注目!ダラシンTゲル1%を実際に使ってみたニキビへの効果をまとめました。

[最終更新日]2016/07/15

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

  • POINT!
ニキビ太郎もダラシンTゲルを皮膚科のお医者さんに処方してもらい、約3ヶ月間使用しました。その時の様子や効果のほどを写真付きでまとめてみました。

ダラシンTゲルイメージ

ニキビ太郎は本気でニキビやニキビ跡を良くすると決心した日に皮膚科へ行き、そこでダラシンTゲル1%というニキビ薬を処方してもらいました。

僕のように、皮膚科に行ってダラシンTゲル1%を処方してもらった人は多いと思います。そして、

・ダラシンTゲルって本当にニキビに効果的なのか?

・副作用ってないと?

・薬局(ドラックストア)では買えないの?

といった使ってみたいけど、何だか怖いといった人へのアドバイスを含めて、ニキビ太郎が使った感想を以下でまとめていきますね!

期待できる効果や副作用について

ダラシンTゲル1%イメージ

ダラシンTゲル1%というニキビ薬の特徴としては、アクネ菌やブドウ球菌に強い殺菌効果があるので、赤ニキビや黄ニキビといった炎症の強い段階のニキビや吹き出物を治療するために処方されるケースが多いです。

実際に、ニキビ太郎も皮膚科に行ってお医者さんからダラシンTゲルを処方してもらった時は、顔全体が赤ニキビと黄ニキビで覆われており、まずはこれらの炎症を抑える必要があるので処方されました。

どうして強い殺菌があるのかというと、ダラシンTゲル1%には、リンコマイシン系の抗生物質が含まれており、主成分はクリンダマイシンリン酸エステルとなっています。

ダラシンTゲル1%イメージ2

表記では、「1g中 クリンダマイシンリン酸エステル10mg(力価)含有」と記載されています。

因みに、臨床実験によると、赤ニキビの患者さん67人にダラシンTゲルのクリンダマイシン酸エステルを使用したところ、約53%の人に改善の効果が出たというデータも存在しているようです。

favicon 副作用について

これはどのお薬にも言えることだと思うのですが、使用していて肌が異常に赤くなったり、かゆくなったりした場合は、即刻使用を中止してお医者さんへ相談されることをオススメしたいです。

ニキビ太郎の場合は、ダラシンTゲルを約3ヶ月程度使用しましたが、肌が赤くなったり、痒くなったりすることはありませんでした。(もう1つのニキビ薬であるディフェリンゲルでは確かに副作用・随伴症状は出現しましたが)

注意したいのは、ニキビ太郎の場合、使用した時点で顔色はニキビやニキビ跡で既に真っ赤だったので、お薬で多少赤くなっても気づけなかったと思います(汗)お薬自体は透明です。

ダラシンTゲル1%イメージ3

favicon ニキビ太郎が使用した方法

基本的にダラシンTゲルをニキビに塗布するのは、スキンケアが全て終わった後にしていました。

洗顔→保湿→ディフェリンゲル→ダラシンTゲルをニキビに塗る

といった感じです。当時は洗顔を朝と夜の一日2回していたので、ダラシンTゲルを使用するのも1日に2回でした。

ダラシンTゲルはディフェリンゲルとは違って、絶対に顔全体に健康な肌に塗布しないように注意しましょう。

なので、スキンケアの全てが終わった後に、ニキビの炎症が強い箇所にだけ塗る事を徹底されることをオススメしたいです。

もしも先にダラシンTゲルをニキビの箇所に塗って、その後に顔全体のスキンケアを行うと、ダラシンが他の場所へ付く恐れも考えられるからですね。

そして、必ず炎症のあるニキビにだけ塗るようにしましょう。

また、ダラシンTゲルは抗生物質の1種なので、使用し続ければするほど効果が薄くなることがあるので注意が必要です。これを耐性菌の出現ということもあります。

基本的には処方してくださったお医者さんに、自分に合った使用方法を尋ね、その使用法を厳守するのが1番いいと思っています。そして使用する期間もお医者さんと相談しながらしましょう。ニキビ太郎の場合は使用してから3ヶ月後の検診で使用を辞め、ディフェリンゲルのみに切り替えました。

