必見!漢方薬はニキビを予防する効果が期待できる!?その真相に迫っていきます!

[最終更新日]2016/07/13

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
ニキビや吹き出物といった肌荒れに漢方薬が効果があります!人によるところもありますが、自分に合ったものを選択すれば、その予防効果は大きいとニキビ太郎は実感しています。
漢方薬がニキビに効果的イメージ

漢方薬は、東洋地方の薬で昔から継承されている薬で、ホルモンバランスの乱れが原因でできたニキビや吹き出物の予防に効果があるとも言われています。

ニキビ太郎がよく耳にする「肌の状態は、人の体の中の状態を映す鏡」という言葉があります。

これに関係して、体の中のバランスを整えてくれたり、皮膚の免疫力を高めてくれる漢方薬は、まさにニキビや吹き出物の根本的な治療方法の1つだともニキビ太郎は思っています。

漢方薬は西洋のお薬と比べると、何か1つの病気に対してめちゃくちゃ効果が出るものではありませんが、ゆっくりと長期的な視野で体質改善の効果を目指していくお薬だと言われています。(種類によっては即効性のある漢方薬もあります)

ニキビ治療に使われる漢方薬とは?

漢方薬には様々な種類があります。そのため、症状に合わせたり、体質に合ったものを使っていきます。つまり、同じニキビの症状の人でも違う漢方薬が処方されることがあるということですね!

また、漢方薬は病院で処方されるので保険が適用されるというところも魅力的です!^^

以下に、ニキビ治療によく使われる漢方薬を紹介していきますね!

favicon 清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)

清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)

引用:(https://goo.gl/FJH14h , 2015/05/22)。

この漢方薬は、古来よりニキビや吹き出物に対する漢方薬として処方されているそうです。Tゾーンに炎症の強い赤ニキビが多い人や、若い男性のニキビに効果が期待できます。他にも目の充血、化膿に効きます。

ですが、基本的には体力のある人向けの漢方薬といわれており、冷え性や下痢を持っている人など虚弱体質の人には不向きの漢方薬とされています。また、背中など体に出来たニキビにも不向きです。


favicon 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

引用:(https://goo.gl/vnSsUR , 2015/05/22)。

体格ががっちりした人に向いていると言われています。また血行を良くする作用があるので、体内に溜まった老廃物の流れを良くする効果が期待できます。

他にも、体の末端が特に冷えてしまう人や赤ら顔の人。生理痛が酷い人もこの漢方薬が処方されることが多いです。さらに大人ニキビに効果が出やすいと言われています。

特に酷く炎症したニキビや吹き出物に有効だといわれています。


favicon 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

冷え性で、むくみやすい人に処方されることが多く、生理が遅れる傾向の人にも良いと言われています。皮膚科では、大人ニキビの治療薬としても処方されています。

favicon 加味逍遥散(カミショウヨウサン)

便秘がちの人や頭痛や肩こりの酷い人にも処方されるケースが多いです。痩せていて体力がない女性向けにも処方されます。また、ホルモンバランスの乱れでイライラしやすくなった人にも効果的だと言われています。大人ニキビで悩む人向け。

favicon 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)

十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)

引用:(https://goo.gl/uAR7dA , 2015/05/22)。

桜の皮を使った漢方薬である十味敗毒湯は、江戸時代に日本の医師によって作られたとして有名です。

そんな十味敗毒湯は、酷く化膿してしまっている黄ニキビや紫ニキビがある人や、背中・おしりにニキビができてしまう人に向いている。ただし、便秘の人は逆にニキビを悪化させてしまう恐れがあるのでNGと言われています。

皮膚に赤く痒みをもった出来ものに対しても有効だと言われています。

ですが、非常に飲み難い漢方薬で、飲んだ後に舌にしびれが残る人もいるといわれています。

favicon 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)

荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)

