驚き!風邪薬がニキビの原因になる!?その真相に迫っていきます!

[最終更新日]2016/08/14

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

風邪薬がニキビの原因に!?イメージ

今回は29歳男性の方から「体調不良から風邪薬や抗生物質を飲んでいたらニキビで悩むようになった」という相談が寄せられました。

なので、今回はその相談に全力で回答させていただきました!もし似たような境遇の人がいましたら、何かしら参考になるかもしれないです。

題名:体調不良から風邪薬や抗生物質を飲んでいたらニキビで悩むようになりました

Tさん風邪薬からニキビに

ニキビ太郎さん

初めまして。突然のメッセージで申し訳ないのですが、お尋ねしたいことがあります。

最近、体調不良のため抗生物質や風邪薬を飲んでいたのですが、その影響からか、29歳になってニキビがたくさんできるようになってしまいました。。。

実は、3年程前にも顔に湿疹が突然出たことがあります。

その頃も市販の風邪薬を頻繁に飲んでいて、それを辞めたら湿疹の症状は収まったのですが、今回は風邪薬や抗生物質を辞めてもニキビの発生が止まらず、、もうどうしていいかわからなくなっております。

今では口周りや唇の端に大きなニキビが出来るようになってきて、日に日に悪化しているような状況です。

もしよければ、ニキビ太郎さんのお考えをお尋ねしたいと思っています。

お忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。

ニキビ太郎の回答

口周辺ニキビイメージ

Tさん

初めまして。29歳でニキビに悩むようになってしまったんですね。。

最近では口周りに大きいニキビができるようになっているとのことですが、口周りにできるニキビは炎症が強く、赤ニキビ黄ニキビとなりやすく、痛みが伴うこともあるので早急に解決したいですよね。

また、口周りは色素沈着ニキビ跡が残りやすくもあるので、Tさんに合った対策を以下でアドバイスさせていただきますね。

飲むタイプの抗生物質は皮膚科でも処方されることがあるようです

皮膚科で処方される抗生物質としては、塗り薬と飲み薬の2種類があります。

僕ニキビ太郎自身は、塗り薬タイプの抗生物質(抗生物質製剤)である、ダラシンTゲルやアクアチムクリームといったを処方してもらい実際に使用しています。

ですが、飲み薬は僕自身まで使用したことがないので、ここでは皮膚科で処方される可能性のある抗生物質(飲み薬)をまとめておくので、Tさんの参考になれば嬉しいです。

favicon ミノマイシン錠

ミノマイシンイメージ画像
引用:( ミノマイシンイメージ画像 ,2016/04/14)。

ミノマイシンとは、テトラサイクリン系の抗生物質に分類することができ、細菌の増加を防ぐことを目的とされています。(特にホルモンバランスが乱れが考えられる女性に処方されることが多いみたいです)

もしニキビや吹き出物といった肌荒れの予防のために処方されたとしたなら、ニキビの原因菌となるアクネ菌の数を減らしてしまおうということですね。

ここで注目したいのが、殺菌目的ではなく、菌自体の数を減らすということですね。

ミノマイシンは殺菌目的ではないのですが、アクネ菌の数が減れば、ニキビが炎症する可能性は減らせることが期待できると思います。

因みに、一ヶ月分(50錠)で価格は保険適用額で約3,000円だと言われています。

注意点としては

ミノマイシンに限らず、抗生物質を継続的に飲むと、体内に耐性菌というのが出来て、ミノマイシンの効果が効かなくなってしまうと言われています。

なので、この耐性菌を避ける為にミノマイシンを飲み始めて数日後にニキビがよくなったから自己判断で使用を中止するという人が多いと言われています。

耐性菌が出来て抗生物質の効果が効かなくなったら嫌ですもんね。この気持ちはニキビ太郎もよくわかります。

ですが、自己判断で使用を中止すると逆効果になる可能性が高まってしまいます。

その理由は、ミノマイシンは殺菌効果ではなく、菌の増殖を減らし、人が本来持っている免疫力などを復活させることを目的としています。

つまり、菌の増殖を抑えて、せっかく自己治癒力(免疫力など)が高まってきた頃にミノマイシンの服用を辞めてしまうと、抑えていた菌(アクネ菌)の数がまた増え、以前のようにニキビや吹き出物といった肌荒れを再び悪化させることにつながってしまうんですね。。。

