【保存版】重症化したニキビの治し方を原因から根本的に解決しましょう!

[最終更新日]2016/07/15

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

このページに辿り着いたということは、きっと

・ニキビを良くする為に誰よりもスキンケアはしているのに、日に日に悪化してしまう人

・家族の中でも自分だけニキビ肌で悩んでいる人

・皮膚科に行っても抗生物質やビタミン剤といった簡単な診察で終わり、全く目立たなくなる兆しがない人

・ニキビのせいで人生に絶望していて、生きている意味すらわからなくなっている人

・ニキビがコンプレックスで出来ることなら誰とも顔を合わせたくない人

・強力で頑固な吹き出物が全く治る気配がない人

上記のように、本当に生死に関わるくらい深刻に悩んでいる人だと思います。

少し前までのニキビ太郎もそうでした。

ニキビ太郎

この頃のニキビ太郎は重症化したニキビやニキビ跡のせいで本当に人生に絶望していましたし、朝起きて鏡を見る度に死にたいと本気で思っていました。。。約10年間はこんな感じでしたね。。。

人一倍スキンケアに力を入れているのにもかかわらず、肌の手入れとか一切していない友達の肌の方が綺麗だったり、家族の中でも僕だけ慢性化したニキビで深刻に悩んでいて、それを両親に指摘されて家の中でもマスクが欠かせないような生活をしていました。

ニキビのせいで、僕の青春はありませんでした。大学生の頃は、バイトして貯めたお金もすべてニキビを良くする為に使い果たしてしまいました。時には30万円する美顔器をローンを組んでまでも購入しそうになった時もありました。

ニキビにはニキビで悩んだ事無い人は絶対に理解できない、底知れぬ精神的ダメージがあると僕は強く感じています。

また、ニキビで悩んでいる人にとって、他人から言われる何気ない一言がどれだけ傷つくことになるか・・・

「ちゃんとスキンケアしとると?」

とか

「うわーニキビやばいね。病院行った方がいいっちゃない?」

など。きっとニキビで悩んだことない人にとっては、本当に何気ない一言だと思うんです。

だけど、ニキビやニキビ跡で悩んでいる本人にとっては本当に辛すぎる一言なんですよね。。(涙)

これまでに、ニキビに良いと効けば、どんなニキビケア商品だって試したし、目薬歯磨き粉といったちょっと怪しすぎる治療方法も試してきましたが、、どれもニキビ太郎の肌にある重症すぎるニキビやニキビ跡を良くしてくれるものはありませんでした。。。(泣)

そんな僕が、今現在重症すぎるニキビやニキビ跡で悩んでいる人にどうしても伝えたいことがあります。

それは、

「ニキビは正しい知識と正しいケアを継続すれば、良くなる!元の綺麗な肌状態に近づけることができる!」

ということです。

ニキビ太郎2015-05-29

上の写真は、ニキビ太郎の今現在の肌を撮ったものです。

今でもクレーターのニキビ跡があり、ところどころには赤い色素沈着のニキビ跡がありますが、それでもニキビで死にたいと思っていた頃よりは良くなったとじぶんでも驚くくらい変化しました。

これから書く事は、僕ニキビ太郎が実際に重症なニキビやニキビ跡を劇的なスピードで良くしていった経験を通じて、当時の僕がもっと早く知りたかった情報です。

ですが、人の肌状態は千差万別なので、僕と同じ予防方法でニキビが目立たなくなっていく人もいれば、もしかしたら思った効果がでない人もいると思います。

それでも僕ニキビ太郎は、1人でも深刻なニキビの悩みから解放される人がいることを願って情報をまとめていきますね。

僕はあくまでも一例なので、こんなやり方で重症なニキビを治した人がいるんだ!と何か少しでも希望を与えることができたら、本当に嬉しいです。

重症ニキビが治らない理由1 スキンケア編

洗顔イメージ

ニキビ太郎も、初めてニキビが出来た頃は白ニキビがちょんちょんと顔に出来るレベルでした。ちょうど高校生の頃です。思春期が遅かったため、ニキビが出来始めるのも普通の人よりも遅めでした。

当時はニキビができるということは、顔に汚れが残っているから出来るものだと思い込んでいたため、母親からもらった1,000円するナリス化粧品さんのピンクの洗顔料を使った洗顔をするようになりました。(それ以前は、お風呂に入ったついでにお湯で顔をばしゃばしゃ簡単にすすぐくらいで顔の洗顔は終了していました。)