引用:(https://goo.gl/wDeS24 , 2015/05/22)。

顔全体に、特にTゾーンに皮脂の分泌が盛んな人に処方される漢方薬です。また顔全体が浅黒い人や、炎症の強いニキビや吹き出物ができやすい人向けだとも言われています。

他にも解毒作用や血流促進作用が期待できるとも言われていて、鼻炎のある人にもよいと言われています。

ですが、これも虚弱体質の人には向いておらず、副作用に食欲不信や皮膚が赤くなる、痒みがでるという報告があるので、体力がある人向けの漢方薬だと言えます。


favicon 柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)

柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)

引用:(http://goo.gl/Y3A5I7 , 2015/05/22)。

背中に白ニキビのような小さいニキビがたくさん出来ている人に処方されます。

またこのタイプのニキビができる人は、扁桃腺が腫れる人が多いと言われています。

このような人は、冷たい食べ物、甘い食べ物を食べ過ぎることに注意する必要もあるようです!


favicon 黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

顔の赤みや炎症の強いニキビがある時に処方すると言われています。

favicon 排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)

赤みや腫れを併発した皮膚の化膿症などの時に処方されると言われています。

favicon 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

口の周辺にニキビや吹き出物が出来た時に処方されます。また偏食や過食、暴飲暴食時における胃腸障害にも効果的だと言われています。

favicon 芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)

ニキビや吹き出物の原因となる皮脂の過剰分泌を抑えたり、アクネ菌の増殖を防ぐと言われています。

西洋の薬と一緒に使う事で効果が増す!?

西洋薬イメージ画像

臨床データの中に、「抗生物質」や「外用レチノイド」といった西洋のお薬と漢方薬をある一定期間(1ヶ月以上)併用することで片方を使う場合よりも、良い効果が現れたというものがあります。

これらより、ニキビ治療に漢方薬も一緒に使う方法もアリなのかもしれませんね。実際に最近では炎症の酷い赤ニキビや黄ニキビ、紫ニキビの治療において、漢方薬の併用もされている皮膚科のお医者さんもかなり増えていると言われています。

継続は力なりと言う言葉があるように、漢方薬で体質改善を図りつつ、「西洋の抗生物質」や「外用レチノイド」も一緒に使っていくことも検討していく方法もあるんだということを頭の片隅にでも入れておきたいですね!

漢方薬にも副作用がある!?

リスクイメージ画像

実は、漢方薬でも体に副作用が現れることがあります。

例えば、胃もたれや下痢といった症状が挙げられます。ですが、これらの症状は処方される漢方薬の量を減らしたり、別の漢方薬に切り替えたりすることで、症状を抑えることができます。

ニキビ太郎の祖母は、とある漢方薬を内科の先生に処方されたので、継続して飲んでいると、血液検査の時に「カリウム」という数値が落ちたらしいのです。このように、漢方薬を飲んでいても何かしら副作用的なものが出てくる可能性があるんですね。

上記の他に、漢方薬を飲み始めてから体に異変が見られるようなら、すぐに仕様することをやめて、かかりつけのお医者さんに相談することが大切です。

実際の処方について

病院イメージ画像

 漢方薬は体の内側から体質改善をすることを目的として処方されます。

日本やアメリカなんかの医学では、ニキビは肌の病気(皮膚病)だと言われますが、一方の漢方医学(中国)でのニキビの定義としては、カラダの中で出来た「熱」が皮膚に影響を与え、それに外界の熱(風熱)の刺激が加わって発生すると考えられています。

なので、体のどこに熱があるのか(悪いのか)を見極めて、その熱を悪化させないように体内のバランスを整えることで対処すると言われています。

 かなり難しいですよね・・・?(汗)この記事の冒頭でも書きましたが、肌は体内の臓器の鏡だと言われているので、皮膚疾患は消化器官に何か問題があるかないかを見ていき、それを改善していくのが漢方薬の役目だということだと思います。

