検証!ディフェリンゲルのニキビ予防への効果や副作用、悪化するの?の疑問に経過記録でお答えします!

[最終更新日]2016/07/14

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

  • POINT!
比較的新しいニキビ治療薬である「ディフェリンゲル」は、アダパレンという成分が配合されていて、毛穴を詰まるのを予防する効果がありま
す。
つまり、ニキビや吹き出物予防になります!!また、色素沈着のニキビ跡にも大変有効です!
ディフェリンゲルイメージ

皮膚科に行くと、ニキビ治療薬としてディフェリンゲルを処方される方も多いと思います。

ニキビ太郎もその中の1人で、僕の場合は最初の一ヶ月程度は顔が赤くなったり、ヒリヒリしたり急に痒くなったり、皮がポロポロと剥がれたりといった副作用がでましたが、頑張って1年間使用を継続すると、本当に自分でも驚くスピードでニキビが劇的に予防できました。

ディフェリンゲルを使用されている人で、逆にニキビや吹き出物が悪化したり、増えたりしたという方もいらっしゃると思います。それは、もしかしたらディフェリンゲルによくある随伴症状(ずいはんしょうじょう)と呼ばれる副作用的なものかもしれません。

もしも1〜3ヶ月程度使用して思ったような効果が出なかった人がいらっしゃったら、これから書く事を一度目を通して判断してほしいと思います。

効果について

ディフェリンゲルは、アダパレンという成分が主成分となっているニキビ治療薬です。2008年からアダパレン(外用治療薬)と呼ばれるお薬が日本でも使用できるようになりました。このアダパレンには、どのような効果が期待できるのかというと、

ニキビや吹き出物の原因となる、「毛穴の詰まりを防げるようになる!」

↑ということです!!

他にも、アダパレンとはビタミンA誘導体(レチノイド)に似た成分で、効果も同じ様なものが期待できます。なので、ピーリング作用(肌のターンオーバーサイクルを早め、肌の角質を早く剥がす効果)があります。

なので、古くなった角質(垢)が角質層から剥がれ落ちやすくしてくれる作用があるので、毛穴が詰まることを予防し、赤ニキビや黄ニキビのような炎症の強いニキビができなくなります。

そして、真皮細胞まで傷つけるような大きなニキビができることも無くす(減らせる)ので、結果としてニキビ跡を作らないことにも繋がります。

他にも毛穴を小さくしたり、毛穴の角栓を取り除いてくれる作用もあります。

アダパレンが使われるようになり、今までの治療よりも大幅に進歩した

このアダパレンを含むディフェリンゲルが日本に登場するまでは、ニキビの原因菌やニキビによる毛穴の炎症に対して良い治療効果を発揮してくれる、抗生物質や塗り薬、そして内服薬を中心とした治療がメジャーな治療方法でした。

ですが、アダパレンは毛穴の詰まりを予防してくれる効果があるので、【ニキビや吹き出物そのものが出来にくい】肌にしていくことが可能となったのです!

つまり、

(旧)ニキビができた後に、抗生物質や内服薬で治療

(新)ニキビそのものを作らないようにする予防の段階から始めることができる。(ニキビができる前から治療)

だということです。

8割の人に副作用(随伴症状)が現れる

残念なことに、劇的な治療効果を発揮してくれるディフェリンゲル(アダパレン)は、8割の人に副作用が見られることがあるそうです。(使い初めて2週間以内に)

では、どのような副作用かと言うと、

①肌の乾燥

②肌がヒリヒリする

③肌が赤くなる

④肌が剥がれる(細かく)

⑤肌が痒くなる

上記した①〜⑤までの副作用が現れるようです。

ニキビ太郎が実際に使ってみた時もそうだったのですが、ディフェリンゲルを使い始めた頃はどうしても、皮膚の皮が剥がれやすかったり、肌が赤くなる傾向があります。

他にも、ヒリヒリしたり、とてつもない痒みに襲われるといったことが僕も最初の一ヶ月間はありました。

これを随伴症状とも呼びます。

この副作用(随伴症状)が出ているということは、逆に言えば、それだけディフェリンゲルがニキビに効果が出ているということなので、この最初の一ヶ月(個人差が大きく人によっては約三ヶ月程度)を我慢できるかどうかに大きく左右されるところがあります。

このように、ディフェリンゲルの効果が中々でなくても、根気よく諦めずに使用し続けることが非常に大事になってくるとニキビ太郎も実体験として実感しました。

ニキビ太郎はビーグレンを併用して良くなりました。

ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。あの時、思いきってビーグレンを購入して良かったと思っています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック

ニキビ太郎の場合は、ディフェリンゲルとビーグレンを併用して酷いニキビやニキビ跡が劇的なスピードで良くなっていきました!

