衝撃!ニキビは放置した方がいい!?潰さない方がいい?その真相に迫っていきます!

[最終更新日]2016/07/12

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

ニキビは放置するとどうなるのか?イメージ

ニキビや吹き出物といった肌荒れの人はニキビを一日でも早く良くしたいですよね?

だからニキビが出来た時は潰したくなる気持ちにもなると思います。だけど、

「ニキビは潰したら痕になるけん、触っちゃだめやっけんね!」

とニキビ太郎は祖母に言われつづけていたので、ニキビが出来ても潰さずにそのまま放置していた時期がありました。

ですが実はこれ、50%が事実で、残りの半分は間違いであるという結論に達しました。

その理由は、ニキビの症状には段階(種類)があって、その段階によってすべき対処の仕方が変わってくるからですね。

この仕方を知らないと、たとえ放置したとしてもニキビは酷く悪化し、最悪の場合肌がボコボコになるニキビ跡を残す危険性もあるので注意しなくちゃいけないです(汗)

なので今回は、種類別にニキビの対処法を以下に詳しくまとめたので、是非参考にしてみてください!

ニキビができる原因を整理しました

ニキビの段階(種類)別に上手く対処していくためには、まずはニキビがどのようにできて進行していくのかを最低限把握しておく必要があるとニキビ太郎は感じているので、簡単にニキビができる原因を整理してみたいと思います。

そもそもニキビとは、毛穴が古い角質や汚れによって塞がり、本来毛穴から排出されるはずだった皮脂が毛穴の中に蓄積してしまうことで発生する肌の病気なんですね。

微小面皰(ニキビになりかけの毛穴)イメージ

毛穴に皮脂が詰まると、皮膚の表面に小さい凸ポツッとした突起物が現れます。

これがいわゆる白ニキビという初期段階ですね。

白ニキビ画像

ニキビの種類の中で一番症状が軽く、この段階で上手に処置することができれば、赤くなったり痕が残ったりすることはないです。

ただ、これが無数に密集するようにできると肌表面がボコボコに見えるようになりますし、肌触りもザラザラと感じるようにもなりますね。

白ニキビから進行が進むと、次は黒ニキビという状態になります。

小さい凸が時間の経過とともに酸化するようになり、表面が黒くなっていくんですね。

黒ニキビ画像

ニキビ太郎の経験ではこの黒ニキビになることは稀(珍しい)だと感じています。これも適切に処置するとすぐに解決することが多いと感じていますが、やはり油断は禁物です。

白ニキビの段階の時に、毛穴にアクネ菌(ニキビ原因菌)が侵入すると、毛穴が炎症を起こし赤く盛り上がります。

赤ニキビ

この状態が赤ニキビになります。赤ニキビにまで進行すると、肌に赤みがあることは他人にもわかってしまいますし、ケースによっては激しい痛みを伴うこともあります。

この赤いニキビは適切に処置しないと、たとえ良くなったとしても赤みが残る色素沈のシミ(ニキビ跡)を残す可能性がめちゃくちゃ高いので要注意です。

次に黄ニキビですね。赤ニキビの段階で適切な対処ができなかった場合は、毛穴の中でアクネ菌vs白血球のバトルが繰り広げられ、その残骸として膿が溜まるようになります。

チョコボール黄ニキビ

毛穴の中に膿が蓄積すると、毛穴は白っぽい黄色に見えてきます。触っても痛いし、たとえ触らなくてもものすごい痛みを感じるときがあります。

そして、ニキビの最終段階である紫ニキビを最後に紹介しますね。

ニキビ太郎もニキビが1番酷かった頃はこの紫ニキビも大量に出来て、顔全体が赤紫色になっていました。。。(汗)

ニキビ太郎

黄ニキビを放置すると膿と一緒に血が混ざるようになってしまうケースがあるんですね。

だから毛穴は外から見ると赤紫色になって、激しい痛みを伴ったり、酷い凹み(クレーターニキビ跡)を顔に残すことになってしまいます。。。

白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビと5種類の段階を追ってまとめましたが、どの段階もやっていけない対処法があります。

それは、洗っていない手(不衛生な状態)でニキビの患部を触ると、そこにさらに汚れや雑菌が侵入し、状態がより悪化(深刻化)することがあります。

またニキビを無理矢理潰そうとすると、それが肌細胞の置くにある真皮細胞までもを傷つけることがあり、そうなるとクレーターニキビ跡を作る原因にもなるので、触って潰すというのは絶対にNGなんですね。

