必見!抗酸化物質は吹き出物や肌荒れの予防に必須の成分!?

[最終更新日]2018/04/03

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

抗酸化物質は、主に活性酸素による体のサビ(老化)から守ってくれる働きをしてくれると言われています。

具体的にいうと、

・活性酸素による肌の老化を防ぐ作用
・血管の老化を防ぎ、動脈硬化を予防する作用
・ガンの発生を予防する作用

防ぐ・守るイメージ画像

上記のような作用があるとされています。肌だけでなく、体全体が酸化(老化)するのを守ってくれる働きだと言えるのではないでしょうか?

この体を酸化させることを防ぐ働きのことを「抗酸化作用」と呼んでいるようです。また、


この抗酸化作用のある物質のことを【抗酸化物質】と言います。

抗酸化物質は体外から取り入れる物質のことを指すとも割れています。

以下では抗酸化物質とニキビの関係について、お医者さんや専門家の方から聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!

どのような種類があると?

ビタミンAイメージ画像

代表的な抗酸化物質は、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなどの「抗酸化ビタミン」(これを総称してビタミンACEと呼びます)などがあります。

他には、亜鉛などの「抗酸化ミネラル」やリコピンやポリフェノールのような「ファイトケミカル」が有名だと言われています。

ファイトケミカルとは?

野菜や果物、豆類・芋類、海藻やお茶・ハーブなどかの植物性食品の色素や香り、アクなどの成分から見つかった化学物質のことを指すをされています。ファイトケミカルには、高い抗酸化力・免疫力をアップさせる作用が期待できると言われています。今後用注目の物質なんですね。

どのタイミングで必要になるのか?

活性酸素がニキビの原因にイメージ

抗酸化物質が一体どのタイミングで必要になるのかすごく気になりますよね?これを知っておくだけで必要性がより理解できると思います。

体内に活性酸素が発生すると、これらに対してまず最初にやっつけようとするのは、抗酸化酵素と呼ばれる酵素だと言われています。主に、


・CAT(カタラーゼ)
・SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)
・GPO(グルタチオンオキシターゼ)

タバコは活性酸素を発生させる

上記のような酵素が活躍してくれているそうです。なんだかスゴい酵素達が体内にいるんですね。。今まで知らなくてごめんなさいレベルですね。

ですが、人は強いストレスを受けたり、暴飲暴食、タバコやお酒を飲む事によって体内に大量の活性酸素を生み出してしまうと言われています。

その活性酸素の量が、抗酸化酵素では対応しきれない数になってくると、今回紹介している「抗酸化物質」を体外から取り込む必要が出てくるんですね!

つまりタイミングとしては、抗酸化酵素ではやっつけれない程の大量発生した活性酸素がある時に、抗酸化物質が必要になるということですね。

食べ物やサプリメントで補うことができる!?

サプリメントイメージ画像

基本的には食事から抗酸化物質と摂ることが理想ですが、サプリメントで補うことも可能だと言われています。

先述した通り、抗酸化物質にはビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・亜鉛・ポリフェノールなどがあります。これらを含むサプリメントを飲むことで抗酸化物質を上手に摂取することもできます!!

→ニキビ太郎がニキビを治すために実際に飲んでいるサプリメントはこちらで紹介しています。

※ただし、基本的には普段の食事から意識して食べることが1番大事だと、ニキビ太郎は思っています。サプリメントはあくまでも栄養補助食品だと言われているからですね。

豊富に含む食べ物はこちらです

抗酸化物質をたくさん含んでいる成分(食べ物)は、ポリフェノールやカロテノイド、スルフォラファンなどがあると言われています。下記で説明していきますね!

favicon ポリフェノール

赤ワインイメージ画像

すべてのポリフェノール(5000種類以上)がめちゃくちゃ強力な抗酸化作用を持っていると言われています。主な作用としては、活性酸素からのダメージから守ってくれたり、血流をスムーズにする効果、肌を引き締める効果などがあるため、ニキビ予防にもってこいの成分だと考えられます。

ポリフェノールを豊富に含む食べ物は、主にぶどう・赤ワイン・リンゴ・大豆・ウコン・ビルベリー・ブルーベリー・ごま・緑茶・紅茶などが挙げられます。

favicon カロテノイド

卵黄イメージ画像

カロテノイドとは、動物や植物に存在する黄色や赤色など自然界にある色素の総称であり、約600種類以上あると言われています。このカロテノイドも強力な抗酸化作用があり、活性酸素からのダメージを防いでくれ、体内の細胞を保護する働きがあるとされています。

