラル系が不足している可能性が高いので、そういった場合は上手にサプリメントも摂ることが大事になってきます。

ですが、ニキビ専用のサプリメント、中には医薬品もあるので、「どれが良いのか全然わからない!」という人も多いと思います!

なので、ニキビ太郎が以下のリンク先記事に詳しくまとめました!

良かったら参考にしてみてください!

→注目!ニキビに効果のあるサプリメント、医薬品ってどれ!?その真相に迫っていきます!

たこの吸い出しを使ってみた!

たこの吸出し1

他のニキビ関連のサイトやブログさんで、「たこの吸い出し」という商品が、硬結ニキビに効果的だと聞いたので、実際にニキビ太郎も購入して試してみました!

たこの吸出し2

たこの吸い出しは第2類医薬品で、可能性皮膚疾患、おでき(よう、ちょう)等、はれものの膿の吸い出しの効能があると記載されています!

なんと、この商品は大正2年から作られているようです!

→日本家庭薬協会(たこの吸出し)

たこの吸出し3

配合されている成分は、

植物油:35.09%
松脂:31.5%
木鑞:25.0%
パラフィン:2.7%
白色ワセリン:2.6%
硫酸銅:20%
ベルーバルサム:0.5%
酢酸:0.31%
サリチル酸:0.2%
着色剤(ギネアグリーンB)微量

特徴としては、硫酸銅(皮膚を消毒する作用)とサリチル酸(角質を柔らかくする作用)だと思います!

ですが、発疹や発赤、かゆみ・かぶれといった副作用が出る事があるらしいので、注意が必要でもあります。

たこの吸出し4

中身を取り出してみました!

濃い緑色の容器で、非常に小さいです!

たこの吸出し5

開封すると、白いセロハンが被せてありました!

たこの吸出し6

さらに、セロハンを剥がしたところ、中身も緑色の軟膏が出てきました!

たこの吸出し7

軟膏の塗り方としては、ガーゼやリント布に、添付のテラで適量を広げずに塗って、患部に塗っていきます。

その際に、患部以外のところにつかないように注意して、油紙糖をのせて、ずれないように絆創膏でとめていきます!

潰すのは絶対にNG

ニキビ潰すイメージ

大きくなったかたいニキビ、しこりのようになった吹き出物は、普段できるニキビと違った感じがして、ついつい触ってしまったり、潰したくなったりする感情も出てくることがあると思います。

ニキビ太郎もそうだったので、その気持ちが本当によくわかります。

僕も、無意識に触ってしまっていたってことがありました。(汗)

ですが、かたくなったニキビや吹き出物は、絶対に潰さないようにしてください。

もしも自己流で潰したり、手で患部を触ったりしていると、患部に雑菌や汚れが毛穴に侵入し、それが原因で炎症が更に悪化してしまう可能性があります。

なので、最悪のケースだと酷い色素沈着やクレーターといったニキビ跡を、顔に残ってしまう可能性が高くなってしまうからですね。

また、自己流で出せたとしても完全に膿や皮脂を取り出すことができないケースも多いです。

また繰り返しできてしまうのも、しこりニキビの特徴だと言えるので、適切な処置は本当に大切です。

何度も繰り返しになりますが、しこりニキビ、硬い吹き出物を一日でも早く良くするためには、皮膚科で適切な処置をしてもらい、症状にあったニキビ薬を処方してもらうことが1番治るスピードが早くなる選択だとニキビ太郎は実感しています。

長期化すると、それだけニキビ跡がよくるまでの期間も長引くので、早く皮膚科に行く事をオススメしたいです。

また、硬いニキビだと思っていたら、実は毛嚢炎(もうのうえん)といったブドウ球菌が感染しているケースや、粉瘤(ふんりゅう)といった別の皮膚の病気の可能性もあるので、おかしいと思ったらすぐに病院にいくようにしてくださいね。

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

主な参考文献

硬結ニキビ参考文献

・スキルアップ!ニキビ治療実践マニュアル(書籍名),赤松 浩彦(編者),株式会社全日本病院出版会(発行所),2015年05月15日(発行)

・ファーマナビゲーター にきび治療薬編(書籍名),林 伸和・宮地良樹(編集者),株式会社メディカルレビュー社(発行所),2016年06月15日(発行)

・スキンケアの科学(書籍名),田上 八朗(編著),株式会社 南山堂(発行所),2015年06月10日(発行)

・皮膚科学看護スキルアップシリーズ④ たった20項目で学べる スキンケア(書籍名),安部 正敏(編著),株式会社 学研メディカル秀潤社(発行所),2016年09月10日(発行)

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できる!?

コメントを残す

このページの先頭へ