注目!パントテン酸はニキビの予防効果があるのかを調査してみました!

[最終更新日]2018/04/04

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
パントテン酸(ビタミンB5)は、ニキビや吹き出物といった肌荒れの予防効果があると言われています。
パントテン酸はニキビに効果的!イメージ

パントテン酸とは、別名ビタミンB5(水溶性ビタミン)とも呼ばれビタミンB群の1種類です。

パントテン酸を含むビタミンB群は、基本的に肌の新陳代謝(=ターンオーバー機能)に大きく貢献する栄養成分で、肌細胞の生成には欠かす事のできないものだと言われています。

また、ビタミンB群には肌の保湿機能を決定する作用があり、これらが不足すると乾燥肌といった肌トラブルを引き起こしてしまうと言われています。

特にパントテン酸(ビタミンB5)は、肌の潤いやバリア機能の強さを決定するセラミドや脂肪酸といった細胞間脂質を強化、増加させる働きがあるので、紫外線や汚れといった外部刺激に強い肌を維持するのには欠かせないビタミンだとされています。

※ちなみに、パントテン酸の名前の由来は、ギリシア語で「広くどこにでもある」という意味から来ていると言われています。

以下ではパントテン酸とニキビについて、お医者さんや専門家の方から聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!

ターンオーバー機能を向上させる!?

ターンオーバーの仕組みイメージ

パントテン酸は、ナイアシンアミド(ビタミンB3)と並んで多くの化粧水や美容液といったコスメにも含まれ、肌の新陳代謝(ターンオーバー機能)を正常化・向上化させる働きが期待できると言われています。

肌のターンオーバーが正常化するということは、それだけ古い角質(垢)が角質層に留まることなく、新しい肌細胞で肌が構築されるということなので、それだけニキビや吹き出物といった肌荒れを発生し難くすることが可能だと、ニキビ太郎は考えています。

また、ターンオーバー機能が向上するということは、それだけ色素沈着(シミ)のニキビ跡の予防スピードも早くなると言えると思います。

メラノサイトで作られたメラニン色素を肌の新陳代謝を高めることで、古い角質(垢)として排出することが可能になるとされているからですね!

→【保存版】酷いニキビ跡を一日でも早く消す方法について

ストレスを緩和してくれる!?

怒っているイメージ

ニキビや吹き出物の原因の1つに、強いストレスが挙げられます。

人の体はストレスを受けると体内に活性酸素という悪玉酸素を発生させると言われています。

この活性酸素は、僕たちの肌に悪影響を与えるだけでなく、細胞のDNAまでもを破壊するといわれるくらい恐ろしいものなんですね。

そこで、パントテン酸(ビタミンB5)の登場です!

パントテン酸は、ストレスへの抵抗力を高めてくれる副腎皮質ホルモンの働きを、向上させてくれることが期待できると言われています!

なので、パントテン酸は「抗ストレスビタミン」とも呼ばれることがあります。

→注意!ストレスは吹き出物や肌荒れの原因になる!?

ビタミンCを助ける役割

ビタミンCイメージ画像4

パントテン酸には、ビタミンCの働きを助ける役割も担ってくれています。

ビタミンCは、僕たちの肌を作るのに必要なタンパク質の合成には必要不可欠な栄養素だと言われています。

また、肌のハリというハリを決定するコラーゲンの生成にも多く貢献してくれており、クレータータイプのニキビ跡の予防にも効果が期待できる!のがビタミンCなんですね。

なので、パントテン酸がビタミンCを助けるということは、それだけニキビや吹き出物、酷いニキビ跡の予防に繋がるとニキビ太郎は考えます。

糖質や脂質、タンパク質の代謝に貢献している!?

パントテン酸、ビタミンB5イメージ

パントテン酸は体内において、コエンザイムA(CoA)と呼ばれる補酵素の1部として働いており、他のビタミンBと同じように「糖質や脂質、タンパク質の代謝」に大きく貢献してくれると言われています。

そのため、パントテン酸を上手に摂取することで、基礎代謝が向上するということですね。

「脂質や炭水化物(糖質)」は、摂取しすぎると、ニキビや吹き出物の原因にもなるので、パントテン酸によってスムーズに代謝することは、ニキビや吹き出物といった肌トラブルの予防に大きく関係してくるとニキビ太郎は考えます。

favicon CoAが鍵を握っている!?

僕たち人間には、基礎代謝を発生させるためにTCAと呼ばれるサイクル(クエン酸回路)が存在していて、その材料(原料)となるのは、「アセチルCoA」と呼ばれる物質だけと言われています。

ここで「CoA」に注目してみます。

パントテン酸は体内では「CoA(コエンザイムA)」でしたよね?そうなんです!

基礎代謝を発生させる、TCA回路を回転させるために必要なアセチルCoAを作れる物質は、パントテン酸(コエンザイムA:CoA)しかないと言われています!

つまり、

CoAが不足するということは、体の基礎代謝そのものが上手く機能しなくなり、タンパク質、炭水化物(糖質)、脂質といった成分が代謝されずに、毛穴から皮脂として排出されてしまうんですね。。これによって過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まり、ニキビや吹き出物の原因となってしまうというのが、ニキビ太郎の見解です。

欠乏症について

お酒はメリットもあるイメージ

パントテン酸は多くの食品に含まれているので、現代の日本人の食生活でパントテン酸が欠乏することは稀だと言われています。実は、腸内細菌も合成することができると言われているからですね。

ただし、普段からカフェインを含むコーヒーやアルコール飲料を多く飲む人は、それらを分解・消化するために、大量のパントテン酸を消費するので、パントテン酸不足に陥ることがあると言われています。

また、調理の仕方にも工夫が必要と言われています。パントテン酸は水に溶けやすく、また熱や酸、アルカリにも弱いので、茹でるといったちょうり方法では、その多くが流れ出てしまうと言われています。

そのため、生で食べれるものは生で食べたり、茹で汁ごと使用する調理方法に変えたりする工夫が非常に重要になると、ニキビ太郎は考えます!

※普段から抗生物質を服用している人は、腸内細菌のバランスが乱れ、パントテン酸を合成しにくくなっているので、欠乏症になる可能性があると言われています。

過剰摂取した場合

逆に、過剰摂取した場合はどうでしょうか?

パントテン酸は基本的に水に溶けやすい性質を持っているので、たくさん摂り過ぎた場合でも主に尿として排泄されると言われています。

なので、そこまで気にすることはないとニキビ太郎も考えています。

※ただし、サプリメント等で明らかに過剰摂取している場合は、何かしらの副作用のものが出る可能性はあります。

パントテン酸を多く含む食品

パントテン酸を多く含む食品は主に以下のものが挙げられます。

鶏のササミイメージ

・うなぎ
・いくら
・たらこ
レバー
・鶏肉
・ひらたけ
・エリンギ
・なめこ
アボカド
・モロヘイヤ
・カリフラワー

納豆イメージ画像2

納豆
たまご

などが該当すると言われています。

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→注目!ビタミンB2は吹き出物などの肌荒れ予防に効果がある!?

コメントを残す

このページの先頭へ