必見!脂漏性皮膚炎とニキビを併発する原因と対策について

[最終更新日]2016/07/13

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

  • POINT!
脂漏性皮膚炎は、ニキビと併発する可能性があります。そのため、原因をしっかりと把握して正しい治し方で対処する必要があります。ここを間違うと、吹き出物や肌荒れが悪化したり、ニキビ跡を残す恐れもあるからですね。
脂漏性皮膚炎がニキビと併発する!?イメージ

まずは、脂漏性皮膚炎について説明させてください。脂漏性皮膚炎とは、フケの付着物を伴う肌の病気(脂漏性湿疹)のことを指します。

症状としては、肌が赤くなったり、かゆみが出てきたり、さらにはカサカサと肌荒れを引き起こすと言われています。

この脂漏性皮膚炎は、特に生まれて間もない赤ちゃんと20歳を過ぎた成人男性に多く発症すると言われています。

赤ちゃんの場合(乳児脂漏性湿疹)だと自然治癒力で回復するケースが多いのですが、大人が脂漏性皮膚炎にかかると慢性化すると言われています。

ニキビが痒かったり、ニキビ周辺が異常に赤みをもっているなら、それは脂漏性皮膚炎を併発している可能性があります。

ニキビと脂漏性皮膚炎は、全くの別の症状ですが、どちらも常在菌(ニキビはアクネ菌、脂漏性皮膚炎はマラセチア)が影響していると考えられています。

また、それらの菌は皮脂を好物としているため、ニキビと脂漏性皮膚炎が発症する場所は額や鼻といった皮脂の場所が多いです。

ニキビは、皮膚の1番外側にある角質層が遊離脂肪酸の影響を受け、それが原因で角質肥厚を引き起こし、結果としてそれが毛穴が詰まることも招いていることが考えられます。一方で脂漏性皮膚炎は、マラセチアが皮脂を分解する際に遊離脂肪酸を作り出します。

これがニキビと脂漏性皮膚炎が合併症として現れる原因だと考えられます。

成人と乳児では症状の現れ方が異なる

favicon 赤ちゃん(乳児)の場合

赤ちゃんイメージ画像

赤ちゃんに発症した脂漏性皮膚炎は、主に皮脂の分泌が盛んな頭皮や顔にできるケースが多いと言われています。これは、赤ちゃんは、毛穴の成長が十分でないことが原因の1つだと言われています。

症状としては、肌が赤くなったり、時には酷い炎症を引き起こすことがあります。そのため、一見アトピー性皮膚炎と間違うケースもあるので、専門医の元へ早期受診することが必要です。

乳児脂漏性湿疹は、赤ちゃんの自然治癒力(免疫機能が高まる)で治る場合がほとんでだと言われているので、そこまで心配する必要はないと思います。

favicon 成人の場合

成人イメージ画像

成人の脂漏性皮膚炎の場合だと、皮脂の分泌が盛んで、口の周辺や鼻の周り、おでこや眉毛の近くに脂漏性皮膚炎が現れると言われています。これは、脂漏性皮膚炎の主な原因となるマラセチアと呼ばれるカビ菌が皮脂や汗がたくさんある場所を好むからですね。

症状としては、肌が赤くなる。また、皮膚が皮剥けポロポロと剥がれ落ちていく症状であったり、時には肌が乾燥したときのように粉をふくような症状も現れるようです。

特に、皮脂の分泌を促す男性ホルモンが多い成人男性に脂漏性皮膚炎が現れるケースが多いと言われていますが、ストレスフルな現代社会では、女性の方もホルモンバランスが崩れることで脂漏性皮膚炎を発症してしまう人も少なくないと言われています。

主な原因9つを紹介します。

favicon マラセチアというカビが原因!?