種類別対処方法について

ここから、適切なスキンケア、バランスの摂れた食生活というワードが出てきますが、ここでは以下のリンク先記事にまとめていることを実践することを意味していますm(_ _)m

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

favicon 白ニキビ

白ニキビできる過程イメージ

白ニキビは特に毛穴から皮脂を取り出さなくても、適切なスキンケア、バランスの摂れた食生活をすることで、肌が持つ自然治癒力で解決することが可能だとニキビ太郎は思っています。

より早く確実に悩みから解放されるためには、皮膚科にいってディフェリンゲルやベピオゲルといったニキビ薬を使用することが良いとニキビ太郎は実感しています。

上記2種類のニキビ薬は毛穴に皮脂が詰まることを予防し、根本的にニキビの問題を解決してくれるニキビ薬だからですね。

なので、白ニキビの数が酷くて、鏡で肌に小さいボツボツが出来て悩んでいる人、指先で顔を触るとザラザラしているのがわかるという人は皮膚科を受診して、ディフェリンゲルやベピオゲルを処方してそれを使用するといった対処方法が1番ベストだとニキビ太郎はオススメしたいです。

→必見!1日でも早く白ニキビを予防する方法を原因から見ていきます!

favicon 黒ニキビ

黒ニキビプロセスイメージ

黒ニキビについても、白ニキビと同様で、適切なスキンケア、バランスの摂れた食生活を継続することが何よりも大事になってきます。

黒ニキビが出来たからといって脱脂力の強いニキビケア用洗顔などでゴシゴシと洗顔をしたり、ニキビ用の化粧水をへたに使用したりすると逆に症状を悪化させる危険性があります。

なので、一日でも早く確実に悩みから解放されるためには、やはり皮膚科にいってニキビ薬を処方してもらったり、内服薬(ビタミン剤や漢方薬)といったものも活用するのが1番良いと思っています。

→注目!1日でも早く黒ニキビを予防する方法を原因から見ていきます!

favicon 赤ニキビ

赤ニキビになるプロセスイメージ

この段階になると、適切なスキンケア、バランスの摂れた食生活は必須で、それと同じくらい絶対に行ってほしいのが、皮膚科にいくことです。

赤ニキビの段階まで炎症が悪化してしまうと、もう自分で対処する方法は皮膚科のニキビ薬(ダラシンTゲルなど炎症ニキビ専用のもの)を処方してもらい事が大事になってきます。

ケースによっては内服薬に抗生物質を処方されると思いますが、これはお医者さんと相談されることをオススメしたいです。

また、赤ニキビがたった1つ程度ならまだ軽いと思いますが、これが2〜3個となると間違ったスキンケアや乱れた食生活を始め、いまやっている何かが大きく仇に悪影響として現れている結果なので、日常的に行うことを徹底的に見直すことが大事になってくると思います。

そして、赤ニキビが出来たら放置したら絶対にダメだとニキビ太郎は思っていて、また市販のニキビ薬(ビフナイトといったもの)に頼るのではなく、皮膚科のお薬を使うというのがポイントになってくると思います。


保険適用で費用対効果の高いニキビ薬を処方してもらえるので、絶対に皮膚科に行くべき
だとニキビ太郎は考えます。

赤ニキビの段階でも間違ったケアをすると、酷いニキビ跡を残す可能性が高いので、本当に注意しておく必要があります。

→注目!1日でも早く赤ニキビを予防する方法を原因から詳しくみていきます!

favicon 黄ニキビ

黄ニキビ炎症イメージ

黄ニキビにまで炎症が進行したら、これも皮膚科を受診することが必須です。

皮膚科によってはしてないところもありますが、黄ニキビの場合は面皰圧出といった治療を受け、毛穴の中に詰まっている膿を適切に皮膚科で取り出してもらうべきだと僕は強く思っています。

自分で膿を出すセルフケアもあるのですが、少しでも間違うとクレーターニキビ跡を作ってしまうリスクがあるので、肌のボコボコを作りたくないという人は皮膚科を受診すべきです。