なので、自己判断で使用を辞めるのではなく、処方してもらった先生と上手く相談しながら、辞めるタイミングを見極めることが非常に重要になってくるとニキビ太郎は考えます。

ただ、ミノマイシンの副作用としてめまいが挙げられます。

よくあるケースが、飲み始めた当初は副作用は無かったけど、2回目の処方から突然副作用が出るようになったり、飲み始めてしばらく経った頃に副作用が急に出始めることが多いようですね。。。

なので、こういった身体に何らかの違和感や不調が出てきたら、直ぐに使用を中止してお医者さんに相談することが大切になってきますね。

favicon ルリッド錠150

ルリッド錠150イメージ
引用:( ルリッド錠150イメージ画像 ,2016/04/14)。

ルリッド錠150は、細菌の活動を抑える効果が期待できる、マクロライド系の抗生物質です。

先ほど紹介したミノマイシンよりも副作用が少ないとされているので、どちらかというと「ルリッド錠150」の方を処方されることが多いようですね。

こちらもニキビの炎症の原因となるアクネ菌の活動を抑制する(増殖を防ぐ)ことでニキビや吹き出物といった肌荒れを赤ニキビや黄ニキビへの進行を予防することが目的だと考えられます。

因みに、こちらも一ヶ月分で約3,000円するとされています。

注意点として

ルリッド錠150で注意すべき点は、肝臓に何かしら問題のある方は使用することができないので、注意が必要のようです。

また、ミノマイシンのところでも記述しましたが、ルリッド錠150でも飲み続けると耐性菌が出来て効果が出難くなることが考えられます。

だからといって勝手に使用を中止したりすると、逆に肌荒れを悪化させる可能性が出てくるので、これも注意が必要ですね。

ただ、副作用として、胃のむかつきや下痢、食欲不振といったことがあるとのことなので、どうしても限度を超えた症状が出る場合には、即刻使用を中止してお医者さんに相談する必要があります。

favicon クラリス錠

クラリス錠イメージ
引用:( クラリス錠150イメージ画像 ,2016/04/14)。

クラリス錠は、クラリスロマイシンというマクロライド系の抗生物質のことを指します。

こちらも細菌の増殖を防ごうとする働きがあります。ただ、タンパク質合成を阻害する方法で増殖を抑えるので、その点が上記であげた2つの抗生物質とは異なる点だと思います。

なので、ニキビの炎症の原因菌であるアクネ菌(他には黄色ブドウ球菌など)の増殖を防ぎ、新たにできる赤ニキビや黄ニキビの数を減らすことを目的とする際に処方される抗生物質だということですね。

つまり、これ自体はやはりニキビや吹き出物といった肌荒れの根本的な治療ではなくて、あくまでも既にある二キビ(白ニキビや黒ニキビ)の悪化を防ぐ役割が期待できます。

注意点として

クラリスは効果が高いので、比較的他の抗生物質の中でも処方されることが多いのですが、一方で強い副作用がでることが難点だと言われています。

下痢や腹痛、吐き気や嘔吐といった症状まで出ることがあるので、大変注意が必要ですね。

また継続服用すると、耐性菌が出来、効果が薄れてしまうので、お医者さんが指示した通りに服用することが炎症ニキビへの予防への第一歩となるとニキビ太郎は考えます。

favicon 上記以外の抗生物質では

既に書いた3種類以外の抗生物質では、バナン(セフェム系の抗生物質でインフルエンザの感染症に用いられる)、セフゾン、フロモックスといった抗生物質があるようですね。

抗生物質は腸内細菌をやっつけてしまう可能性がある

さてTさん、ここからは抗生物質に関して僕の意見を書かせてください。

僕自身も、昨年急性腸炎にかかり、病院の先生から細菌を退治するお薬を処方してもらいました。

腸炎の原因となっている細菌を抑えるためにですね。

そのおかげで、急性腸炎に感染してから、数日後にすっかり良くなりました。

ですが、その期間に飲んだ抗生物質の代償として、ニキビ太郎の腸内環境は悪化してしまい、便秘気味になってしまいまったんですね。

僕ニキビ太郎は、腸内環境と肌は密接な関係にあって、腸の状態が悪くなれば、肌の状態も悪くなると考えています。

そして、その通りに急性腸炎を発症してからしばらくの間、ニキビ太郎の肌にはニキビが出来るようになってしまいました。。。(汗)

