必見!疲れや疲労感がニキビの原因になっていた!?その真相に迫っていきます!

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

過労・疲労イメージ画像

現代の日本は世界中の国々と比較しても、圧倒的に疲労を感じている人が多いと言われる疲労大国です。実は日本でニュース等で頻繁に目にする「過労死」という言葉は、海外(英語圏)でも「KAROUSHI」と表現されるほどです。

多くの人が疲れや疲労と言う言葉を耳にすると、身体の中にあるエネルギーが無くなっていく状態を指すものだと認識している人が多いかもしれないですね。

ですが、本当は身体が疲れを感じるのは、身体のエネルギーが枯渇した状態ではないんですね。

本当の原因は、脳細胞(自律神経細胞)が活性酸素によって酸化(老化)していまっていることにであることが、今回調べていくうちに分かってきました。

この脳細胞(自律神経細胞)が酸化している(老化している)ことを把握しておかないと、間違った認識(情報)がより疲労を蓄積し、ニキビや吹き出物といった肌荒れを悪化させる原因になる可能性があります。

なので今回は、疲れ(疲労)がどのようなメカニズムで発生するのかを調べ、上手に疲れを溜めない方法もまとめていきます!

疲れを上手く回避して、ニキビができにくい身体作りを一緒に目指していきましょう!

疲れ(疲労)の正体について

記事の冒頭で、身体に現れる疲労はエネルギーを消費しきってしまったからではなく、脳細胞(自律神経細胞)の老化にあると書きました。

まずは、このあたりを少し掘り下げて身体の疲れ(疲労)の正体についてまとめていきますね。

favicon 人の活動は常に活性酸素を発生させている

酸化(老化)イメージ画像

人は呼吸する度に、活性酸素という細胞をサビつかせる(老化)させる物質を発生していると言われています。

活性酸素は呼吸するだけでも発生するので、それ以上の活動、例えば軽く歩いたりするだけでもそうとうな量の活性酸素が体内で作り出されてしまいます。

活性酸素が体内に蓄積してくると、細胞がどんどん酸化(老化)してしまい、本来の活動が十分にできなくなってしまいます。

このような作用を酸化ストレスと表現することもあります。

favicon 激しい運動すると活性酸素が大量に発生する

例えば、久しぶりにジョギングをしたとします。

最初は軽快な動きをしていた身体も、30分、1時間と時間を追うごとに次第に疲労の色がみえてきて、最終的には身体の動きは鈍くなっていきますよね?

そして「身体が疲れた(疲労した)」と感じるようになると思います。

ですが、身体に負荷がかかる運動をしていても、実は筋肉や肝機能にはほとんど影響していないということが色々な研究で明らかになっていると言われています。

では、身体の筋肉や臓器はあまり影響を受けていないのに、どうして身体は疲れたと認識してしまうのでしょうか?

その秘密は、実は脳の自律神経の中枢にあるということが最新の研究によって明らかになりました。

favicon 自律神経は体温や呼吸を制御している大事なもの

人がジョギングをすることができるのは、自律神経が上手く働いてくれるおかげなんですね。

脳の自律神経の中枢である

・視床下部
・前帯状回

錦織選手イメージ

が1000分の1秒単位で上手くコントロールしてくれているから、人は運動をしても体温を一定の温度に保っていられますし、運動のレベルに合わせて心臓の動きを活性化させて身体全体に酸素を届けてあげることが可能になっているんですね。

ですが、例えばプロテニスプレーヤーの錦織圭選手のように長時間ハードな試合(運動)を続けると、脳の自律神経の中枢である、視床下部や前帯状回は常にフル回転しなくちゃいけなくなるので、脳細胞の中で大量の活性酸素が発生する状態になってしまいます。。。

なので、酸化ストレスのレベルが跳ね上がり、脳はより一層疲労を感じやすくなってしまうということになります。

つまり、脳に大量の活性酸素(=酸化ストレス)が蓄積し始めると、脳は眼窩前頭野にシグナルを送り、それが身体全体の疲労と認識するようになり、それ以上の自律神経を酷使することを制限するようにするんですね。

※少し言い換えるとすれば、自律神経の疲労を身体全体が疲れたと認識させることで、それ以上に自律神経を酷使して通常の生活レベルの活動に支障が来さないようにしているんですね。

※ここでは錦織選手の例を使いましたが、一般の人でジョギングを長時間しても同様のことが起こっています。また、錦織選手のクラスになると、脳の疲労だけでなく、内蔵機能や筋肉疲労のレベルも桁違いになるので、、身体の疲労は体全体を襲っていることになると思います。