他にも、皮膚科のお医者さんからダラシンTゲルというニキビや吹き出物の炎症を抑えるお薬を処方してもらっていました。

なので、ディフェリンゲルを塗った後に、赤く炎症したニキビや吹き出物の箇所だけに、そのダラシンTゲルをちょんと付けていました!

僕のディフェリンゲルによるニキビの治癒パターン

ディフェリンゲルを使用しても、やはり生活習慣の違いや体質や肌の状態によって個人差というものがあります。

なので、使用する一人ひとりによって、ニキビや吹き出物が治癒していくスピードやパターンが大きく変わってくることがあります。

一応、理想的なものもあるようなのですが、ここではニキビ太郎が実際に使用してどのようになっていったのかを時系列で記録していきますね!

ディフェリンゲル経過図

favicon 治療開始

ニキビ太郎が皮膚科から処方してもらったお薬

顔全体に大量の重症ニキビとニキビ跡で覆い尽くされている状態でスタートしました。この時使ったのは、ディフェリンゲル、ダラシンTゲル、ビーグレン(ニキビケア商品)です。

favicon 3〜4日後

ニキビ太郎

初日からディフェリンゲルによる痒みと赤みが発症する。最初の3〜4日目はとにかく痒くて、せっかく塗ったディフェリンゲルを本気で洗い落とそうか悩んだほどです。

特に最初の1週間程度は、顔全体の痒みで、寝付くまでが大変でした(汗)また、顔の赤みが強くなっていった印象があります。

favicon 2週間後

僕の場合はまだまだ副作用(随伴症状)が治まらず、痒みと肌の赤みが継続していました。この頃から、少し肌の皮向けが始まりました。

だけど、痒み自体は最初の1週間と比べると全然マシで、これは痒みに慣れたせいもあるのかもしれませんね。

favicon 1ヶ月後

初めてディフェリンゲルを使い始めて一ヶ月が経過すると、痒みも徐々に落ち着きはじめ、肌の赤みはより強くなった印象でした。

皮膚の皮向けも日に日に顕著になってきて、酷い時は肌が乾燥した時に白く粉ふくような感じでした。

1ヶ月が経過しましたが、肝心のニキビはまだ減少せずに、現状維持という感じでしたが、一ヶ月が経った頃から新しいニキビが出来にくくなったと感じるようになりました。

favicon 3ヶ月

ディフェリンゲルを使用し始めてから、三ヶ月も経つと、新しく出来るニキビや吹き出物の数が激減しました。

これは自分でも本当に驚く効果で、肌のキメも細かくなってきて、常にあった白ニキビによるザラザラ感も少なくなっていったのが、肌を触れば一目瞭然という感じです。

もちろん、この頃でも赤ニキビや黄ニキビは出来ますが、それも時々あらわれるくらいで、以前よりは良くなっている感じがしました。

人によっては、この頃まで随伴症状が出ると言われていますが、ニキビ太郎の場合は三ヶ月後には大分症状が治まり、後は酷い赤みの色素沈着のニキビ跡を目立たなくする方法を中心にしていけばいいのかな?という手応えを感じるほどでした。

favicon 半年後(6ヶ月後)

ニキビ太郎2

僕の場合は、ディフェリンゲルを使い始めてから半年後になると、あんなに酷かったニキビやニキビ跡が本当にものすごく予防でき、新しいニキビもそうできなくなっていましたし、何より色素沈着のニキビ跡が目立たなくなっていったのが何より自分でも1番驚きました。

副作用も治まっていて、皮がむけることも、肌が酷く赤くなるということもなくなっていました。また、1番酷かった肌の痒みも全くといっていいほど感じなくなっていました。

半年前の自分は、こんなに肌が綺麗になることは、全く予想できなかったからですね。だけど、この頃でも鏡を見る時は辛かったです。また、車の窓に映る自分の顔を見るとかなり精神的に辛かったですね。

