【保存版】365日ニキビ太郎の肌日記!!!(特にフェイスライン、頬のニキビで悩んでいる人へ)

[最終更新日]2017/07/02

約1年前から、他のニキビ関連サイトやブログさん、口コミサイトで「にきびや肌荒れ」に効果があると評判のものを使用してきました。

ニキビ太郎の家の近くにあるドラックストアで販売しているもの、インターネットサイトでしか購入できないものも中にはありました。それでもかなりの量を使ってみました。

ニキビ太郎が使用したスキンケア商品1
ニキビ太郎が使用したスキンケア商品2
ニキビ太郎が使用したスキンケア商品3
→今まで検証してきたスキンケア商品についてはこちら

この一年間の間に使用してきたものの一部です。既に処分したものもあり、使用してきたもの全てを写真の中に収める事ができなかったですが、それでもかなりの量になりました。

これらの商品は、にきびや肌荒れを防ぐために開発されたものだと思うのですが、残念ながらその多くがニキビ太郎の肌に合わなかったです。。。(汗)

そして、その結果、

0621右
ニキビ太郎(右:06/21)

0621左
ニキビ太郎(左:06/21)

ニキビ太郎の肌の左右とも肌状態は悪化し、特にフェイスラインは乾燥しやすくなってしまいました。。。

大きな膿を持ったニキビ(黄ニキビ)、炎症のあるニキビ(赤ニキビ)が繰り返しできるようになってしまったんですね。。。(汗)そのせいで色素沈着(シミ)のニキビ跡が大量に残っていますし、薄いですがクレーターのニキビ跡も増えました(涙)

ここまで悪化してしまった原因は、様々なニキビケア商品(自分の肌に合わないもの)を乱用したこと、皮膚科のニキビ薬を使用しなかったことだとニキビ太郎は考えています。

完全に自業自得なのですが、さすがにこのまま市販のスキンケア商品を使用し続けることは危険だと判断し、

半年ぶりに皮膚科に行く事にしました。そして、これから365日間(一年間)毎日自分の肌状態を写真に撮って、ニキビ太郎がどのようにニキビやニキビ跡を目立たせなくしていくのかを、このサイトに記録していこうと思います。

フェイスライン肌経過

今現在、酷いニキビやニキビ跡で悩んでいる人に、何か少しでも役立つと嬉しいです。

6月(9日間)

もう一度ニキビ肌の悩みを解決するために、僕ニキビ太郎が1番最初にとった行動は、

「皮膚科に行く事」です。

皮膚科でいただいたニキビ薬

初めていく皮膚科で処方してもらうまでの流れから、ニキビ太郎がどういったスキンケアや食生活を送っていくのかを以下のリンク先記事にまとめました。

→6月まとめ(最初の9日間)のニキビ太郎の肌日記

また6/21(初日)〜6/30日までの9日間のニキビ太郎の肌の様子も記録しています。

7月

0721右
ニキビ太郎(右:07/21)

0721左
ニキビ太郎(左:07/21)

皮膚科に行って、約一ヶ月が経過しました。

→【7月編】365日ニキビ太郎日記!今月はポケモンGOが配信されたり、深キョンのインスタグラムが開始されたりしましたね。

上記リンクページに、7月1日から7月31日までのニキビ太郎の肌をほぼ毎日撮影して記録しています!

良かったら参考にしてみてください!

三ヶ月後くらいから肌に変化が見られるのですが、それまでの最初の一ヶ月〜二ヶ月の間はあまり変化が見られないので、続けていくのが本当に大変に感じますが、ここで諦めるとニキビ肌を良くする事は難しくなるので、めげずに頑張っていこうと思います!

0731市内

8月

0821右
ニキビ太郎(右:08/21)

0821左
ニキビ太郎(左:08/21)

皮膚科に通い始めて、約2ヶ月が経過しました!

→【8月編】365日ニキビ太郎の肌日記!今月はリオオリンピックが開催しスポーツを通じて感動と勇気をもらいました。

上記リンク先ページに、8月の肌の様子をほぼ毎日撮影した記録を載せています!

良かったら参考にしてみてください!

8月の後半になると大分肌の様子も変わってきて、徐々に肌の新陳代謝も元に戻ろうとしているのかな?と実感できる日も出てきました!