これが悪夢の始まりだと今になって思います。

1,000円もする洗顔料で洗顔するんだから、思いっきりゴシゴシ洗って汚れを落とせば、ニキビなんて簡単に治るだろうと当時は本気で思っていたので、くる日もくる日も脱脂力の強い洗顔料で一回に何分間も洗顔をしていました。

長い時は5分以上ゴシゴシ洗っていたと思います。

ですが、ニキビが良くなることはありませんでした。。。むしろ、日に日にニキビは悪化し、気づけば赤ニキビ、黄ニキビが顔全体にできるようになりました。

以前のニキビ太郎のように、ニキビが出来るのは、肌に汚れが残っているからだ!と洗顔料でゴシゴシ洗うのは逆効果になります。

他のニキビ関連のサイトやブログさんでは、ニキビの原因は洗顔の効果が弱いから強めのニキビ洗顔が必要!とか、あなたのその洗顔料、洗浄力が不足していませんか?と書いてありますが、これは全く無視した方が良いです!(運営者さんごめんなさい。)

プロアクティブ13

確かにニキビは毛穴に皮脂が詰まることによって発生します。ですが、顔にある皮脂や汚れは、本来であればぬるま湯で軽くすすぐくらいで簡単に洗い落ちるものなんですね。

小さい頃から、ニキビで悩む頃は洗顔は特にしていなかったと思います。成長期に入って皮脂の分泌量が少し増えて、それがきっかけで洗顔料を使うようになってニキビが悪化していったという人が多いはずです。

特に思春期や10代の頃にオススメしてある洗顔料は、普通の洗顔料より洗浄力が超強力なケースが多いです。プロアクティブオードムーゲなんかはその典型例だとニキビ太郎は実感しています。

オードムーゲ1

なので、肌に必要な皮脂や保湿成分までも一緒に洗い流してしまい、結果として肌のバリア機能が破綻してニキビが次々と出来、それが重症化していってしまうんですね。。。(汗)

10代も20代も30代も40代も、乾燥肌も、脂性肌(オイリー肌)、敏感肌、混合肌の人もニキビができた時こそ、正しいニキビケア商品と皮膚科で処方してもらえる自分専用のニキビ薬を併用していくべきだとニキビ太郎は実感しています。

ニキビ太郎も、最初は重症で強力なニキビやニキビ跡で顔全体が覆われていたので、ニキビケア商品+皮膚科のニキビ薬の組み合わせで肌状態を良くしていきました。

その半年後には、ぬるま湯洗顔と皮膚科のニキビ薬の組み合わせで、今現在はぬるま湯洗顔のみです。

重症ニキビやニキビ跡で悩んでいる人は脱脂力の強い洗顔料を使わないと不安という人が多いと思います。以前のニキビ太郎もそうだったからですね。

ですが、それは間違った知識とニキビケアです。必要以上の洗顔は、肌に刺激を与えるだけで、ダメージを蓄積してしまいます。

まとめると、重度のニキビやニキビ跡で悩む人の多くは、以前のニキビ太郎のように、間違った自己流のスキンケアでずっとニキビ対策をしているケースが多いので、それを見直さないと根本的にニキビが治らない原因となっている可能性があります!

ニキビ太郎が実践したスキンケアの方法は以下のリンク先の記事で詳しくまとめているので、是非参考にしてみてください!

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

重症ニキビが治らない理由2 食生活編

ニキビ太郎が重度のニキビやニキビ跡で悩んでいる時は、食生活は本当にダメダメでした・・・(汗)

ニキビ悪化してたときの食事例

今思うと本当に考えられないのですが、朝からカップラーメン、昼はマック、夜は冷凍食品のチャーハンといった風に、添加物がモリモリ入った食事ばかりをしていました。

そうなると完全に小腸や大腸に大きな負担をかけることになります。また、添加物は食べるだけで人体にストレスを与えることになるとも言われているので、まさに負のスパイラル状態でした。

また、腸に負担をかけることになれば、それに比例して腸内環境も悪化していくことになり、悪玉菌が増加し、善玉菌が不足することにつながります。

こうなると、慢性的な便秘にもつながりますし、他にも様々な不調が体を襲うことになります。

特に腸内環境が乱れると、ニキビや吹き出物といった肌荒れは悪化しやすくなるとニキビ太郎は実感しています。

食事からの栄養素は小腸や大腸を通じて吸収され、それらが体中を巡ることになるからですね。当然便秘が続けば、老廃物やそれから排出される毒素なんかが体全身にいきわたることも予想されますよね。。。(汗)