疲労を放置するとニキビを悪化させる可能性がある

人は疲労(疲れ)が溜まってくると、免疫力を低下しやすくなると言われています。免疫力が低下すると、風邪を引きやすくなるだけでなく、重大な病気へと繋がってしまう可能性もあります。

そうなると、健康であれば使うはずのないところへエネルギーを消費してしまうことになり、それが肌トラブル(ニキビや吹き出物といった肌荒れ)へとつながる可能性もより一層高まってしまうとニキビ太郎は考えます。

よく季節の変わり目には風邪を引きやすいといいますが、急な気温の変化で自律神経が疲れやすくなるからだとニキビ太郎は考えます。

→【季節の変わり目】気温と湿度がニキビの原因と関係していた!?その真実に迫っていきます!

仕事の後のスポーツは逆効果!?

運動イメージ画像2

運動(スポーツ)をする時には体温や脈拍、呼吸等を整えるために自律神経細胞がフル回転します。

なので、実は仕事の後にジムなどに通ってストレス発散しようという発想は、かなり危険な行為になりかねないんですね。。。(汗)

仕事が終わった後というのは、身体が緊張感でかなり疲れている状態で、ストレスもそれなりに蓄積しているはずです。

そんなところに、さらに自律神経を疲弊させる運動をしたらどうなるでしょうか?

ストレス解消につながるどころか、逆に自律神経をより酷使することにつながり、余計に疲労やストレスを蓄積することになってしまうんですね。。。

運動した後にストレス発散したように感じるのは、運動時に発生するホルモン分泌(エンドルフィンやカンナビノイド)による、疲労のマスキング作用(疲労を隠す作用)があるからだと言われています。

適度な運動は筋肉の量を増やして、血行を促進したり、体温上昇による免疫力の向上につながるので、健康を維持する為にも大切なことですが、

無理をして運動をしすぎると逆に自律神経を酷使して不健康への道を辿ることにつながってしまうので、大変注意が必要ですね。

仕事のストレスを発散するには、本当に軽い運動か家でゆっくりと好きなものを食べたりすることの方が、脳疲労・身体の休息にもなる可能性が高いですね。

→注目!運動不足がニキビの原因になっていた!?その真相に迫っていきます!

飽きたも1つの疲れたシグナル

スマホイメージ

人は気づかないうちに疲れを溜め込んでしまいがちになります。

僕自身も昔は大好きなゲームを一日中やっていて、目や自律神経を酷使していましたね。。。

また、現代はインターネットの急速な発達によって、日に日に目にする情報量というのも増加していますよね。特に最近だとiPhoneなどのスマートフォンの普及に伴って簡単に大量の情報にアクセスできるようになったので、常に大量の情報処理を脳内で行っていることになります。

そうやっていると、頭痛やめまいがしたりする症状が出てきたり、そういった症状が出なくても身体は疲れると何らかのシグナルを僕たちに送っています。

そのシグナルの1つに「飽きる」という感覚があります。

僕の場合は学生時代に苦手な教科を勉強していると、すぐに飽きてしまっていました。これは勉強に限らず、ゲームなんかをしていても飽きるという感覚を覚えることがあると思います。

違う感覚でいうと、集中力が続かないということですかね。

飽きたや集中力が継続できない状態は、脳細胞(自律神経細胞)が疲労してしまっているから出るシグナルだと言われています。

長い時間継続して同じ体勢で、そして同じようなことを繰り返していると、同じ神経細胞ばかりを酷使することにつながります。(つまり、同じ神経細胞に大きな負荷がかかってしまうんですね)

脳の中にある神経細胞を一定時間ずっと使用し続けると、活性酸素がどんどん増え続け、酸化ストレスが同じ場所に蓄積することにつながります。

そうなると、脳はこれ以上同じ場所を使わないようにするために、「飽きた」という感情で僕たちに疲れたことを教えてくれているんですね。

また、飽きるという感情を無視して更に酷使していくと、次第に疲れたように感じたり、激しい眠気を催すことにつながっていきます。

ターンオーバーの仕組みイメージ

そうなると、自律神経が疲弊してしまい、肌の健康を維持する為に大事になってくる肌の新陳代謝(ターンオーバー)機能が乱れやすくもなってしまい、古い角質(垢)が肌の角質層にどんどん蓄積しやすくなってしまいます。

そうなると毛穴に皮脂が詰まり、ニキビや吹き出物といった肌荒れを引き起こしやすくもなるので、大変注意が必要です。

飽きたという感情が出てきたら、適度に休憩することもニキビ予防につながる大切なことだとニキビ太郎は考えています。

→注目!ターンオーバーの乱れはニキビの原因になる!?