特に車の窓(黒っぽい加工をしてあるもの)は、鏡でみるよりも酷くクレーターニキビ跡が目立ちますし、良くなったはずの色素沈着のニキビ跡も車の窓ではかなり酷く映りました。。(泣)

それでも、新しくできるニキビの数は激減し、赤ニキビや黄ニキビが発症することもグンと減ったと実感できました。

favicon 1年後

ニキビ太郎3

ニキビ太郎が1年間ディフェリンゲルを使用した結果、ニキビや吹き出物が出来た時の方が珍しいというくらいにまで、肌の状態が良くなり、色素沈着のニキビ跡も、半年前と比較ししてかなり目立たなくなっていました。

それでも正直よくみると、昔ニキビが大量にあったんだなとわかりますが・・・(汗)だけど、この頃になると、以前ほどニキビを思い出すことはなく、夜眠れないということもなくなっていました。

肌の赤みや痒み、皮がむけるという副作用(随伴症状)もなくなっていました。

ディフェリンゲルは使い続ける事が大事

これは、ニキビ太郎にディフェリンゲルを処方してくださったお医者さんからも口をすっぱく指導されたのですが、ディフェリンゲルは新しいニキビや吹き出物の抑制効果があるので、使い初めの副作用(随伴症状)を乗り越える事が非常に大事になってきます。

実際にニキビ太郎も使用してみて、最初の一ヶ月程度はなれないお薬に、また肌の状態がボロボロで正しい状態に戻す為に、酷い肌の痒みや赤みなどが現れましたが、それは肌が綺麗な状態へと戻るために必要な過程だったんだと今はほんとにそう思っています。

肌の状態が悪化している人ほど、副作用(随伴症状)が大きいと思いますが、逆に言えば、それを乗り越えると肌が綺麗になっていくということなので、ディフェリンゲルを1年間継続使用することは非常に大事になってくると思っています。

新しいニキビや吹き出物ができなくなれば、酷いニキビ跡も発生しなくなるからですね!

必ず毎日欠かさずに使用すること大事です!どんなに肌が痒くても、乾燥しはじめても、絶対に毎日使い続けると事が本当に大事です!自分の判断で、1日おきとか2日おきとかにすると満足のいく効果が出難くなるからですね。

効果を高めるために

ディフェリンゲルの効果を高める為には、日頃の生活習慣の見直しも非常に重要になってくるとニキビ太郎は実感しています。

具体的には、ストレスを溜め込まないことや、睡眠不足にならないこと、アルコールやたばこを吸わないこと、洗顔の仕方を間違わないことが非常に重要です。

以下で1つずつ見ていきましょう。

favicon ストレスを上手に解消する

怒っているイメージ

人は強いストレスを受けると、それに対抗しようと、体内で抗ストレスホルモン(男性ホルモン)が分泌されるようになります。

そうなると、男性ホルモンには肌の角質層を厚くする作用、皮脂の分泌を過剰にする作用があるので、ニキビや吹き出物といった肌荒れを引き起こしやすくなるんですね。

なので、日頃からストレスを溜め込まないことが非常に重要になってきます。ニキビ太郎の場合は、仕事が終わってから必ず軽い運動(ストレッチやウォーキング)をするようにしています!

→注意!ストレスは吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon 睡眠不足を予防すること

睡眠不足はニキビの原因ですイメージ

人は寝ている時に、セロトニンという成長ホルモンが大量に分泌され、肌の新陳代謝(ターンオーバー機能)が働きます。=新しい細胞を作ったり、再生したりすることです。

ですが、何らかの理由で睡眠時間が十分に確保されなかったり、睡眠の質が著しく低下したりすると、この細胞の合成に必要な成長ホルモンが分泌されなくなってしまいます。

つまり、ニキビや吹き出物といった肌トラブルのない綺麗な肌に絶対に必要な、肌のターンオーバー機能が満足に働かなくなってしまうことになります。

この肌の代謝が十分に機能しないとなると、肌の一番上にある角質層に、古い角質(垢)が蓄積し、それが原因で毛穴を塞ぐことにつながってしまいます。

毛穴が塞がってしまうと、毛穴から排出される皮脂が中に詰まってしまい、それが原因でニキビや吹き出物が発生してしまうということになってしまいます。(汗)