また、大腸が汚くなると、間違いなく免疫力が低下しますし、自己治癒力も落ちます。ニキビの予防スピードも大幅に遅くなります。

→注意!腸内環境の悪化は吹き出物や肌荒れの原因となります!

favicon ここで、腸内環境の状態をチェックしてみましょう。

以下の項目が当てはまる人は、腸内環境が悪くなっている可能性があるので、普段の食生活を見直す必要があると思います。

・普通に食事しているのに、平気で2日以上便を出していないことが多い。
・自分は便秘がちだと認識している。
・野菜を食べる量が少ない。
・ファーストフードやインスタント食品をよく食べる。
・疲れがとれない、朝起きたときから体がダルイ
・下腹がぽっこりしている。
・おならや便の匂いがキツイ、臭い。
・口臭が気になる。
・食事をする時間帯が不規則
・運動する時間はほとんど無い。
・乳酸菌を含む食品を食べていない。
・アルコール(お酒)をよく飲む。
・唐揚げなどの脂っこいお肉をよく食べる。
・お菓子をよく食べる。
・ジュースをよく飲む。
・顔色が悪くなった(血色の悪化)。

上記のうち、複数個当てはまるなら、もしかすると既に腸内環境のバランスが悪くなっており、何かしら不調の信号が体に表れているかもしれません。

腸とニキビの関係イメージ

僕の場合は酷いニキビとニキビ跡、そして日頃から疲れがとれずに、どんなに休んでもダルいということでした。

実はニキビ太郎は慢性的な便秘で、大学生の頃には腸にカメラを入れなければならない程深刻かしていました。(体調不良を訴えて病院にいったところ、大腸検査を薦められました・・・汗)

結果は何とか大丈夫だったのですが、でたらめな食生活は間違いなく体を蝕んでいくので、どんなに忙しくても食事はちゃんとしたものを食べた方が絶対に良いと強く思います。(日本でガンといえば、現在「大腸ガン」が1位となっています。これも日本人の食生活の乱れをあらわしている数字だと僕は思っています。)

そんな僕が重度のニキビやニキビ跡、そして体の疲れ、慢性的なダルさを劇的なスピードで予防できた食生活の全てを以下のリンク先記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

あなたは重症度はどのレベルですか?

実はニキビの進行具合(症状の重さ)によって、医学的に分類することができます。

・面皰(めんぽう)
・丘疹(きゅうしん)・膿疱(のうほう)
・嚢腫(のうしゅ)・硬結(こうけつ)
・瘢痕(はんこん)、ケロイド

上記のようなものですね。ほとんどの人が聞き慣れない言葉だと思います。

僕たちのように一般の人には、白ニキビや赤ニキビ、黄ニキビといった風に呼ぶ事がありますが、専門用語だとニキビは尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)と呼び、もっと聞き慣れない言葉になると、面皰、丘疹・膿疱と医学的には定義されています。

そして、その種類(重症度)によって適切な治療方法も異なっているので、以下で、原因についても詳しくみていきますね。

こういった専門知識は難しいですが、ニキビやニキビ跡の悩みが深刻な人ほど役に立つことが多くなると思うので、時間がある時に目を通してくださればと思います。

面皰(白ニキビ)

白ニキビできる過程イメージ

医学的には、僕たちがよく耳にする白ニキビの段階を1番ニキビの軽い症状を面皰(初期症状)だと定義しています。微小面皰と呼ばれることもあるようです。

毛穴に皮脂や汚れなどが蓄積したばかりで、少し盛り上がったような状態です。

白ニキビ画像

↑本当に初期なので、肉眼でもよく目を凝らしてみないといけないようなレベルです。(※鏡でいつもと違う角度でみると、毛穴が小さくぽこぽこしているのがわかります)

なので、この段階ではまだニキビ特有の赤い炎症は発生しておらず、この時点でしっかりと正しいニキビケアが出来れば、数日から7日程度までに、元の綺麗な肌状態へと戻すことが比較的容易だとニキビ太郎は実感しています。