ですが、8月は結構紫外線を浴びたので、9月以降にもしかしたらその影響が出てくる可能性もありますが、頑張ってニキビケアを毎日続けていこうと思います!

熊本ミルクロード

9月

0921右
ニキビ太郎(右:09/21)

0921左
ニキビ太郎(左:09/21)

ベピオゲルに切り替えて一ヶ月が経過しました。(ディフェリンゲルを再開してからは合わせて3ヶ月経過しました。)

肌の様子は、大分ニキビが出来る数も落ち着いてきて、これからようやくニキビ跡を目立たせなくする本番という感じになってきました。

新しい色素沈着ニキビ跡を作らないためには、新しいニキビを予防することが必須なので、新しいニキビが出来難くなったということはようやくスタートラインに立てたという感じです!

9月は途中急遽京都に行って、食生活やスキンケアが少し乱れた日が何日間かあるので、ちょっと微妙な月でしたが、

それでも肌は6月の頃よりは大分良くなってきたと指で肌を触ってみて、また鏡で毎朝確認して実感しています。

以下のリンク先記事で9月のニキビ太郎の肌の様子をほぼ毎日掲載しているので、良かったら覗いてみてください!

→【9月編】365日ニキビ太郎の肌日記!錦織圭選手がリオオリンピックで銅メダル!映画「君の名は。」に夢中になった月です。

京都タワー夜

10月

1021m
ニキビ太郎(右:10/21)

1021h
ニキビ太郎(左:10/21)

フェイスライン(Uゾーン)に出来るニキビが、だいぶ減ってきたおかげで、色素沈着のニキビ跡も徐々に肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって目立たなくすることができているのかな?と感じています。

今月から朝・晩の気温が下がり、10月の31日に近づくにつれて気温も湿度も下がってきたので、肌が乾燥しないように、普段以上に注意を払う必要がありました。

11月から今以上にスキンケアは丁寧にしていく予定です。

食生活も旬の食材がたくさんあるので、それを活かした食事メニューに挑戦していきたいですね^^

以下のリンク先記事で10月のニキビ太郎の肌の様子をほぼ毎日掲載しているので、良かったら覗いてみてください!

→【10月編】365日ニキビ太郎の肌日記!プロ野球は日本ハムが日本一!個人的には広島を応援していました。

カフェからの景色

11月

1121m
ニキビ太郎(右:11/21)

1121h
ニキビ太郎(左:11/21)

11月上旬は比較的に気候はまだ温かかったのかな〜と感じましたが、下旬は東京では雪が降るなど一気に気温も下がり、体調を健康な状態を維持するのも大変な印象でした。

また僕の周囲でも風邪が流行ったりしていて、もうマスクを常時着用し始めた月でもあります。

11月はニキビが大量に出来ることもなく、肌状態も安定していた時期が多かったです。

以下のリンク先記事で11月のニキビ太郎の肌の様子をほぼ毎日掲載しているので、良かったら覗いてみてください!

→【11月編】365日ニキビ太郎の肌日記!逃げるははじだが役に立つというドラマにハマりました。

コスモス花

12月

1220m
ニキビ太郎(右:12/22)

1220h
ニキビ太郎(左:12/22)

12月入ってまたグっと気温が下がり、肌も11月と比較してかなり乾燥しやすくなったと感じています。

また、今月からエピデュオゲルを使用したのですが・・・・最初はやはり肌状態が悪いので、エピデュオゲルによる刺激が強く、お医者さんと相談しながら、適切なスキンケアを模索していった12月です。

以下のリンク先記事で12月のニキビ太郎の肌の様子をほぼ毎日掲載しているので、良かったら覗いてみてください!

→【12月編】365日ニキビ太郎の肌日記!SMAP×SMAPが最終回を迎えた月です。

1207夕焼け

1月

0121m
ニキビ太郎(右:01/21)

0121h
ニキビ太郎(左:01/21)

1月に入るとニキビ太郎が住む九州でも気温が4度とか、雪も積もったりする日も出てきました。

エピデュオゲルを塗り続けて、一ヶ月以上が経過しましたが、少しずつ肌が慣れてきて(それだけ状態がよくなっていると感じています)、ニキビが出来難くなってきたと感じています。

ただ、肌の赤みが残っているので、まだまだ様子を見ながら、お医者さんと相談しながら今後どうするかを決定しなくちゃいけないと感じています。

→【1月編】365日ニキビ太郎の肌日記!アメリカの大統領にトランプさんが就任しましたね!