カビ菌イメージ画像

カビの1種である、マラセチアと呼ばれるカビ菌(真菌)が脂漏性皮膚炎の原因になっている可能性があると言われています。マラセチアは、常在菌として普段から人の肌に存在している菌です。

毛穴から分泌される皮脂を好物としていて、皮脂の量が多いと、それに比例してマラセチアの数も増加するというわけです。また、肌の免疫機能が低下することもマラセチアを増やす原因となります。

このマラセチアは、皮脂の中にある成分を分解する際に遊離脂肪酸を作り出し、それが人の肌に刺激を与える可能性があるとのデータがあります。

favicon 皮脂の過剰分泌が原因!?

皮脂イメージ画像

脂漏性皮膚炎で悩むのは、男性が多いと言われています。これは、女性に比べて男性の方が皮脂の分泌量が多いためだと考えられます。特に鼻の周りやおでこ、頭皮が赤くなるケースが多いようです。

先述しましたが、脂漏性皮膚炎の原因はマラセチアというカビ菌が原因の可能性が高いです。マラセチアは皮脂や汗を好物としています。

そのため、皮脂や汗の量が多くなる夏場になると脂漏性皮膚炎で悩む人は増えるとされています。

→注意!皮脂の過剰分泌は吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon 長時間のメイクが関係している!?

メイクイメージ画像

女性の方で脂漏性皮膚炎で悩んでいる人は、お化粧(メイク)が関係しているのかもしれません。最近のファンデーションにはカバー力の強いものが多いです。

カバーの強さに比例して肌への負担も大きくなってきます。メイク商品に使用される油脂成分が脂漏性皮膚炎の原因になる可能性大です。

いくら日焼け止めをしているからといっても、時間がたてば紫外線の影響で、ファンデーションが酸化したりします。これは、脂漏性皮膚炎だけでなく、ニキビの原因や悪化につながるので、なるべくカバー力の弱いパウダータイプを使用されることをオススメします。

→注意!ニキビを隠すためのメイクはしない方がいいです!

favicon 糖尿病や肝臓疾患、エイズによる免疫機能低下が原因に!?

糖質を多く含む食品を食べ過ぎると、それだけで体の免疫機能が低下するという研究データが存在しています。また、糖尿病や肝臓疾患やエイズの人は普通の人よりも免疫機能がかなり落ちていると言われており、それが原因で脂漏性皮膚炎にかかってしまうことも考えられます。

→注意!チョコレートを食べ過ぎると吹き出物などの肌荒れが発生します。

favicon 間違ったスキンケアが問題なのかも!?

スキンケアイメージ

顔や頭皮は、洗いすぎてもダメです。洗浄力が強いシャンプーやスキンケア商品を使っていたり、洗顔やシャンプーをする回数が頻繁だったりすると、それだけで皮脂の分泌量が増加してしまいます。

正しいスキンケアや頭皮ケアが出来ていないと、脂漏性皮膚炎やニキビなどの肌の病気にかかる確率は高くなります。

洗顔は多くて1日2回。洗髪も多くて1回を目安にしましょう。

過剰に洗うことは、逆に肌に悪影響を与えます。

favicon ビタミン不足が原因!?

ビタミンイメージ画像

ビタミン不足は、脂漏性皮膚炎だけでなく、ニキビや吹き出物といった肌の病気にもつながってしまいます。また炎症が悪化したり、症状が慢性化するこtもあるので、ビタミン不足は要注意です。

ビタミンは肌の健康には欠かせない、ターンオーバー機能といった肌の代謝機能を支えてくれる栄養素です。特にビタミンB群は肌代謝に重要な働きをしてくれているので、積極的に摂らなくちゃいけない栄養素です。

ビタミンは腸内細菌でも合成されるので、腸内環境を整えることも非常に大切になってきます。

→注意!腸内環境の悪化は吹き出物や肌荒れの原因となります!

favicon ストレスはお肌の敵です。

ストレスだめ絶対!!

強いストレスがかかると、人の免疫機能は著しく低下してしまいます。またホルモンバランスが崩れることもストレスが原因になったりします。これは、ニキビや脂漏性皮膚炎といった肌の病気だけでなく、健康そのもに悪影響がでてしまいます。

現代社会でストレスと無縁の生活を送ることは不可能なことなのかもしれませんが、軽い運動やカラオケ、趣味活動を充実させるなど少しでもストレスを減らす努力を僕たちは常日頃から意識するべきなのかもしれません。

→注意!ストレスは吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon アルコールを含む飲み物が関係している!?