眼精疲労のサインもニキビと関係する!?

目薬イメージ

現代ではパソコンを使った仕事が大半を占めるようになってきました。

一日中パソコンやタブレット、スマホで仕事をし続けるとずっと同じ神経細胞(自律神経細胞)を酷使することになるで、目に疲労感を覚えてくるはずです。

目がショボショボする程度で、一定時間休むと症状が治まる人はまだ軽症ですが、これが目の充血だけでなく肩こりや頭痛、めまいや倦怠感といった症状も合わせて出てきているのであれば、それは目を確実に酷使しているサインだと脳が発しているものです。

長時間のデスクワークで眼に疲労が蓄積して居る状態で、これを「眼精疲労」と表現します。

目が近くの物や遠くの物に上手くピントを合わせることができるのは、水晶体を毛様体筋という筋肉で調節しているからなのですが、これを可能にしているのが自律神経なんですね。

自律神経の内の交感神経が優位になると、毛様体筋は緩んで遠くにピントが合うようになります。また、副交感神経が優位になると逆に毛様体筋は縮んでレンズが厚くなり近くにピントが合うようになります。

大自然の中で生活すると、上記したように自律神経が毛様体筋を調節してくれるのですが、現代のようにパソコンを長時間みるようになると、仕事の緊張感によって交感神経が優位になっているのに近くの画面を見ることになります。

本来であれば、交感神経が優位の時は遠くにピントを合わせるものなのですが、パソコンなど近くのものをみるということはまさに矛盾していることになるんですね。

この矛盾している作業を継続すると、間違いなく自律神経は疲れていきます。これが眼精疲労に繋がってしまうんですね。。。

眼精疲労になると、頭痛やめまい、吐き気といった症状も引き起こしやすくなり、益々身体にストレスを溜めることになってしまいます。

人はストレスが溜まると、抗ストレスホルモンを体内から分泌して対抗するようになります。

ですが、実は抗ストレスホルモンは男性ホルモンの一種で、分泌されるようになるとストレスを緩和できるのですが、一方で皮脂を普段よりも多く分泌するようになったり、皮膚の角質層を厚くして毛穴に皮脂が詰まりやすい環境を作ってしまうんですね。。

これが、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になる可能性を高める危険性につながるとニキビ太郎は思っているので、目の疲れを感じたらこまめに休憩を撮って眼精疲労にならないように気をつける必要があると感じています。

→注目!ストレスはニキビの原因になる!?今回はその真相にせまっていきます!

紫外線による疲れも注意する必要がある

紫外線イメージ

実はハードな運動と同じくらい活性酸素を発生させるのが、紫外線を浴びることですね。

紫外線を皮膚に浴びると日焼けをしますよね?ニキビ太郎も学生時代はソフトボールや野球を通して年中紫外線を大量に浴びていたので、夏なんかは肌が真っ黒になっていました。

小麦色の肌は一見健康的な感じがしますが、実は体内に大量の活性酸素を発生させてしまうんですね。。

紫外線には大きく3種類に分類することができます。

・UVA
・UVB
・UVC

ですね。UVCは地球のオゾン層によって地上にまで届かないですが、UVAやUVBは地表に降り注いで肌の奥にまで浸透しやすいと言われています。

特にUVAは皮膚の奥にある真皮細胞にまで浸透し、活性酸素を発生させることが明らかになっています。(ガラスをも通過するので、室内にいても紫外線を浴びることになってしまいます)

真皮細胞で活性酸素が発生すると、肌のハリというハリを決定するコラーゲン繊維を破壊し、肌にシワを残す危険性があります。

→【みかん肌】真皮細胞が傷つけば凹凸の跡が残ります!

次にUVBですが、UVAほど肌の奥に浸透しませんが、肌の表面にUVBが到達すると皮膚の表皮の細胞核にダメージを与えてしまいます。

このダメージを抑えるために起こる皮膚の反応が、「日焼け」なんですね。

皮膚にUVBが到達すると、表皮にあるメラノサイトという細胞が刺激され、メラニンという色素を作り出し、肌細胞の細胞核を覆うようになります。これが皮膚が黒くなる現象(日焼け)につながっていくんですね。