favicon ウイルス性の風邪には抗生物質は効かない

そして、Tさんにもう1つお話しておきたいことがあります。それは、基本的にウイルス性の風邪をひいた場合、病院から処方させる抗生物質は意味が無いということです。

ではどうしてお医者さんは、ウイルス性の風邪をひいている患者さんにも抗生物質を処方するのかというと、これは診断はウイルス性の風邪だけど、誤診していて万が一細菌性の風邪だったら困ることになるから、念のために細菌性にしか効果のない抗生物質を処方されるそうです。

つまり、ウイルス性の風邪は人が持つ自然治癒力で回復するのを待つしかないんですね。

これは、ドラックストアなんかで変える市販の風邪薬にも、同じことが言えるとニキビ太郎は考えています。

つまり、ひいた風邪がウイルス性だったら、抗生物質を飲んでも、完全に腸内細菌を退治してしまうだけになってしまうということですね。。。

腸内の細菌バランスが乱れば、その結果として腸内環境を悪化させニキビや吹き出物といった肌荒れの原因にもつながる可能性が出てくるということです。(汗)

なので、僕ニキビ太郎は風邪をひいても超高熱やインフルエンザといった死の危険性のある風邪以外は基本的に病院にいかず(風邪薬は飲まず)、ただ栄養のある食事をとってゆっくりと休むことに専念します。

※普段の風邪と違うかな?と少しでも感じた場合は、病院に行きます。

もちろん、あまりに酷い頭痛などで逆に身体に負担をかける場合は、痛み止めなんかを飲んでその痛みに負けないようにする必要はあります。

この件に関して以下のリンク先記事に詳しくまとめているので、良かったら参考にしてみてください。

→注意!ニキビと頭痛は大きく関係している可能性が高いです!

肝臓の機能が低下することも考えられます

肝臓イメージ画像
引用:( 肝炎とは? , 2016/04/14)。

上記しましたが、抗生物質を飲んでみても、一度も良くなることなく、むしろ逆に悪化する一方であれば、抗生物質が腸内環境を悪化し、それが原因でニキビや吹き出物も酷くなってしまうケースがあると紹介しました。

実はこの他にも抗生物質を飲んでも一向に回復しないケースで考えられることがあります。

それは、

「肝臓の機能が弱ってしまっている」

ということです。

これは、明らかに腸内環境の悪化よりも深刻な症状で、これは専門機関でよく検査し、直にでも治療を始めるべきだとニキビ太郎は考えます。

抗生物質を飲むとそれを処理するために肝臓がフル回転します。

なので、継続服用することによって、肝臓が疲弊し、満足に機能しなくなることがあるというケースが考えられるんですね。

それに気づかず抗生物質を飲み続けると肝炎になり、より深刻な状況に陥ってしまいます。病院の先生も完璧ではないので、誤診は普通に考えられます。

なので、繰り返しになりますが、処方された抗生物質を飲んでもニキビなどの肌荒れが悪化するようであれば、別の皮膚科を尋ねてみるといったセカンドオピニオンも重要になってくるとニキビ太郎は考えます。

微小面皰(ニキビになりかけの毛穴)イメージ

抗生物質はニキビの根本的な解決方法ではなく、あくまでも既に出来ているニキビや吹き出物を炎症の強い赤ニキビや黄ニキビ、紫ニキビ(結節性ニキビ)への進行を防ぐことを目的としているからですね。

なので、ニキビを根本的に良くするためには毛穴に皮脂を詰まらせないことが重要となるので、良かったら以下のリンク先記事を参考にされてみてください。

→注目!毛穴の詰まりが吹き出物や肌荒れの原因になっています。

風邪をひくという事は免疫力の低下でもあるということ

ニキビ悪化してたときの食事例

Tさんは体調不良を引き起こしやすい体質だとご相談内容からそう思ったのですが、、

もしそうであれば、普段の生活習慣を一度ゼロから見直してみる必要があると僕は思っています。

特に食生活は大事で、僕たちの身体(肌)は普段摂る食事から作られますよね?