0123雪

2月

0221m
ニキビ太郎(右:02/21)

0221h
ニキビ太郎(左:02/21)

2月の前半は雪が積もったりと真冬の気候だったのですが、後半に近づくにつれ、徐々に日中は過ごしやすい日も出てきました。

なので3月になるともう少し過ごしやすくなるかな〜と淡い期待がありますが、まだまだ朝と夜の寒暖差が激しいので寒さ対策はしっかりしておかないと、すぐに体調を壊す危険性も潜んでいると感じています。

さて、2月の肌日記は以下のリンク先にまとめています!
→【2月編】365日ニキビ太郎の肌日記!ポケモンGOに金銀のキャラクターが追加されましたね!

えんとつ町のぷぺる展

3月

0321m
ニキビ太郎(右:03/21)

0321h
ニキビ太郎(左:03/21)

仕事で東京に行ったりと何かと疲れが溜まりやすい月でもありました。

少しずつ気温が上がっているといっても、まだまだ気温が寒いのでスキンケアを調製するのが難しかったです。。。

さて、3月の肌日記は以下のリンク先にまとめています!

3.11検索yahoo
→【3月編】365日ニキビ太郎の肌日記ブログ!WBCは日本は惜しくもアメリカに負けてしまいましたね

0301蝉の抜け殻

4月

0421m
ニキビ太郎(右:04/21)

0421h
ニキビ太郎(左:04/21)

僕自身、新生活がスタートして、何かと体にストレスが溜まっていた気がします。

夜中に突然鼻血が出て起きたり、夜中に何度も起きたりしていました。。。(汗)

ですが、肌状態が一気に悪くなるということは、何とか防ぐことができたのかな?と思っています。

今月の後半からは徐々に紫外線が強くなってきたと感じています。

0409桜
→【4月編】365日ニキビ太郎の肌日記ブログ。今月は北朝鮮の問題などかなり世界情勢が不安だと感じました。

0409桜

5月

0521m
ニキビ太郎(右:05/21)

0521h
ニキビ太郎(左:05/21)

徐々に気温も高くなってきて、5月の後半からは完全に半袖で過ごしています。

紫外線も日に日に強くなってきています。

なので、紫外線対策を含めてスキンケアの仕方、使用する皮膚科の保湿剤なんかをお医者さんとも相談しながらベストなものを模索していっています。

0501皮膚科ビーソフテンローション
→【5月編】365日ニキビ太郎の肌日記ブログ。サニサキスという食中毒が流行っているみたいです汗

6月

0621m
ニキビ太郎(右:06/21:一年後)

0621h
ニキビ太郎(左:06/21:一年後)

→【6月編】365日ニキビ太郎の肌日記ブログ。肌写真を記録しつづけ、一年が経過しました。

フェイスラインや顎付近のニキビやニキビ跡が悪化して、再度皮膚科に通い始めてから丁度一年が経過しました。

一年前の写真と比較しても、かなり肌状態が良くなったと感じています。

この一年間でやったことは以下に詳しくまとめたいと思います。

【総まとめ】1年間の肌写真を振り返ります

0621右
ニキビ太郎(右:06/21:一年前)

0621左
ニキビ太郎(左:06/21:一年前)

ニキビ太郎は一度肌状態が良くなった時から、よりニキビに効果的なスキンケアなどを模索しようと、当時は市販のスキンケア商品を試しまくっていました。

その結果、自分の肌に合わないものばかりを使用していたことで、再び頬やフェイスラインが特に乾燥しやすい肌状態となり、赤ニキビや黄ニキビが大量発生するようになりました。。。(涙)

赤ニキビや黄ニキビが大量に出来ることに比例して、色素沈着タイプのニキビ跡も多く出来てしまっていました。

この肌状態で外出するのが本当に精神的に辛く、苦しかったです。。。

やっぱり僕の肌(ニキビやニキビ跡になりやすい人の肌)にとっては、ニキビ用のスキンケア商品といったものは脱脂力が非常に強く、また配合されている成分が逆に強すぎました。

