必見!ニキビを劇的に予防するための「すすぎ」のベスト回数について!

[最終更新日]2016/07/14

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

  • POINT!
洗顔時のすすぎの回数は、ぬるま湯で「10回」もすれば十分です。それ以上は、逆にニキビや吹き出物といった肌荒れが出来る原因となる可能性大です!

ニキビがある時の洗顔回数についてイメージ

ニキビ太郎自身、めっちゃニキビが酷かった時代というのは「ニキビができる原因は、洗顔の洗い残し!」という記事を目にすると、洗顔した後のすすぎの回数を「これでもかっ!!」ってぐらい過剰にしてた記憶があります。

それだけニキビで悩んでいたんだと今になって強く思います。

ですが、洗顔時のすすぎの回数を過剰(適当)にしていると、どんなに良いニキビケア商品を使っていても、どんなにやさしく洗顔をしていても、台無しにしてしまう恐れがあります。

それくらい「すすぎの回数」はニキビで悩む人の肌にとっては重要なことなんです。

すすぎはぬるま湯で10回もすれば十分

理想は10回!!イメージ

他のニキビ関連のサイトやブログさんでは、すすぐ回数が30回〜100回という風にバラバラで、

しかもどれも「丁寧にすすぎましょう」という感じで説明が終わってしまっていますよね・・・?

すすぎはかなり重要なはずなのに、結構疎かに書かれていることが多くて、すごく残念な気持ちです。

結論から書かせてもらうと、

ニキビ太郎の経験から、すすぎはぬるま湯(25~35度程度)で10回もすれば十分に洗い流せると思っています。

これ以上は逆に肌の潤いがなくなってしまいますし、何より肌のバリア機能に必要な皮脂までも洗い落としてしまい、肌への負担になってしまうとニキビ太郎は感じています。

因みにニキビ太郎はニキビで悩んできた約8年以上もの間に、5回〜100回までのすすぎの回数全てを試していますが、最終的に10回が1番いいです。

その理由を以下で詳しく説明しますね!

プロの間では30回が理想とされていますが・・・

赤くなるイメージ

美容のプロの間では、すすぎは30回程度することが理想と言われているようですが、これにはニキビ太郎は反論したいです。

実際に30回もすすぎをすると感じると思うのですが、30回以上顔をすすぐと、肌に必要な皮脂までもを洗い落としてしまう危険性があります。

特に、肌が乾燥しやすい冬場にすすぎを30回もすると、洗顔後にものすごくツッパったり赤くなったり、ニキビ太郎の場合は口周りが粉ふいたように白くボロボロとなってしまうんですね。。

これは30回でなくても、10回を超えたあたりから肌が乾燥しやすくなると感じています。20回もすすぐと、もう泡などの洗い残しもなく、何の為にすすいでいるのかわからなくなってくると思います。

肌が綺麗な人は、絶対にそんなに多くすすいでいないと思います。

思春期ニキビの人であれば、まだ皮脂の分泌量が多いので大丈夫なこともあると思うのですが、肌が乾燥しやすい20歳以降の人はすすぎは30回もしたらいけないとニキビ太郎は考えます。

理想のすすぎ方

次に理想のすすぎ方を説明させてくださいね。

男友達と銭湯にいくと、顔をすすぐときに、手のひらで力強く顔を擦るようにしてすすいでいる人が多いのですが、これはすすぐというよりも、豪快に洗い落とすという表現の方がぴったりだと思います。

本来であれば、

「すすぎ」は手のひらにぬるま湯を溜めて、そこに顔を浸すようにする方法がいいと言われています。

ニキビ太郎もなるべく手のひらでゴシゴシと洗い落とさないように意識しながら、手のひらに顔を浸すようにし始めてから、酷かったニキビやニキビ跡が劇的な予防スピードで良くなっていきましたよ!

すすぎの時は、本当に意識してしないと、無意識レベルで手のひらで顔を擦っていたり、手や指を動かしてしまっているので大変注意が必要です。

これは泡を残さないようにしていることなのですが、手や指を動かすことで、皮膚の角質層を傷つけ、肌への負担を大きくしてしまっている可能性があります。

ただし、10回すすぎ終わった後に鏡で顔全体を確認して、髪の毛の生え際やこめかみ、耳の横、顎や小鼻のところに泡が残りやすいので、そういう場所はもう一度すすぎ、泡や洗い残しが残らないようにしましょう。

すすぎのポイントは、擦らない。そして、手のひらにすくったぬるま湯に顔の方を近づけるようなイメージですると良いとニキビ太郎は実感しています。

バシャバシャ、ゴシゴシとすすぐよりも多少時間はかかりませんが、それでも1分もあれば完了できると思っています。

最初は慣れないかもしれませんが、ニキビ太郎も毎日練習して、今では熟れた感じですすぎをすることが出来るようになりましたよ!

favicon 10回以上すすぎが必要な場合は

すすぎを10回しても、顔のヌメりや洗顔の成分が落ちない場合は、肌への負担を大きくするので、今すぐに使用を中止することをオススメしたいです。

因みに、ニキビ太郎の酷かったニキビやニキビ跡に効果があった唯一のニキビケア商品は、ビーグレンです。

ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック

ビーグレンは洗顔料もマイルドで、すすぎの回数も10回程度で終了することが可能です。

ぬるま湯の温度は何度がいい?