→注意!睡眠不足は吹き出物や肌荒れを引き起こす原因となります。

favicon お酒を飲み過ぎないこと

お酒はメリットもあるイメージ

アルコールを含む飲み物を飲むと、それを体内で分解するために、肝臓でビタミンB2やビタミンB6といった代謝に必要なビタミン類を大量に必要となります。

つまり、皮脂を分解したり、体内でタンパク質を上手に合成するために必要なビタミンB2やビタミンB6がアルコールを解毒するために使用されるようになります。

ビタミンB2は、皮脂の分泌をコントロールする働きがあるので、これが不足すると皮脂でお顔がテカテカしたり、オイリー肌(脂性肌)の原因になってしまいます。

これは、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因にもなってしまいます。

また、体内に活性酸素を発生させることにもつながります。アルコールを体内で分解する際に、ビタミン類を大量に消費するだけでなく、肌の老化を進行させてしまう「活性酸素」を発生させます。

活性酸素は、肌細胞や組織にダメージを与えるため、にきびや吹き出物といった肌荒れの要因になってしまうんですね。。。

→注意!お酒を飲み過ぎると吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon タバコを吸わない事

タバコはニキビの原因にイメージ画像

体を蝕むタバコは絶対にやめた方がいいと思います。

たばこは、胃の調子を落としたり、便秘になりやすくなるといった胃腸の調子を悪化させることが明らかになっているため、タバコを吸う人ほど口周りにニキビができやすくなると言われています。

実際に僕の友人は一日に1箱タバコを吸っているのですが、確かに口周りのニキビが酷くて悩んでいると言っていました。

そして、ニキビが酷いから煙草を止めたいといっている友人に

「タバコ辞めた方がいいよ」と言うと、

「たばこを辞めるストレスでニキビができそうやけん(不健康)、やめれんわ」

と返事をされたことがあります。

確かに、煙草を辞めることでストレスがあると思います。ですが、ニキビや吹き出物といった肌荒れを良くしたいからタバコを吸っていない人も必ずいると僕は思っています。

「たばこを辞めたストレスでニキビができる」は一理ではあると思いますが、ニキビのない綺麗な肌を目指すなら、なるべく煙草は吸わない方がいいと思っています。最悪でも、数本数を減らすなどの対策が必要なのかもしれません。

一気に減らすのではなく、一日10本吸っているなら、9本にして、それができるようになれば8本、7本・・・と減らしていくのはどうでしょうか・・・?

習慣として身に付いていることを辞めるのは本当に辛いと思いますが、とにかく頑張っていきましょう!!!僕ニキビ太郎も、ニキビを絶対に治すと決意した日から、甘い誘惑と闘ってきました。だからあなたも絶対に大丈夫です!

最近では、テレビCMでも禁煙外来を薦めているものが放送されていますし、お医者さんの力を借りたりするのもいいと僕は思います。

→注意!タバコは吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon スキンケアを間違わないこと

ディフェリンゲルを使用していても、日頃のスキンケアの間違っていたら、ニキビや吹き出物が治るどころか、酷いケースだと逆に悪化してしまう可能性があります。

そこで、ニキビ太郎が酷かったニキビやニキビ跡を劇的なスピードで予防するために、実践したスキンケアの方法を以下のリンク先の記事にまとめたので、是非参考にしてみてください!

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

favicon 便秘に気をつける

便秘はニキビの原因に!?イメージ

身体活動を維持するために必要なビタミンは、腸内細菌が合成してくれています。

その大事な腸内細菌がいる腸内環境が、便秘となって悪い方向へと進むとどうなるでしょうか?