ですが、中には普通の面皰(ニキビ)ではないケースも存在していると言われていて、病名を挙げるとするなら、

・サンドペーパー痤瘡
・マクロコメド
・サブマリン面皰

といった皮膚の病気です。これらは皮膚科に行き適切な処置をしてもらう必要のある症状なので、白ニキビだと思って放置すると後々大変なことになる可能性が高いです。

そのため、数日経過しても面皰が一向に治らないケースでは、皮膚科を受診することをニキビ太郎はオススメしたいです。

僕もこの段階で皮膚科のお医者さんから処方してもらったニキビ薬(ディフェリンゲル)を使用し、赤ニキビ・黄二キビへ悪化しないように気をつけています。

favicon 面皰の先の皮脂が酸化すると黒ニキビに

黒ニキビ画像

この面皰(白ニキビ)の段階で毛穴の先から突出している皮脂が酸化すると、黒くなりやすく、結果として黒ニキビと言われる、先が黒いニキビになることがあります。

なので、これを予防するためにも、面皰が出来た時点で適切な処置をし、早期予防に努める必要があるとニキビ太郎は強く感じています。

※バートンスケールという世界的な基準でニキビを分類すると、この面皰は「GRADE1の無症状ニキビ」です。

黒ニキビプロセスイメージ

丘疹・膿疱(赤ニキビ)

赤ニキビになるプロセスイメージ

次に、丘疹(きゅうしん)・膿疱(のうほう)と呼ばれる段階のニキビについてです。

この段階は一般的には赤ニキビに分類されるとニキビ太郎は考えます。

毛穴に皮脂が詰まり、そこにニキビの原因菌であるアクネ菌が入り込むことで、毛穴が炎症を起こします。

こうなると、ニキビ特有の赤みのある凸が発生し、肉眼でもハッキリと確認できるレベルになってしまいます。この丘疹・膿疱が1つでも顔にできると、それだけで一目が気になりますし、好きな人にだって自信を持って話せなくなりますよね。。

favicon 丘疹・膿疱が0〜5個の場合は【軽症】

赤ニキビ画像

丘疹・膿疱の発生数が、片側の顔で0〜5個までの症状を医学的には、丘疹・膿疱-軽症と区別します。

赤ニキビがある状態ですが、この段階で適切なニキビケアを施し、新しいニキビができないようにすれば、次第に肌状態は元の綺麗な肌へと近づけることが可能だとニキビ太郎は実感しています。

丘疹・膿疱-軽症イメージ

引用著書:「変貌するざ瘡マネージメント

※バートンスケールという世界的な基準でニキビを分類すると、この面皰は「GRADE2のコメド状ニキビ」、「GRADE3の軽度ニキビ」
です。

favicon 丘疹・膿疱が6〜20個の場合は中等症

丘疹・膿疱中等症イメージ

引用著書:「変貌するざ瘡マネージメント

丘疹・膿疱の数が片側の顔に同時に6〜20個発生している段階は、丘疹・膿疱-中等症と区別されています。

黄ニキビ炎症イメージ

赤ニキビだけでなく、毛穴に膿がたまる黄ニキビも出来る頻度が多くなります。

この段階だとニキビのせいで鬱状態になっても不思議じゃないと思います。僕はこの段階でマスクは欠かせなくなりました。酷い時は毎日違う化粧水や洗顔料を使っていましたね。。

ニキビ太郎の場合は完全に間違ったニキビケアを継続して、更に深刻で重症なニキビへと悪化させていきました。。。(涙)

※バートンスケールという世界的な基準でニキビを分類すると、この面皰は「GRADE4の中程度のニキビ」です。

favicon 丘疹・膿疱が21〜50個の場合は重症

丘疹・膿疱-重症イメージ

引用著書:「変貌するざ瘡マネージメント

丘疹・膿疱の進行が強く、またその数が21〜50個にまで進行したケースでは完全に重症というレベルです。。。

赤ニキビ・黄ニキビのオンパレード状態です(泣)

ニキビ太郎もこの頃には、ニキビのせいで死にたいと本気で思うようになっていましたし、どんなニキビケア商品を使っても悪化していく一方でした。。

もう本当に人生に絶望して誰とも会いたくなくて、対人恐怖症になったのもこの頃だったと思います。

人と話すことが本当に億劫でコミュニケーションもまともにとれなくなるレベルでしたね、、、(泣)