アルコール、お酒イメージ画像

アルコールを含む代表的な飲み物と言えば「お酒」ですよね?お酒は適量なら良いと言われますが、過剰に飲み過ぎると、それだけアルコールを分解するためにビタミンやミネラルが大量消費されてしまいます。

本来肌に行き渡る予定であったビタミンなどの栄養素がアルコールの分解のために浪費されたとしたら、それだけ肌の健康を阻害するだけでなく、他の場所にも悪影響を与えかねません。

肌の状態が普通と違う状況なら、お酒を控えるなど工夫をする必要があります。

→注意!お酒を飲み過ぎると吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon 過酸化脂質が原因に!?

過酸化イメージ画像

毛穴の外に排出された皮脂は、徐々に酸化していきます。特に皮脂の量が多く露出している顔や頭皮の皮脂は紫外線などの影響も受けやすく、皮脂が過酸化脂質になるまでの時間が早いです。

過酸化脂質は、肌に刺激を与えます。これが脂漏性皮膚炎の原因になる可能性があります。

脂漏性皮膚炎の治し方について

favicon 正しいスキンケアを行う

スキンケアイメージ写真

脂漏性皮膚炎は、皮脂の異常分泌でマラセチア菌が増加することが原因だと考えられています。そのため、過剰なスキンケアや頭皮ケアをしないようにしましょう。

洗顔は多くても1日2回。洗髪は多くても1日1回を限度とし、何分もしないように注意してください。皮脂を落としすぎることは、肌のバリア機能を低下させるだけでなく、皮脂をより作り出してしまう原因にもなります。

→必見!シャンプーやリンスが吹き出物や肌荒れの原因に!?その真実に迫ります

favicon 食生活について

特に口周りのニキビはビタミン不足と言われる事が多いので、不規則な食生活や偏食や過食をしないようにするのが良いです。

やはり1番はバランスの良いメニューで、たくさんの栄養素を満遍なく摂取できる食生活が理想です。

以下にビタミンやミネラルを多く含む食材を紹介しますね!

favicon ビタミンA

ビタミンAイメージ画像

ビタミンAの主な働きは、皮膚・粘膜の健康を保ち、肌をしっとりとさせる効果があります。他にも、肌の新陳代謝(=ターンオーバー機能)を向上させたり、高い抗酸化作用があることで有名なビタミンです。

なので、揚げ物を食べ過ぎて、活性酸素が発生しやすくなっている体には、ビタミンAは積極的に取り入れたい栄養素になります。

次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンAを摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・チーズ

・のり

・たまご

・にんじん

・かぼちゃ

・とまと

・ピーマン

など。特ににんじんやかぼちゃを調理すると、ビタミンA(βカロテン)を効率よくとれるとニキビ太郎は実感しています。

→注意!ビタミンAが不足すると吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon ビタミンB2

ビタミンB2イメージ画像

ビタミンB2は、皮脂の過剰分泌を抑えたり、肌のターンオーバー機能を向上させる効果があると言われています。

また、炭水化物(糖質)や脂質、タンパク質の代謝も助けてくれる役割も担ってくれています。

なので、炭水化物や脂質を多く含む食品を食べ過ぎたときは、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンB2を摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

レバー

納豆

・牛乳

ヨーグルト

さんま

など。特に納豆の納豆菌にはビタミンB2が豊富に含まれていると言われてるので、積極的に食べていきたい食材ですね!