もしもお仕事が忙しく、普段から簡単に食べれるコンビニのお弁当やスーパーのお惣菜なんかをよく口にしているとしたら、それが体調不良につながっている可能性があります。

食生活が偏ったものになれば、それだけ栄養素も偏りますし、腸内細菌(善玉菌)のエサとなる食物繊維やオリゴ糖といったものも上手に摂れていないと、腸内環境の悪化につながり、これも免疫力の低下につながってしまいます。(人の免疫細胞の7割は大腸にあるといわれています)

そして、お惣菜などには質の悪い食用油などがふんだんに使用されているので、それが脳の神経細胞を構成するようになり、結果として情報伝達が鈍くなったり、気持ちが落ちやすく、やる気が出ない、鬱病にかかりやすくなるとも言われています。

僕は顔全体にあった酷いニキビやニキビ跡を目立たなくするために、本当に徹底的に食生活を見直し、その結果肌状態をある程度理想の状態まで戻すことができました。

なので、Tさんもまずは食生活を見直してみることをオススメしたいです。

普段の食事を見直すだけで、腸内環境が良くなり、結果として免疫力や体力が向上し、体調不良とも無縁の身体になれると僕は強く思っています。

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

風邪は睡眠や適度な運動も効果的
運動イメージ画像2

体調不良の場合は、適度な運動をすることは難しいとは思いますが、もし少しでも身体を動かせるようになったら、是非軽い運動(ストレッチ)やウォーキングをされることをオススメしたいです。

→注意!運動不足が吹き出物や肌荒れの原因になっています!

また、睡眠不足も身体の健康の敵となるので、出来ればワクワクするようなことを考えながら寝るようにできれば健康的になれるとニキビ太郎は実感しています。

理想としては、軽い運動をして、ゆっくりと温かいお風呂に適度に入り、そしてストレッチで身体の火照りを摂りながら寝床につくといった流れですね。

※寝る前に部屋の明かりを少し暗くして、テレビやスマホの光を見ないようにすることも質の高い睡眠を取るコツだと思います。

→注意!睡眠不足は吹き出物や肌荒れを引き起こす原因となります。

普段のスキンケアを見直す必要があるとも思っています

スキンケア

肌にニキビがあるということは、普段のスキンケアが少し間違っている可能性も考えられます。

僕自身も、ニキビや酷くなって原因の1つに自己流の間違ったスキンケアがありました。

僕の場合はニキビができるようになってから、顔に蓄積する汚れが原因だと思い込み、洗浄力の強い洗顔料で1日4回以上、しかも一回当たり5分以上も時間をかけて洗顔をしていました。。。

その結果、肌の保湿機能を破壊させ、口周りやフェイスラインは常に肌が乾燥した状態で、尚かつおでこや鼻といったTゾーンは皮脂が大量に分泌されテカテカしているという複雑な肌質となってしまいました。。。

この以前のニキビ太郎のように、間違ったスキンケアを継続すると、これもニキビや吹き出物といった肌荒れの原因となるので、もしTさんもスキンケアを自己流でやっていたら、一度見直してみることも検討されてみてください。

そして、必ず皮膚科を受診されることを僕はオススメしたいです。

詳しくは以下のリンク先にまとめているので、良かったら参考にしてみてください。

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

ニキビは本当に精神的にも追いつめられる、恐ろしい皮膚の病気です。

ニキビがあるだけで本当に辛く、苦しいと思いますが、Tさん、絶対に希望はすてないでくださいね!!!

何かあったら、また連絡ください!!!

ニキビ太郎

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