温度計イメージ

洗顔やすすぎの際に使用するぬるま湯の温度は、25度〜35度程度(人の体温程度)のものを使用すると1番いいとニキビ太郎は感じています。熱すぎると、肌の乾燥を招き、ニキビや吹き出物の原因になってしまいます。

特に冬場は肌が乾燥しやすいので、水温を少し落とした30度程度ですることで、肌が乾燥しにくくなるとニキビ太郎は実感しています。(※これは肌質や年齢によっても大きく変わってくるので、自分の肌にあうベストな温度を見つけることも重要です)

ここで、ぬるま湯の目安温度を肌質別に紹介させてください。

favicon ノーマル肌

比較的に普通の人の肌は30度〜34度程度が1番いいと言われています。この温度であれば、皮脂を必要以上に洗い落とさずに、不要な皮脂や汚れだけを取り除くことが可能だと言われています。

favicon 脂性肌(オイリー肌)

脂性肌(オイリー肌)の人は、32度〜36度程度が良いと言われています。ニキビ太郎は脂性肌の時にはお風呂の設定のところで33度にしてやっていました。そうすることで、不要な皮脂だけを洗い落とせていたと思っています。

ただし、オイリー肌の人は皮脂の分泌量が多いので、水温が低いと、余計な皮脂が顔に残りやすくなるので、なるべく33度程度にすることをオススメしたいです。

favicon 乾燥肌

逆に乾燥肌の人は低めの温度、26度〜28度程度にするようにしましょう。ただでさえ乾燥しやすいので、水が蒸発しにくい温度に設定する必要があります。また、温度を低くすることで、皮脂を洗い落としすぎないことを防いぐことを目的としています。

favicon 混合肌

最後に混合肌の場合ですが、これもなるべく乾燥肌の方に合わせて、26度〜28度程度に抑える必要があります。Tゾーンは皮脂が多いので、物足りなさを感じるかもしれませんが、その分は洗顔時にほんの少し洗顔時間を皮脂が多い部位だけ増やすようにしてください。そうすることで、バランスよく洗顔できると思います。

また、洗顔とすすぎの時間を合わせて2分以内に終わらせることがコツだとニキビ太郎は思います。それ以上は肌への負担を大きくしてしまいます。

洗い残しは絶対にNG

洗い残しイメージ

すすぎは、スピーディーかつ丁寧にすることがポイントです。

僕もありきたりな言葉を並べてしまいましたが、これも本当にそうで、すすぎを雑にして、髪の毛の生え際や顎、小鼻や眉毛、こめかみや耳の横に洗い残しが残らないようにしたいです。

もしも、それらの場所に泡などの洗い残しが残ってしまうと、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になってしまう可能性が高いので、大変注意が必要です。

100回すすぐのは絶対ダメ

リスクイメージ画像

とあるサイトでは、ニキビをよくするための理想のすすぎの回数を50回や100回としているところがありますが、これはぜっっったいに肌への負担しかないすすぎの方法だと僕は思います。

また、そのサイトには温かい水と冷たい水とを交互にしようすることで、血行を良くして肌を活性化させると記述していますが、、

その作業を100回も繰り返すとなると、それも苦痛ですし、何より肌への刺激を増やすだけで、何のメリットもないことはニキビ太郎は実践してみて本当によくわかりました。

実はニキビが酷かった頃にこの記事を読み、実際に挑戦してみたことがあります。

結果は、肌のものすごい乾燥で、入浴後につけた化粧水がものすごくシミるというものでした。すすぐ回数は絶対に10回程度で納めるべきだと強く伝えたいです。

このような記事はいますぐ訂正してもらいたいと思っています。(それだけすすぎ100回のダメージは大きいものでした汗)

また、シャワーを直接顔に当てるすすぎも、肌への刺激となり、乾燥だけでなく、顔のたるみにつながってしまうので、大変注意が必要です。

終わったら、清潔なタオルで拭くこと

今治タオルイメージ画像2

すすぎが終わったら、素早く清潔なタオルで水気を拭き取りましょう。

顔に水分が残ったままだと、その水分が蒸発する際に、皮膚の内部にある水分も一緒に蒸発させてしまう恐れがあるからですね。

ただし、タオルを使用する時には、ゴシゴシと拭かずに、優しく押し当てるようにして拭き取ってください!そうすることで、肌への負担を減らせると思っています。

→大事!ニキビの予防にタオルの選び方、使い方が非常に重要!!

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめするニキビケア商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

 ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック


神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!頬ニキビを1日でも早く予防するための治し方を原因から見ていきます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