そして、炎症ニキビのための薬を処方してもらったり、抗生物質、ビタミン剤、漢方薬といったご自身に合う内服薬も見つけることも大事になってくると思っています。

放置したもダメだし、処置も皮膚科に行かないとリスクが高いので、本当にやっかいな症状です。。。(汗)

favicon 紫ニキビ

紫ニキビの特徴についてイメージ

これも黄ニキビと同様に皮膚科で面皰圧出をしてもらうべき段階です。(病院によっては処置していないところもあります涙)

紫ニキビは毛穴の中の組織が破壊され出血している状態なので、放置しても、適切に処置してもニキビ跡は確実に残ると思います。

ですが、適切な処置をしないと本当に酷い凹みを肌に残す可能性(ブラマヨの吉田さんのようにハッキリとボコっとした感じ)があるので、恥ずかしくて、そして見られたくないから皮膚科に行けないと落ち込むのではなく、勇気を振り絞って皮膚科にいって欲しいと思います。

→必見!1日でも早く紫ニキビを予防する方法を原因から見ていきます!

ニキビなんかで皮膚科に行く必要がないと思っている人へ

僕も最初皮膚科にいくことがとにかく嫌でした。

ニキビなんかで皮膚科にいくことは恥ずかしいと思っていましたし、汚い顔を見られてどういう反応をされるのかが怖かったからですね。。。(涙)

ですが、今だから言えることはもっと早く勇気をもって皮膚科に行くべきだったと思っています。

僕は今でもクレーターニキビ跡のせいで光の当たり具合によっては酷い凹みが肌に無数あることがハッキリとわかり、それが自信を奪ってしまうからですね。。。

他の人には絶対にこういった思いをしたくないので、ニキビができて悩んでいたらとにかく皮膚科に一度行ってほしいと思っています。

僕は家族の中でも初めてニキビで悩むようになりました。(今では一番下の妹もニキビで悩んでいますが)

私の両親はニキビで悩んだことは皆無で、ニキビはとにかく洗顔して顔を綺麗にしておけば良くなるからという価値観をもっており、僕の顔全体にニキビが出来ても市販のニキビ薬を買ってくれる程度で、皮膚科にいくという発想がありませんでした。

これは僕の家庭以外でも意外と多いシチュエーションじゃないのかな?と思っています。

ニキビで悩んだことが無い人は、ニキビがどれだけ人を苦しめる病気なのかが理解できないので、結構軽く見ているんですね。。。

これは僕がニキビで悩む以前は、ニキビで悩む友人に対してそのうち治るよ!と軽くみてしまっていた経験からもハッキリとわかります。

ですが、ニキビは肌の病気なんですね。例え白ニキビが1つできたとしてもそれは皮膚の病気なんですね。

例えば、風邪ひいたり、何か病気の疑いがあればすぐに病院を受診をすることを検討するはずです。

なので、本来であればニキビが出来たら直ぐに皮膚科を受診するかどうかを検討すべきだとニキビ太郎は考えます。

放置すると本当に後悔するレベルの肌の凹みが出来、そのせいで「毎日死にたいと思う程」悩むことにつながる危険性があるからですね。。。

僕がその体験をしているので、本当にその辛さや苦しみが痛い程よくわかります。。。

ニキビができたら皮膚科

これはどの人でも頭の片隅に入れていて欲しいです。例え今自分が悩んでいなくても、恋人が悩んでいるかもしれないですし、兄弟姉妹が悩むかもしれない、友人が落ち込んでいるかもしれない。

そういう時に、勇気を持って皮膚科を受診することを後押ししてほしいと願います。

まとめ

皮膚科でいただいたニキビ薬

適切なスキンケアやバランスの摂れた食生活を始めとして、ニキビを予防するためには皮膚科に行って自分にあったニキビ薬などを処方してもらうことが大事になってきます。

何度も繰り返しになりますが、ニキビは皮膚の病気です。

なので、自己流でケアすると悪化するといった期待とは逆の効果がでる可能性が高いので、大変注意が必要です。

赤ニキビや黄ニキビをそのまま長期間放置しても、あるていど目立たなくなるほどに自然と治癒しますが、それだと本当に一ヶ月の間赤く炎症したままだったり、ニキビ跡が余計に酷い状態として残ってしまうケースがあるということだけは覚えておいた方が良いと思いました。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→注目!1日でも早く黄ニキビを予防する方法を原因から見ていきます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