カロテノイドを豊富に含む食べ物は、サケ・緑黄色野菜・こんぶ・わかめ・トマト・スイカ・みかん・パプリカ・卵黄・ほうれん草・人参・パパイヤなどがあります。

favicon スルフォラファン

ブロッコリーイメージ画像

このスルフォラファンも極力な抗酸化作用があると言われており、肌の老化防止だけでなく、美肌効果(シミやそばかすを予防)も期待できる成分でもあると言われています。なので、ニキビ跡の予防に役立つ成分だとニキビ太郎は考えます。

スルフォラファンを豊富に含む食べ物は、ブロッコリー・カリフラワー・だいこん・きゃべつ・菜の花・白菜・小松菜・ワサビなどが挙げられます。

favicon リコピン

リコピンはカロテノイドの中の1つで、強力な抗酸化作用があり、悪玉(LDL)コレステロールの酸化を予防する働きもあるので、血行不良をよくしたりする効果が期待できると言われています。

血行不良は肌のターンオーバー機能を低下させ、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因となるので、リコピンを摂る事は非常に大切になってくるのではないでしょうか?

もちろん高い抗酸化力があると言われているので、活性酸素を退治する役目も大いに担ってくれるとされています。

favicon ベータカロテン

にんじんイメージ

β-カロテンも、緑黄色野菜などに豊富に含まれるカロテノイドの中の1つで、強力な抗酸化力をもっていると言われています。

また、β-カロテン(ビタミンA)が不足すると、肌の乾燥にもつながるので、積極的に摂っていきたい栄養素だと言えるのではないでしょうか?

代表的な食品には、にんじんやかぼちゃ、ブロッコリー、すいか、みかん等が挙げられます。

favicon ルテイン

ルテインもカロテノイドの1種で、抗酸化作用をもった天然色素と言われています。

特にほうれん草や、にんじん、かぼちゃ等に豊富に含まれていて、紫外線やブルーライトから目を守ってくれる働きもあると言われています。

favicon アスタキサンチン

このアスタキサンチンは、非常に高い抗酸化作用をもった成分として有名だと言われています。

ですが、人の体内では合成できないので、体外から積極的に摂取していかなければならない栄養素でもあるようです。

代表的な食材では、サケやイクラ、カニやエビといった生き物に多く含まれていると言われています。

favicon カテキン

カテキンイメージ画像4

カテキンは、主に緑茶に多く含まれるポリフェノールの1種で、強い抗酸化作用や殺菌・抗菌作用もあると言われています。

不規則な生活習慣やストレスや喫煙、飲酒によって発生した活性酸素を抑制する働きが期待できるともされています。

特にその強い抗酸化作用は、なんとあのビタミンEの約50倍もあると言われています。(超スゴイんですね!)要注目の成分です。

favicon フラーレン

フラーレンは、医薬として実績もあるくらい要注目の成分だと言われています。

フラーレンには、スーパーオキサイド、ヒドロキシラジカル、一重項酸素といった3つの活性酸素から細胞間や細胞壁を守ってくれる作用が期待できるともされ、

しかも、これらの活性酸素を分子レベルで吸収し、さらに無害化してくれるという驚きの効果がある抗酸化物質だと言われています!

なので、活性酸素が原因として発症するアルツハイマー型認知症やパーキンソン病といった難病の治療にも用いられているようです。

ビタミンC

ビタミンCイメージ画像

ニキビや吹き出物といった肌荒れの予防のために、ビタミンCが大変有効だと言われています。

炎症ニキビ(赤ニキビ・黄ニキビ・紫ニキビ)の原因となる、活性酸素を除去する抗酸化作用が非常に高いことでも有名です。

ビタミンCは水溶性のビタミンに分類されるので、主に脂質で構成された細胞膜を通過することができないんですね。

なので、細胞と細胞の間にある活性酸素を取り除く役割を担ってくれていると言われています。

ただし、ビタミンCはかなり不安定な成分でもあるので、取り扱いに注意しなければならない栄養素でもあるんですね。

→必見!ビタミンCが吹き出物や肌荒れに効果的!?

favicon ビタミンC誘導体

ニキビ跡の予防にもよく用いられる成分に、「ビタミンC誘導体」が挙げられるのではないでしょうか?

