【検証】明色美顔石鹸はニキビ予防に効果があるのかを実際に使用し調べてみました!

[最終更新日]2018/04/05

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

  • POINT!
株式会社明色化粧品さんの明色美顔石鹸が、ニキビや吹き出物といった肌荒れに効果があるという情報を、他のニキビ関連のサイトやブログさんで見聞きしたので、実際にニキビ太郎も購入して使用してみました!

明色美顔石鹸1

明色美顔石鹸は、mina(ミーナ)という人気雑誌のプチプラコスメ・スキンケア口コミランキングで堂々の第一位(洗顔部門)を受賞している大人気商品ということで、ニキビ太郎もかなり期待して使用してみました!

明色美顔石鹸8

・・・ですが、使用した後は非常に顔が突っ張りました。。(汗)肌も少し赤みを帯びて、僕の肌には少し刺激が強かったみたいです。

パッケージには突っ張らない洗い上がりと記載してあるんですがね。一体どういうことでしょうか?(涙)

だけど、他のニキビ用市販洗顔料と比較するとかなり良い方だと僕は実感しています。

洗顔ネットで泡立てた時の泡の質はかなり高くて、キメは細かいし、弾力のある泡でした。

更に着色料や鉱物油、防腐剤フリーかつ、明色化粧品さんは120余年ニキビ研究をしているところなので、ニキビが出来難くなった人がスペシャルケアとして週に1回使用することが良いのかもしれないと僕は感じました。

なので、今現在ニキビや吹き出物といった肌荒れで悩んでいる人が、明色美顔石鹸使用するのは、ちょっと避けた方がいいかもしれないです。あくまでもニキビの予防のために、今現在肌が丈夫な人が使うものだと僕は感じています。

使った直後の肌の様子

明色美顔石鹸

上の写真は、明色美顔石鹸を使用した直後のニキビ太郎の肌の様子です。肌が少し赤みを帯びていますよね?

また、この時肌が少し突っ張っていて、これを頻繁に使用すると間違いなく肌が乾燥が悪化し、乾燥による毛穴の詰まりが発生するかもしれないと感じました(汗)

ただし、これはあくまでもニキビ太郎の個人的な意見で、明色美顔石鹸を使って肌状態が良くなった人はいるのとおもうので、あくまでもニキビ太郎のニキビ肌には合わなかったということです(汗)

※この記事下部では、明色美顔石鹸の成分などを写真付きで細かくみているので、良かったら参考にしてみてください!

価格 送料 目安 返金保証
540円(税込) 一ヶ月 なし

ニキビ太郎による写真解説コーナー

明色美顔石鹸1

今回も近所のドラックストアコスモスで購入してきました。陳列されている数が他の商品と違って割と減っていたので、このニキビケア商品を使用している人は結構多いんだと感じました。

(薬用)ニキビ予防石鹸と大きく記載されていました。

これより、既にニキビが出来ている人向けではなく、あくまで肌が今の所どうもなってなくて、丈夫な人向けの石鹸なんですね。

明色美顔石鹸2

パッケージの裏側の写真です。明色美顔石鹸には、有効成分サリチル酸が配合されていて、アクネ菌を退治してくれると記載してあります。

ですが、この殺菌作用のある成分は要注意な点です。

なぜなら、殺菌成分はアクネ菌だけでなく、他の肌の良い菌(良い常在菌)までもを退治し、肌のバランスを破壊する恐れがあるからです。

もしそうなってしまうと、ニキビといった肌荒れの原因になる可能性が出てきます。

明色美顔石鹸4

以下に、全成分を書き出してみますね!

【有効成分】
サリチル酸

【その他の成分】
K含有石けん素地、ソルビット液、濃グリセリン、ヤシ油脂肪酸、ベントナイト、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、ヒドロキシエタンジホスホン酸4Na液、米ヌカエキス、BG、トウキエキス-1、人参エキス、甘草エキス、クマザサエキス、桃葉エキス、エタノール、無水エタノール、香料

香料ですが、独自に調香した清潔感のあるハーバル調の香りだと言われています。匂いは良いですが、香料はニキビケアにはなるべく入れてほしくない成分ですね。

明色美顔石鹸6

次に肝心の商品になります。白い紙袋に包まれていて、それを開封すると明色美顔石鹸を彫られた石鹸が姿を現しました!!!

かなりこだわっている商品だと感じました。

明色美顔石鹸7

使用する際には、洗顔ネットがあるとかなり良いです。簡単にたくさんの泡を作ることができます!

明色美顔石鹸8

泡はモコモコと弾力があり、キメが細かいのが特徴でした!

これでニキビの予防効果があると良かったんですが。。。(汗)

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できる!?

コメントを残す

このページの先頭へ