ビタミンを合成してくれる腸内細菌の数が減り、体内で合成できるビタミンの量も減少してしまうことになります。

もう一度書きますが、ビタミンは身体活動(生理機能)を維持するためにめちゃめちゃ大事な補酵素として活躍してくれます。

その量が減ってしまえば、私たちの体に何らかの悪影響が出てくるのは当然の結果として現れてくることが考えられます。

便秘になってビタミン不足を引き起こすと、ニキビや吹き出物といった肌荒れを引き起こす原因となります。

→必見!便秘は吹き出物や肌荒れの原因!その解消法を紹介します!

favicon 紫外線対策は怠らないこと

夏は、特に紫外線対策をしなくちゃいけない時期です。夏の紫外線の量は、冬の3〜4倍とまで言われており、一年間を通してもこの夏の時期に全体の80%も占めるとも言われています。

薄手の長袖を着たり、日傘を活用する。また日焼け止めを正しく塗ることで対策をしなければなりません!

この時期に紫外線を大量に浴びてしまうと、紫外線の被害から肌を守る為に、普段よりも角質層を厚くしようとするんですね。

微小面皰(ニキビになりかけの毛穴)イメージ

そうなると、古い角質が肌の表面に蓄積することになり、紫外線対策といった意味では良いのかもしれませんが、それが原因で毛穴に汚れや皮脂がつまりやすくなり、今度はニキビや吹き出物といった肌荒れができる可能性が出てきます。

また、UVBを浴び過ぎると、肌の表面がめちゃくちゃになる(炎症する)ので肌の新陳代謝(ターンオーバー機能)のサイクルも乱れやすくなります。

そうなると、これも角質層が厚くなり原因となり、それによって肌細胞の入れ替わるスピードも落ちるので、さらに肌の乾燥などを招くことになってしまいます。

肌が乾燥しやすくなると、それを防ごうと(バリア機能を維持じようと)皮脂を通常よりも過剰に分泌することがあります。

この皮脂の過剰分泌もニキビや吹き出物の原因となってしまい、ますます負の連鎖に陥りやすくなるので、注意が必要です。

→注意!皮脂の過剰分泌は吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon 食生活について

ニキビ悪化してたときの食事例

頬ニキビは体内のホルモンバランスを良くする食事が大変有効です。

特に、ビタミンEにはホルモンバランスをコントロールする作用が期待できるため、積極的に摂りたい栄養素になります。

もちろん、他のビタミンB群やビタミンCやビタミンA、またミネラルも頬ニキビを良くする為には欠かせません。

なので、その栄養素を良く含む食品を紹介させてください!

favicon ビタミンA

ビタミンAイメージ画像

ビタミンAの主な働きは、皮膚・粘膜の健康を保ち、肌をしっとりとさせる効果があります。他にも、肌の新陳代謝(=ターンオーバー機能)を向上させたり、高い抗酸化作用があることで有名なビタミンです。

なので、揚げ物を食べ過ぎて、活性酸素が発生しやすくなっている体には、ビタミンAは積極的に取り入れたい栄養素になります。

次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンAを摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

チーズ

・のり

たまご

・にんじん

・かぼちゃ

とまと

ピーマン

など。特ににんじんやかぼちゃを調理すると、ビタミンA(βカロテン)を効率よくとれるとニキビ太郎は実感しています。

→注意!ビタミンAが不足すると吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon ビタミンB2

ビタミンB2イメージ画像

ビタミンB2は、皮脂の過剰分泌を抑えたり、肌のターンオーバー機能を向上させる効果があると言われています。

また、炭水化物(糖質)や脂質、タンパク質の代謝も助けてくれる役割も担ってくれています。

なので、炭水化物や脂質を多く含む食品を食べ過ぎたときは、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンB2を摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

レバー

納豆

・牛乳

・ヨーグルト

さんま

など。特に納豆の納豆菌にはビタミンB2が豊富に含まれていると言われてるので、積極的に食べていきたい食材ですね!

→注目!ビタミンB2は吹き出物などの肌荒れ予防に効果があります。

favicon ビタミンB6

ビタミンB6イメージ画像

ビタミンB6はタンパク質やアミノ酸の代謝を助けたり、筋肉や血液、細胞を作る際にも大活躍してくれます。

また、ストレスを抑制してくれる作用もあると言われているので、飲み会などの席で溜まったストレスなんかにも有効です。

なので、飲み会の席なんかでたくさんの揚げ物を食べ過ぎたときや、ストレスが溜まったときには、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンB6を摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・レバー

・かつお

豆腐

バナナ

・にんにく

など。特にバナナにはたった1本で、一日に必要なビタミンB6を摂取できると言われているので、大変オススメです!ニンニクなんかもメニューに入れやすいので、是非試してみてくださいね!