使用していく頻度に比例して、肌状態が日に日に悪化していくことにつながってしまいました。

なので、その状態を打破すべく、僕ニキビ太郎は再び皮膚科に行き、お医者さんと相談しました。

その結果、肌が乾燥しやすくなっていたので、まずは皮膚科の保湿剤を処方してもらって、ディフェリンゲル(ニキビ薬)を継続的に使っていってみる方針の治療となりました。

皮膚科にいって、お医者さんと相談しながら、ニキビ薬や保湿剤を継続的にしようしていき、食生活においても基本的にはこのページ下部で紹介している方法を継続しました。

特に、頬やフェイスラインに出来るニキビや、
色素沈着の赤いニキビ跡に悩む人に是非見てほしいです。

正しいスキンケアと食生活を継続すれば、3ヶ月後にはある程度目立たなくすることが可能だと僕は今回の経験を通じても実感しました。

ここからは、上の写真(3ヶ月間)だけでなく、この1年間の肌写真を撮り続けてきた結果を振り返りながら、ニキビ太郎が行ったスキンケアの方法や食事法などをまとめていきたいと思います。

favicon スキンケアについて

まずはスキンケアについて見ていこうと思います。

基本的には、以下のリンク先ページに記載している方法を毎日継続していきました。

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

一年前の6月に皮膚科に行った際には、ディフェリンゲルとヒルドイドローションを処方してもらいました。

皮膚科でいただいたニキビ薬

それから、約2ヶ月後に一本目のディフェリンゲルを使いきり、そのタイミングで次に別のニキビ薬(ベピオゲル)を使用しました。

皮膚科のニキビ薬0725

そのタイミングの肌の様子はこちらです。(ディフェリンゲルを塗布してから約2ヶ月後:9月頃)

0901左

それから、11月の末頃までベピオゲルを使用していき、12月に入ったタイミングで、2016年11月に発売された新薬「エピデュオゲル」に切り替えました。

0215皮膚科

ここまでの夜のスキンケアは、

夜):ぬるま湯洗顔→ヒルドイドローション(保湿)→ディフェリンゲル(またはベピオゲルやエピデュオゲル)

上記した非常にシンプルなスキンケアです。
これ以外のことは何もやっていません。

12月からはずっとエピデュオゲルを使用して、5月に入ると保湿剤をヒルドイドローションからビーソフテンローションに切り替えました。

ビーソフテンローションの方が非常にさっぱりしているので、汗をかきやすい時期には合っているというお医者さんの判断で処方してもらいました。

実際に使ってみて、僕も夏の時期はヒルドイドローションよりも、ビーソフテンローションの方が良いと実感しています。

ざっくりと書きましたが、僕が使用してきたスキンケア(ニキビ薬など)についてはこのような感じです。

favicon 食生活について

次に食生活ですが、
普段の食事においても、基本的には下記ボタンリンク先の方法を守って生活していきました。

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

唯一変わったことと言えば、11月頃から白米から玄米に完全シフトしたことです。

日本人の腸内環境には、お米を食べることによって良くなるということを聞き、早速玄米100%のご飯に切り替えたところ、実際にそれまで以上に便通が良くなり、腸内環境が整ったと感じています。

もちろん、個人差もあるとは思いますが、僕は多くの人に白米よりも玄米をオススメしたいです。

favicon まとめ

こうやって書くと、僕がこれまでしてきたことは、

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

を忠実に実践してきたことです。

他は何も変えていません。

これが僕に合ったスキンケアの仕方、食事の仕方なんだと思います。

また、昨年は仕事で忙しく、睡眠時間が中々確保できなかった時期(一日5〜6時間と極端に少ない日も多かったです)もありますが、それでも肌にあったニキビやニキビ跡は、少しずつゆっくりですが目立たなくなっていきました。(もちろん、時にはhだ状態が不安定でニキビが出来やすい時期もありました。この一年間でいうと12月〜1月頃です)

皮膚科のニキビ薬と保湿剤は、ほんとうにニキビやニキビ跡で悩む人にとって必須だと改めて感じています。

そして、それらを最低でも1年間、お医者さんともよく相談しながら継続していくことが非常に大事になってくると僕は考えます。

以上になりますが、この記事が誰かにとって何か参考になることがあれば、嬉しいです。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→ニキビ太郎

コメントを残す

このページの先頭へ