ダラシンTゲルを使っても良くならない人

病院イメージ画像0

ニキビ太郎は運良くダラシンTゲルで上手くニキビの炎症を抑えることができたのですが、中には

ダラシンTゲルを使用し続けてもニキビや吹き出物の炎症が治まらない

と言う人もいらっしゃると思います。

ニキビ太郎もニキビケア用品に関しては自分の肌に合う物を見つけるまでは、本当に長い年月と費用がかかったので、その辛い気持ちは本当によくわかります。

そんなニキビ太郎が言えることは、皮膚科のお医者さんに別のお薬を処方してもらうようにお願いしてみるか、別の皮膚科へ行ってみることをオススメしたいです。

実際にニキビ太郎も皮膚科を変えました。一件目は顔を見せて「酷いですねー」と言われ、帰りにビタミンC配合の化粧水、5000円程度のものを買わされるだけで終わりました。

それで一度は皮膚科に対して全然良いイメージを持っていなかったのですが、インターネットで調べているうちに、ニキビに効果的なお薬は他にもたくさんあることを知り、別の皮膚科へ行ったところ、ディフェリンゲルやダラシンTゲルといったお薬に出会う事ができました。

そのおかげで、それまでどんなことをしても良くなる事がなかった僕のニキビ顔が、劇的なスピードで良くなっていきました。

これも思いきって別の皮膚科へ行く事によって得た経験です。

まだ一度も行ったことない人は、ニキビなんかで皮膚科になんていけないと思っている人も多いと思いますが、ニキビはたった1つでも立派な皮膚の病気なんですね。

病気は病院へいって適切な処置を受けることによって、予防スピードは高まるとニキビ太郎は身を以て体験しています。

優秀な皮膚科のお医者さんに出会う事で、それだけであなたの体にあるニキビは、劇的なスピードで予防することはあるとニキビ太郎は考えます。

ちなみに、ニキビ太郎は以下の「ニキビは皮膚科へ」というサイトで検索して皮膚科を探しました。

ニキビは皮フ科へ

家から多少遠くても、優秀なお医者さんがいる皮膚科に通った方が絶対に良いと思っています。

favicon 他にもニキビ薬はこういったものがある

もしもダラシンTゲルを処方してもらっても、思ったような効果が得られない場合、次のようなお薬もあるので、是非参考にしてみてください。

・ディフェリンゲル
・ベピオゲル2.5
・アクアチムクリーム
・ミノマイシン
・リンデロンVG軟膏
・ロコイド軟膏

といったものです。他にもニキビに有効な皮膚科のお薬はあるので、お医者さんに相談してみることも必要な努力だとニキビ太郎は考えます。

市販薬には期待しない方がいいと思っています。市販薬を買うなら、絶対に皮膚科のお薬の方が費用対効果は高いと感じています。なぜなら、市販のお薬には決して配合できない成分が皮膚科のお薬には使用することが可能ですからね!

因みに、ダラシンTゲルはドラックストアや薬局といった所では購入することができません。皮膚科のみです。ですが、価格は保険適用なので、3割負担で済みます。(もちろん、毎月保険料を支払っている人の場合になります)

洗顔の仕方や生活習慣を改めることも重要

洗顔イメージ

ニキビや吹き出物といった肌荒れを予防するためには、皮膚科でニキビ薬を処方してもらうことも重要ですが、それと同じくらいに日頃の洗顔食生活といった生活習慣にも気をつける必要があります。

ニキビ薬を使って、一時的にニキビの炎症を抑えても、洗顔の仕方が間違っていたりすると、根本的なところが改善されていないので、またニキビで悩むことになってしまいます。

そうならないためにも、正しい洗顔の仕方や食生活の仕方も知識として取り入れ、そして実践していくことが大事になってきます。

洗顔の仕方や食生活の仕方は以下のリンク先のページに記載しているので、是非参考にしてみてください!

ニキビ跡プロセス画像

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

 
  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