ニキビ太郎の場合はもっとこれを酷くした状態にまで悪化させてしまうことになります。。。

※バートンスケールという世界的な基準でニキビを分類すると、この面皰は「GRADE5の重症の結節性ニキビ」です。

丘疹・膿疱が50個以上の場合は最重症

顔の片側だけで、丘疹・膿疱の数が50個以上の肌状態を、丘疹・膿疱 – 最重症とされています。

丘疹・膿疱-最重症イメージ

引用著書:「変貌するざ瘡マネージメント

ニキビ太郎はこれをより悪化させた状態にまでなったのですが、もうこの頃になると、ニキビで死にたいと思うというよりは、正直どうやって死のうかといった感じに完全に鬱状態で、今思うとパニック障害も患っていたと思います。

夜もニキビのことばかり考えて全然眠れなくなり、精神科を受診し、睡眠薬をもらうこともありました。。。

本当に辛く、人生に絶望していました。。。赤ニキビ、黄ニキビ、時には血が出るレベルの紫ニキビまで進行していたので、肌には赤紫色の色素沈着ニキビ跡、凹凸のクレーターニキビ跡もかなりの数傷痕として肌に残りました。。。

※バートンスケールという世界的な基準でニキビを分類すると、この面皰は「GRADE6の重症の結節性ニキビ」です。

嚢腫・硬結

嚢腫・硬結イメージ

引用著書:「変貌するざ瘡マネージメント

赤ニキビが時に異常なほどに盛り上がり、しこりのような状態になることがあります。このような状態を専門用語では嚢腫(のうしゅ)・硬結(こうけつ)と呼びます。

一般的にはしこりニキビ、こもりニキビと表現されることが多いと感じています。

瘢痕、ケロイド(ニキビ跡)

ケロイドタイプのニキビ跡

炎症の強い赤ニキビ、黄ニキビ、そして紫ニキビは炎症が治まったとしても、かなりの高い確率で酷い瘢痕や盛り上がるケロイドという傷痕を残すケースが多いです。

ニキビの炎症は治まっているのですが、その赤い色素沈着やクレーターは肉眼でもハッキリとわかりますし、何より鏡を見た時の自身への精神的ダメージが大きすぎるんですよね。。。

ニキビ太郎もニキビは発生しなくなったけど、今でも色素沈着・凹凸のクレーターニキビ跡に苦しんでいます。。

特にクレーターは完全に綺麗になることはなく、目立たなくなるレベルにしかならないのかもしれないと今思っています。。。(涙)

クレーター凹凸ニキビ跡

ニキビ太郎の場合だと、車の窓に写った時の自分の顔を見た時が本当に辛かったです。。。鏡でみれば、光で目立たなく見えるのですが、車の窓だと何故か肌の凹凸がハッキリと見え、さらには色素沈着もクッキリ見えるんです。。。(泣)今でも絶望するほどです。。。

最悪のケースだと、人相までもを大きく変えることもあります。実際にニキビ太郎も酷いニキビ跡のせいで、実際に年齢よりも老けてみられるようになりました・・・(涙)

QOL(クオリティオブライフ)、ニキビ跡のせいで生活の質が低下すると言われていますが、本当にその通りだと僕は実感しています。

他の人には絶対にこの経験をしてほしくないです。

最新のレーザー治療等をすれば、より綺麗な肌に近づけるのかもしれませんが、まだまだその費用対効果、リスクの大きさを考えて僕はまだ挑戦できていません。。

あなたは今どの段階の重症度ですか?

ここまでニキビの重症度を段階別にみてきましたが、今のあなたの肌状態はどのレベルでしょうか?

面皰レベルまでであれば、適切な洗顔と生活習慣で落ち着くことがありますが、丘疹・膿疱のレベルにまでいくと確実に皮膚科にいって処置(面皰圧出など)をしてもらう必要がありますし、日頃から皮膚科で処方してもらうニキビ薬を使用すべきだとニキビ太郎は強くお伝えしたいです。

例え軽症であっても早いうちに皮膚科を受診してください!!!これはニキビ太郎からの切実なお願いです。重症ニキビを繰り返さないためにもです!!

僕ももっと早く皮膚科にいって、ディフェリンゲルやベピオゲルといったニキビ薬や抗生剤を使用し、食生活においても気をつけるべきだったと今になって酷く後悔しています。

僕ニキビ太郎のように、ニキビが落ち着いても酷いニキビ跡で長年苦しむこともあります。

そうならないためにも、正しい知識とニキビケアで早急にニキビ予防していきましょう!!!

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