このビタミンC誘導体は、普段は不安定な成分であるビタミンCを安定性の高い物質と結合させることで、安定化を持たせ、ビタミンC本来の力を発揮させるようにすることを可能にさせた、夢のような成分だと言われています。

実はこのビタミンC誘導体は、さらに以下の3つに分類することができます。

水溶性ビタミンC誘導体

この水溶性ビタミンC誘導体は、他の2つのビタミンC誘導体の成分よりも古くから存在する成分だと言われています。

ビタミンCと同様に水溶性なので、細胞と細胞の間しか通ることができないとされています。

そのため、細胞間にあるスーパーオキサイドと呼ばれる活性酸素を取り除いてくれる役割を担ってくれると考えられています。

油溶性ビタミンC誘導体

このタイプのビタミンC誘導体は、時間は多少かかりますが、じっくりと脂質の間にも浸透し、最終的には肌の奥にある真皮細胞にまで到達するので、色素沈着やクレーター(凹凸)タイプのニキビ跡を目立たなくする効果にもってこいのビタミンC誘導体と言われています。

進化型ビタミンC誘導体(APPS/アプレシエ)

APPS(アプレシレエ)は、リン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を付加したもので、従来の水溶性ビタミンC誘導体や油溶性ビタミンCよりも、さらに機能性の高い特徴をもったビタミンC誘導体と言われています。つまり、現在ビタミンC誘導体の中でも最強の位置づけにあるのも、この進化型ビタミンC誘導体のようです。

どれくらいスゴイのかというと、水溶性と油溶性のどちらの特徴も受け継いでおり、細胞間や脂質までにも浸透すると言われています。また、活性酸素を取り除く作用だけでなく、細胞膜の酸化自体も抑えてしまうという驚きの作用も期待できると言われています。(本当にスゴイ成分なんですね!!!)

さらには、ニキビや吹き出物、ニキビ跡の予防効果にも速攻で現れてくれると言われています。

ビタミンE

ビタミンEイメージ画像

ビタミンEは「ゴマ」に多く含まれていて、抗老化として有名です。

これはビタミンEの高い抗酸化力を指しているものだと、ニキビ太郎は考えます。

ゴマは”ごま油”として製品化され、一般家庭も日常的に使われているので、ビタミンEもなんとなく脂溶性なのかな?と推測できた皆さん、正解です。(突然のクイズ形式すみません)

ビタミンEは脂溶性なので、細胞膜の脂質が「過酸化脂質」に酸化(老化)しないようにしてくれる作用があると言われています。

この点が、水溶性ビタミンであるビタミンCとの特徴の違いのようですね。

また、ビタミンEには、スーパーオキサイド(活性酸素)と、過酸化脂質に対して力を発揮してくれる抗酸化ビタミンです。

なので、ビタミンCよりも活動範囲は広いと言えるのではないでしょうか?

→驚き!ビタミンEの過剰摂取が吹き出物や肌荒れを悪化させる!?

favicon α-トコフェロール

ビタミンE は、トコフェロールとトコトリエノールがα(アルファ)からσ(シグマ)のそれぞれ4種類、つまり合計が8種類存在していると言われています。

※ちょっとややこしいので、以下で全てを並べてみますね。

トコフェロール

α(アルファ)-トコフェロール
β(ベータ)-トコフェロール
γ(ガンマ)-トコフェロール
δ(デルタ)-トコフェロール

トコトリエノール

α(アルファ)-トコトリエノール
β(ベータ)-トコトリエノール
γ(ガンマ)-トコトリエノール
δ(デルタ)-トコトリエノール
ですね。伝わっていれば幸いです(汗)

少し話しが逸れましたが、トコトリエノールは、トコフェロールと比較して、より浸透性と抗酸化力が高いと言われています!

ですが、実際にニキビケア商品やそれ以外のスキンケア商品(化粧品)は「α-トコフェロール」の方が配合されているケースがほとんどのようですね。

この理由は、ビタミンEが僕たちの肌の老化を予防するためでなく、その化粧品(スキンケア商品)を酸化させないように配合されていると言われています。(なんだかスゴく寂しい気持ちになってきますね・・・)

やっぱり普段の食事から摂ることが非常に大切

サプリメントでも抗酸化物質を摂ることは可能だと説明しましたが、やっぱり普段の食事から摂取することが非常に大切mだとニキビ太郎は実感しています。。

その理由は、様々な抗酸化物質は相互に良い影響を与えながら肌の健康に貢献してくれているからです。

サプリメントでとある抗酸化物質(例えばビタミンCだけ)をを大量に摂ることよりも、様々な食品から色んな抗酸化物質(抗酸化ミネラルや抗酸化ビタミン・フィトケミカル)を幅広く摂った方が相乗効果が期待できると言われています!!!

食事メニューに「ゆで卵とブロッコリーのサラダ」なんかを添えるだけでも、抗酸化物質を摂ることができると言われています!!

是非色々研究しながら、ニキビのない綺麗な肌を目指していけたらいいですね!!!^^

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できる!?

コメントを残す

このページの先頭へ