ニキビ太郎はお医者さんじゃないですが、自分の経験として、腸の善し悪しがニキビや吹き出物の発生に大きな影響を与えていると推測しています。

病院イメージ画像0

 実際には、肌に出来た部位やニキビの種類、そして炎症の強さなどを見極めてから、その人に合った漢方薬を処方すると言われています。

 また、皮膚科によっては全く漢方薬を使わないところもあるので、もしも興味がある人は、インターネットで自分の家の近くで漢方薬を処方してくださる病院を検索して行く事もありだと思っています。漢方薬局さんで相談することもできると言われています。

最近では、Amazonや楽天さんといったインターネットショップでも簡単に購入できますが、できればお医者の指示を仰いで、自分に合ったものがどれなのかを相談されてから購入することをオススメしたいです。

市販で買うと自分に合わないものを買って副作用が出る事も否定できませんし、なにより高い費用もかかるからですね(汗)また、市販のものは医療用製剤と比較して、薬剤量が3分の1で効果が薄いと言われています。

favicon 飲む時のポイント

漢方薬イメージ

ニキビ太郎の場合は、漢方薬を食前に白湯で飲むといいとかかりつけのお医者さんから言われ、ずっとそのようにしてきました。

漢方の種類によっては、食後2時間あした後が良いものもあるようですね。なので、処方してくださったお医者さんによく聞いてから、1番いい飲むタイミングを聞いておくことも非常に大事になります。

因みに、お医者さんによると食後でもそこまで問題ないということなので、食前に飲み忘れた!どうしよう!!!と、絶望的になるのではなくて、気づいた時に飲んでも大丈夫だとのことです。

基本的にはお水がいいのですが、ニキビ太郎は一度沸騰させたぬるま湯で飲むのが一番いいと薬局の方に教えてもらいました。そうすることで漢方の吸収率が上がると教えてもらいました。

また、漢方を内服する目安の期間としては、基本的にはニキビや吹き出物の症状が落ち着くまでとなります。

ですが、お医者さんの指示を仰ぐことも非常に大事です。

一人で勝手に辞めずに、かかりつけのお医者さんと相談してから辞めるか継続してみるの判断をした方がいいと、ニキビ太郎は思っています。

どうして漢方薬なのか?

ニキビや吹き出物といった肌荒れにどうして漢方薬なのでしょうか?

ニキビ太郎が「ニキビに漢方が効くとかも!」と知ったのはインターネットで色々と検索している時でした、

・漢方薬を飲んで体質改善し、ニキビを予防したい人

・塗り薬を使っているけど、症状が治まったり、ぶり返したりしている人

・繰り返しできるニキビが徐々に悪化してきている人

・炎症の強いニキビができるので、ニキビ跡が心配な人

・ニキビや吹き出物の他に、胃や腸の不調がある人

・肌全体がボロボロの状態になっていっている人

・サプリメントでは全く効果がないから、漢方薬を試したい人

漢方薬イメージ

上記のような人は、特に早めに漢方薬を試してみる価値があると知りました。漢方薬には、体の内側から根本的に体質改善できる作用が期待できるからですね。

どんなにスキンケアや生活習慣を正しく過ごしたとしても、ニキビが出来やすい人、そうでない人が必ずでてくると思うんです。なので、自分にあった漢方薬で体の内側から根本的に体質改善していくこともニキビや吹き出物の予防には欠かせないことだとニキビ太郎も感じています。

ですが、漢方薬を服用したからといって、ニキビや吹き出物ができなくなるというわけでもないというところはしっかりと頭の中に入れておく必要があると思います。漢方薬は体内の不調を見つめ調整することにあるからですね。

また、ニキビや吹き出物を予防していく過程は、人それぞれ違っているからというのもあります。ですが、漢方薬を治療の1つに組み合わせることは、ニキビや吹き出物といった肌荒れの予防に大きく貢献することも大いに期待できるので、漢方薬を試してみる価値はあるとニキビ太郎も思っています。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できます!

コメントを残す

このページの先頭へ