必見!界面活性剤入りの洗顔料はニキビを悪化させてしまう!?

[最終更新日]2016/07/15

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

  • POINT!
界面活性剤を含む洗顔料を使用すると、肌へダメージとなり、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因となる可能性が高まります。今回はニキビ太郎がオススメするニキビ肌のための洗顔料も紹介していきますね。
界面活性剤はニキビを悪化させますイメージ

ニキビ太郎もニキビやニキビ跡が究極的に酷かった頃は、平気で界面活性剤入りの洗顔料を使って、多い時には一日4回も洗顔をしていました。

当時は肌に関する知識も、スキンケアに関する知識も持ち合わせていなかったため、「洗顔を1日に4回もして、顔は綺麗なはずなのに、どうしてニキビは悪化するのか?また、どうして新しく次から次へと発生するのか?」と本当に苦しむ日々を何年間も過ごしました。

それからしばらくして、ニキビを本気で治そうと決意した日から肌やスキンケアの知識を身につけ、ある日、自分がどれだけ間違った方法を継続させていたのかを知る事になります。

「界面活性剤は肌へのダメージが大きく、使用し続ければするほど、肌はボロボロになっていく」

この事実に気づかずに、何度も洗顔をして肌をボロボロにしてしまっている人は、以前のニキビ太郎以外にもたくさんいると思います。

なので、以下では界面活性剤とは何なのか?という初歩的なところから、ニキビ肌の人が使うべき洗顔料を紹介していこうと思います。

界面活性剤について

界面活性剤イメージ

ニキビで悩んでいる人ほど、以下の言葉を1度は耳にしたことがあるとニキビ太郎は思っています。

・界面活性剤を含む洗顔料はニキビの原因になる

これは間違っていない知識だとニキビ太郎も思っています。ですが、普通の洗顔料や洗顔クリームにはこの界面活性剤を含んでいることが多いんですね。。

その理由として、洗顔料に含まれる

①水溶性の成分(水に溶けやすいもの)
②油溶性の成分(油に溶けやすいもの)

上記2種類の成分を原材料として含んでいるからなんですね。

通常であれば、水と油は交わることがありません。ですが、それでは洗顔料として、スキンケア商品として成り立ちません。

そこに「界面活性剤」の登場です。

この界面活性剤を使用すると、本来分離して交わらないはずの水と油が混ざり合うようになるんですね。これを乳化(水と油の分子を結合させる)と呼んでいます。

このように乳化剤としての役割を担うのが、界面活性剤なんですね。

水と油を混ぜ合わせること以外に、スキンケア商品に含まれる科学物質を皮膚に浸透させるために配合されているとも言われています。

favicon 天然ものと合成ものが存在する

買ったスキンケア商品一覧

この章の冒頭にも書いた通り、界面活性剤は肌に良くないものというイメージが強くても間違っていません。

ですが、知っていてほしいことがあります。それは、界面活性剤には

・天然由来成分
・科学的に合成された成分

の2種類が存在するということです。

この2種類のうち特に注意したいのが、②の工業用に科学的に合成された人工的な合成界面活性剤です。

具体的な成分名でいうと

「○○グリシン」
「○○グリタミン酸」
「○○グリシン」

といった成分名なので、これが入っているものは避けた方がいいとニキビ太郎は考えます。

石油系、合成界面活性剤を使用しつづけることで、皮膚に必要な成分までもを一緒に洗い落としてしまう危険性が高まり、肌の乾燥を招きニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になってしまうからですね。

酷いものになると、1つの製品に対して何種類もの合成界面活性剤が使用しているものもあります(汗)

昔は石油系の合成界面活性剤が多かったようですが、今ではアミノ酸、タンパク質、油脂、糖質、コラーゲン、アルコールといった天然成分からも作られるようになっているようです。

シャンプーやボディーソープにも含まれている

シャンプーしすぎな頭皮イメージ画像

界面活性剤は洗顔料や洗顔クリームのみならず、シャンプーやボディーソープといった製品にも含まれているケースが多いです。

他にも、普通の石鹸にもレシチンやサポニンといった天然の界面活性剤が含まれていることがあるので、購入する際には必ず原材料のところを注意深く確認してから購入するようにした方がいいとニキビ太郎は思っています。

また、食器洗い洗剤といったものにも界面活性剤は含まれ、基本的に洗浄に使用するもので、泡立ちをする製品なら、基本的には界面活性剤が入っていると思ってもらっても間違っていないと考えます。

界面活性剤を使う事で、泡立ちがよくなり、酷い汚れも洗いおとすことが可能になるのですが、その分人の肌にとっては悪影響を与えることになります。

肌にある必要な分の皮脂といったものまで洗い落としてしまうからですね。なので、よく食器洗いをする人は手が荒れやすくなるのはこのためなんですね。

→必見!シャンプーが吹き出物や肌荒れの原因に!?その真実に迫ります

ニキビ肌の人は絶対に避けたい成分

界面活性剤はニキビ肌の人にとって悪影響を与える成分です。

仮に界面活性剤を含んだ洗顔料を使い続けると、間違いなく肌のバリア機能(皮脂など)も一緒に洗い落とされてしまい、慢性的な乾燥肌に悩むことになりかねません。(天然であっても、合成であっても避けた方がいいと思っています)

また、肌の乾燥を防ごうと、普段よりも多く皮脂が分泌されるようになって、乾燥肌と脂性肌(オイリー)のどちらをも併せ持ったような混合肌といった肌質に変わる恐れもあります。

特に安価な洗顔料や洗顔クリーム、スキンケア商品には、合成界面活性剤を含むものが多いので、購入する際にはしっかりと原材料の項目をチェックする必要があるとニキビ太郎は考えます。

ちなみに、ニキビ太郎がオススメする洗顔料は「ビーグレン」です。

ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。あの時、思いきってビーグレンを購入して良かったと思っています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック

→必見!頬ニキビを1日でも早く予防するための治し方を原因から見ていきます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