→注目!ビタミンB2は吹き出物などの肌荒れ予防に効果があります。

favicon ビタミンB6

ビタミンB6イメージ画像

ビタミンB6はタンパク質やアミノ酸の代謝を助けたり、筋肉や血液、細胞を作る際にも大活躍してくれます。

また、ストレスを抑制してくれる作用もあると言われているので、飲み会などの席で溜まったストレスなんかにも有効です。

なので、飲み会の席なんかでたくさんの揚げ物を食べ過ぎたときや、ストレスが溜まったときには、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンB6を摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・レバー

・かつお

豆腐

バナナ

・にんにく

など。特にバナナにはたった1本で、一日に必要なビタミンB6を摂取できると言われているので、大変オススメです!ニンニクなんかもメニューに入れやすいので、是非試してみてくださいね!

→必見!ビタミンB6は吹き出物や肌荒れの予防効果があります。

favicon ビタミンC

ビタミンCイメージ画像4

ビタミンCには、抗酸化作用があるので、肌はもちろん体の老化を予防できるので、積極的に摂っていきたい栄養素です。

揚げ物を食べ過ぎて、活性酸素が体内に蓄積すれば、それだけ肌細胞がダメージを受けるので、ニキビや吹き出物、脂漏性皮膚炎を発症しやすくなります。

なので、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンCを摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・かぼちゃ

ブロッコリー

・レモン

・じゃがいも

・パセリ

・モロヘイヤなど

特にじゃがいもなんかは、加熱に強いので、熱に弱いビタミンCを効率良く摂るにはもってこいの食材となっています!

→必見!ビタミンCが吹き出物や肌荒れに効果的です!

favicon ビタミンE

ビタミンEイメージ画像

ビタミンEにも、高い抗酸化力のある栄養素として肌の老化防止に貢献します。

また、血液のドロドロを予防したり、血行を良くしたりする作用があるので、ニキビや脂漏性皮膚炎で悩んでいる人ほど積極的に摂りたい栄養素です!

なので、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンCを摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・魚肉ソーセージ

・玄米

・大豆

・オリーブオイル

・もやし

など。また、ビタミンEはビタミンAが不足がちの時に活躍してくれるビタミンでもあります。

サプリメントを飲むのもオススメ

サプリメントイメージ画像

揚げ物を食べ過ぎたけど、上記のような食材を使って調理できない!!!という人には、サプリメントでこれらの栄養素を効率よく摂る方法がオススメです。

ですが、栄養素は基本的に食事から摂るのが一番栄養の吸収率がいいとニキビ太郎は思っているので、サプリメントに過剰に期待するのはいけないと思っています。

また、サプリメントで過剰摂取した場合、逆に体に悪影響が出たり、肌にニキビや吹き出物が出来たりすることもあるので、大変注意が必要です。

→ニキビ太郎がオススメするサプリメントはこちらです。

また、ニキビ太郎が実際に酷かったニキビやニキビ跡を予防するために行った食生活の方法を以下の記事にまとめましたので、是非参考にしてみてください!

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

favicon 皮膚科で治療薬を処方してもらう

皮膚科イメージ画像

脂漏性皮膚炎には、抗真菌薬が有効だと言われています。ニゾラールローション(通常は「ケトコナゾール」と呼ばれています)が処方されるケースが大半だと思います。ケトコナゾールには、ローションタイプとクリームタイプの2種類があり、肌の状態によって処方されるタイプが異なることがあります。

ケトコナゾールには、真菌の増加を抑えてくれる効果が期待できます。そのため、マラセチアの増殖がが原因と考えられる脂漏性皮膚炎の治療に高い治療効果があります。

ステロイドタイプの処方もあり得る

脂漏性皮膚炎の症状が酷い人には、ステロイドタイプのお薬が処方されるケースがあります。(これを対症療法と呼んでいます)ステロイドは使いどころを間違えると副作用(免疫機能の低下)が出てくる可能性が高くなりますが、きちんとお医者さんの処方通りに使用すれば特に問題がないと思います。

しかし、先述しましたがステロイドには逆に菌を異常に増やしてしまうという副作用が考えられるので、使用中に異常が出た場合はすぐにお医者さんに相談しましょう。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!頬ニキビを1日でも早く予防するための治し方を原因から見ていきます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