→必見!ビタミンB6は吹き出物や肌荒れの予防効果があります。

favicon ビタミンC

ビタミンCイメージ画像4

ビタミンCには、抗酸化作用があるので、肌はもちろん体の老化を予防できるので、積極的に摂っていきたい栄養素です。

揚げ物を食べ過ぎて、活性酸素が体内に蓄積すれば、それだけ肌細胞がダメージを受けるので、ニキビや吹き出物ができやすくなります。

なので、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンCを摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・かぼちゃ

ブロッコリー

・レモン

・じゃがいも

・パセリ

・モロヘイヤなど

特にじゃがいもなんかは、加熱に強いので、熱に弱いビタミンCを効率良く摂るにはもってこいの食材となっています!

→必見!ビタミンCが吹き出物や肌荒れに効果的です!

favicon ビタミンE

ビタミンEイメージ画像

ビタミンEにも、高い抗酸化力のある栄養素として肌の老化防止に貢献します。

また、血液のドロドロを予防したり、血行を良くしたりする作用があるので、頬ニキビで悩んでいる人ほど積極的に摂りたい栄養素です!

なので、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンCを摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・魚肉ソーセージ

・玄米

・大豆

・オリーブオイル

・もやし

など。また、ビタミンEはビタミンAが不足がちの時に活躍してくれるビタミンでもあります。

食物繊維
食物繊維イメージ画像

実は食物繊維をたくさん摂る事で、ものスゴい効果がもう1つあります。それは、腸内細菌がビタミンを作ることに貢献しているということです。

人の腸内では、本当にたくさんの腸内細菌が存在していて、これらが口から入った食べ物を上手く分解し、人の体に必要なビタミンなどの栄養素を作ってくれていることが確認されています。

この理由は先述したように、食物繊維が腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌の数が悪玉菌よりも多くなるからです。腸内環境が良い方向へ傾けば、それだけ腸内細菌の活動も活発になり、重要度の高い栄養素(ビタミン類)を合成してくれるのです!!

→必見!食物繊維を摂ることで吹き出物や肌荒れ予防効果が期待できます!

サプリメントを飲むのもオススメ

サプリメントイメージ画像

揚げ物を食べ過ぎたけど、上記のような食材を使って調理できない!!!という人には、サプリメントでこれらの栄養素を効率よく摂る方法がオススメです。

ですが、栄養素は基本的に食事から摂るのが一番栄養の吸収率がいいとニキビ太郎は思っているので、サプリメントに過剰に期待するのはいけないと思っています。

また、サプリメントで過剰摂取した場合、逆に体に悪影響が出たり、肌にニキビや吹き出物が出来たりすることもあるので、大変注意が必要です。

→ニキビ太郎がオススメするサプリメントはこちらです。

また、ニキビ太郎が実際に酷かったニキビや吹き出物、そしてニキビ跡を予防するために行った食生活の方法を以下の記事にまとめましたので、是非参考にしてみてください!

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!頬ニキビを1日でも早く予防するための治し方を原因から見ていきます!

2 Responses to “検証!ディフェリンゲルのニキビ予防への効果や副作用、悪化するの?の疑問に経過記録でお答えします!”

  1. ゆうた より:

    にきびが治ってからもディフェリン使い続けてますか?

  2. ニキビ太郎 より:

    ゆうたさん

    初めまして。管理人のニキビ太郎です。

    僕の場合、ニキビやニキビ跡が大分よくなってからも1年間は使用を継続しました。
    注意したい点は、お医者さんと相談しながら、ディフェリンゲルを使い続けるかどうかを決定していったというところです。

    僕がゆうたさんにアドバイスできるとしたら、処方してくださったお医者さんと一度相談してから、ディフェリンゲルを継続するかどうかの判断してみることをオススメしたいです。

    また、親身になって相談にのってくれる皮膚科のお医者さんを探すのも、ニキビを克服するためには欠かせない行動努力となってくるかもしれません。

    ゆうたさんの悩みが、1日でも早く解決することを心の底から願っています。

コメントを残す

このページの先頭へ