驚き!絆創膏でニキビを隠すと逆に悪化してしまう!?その真相に迫っていきます!

[最終更新日]2016/07/15

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

絆創膏はニキビを悪化させるイメージ

顔に大きなニキビや吹き出物が出来た時って、それを他の人に見られたくないから絆創膏(カットバンやバンドエイド)などで隠したくなると思いますが、それをやってしまうと、逆にニキビや吹き出物は悪化する可能性が高くなるとニキビ太郎は実感しています。

実際にニキビ太郎も、大きくて症状の酷いニキビを隠す為に絆創膏を貼って誤摩化していた時期がありますが、それで良くなる事は全くなく、結果的には逆効果でした(泣)

悪化する理由

絆創膏を貼って、ニキビが悪化する理由は、主に以下の様なものが考えられます。

・絆創膏自体がニキビへの刺激となり、悪化の原因になる。

・絆創膏を貼る事で、肌へ刺激を与えることになり、角質層が厚くなる。結果、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、逆にニキビや吹き出物を増やす原因になる。

・絆創膏を貼る事で、肌に痒みが出て、そこを掻く事でニキビを潰し、ニキビ跡を作る可能性がある。

このようなことが考えられます。

ニキビを他人に見られることは本当に辛いですが、それを絆創膏で隠すことは絶対に避けた方がいいとニキビ太郎は思っています。

正しくない治し方を続けていると、僕のように顔全体にニキビや吹き出物、ニキビ跡が出来て、本当にどうしようもないというくらい精神的に落ちてしまいます。

ニキビ太郎

それは絶対に避けてほしいので、僕は絆創膏でニキビを隠すことはオススメできないです。

どうしても貼りたいとき

絆創膏イメージ

そんなことを言っても、どうしても絆創膏で隠して、ニキビや吹き出物を他の人から見られるストレスから解放されたいですよね?

なので、もし絆創膏を貼るのであれば清潔で、できれば絆創膏を貼る前に、清潔な医療用のガーゼなどを当ててから貼るようにしてみてください。

そうすることで、商品によっては絆創膏に付いている可能性のある薬をガーゼによって、ニキビに直接触れることを防ぎます。

また、これであれば就寝中や無意識のうちに、指や手でニキビに触れることも避けれると思います。(手や指は意外と汚れているからですね)

さらに、枕やシーツといった寝具に付いている汚れからニキビを守れるというメリットもあります。

人によっては、絆創膏の粘着部分で肌がかぶれることもあるので注意が必要です。(ニキビ太郎もこのタイプで、何度も失敗してきました)

オロナインと併用することで効果がでる!?

オロナインイメージ

他のニキビ関連サイトやブログさんを見ていると、絆創膏とオロナイン、テラコートリルといった市販のニキビ治療薬を併用することで、ニキビが改善すると書かれていますが、これは万人に効果のある方法ではないと断言できます!

その理由は、ニキビが酷かった頃のニキビは幾度となくニキビに市販のニキビ薬を塗って、絆創膏を貼り、結果として悪化させてきたからですね。(汗)

なので、もしも絆創膏と市販のニキビ薬を使ってニキビ良くしようと思っている方がいらっしゃったら、それよりも皮膚科に行って、最新のニキビ治療薬を処方してもらった方が100%良いとニキビ太郎は実感しています。

ニキビや吹き出物は、たった1つでも肌の病気なんですね。”病気”は、一度病院で見てもらうべきだと僕は感じています。

オロナインと絆創膏という治し方への反論

ちょっとニキビ太郎の考えを1つずつまとめていこうと思います。

favicon コットンパックは絶対に避けた方が良い

避けたい化粧水イメージ画像

とあるサイトでは、ニキビ用の化粧水(アルコール系の化粧水)をコットンにしみ込ませてから、5〜10分程度顔をパックした方が良いと書かれていますが、これは間違いなく肌の状態を悪化させると思います。

ニキビ用の化粧水のように、アクネ菌を退治するためにアルコールなどの成分が入ったものは、逆に肌への刺激にしかならず、肌のバリア機能に必要な常在菌をも死滅させてしまう恐れがあるので、絶対に避けた方がいいとニキビ太郎は考えます。

アルコール系のものを使用しつづけると、本当にとりかえしの付かないことになる可能性大です。

favicon オロナインをニキビにのせるのもNG

オロナインもやっぱりお医者さんが処方してくれたお薬には、到底及びません。

むしろ逆効果だとニキビ太郎は実際に使ってみて、実感しています。

確かにこれで良くなる人もいると思うのですが、それは稀であり、多くの人は現状維持か逆に悪化すると思っています。

ニキビを良くする努力が必要

食事見直すイメージ画像

ニキビや吹き出物といった肌荒れで悩んでいる人ほど、スキンケアには人一倍気を使っているはずですし、日常生活においても誰よりも規則正しくしようとしている人も多いはずです。

ですが、何か1つでも正しくないことをしていたら、それがニキビを悪化させたり、治りを遅くしてしまっている原因なのかもしれません。

その中の1つに食生活があります。食品添加物や保存料が多く含まれた食品を好んで食べていませんか?

