【検証】ピンプリットにニキビの予防効果があるのかを実際に試してみました!!

[最終更新日]2018/04/13

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

ピンプリット4

  • POINT!
資生堂薬品株式会社さんのピンプリットが、ニキビや吹き出物といった肌荒れの予防効果があるという情報を、他のニキビ関連の口コミサイト等で見聞きしたので、実際にニキビ太郎も購入して使用してみました!
ビフナイト1

SHISEIDOさんから販売されているにきび治療薬「ピンプリット」を使用してきます!

にきびの赤みを隠しながら治療するというのが目的らしく、出来たニキビに塗布していくお薬ですね。感じとしては、

ビフナイト
メンソレータムAcnes25メディカルクリーム
ペアアクネクリームW
アポスティークリーム

といったニキビケア商品達と比較できるクリームタイプのものですね。

まず指先にクリームを取り出してのですが、、、この感じは完全に小学校の頃使っていた絵の具でした、、、(汗)

液体と固形クリームが分離している状態ですね。この点においては、上記した他のニキビ治療薬(クリーム)タイプの中で一番良くなかったですね。(汗)

また、無香料とパッケージに記載してありましたが、ニキビ太郎には「チョコバナナ」の匂いがしました。少し甘い、あの感じですね。

これを実際に肌に塗布してみると、かなり肌の色といました。。肌色とのことですが、かなり色黒です。

元々肌が黒い人であれば問題ないと思いますが、ニキビ太郎の肌よりも白い人には完全に不向きな商品だと感じました。

ピンプリット13

上の写真は、実際にニキビ太郎の肌の上にピンプリットを塗布した写真です。

黄色で囲んでいる部分は既にピンプリットを肌に馴染ませている箇所です。赤みがほんの少し隠れましたが、ピンプリット自体が暗めの肌色なので、馴染ませてもかなり違和感のある仕上がりとなりました。。。(汗)

ピンプリット14

こちらは、先ほど肌につけて馴染ませていなかったものも、肌全体に広げてみた時の写真です。

これだとニキビ太郎の肌本来の色と、ピンプリットの色が全く合っていないことがわかる写真になっていると思います(汗)

ニキビ太郎の場合は、ピンプリットのニキビ治療薬を使うより、皮膚科で処方してもらえるダラシンTゲルといったニキビ薬を炎症ニキビに塗布していった方が費用対効果は高く、また薬の色が肌に馴染まないということはないと実感しました。(ダラシンTゲルは透明だからですね)

ただ、肌に塗ったからといって特別肌の色が赤くなったり、ヒリヒリやピリピリ、乾燥といったのは感じられなかったです。

なので、ピンプリットは元々色黒の人で、日中少しでもニキビによる肌の赤みを減らしながら治療したいという人に向いている商品だと思います!

※この記事下部では、ピンプリットの成分などを写真付きで細かくみているので、良かったら参考にしてみてください!

価格 送料 目安 返金保証
900円(税込) 一ヶ月 なし

ニキビ太郎による写真解説コーナー

ピンプリット1

ニキビ太郎の家の近くにあるドラックストアには販売されていなかったので、今回はAmazonさんで購入しました!

価格は¥900で、注文して4日後にポスト投函されました!

白と赤のデザインで、資生堂という化粧品会社さんの雰囲気が出ていますね!

ピンプリット2

パッケージの側面になります!

副作用被害救済制度の連絡先が記載してあります!

ピンプリット3

パッケージの裏になります!正式名称は、「ピンプリットN」とのことですね。

また、ピンプリットがどのようにニキビの赤みを隠しながら治療していくかというのが書いてあります!

・オイルフリー
・無香料
・カサつきにくい使用感

というのが特徴みたいですね。

また、配合されている成分が記載してあるので、以下に書き出してみますね!(全て1g中に含まれる量になります。)

イオウ(40mg)
レゾルシン(20mg)
酸化亜鉛(20mg)
グリチルレチン酸(3mg)
添加物としてエタノール、マクロゴール、タルクを含有している。また、ゲラニオール、グリセリン、1,3-ブチレングリコール、カオリン、三二酸化鉄、酸化鉄、乳酸、ベントナイトも含有しているとのことです。

となっています!

ピンプリット4

パッケージを開封して、入っている中身を全て出して広げてみました!

ピンプリット本体と説明書ですね。

ピンプリット5

説明書を見ていきます!

まずは表の上部ですね。ニキビについてまとめてあります。

毛穴がどうのようになって塞がり、炎症していくのかのプロセスが簡潔にまとめてあります!

微小面皰(ニキビになりかけの毛穴)イメージ

以下のリンク先にて、この件について詳しくまとめているので、良かったら参考にされてみてください!

→注目!毛穴の詰まりがニキビの原因になっている!?その真相に迫ります!

ピンプリット6

説明書表の下部には、パッケージの裏に描いてあったピンプリットがどのようににきびにアプローチしていくのかの説明がされています。

また、使用上の注意も記載してあるので、要チェックする必要がありますね。

ピンプリット7

説明書の裏の上部には用法や用量について、また、その注意点、成分や分量についても記載されています。

ピンプリット8

説明書の裏の下部には、保管の仕方、ニキビ治療のポイントについて書かれています。

ピンプリット9

いよいよ肝心のピンプリット本体についてみていきますね!

こちらは赤い絵の具のようなデザインのチューブだとニキビ太郎は感じました。

本当に小学校の頃使っていた絵の具そっくりです。

ピンプリット10

チューブの裏には第2類医薬品のことと、肌色タイプだということ、

ピンプリット11

配合されている成分、使用上の注意についてもまとめてあります。

ピンプリット12

この記事の冒頭にも書きましたが、指先に中身を取り出すと、液体と固形の2つに分離していました。。。(汗)

完全に小学校の絵の具と同じ状態だと感じました。。。(汗)

この状態で出てくると使用するのがかなり勇気いります。。。

ピンプリット13

肌に塗布したときのニキビ太郎の肌の様子です。

ピンプリットは肌色とのことですが、ニキビ太郎の肌の色でもかなり浮くので、比較的白い方はピンプリットの透明色も販売されているので、そちらを使用されることをオススメしたいです。

ピンプリット14

肌の色とマッチしていないので、ニキビ太郎の肌は普段よりも色黒になりました。

これでは完全に違和感ありまくりなので、ニキビ太郎の肌には合わなかったですね。。。

非常に残念でした。。。(汗)

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→注目!1日でも早く赤ニキビを予防する方法を原因から詳しくみていきます!

コメントを残す

このページの先頭へ