→【お急ぎ】色素沈着(シミ)やクレーターを良くしたい!早く寝ても治らない人へ伝えたいこと

favicon 目から入る紫外線対策が大事

サングラス

身体が疲れたと感じる主な原因の1つに、目から入る紫外線が挙げられます。

目に紫外線が入ると、角膜で炎症反応が発生します。するとその情報を伝えるための物質、インターロイキン6というものが分泌されるようになります。

こうなると、活性酸素が発生して炎症が起きたという情報を脳が認知するようになるんですね。

そうなると脳は表皮にあるメラノサイトに指令を出して、メラニン色素を作り出すようにします。

目から紫外線が入ることで人は日焼けをする身体になっていくのですが、実はこれだけでなく、目から紫外線が入ると炎症反応から疲労が脳に蓄積されていくんですね。

そうなると自律神経が益々疲れやすくなるので、結果的に肌の新陳代謝の乱れにつながる可能性が出てきます。

なので、目から入る紫外線対策も、ニキビ予防や疲れを予防するためにかなり重要になってくるとニキビ太郎は実感しています。

→必見!紫外線はニキビが悪化する原因になる!?その真相に迫っていきます!

体に疲れを溜め込まないためには

次は、体に疲労を溜め込まないようにするためにはどのようにしたらいいのか?というのをまとめていきますね!

favicon イミダペプチドという成分が大事になってくる

鶏の胸肉とアボカドのサルサ3

皆さんは、「イミダペプチド」という成分を知っていますか?

これは日常的に食べる食事の中に比較的多く含まれている成分で、主に鶏の胸肉への含有量が多いと言われています。

この鶏の胸肉に多く含まれる「イミダペプチド」が体の疲労、脳疲労を軽減してくれる鍵を握っているということが、今回調べていくうちに明らかになってきました!

イミダペプチドには、活性酸素による酸化ストレスの影響力を軽減してくれる抗酸化作用があると言われています。

具体的には、脳内でイミダペプチドが抗酸化作用を発揮してくれることで、

・作業効率(パフォーマンス)の低下を抑えてくれる

・疲労感が軽くなる

・細胞の損傷と酸化を抑える

上記のことが可能だということが、最新の研究で明らかになっています。

では、どうして鶏の胸肉なのでしょうか?

例えば、渡り鳥は非常に長い距離を季節毎に飛びながら大移動していますよね。

それを可能にするのが、イミダペプチドのおかげだと言われています。

鶏は飛行するために、翼を羽ばたかせる必要がありますが、通常であればある程度動かすと疲労が蓄積して休めないといけなくなりますよね?

ですが、鶏の胸にはイミダペプチドが豊富に含まれていて、そのおかげで疲労を軽減だからこそ、長距離飛行が可能になっているんですね。

鶏肉の他には、マグロやカツオといった魚に多くイミダペプチドが含まれていると言われています。

この2種類の魚は寝ている間も泳がないと死んでしまうので、常に尾びれを動かしておく必要があるんですね。

favicon ビタミンACEやポリフェノールよりも高い効果がある!?

活性酸素を退治してくれる抗酸化作用がある物質と言えば、

ビタミンAビタミンCビタミンE
・ポリフェノール

といった成分が挙げられます。

ですが、脳細胞(自律神経細胞)の疲労を軽減できるのかというと、実はビタミンACEやポリフェノールには期待できないということなんですね。。。

脳細胞(自律神経細胞)の疲れを軽減するのには、鶏の胸肉に豊富に含まれるイミダペプチドの方が抗酸化作用の持続力が重要になってくると言われています。

ポリフェノールなどの抗酸化作用のある成分は、体の場所を選ばずに効果を発揮してくれるというメリットがありますが、実はその効果は一時間もすると無くなってしまうと言われています。

ですが、イミダペプチドは体内に吸収される時にアミノ酸に分解され、脳内に到達して再合成されるので、脳内で抗酸化作用効果を発揮し続ける事が可能なんですね。

活性酸素の酸化ストレスから脳細胞(自律神経細胞)の疲れを予防するためには、現段階ではイミダペプチドの方が向いているということになります。

favicon 一日に摂取する量は鶏の胸肉100gで大丈夫

鶏の胸肉とアボカドのサルサ7

イミダペプチドは鶏の胸肉に多く含まれていると書きましたが、1日一体どれくらいの量を食べればいいのでしょうか?

実は、抗疲労効果を持続的に脳内で得る為には、一日200mg程度のイミダペプチドを摂取することが有効であるとう研究結果があります。

この1日200mg程度のイミダペプチドを鶏の胸肉に換算すると、約100gなんですね。

つまり、一日に鶏の胸肉を100g食べることができれば、脳細胞(自律神経細胞)の疲労をグッと軽減することができるということになります。

サプリメントもありますが、質の高いものは非常に高価なので、比較的安価で食べる事ができる鶏の胸肉を摂ることが、脳や体の疲れをためずに、かつニキビを予防するために重要なことだとニキビ太郎は考えます。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!ニキビに効く飲み物・良くないドリンクを厳選して紹介します!!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