そこで、ニキビ太郎が実践した食事方法の全てを記録した記事を以下のリンク先に書いています。是非参考にしてみてください!

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

また、ニキビや吹き出物に有効なビタミン類を以下にまとめてみました。

favicon ビタミンA

ビタミンAイメージ画像

ビタミンAの主な働きは、皮膚・粘膜の健康を保ち、肌をしっとりとさせる効果があります。他にも、肌の新陳代謝(=ターンオーバー機能)を向上させたり、高い抗酸化作用があることで有名なビタミンです。

なので、揚げ物を食べ過ぎて、活性酸素が発生しやすくなっている体には、ビタミンAは積極的に取り入れたい栄養素になります。

次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンAを摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

チーズ

・のり

たまご

・にんじん

・かぼちゃ

とまと

ピーマン

など。特に、にんじんやかぼちゃを調理すると、ビタミンA(βカロテン)を効率よくとれるとニキビ太郎は実感しています。

→注意!ビタミンAが不足すると吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon ビタミンB2

ビタミンB2イメージ画像

ビタミンB2は、皮脂の過剰分泌を抑えたり、肌のターンオーバー機能を向上させる効果があると言われています。

また、炭水化物(糖質)や脂質、タンパク質の代謝も助けてくれる役割も担ってくれています。

なので、炭水化物や脂質を多く含む食品を食べ過ぎたときは、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンB2を摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

レバー

納豆

・牛乳

ヨーグルト

・卵

さんま

など。特に納豆の納豆菌にはビタミンB2が豊富に含まれていると言われてるので、積極的に食べていきたい食材ですね!

→注目!ビタミンB2は吹き出物などの肌荒れ予防に効果があります。

favicon ビタミンB6

ビタミンB6イメージ画像

ビタミンB6はタンパク質やアミノ酸の代謝を助けたり、筋肉や血液、細胞を作る際にも大活躍してくれます。

また、ストレスを抑制してくれる作用もあると言われているので、飲み会などの席で溜まったストレスなんかにも有効です。

なので、飲み会の席なんかでたくさんの揚げ物を食べ過ぎたときや、ストレスが溜まったときには、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンB6を摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・レバー

・かつお

豆腐

バナナ

・にんにく

など。特にバナナにはたった1本で、一日に必要なビタミンB6を摂取できると言われているので、大変オススメです!ニンニクなんかもメニューに入れやすいので、是非試してみてくださいね!

→必見!ビタミンB6は吹き出物や肌荒れの予防効果があります。

favicon ビタミンC

ビタミンCイメージ画像4

ビタミンCには、抗酸化作用があるので、肌はもちろん体の老化を予防できるので、積極的に摂っていきたい栄養素です。

揚げ物を食べ過ぎて、活性酸素が体内に蓄積すれば、それだけ肌細胞がダメージを受けるので、口ニキビや吹き出物ができやすくなります。

なので、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンCを摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・かぼちゃ

ブロッコリー

・レモン

・じゃがいも

・パセリ

・モロヘイヤなど

特にじゃがいもなんかは、加熱に強いので、熱に弱いビタミンCを効率良く摂るにはもってこいの食材となっています!

→必見!ビタミンCが吹き出物や肌荒れに効果的です!

favicon ビタミンE

ビタミンEイメージ画像

ビタミンEにも、高い抗酸化力のある栄養素として肌の老化防止に貢献します。

また、血液のドロドロを予防したり、血行を良くしたりする作用があるので、口周辺ニキビで悩んでいる人ほど積極的に摂りたい栄養素です!

なので、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンCを摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・魚肉ソーセージ

・玄米

・大豆

オリーブオイル

・もやし

など。また、ビタミンEはビタミンAが不足がちの時に活躍してくれるビタミンでもあります。

サプリメントを飲むのもオススメ

サプリメントイメージ画像

揚げ物を食べ過ぎたけど、上記のような食材を使って調理できない!!!という人には、サプリメントでこれらの栄養素を効率よく摂る方法がオススメです。

ですが、栄養素は基本的に食事から摂るのが一番栄養の吸収率がいいとニキビ太郎は思っているので、サプリメントに過剰に期待するのはいけないと思っています。

また、サプリメントで過剰摂取した場合、逆に体に悪影響が出たり、肌にニキビや吹き出物が出来たりすることもあるので、大変注意が必要です。

→ニキビ太郎がオススメするサプリメントはこちらです。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!頬ニキビを1日でも早く予防するための治し方を原因から見ていきます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