注目!僕はマスクでニキビを隠しながら予防していきました!!!

[最終更新日]2016/07/12

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

マスクとニキビの関係についてイメージ

よく耳にするのが「マスクをするとニキビや吹き出物といった肌荒れが悪化するから辞めた方がいい」という情報です。

マスクをすることによって、肌とマスクとの間で摩擦が起きてそれが肌に刺激を与えていたり、マスクによる蒸れで雑菌を繁殖させてそれがニキビの原因だという主張があるからですね。

確かにそれらはニキビをつくる原因になっているかもしれないですが、それでも僕ニキビ太郎は酷いニキビやニキビ跡がある時でも常にマスクをして過ごしていました。

僕の経験から言えることは、常にマスクをしてニキビを隠していても適切なスキンケアや生活習慣を継続することでニキビを予防し、目立たせなくしていくことは十分に可能だということです。

以下では、そんな僕が実践したマスク生活を詳しくまとめていくので、是非参考にしてみてください!

マスクは顔にパンツを履いているような状態!?

マスク11

マスクは肌に密着するものなので、どうしてもその肌とマスクが触れているところでは摩擦が起きやすいとされています。

確かにそれが刺激となって肌にダメージを与え、ニキビや吹き出物といった肌荒れになる可能性はニキビ太郎も否定しません。

また、マスクは顔にパンツを履く様な状態だと表現されることもありますが、これも実際にマスクを使用して呼吸をするとマスクの通気性の悪さから湿度が高い状態となるので、蒸れて雑菌(アクネ菌)が繁殖しやすい環境であることも考えられます。

似た様な環境で出来やすいのがお尻ニキビですよね?パンツとお尻の間に摩擦が起きたり、自分の息や汗などで湿度が高くもなるのでお尻ニキビの原因となりやすくなります。

こういったことから、ニキビで悩んでいる人はマスクで肌を隠すのを辞めた方が良いと言われる所以だと思います。

ですが、マスクをしていてもニキビができない人はいるとニキビ太郎は感じています。

例えば職業柄常にマスクをしている方達ですね。

お医者さんや看護師さん、ニキビ太郎の妹は歯科衛生士なのですが、職場では常にマスクをしていると言っています。

上記のような職業に就いている人で、常にマスクをしている人たちでも肌が綺麗な人は多いと思います。(もちろん中には肌荒れで悩んでいる人もいらっしゃると思いますが)

マスク=ニキビを悪化させるもの

であるならば、この常にマスクをしている職業の方達は全員がニキビで悩んでいても不思議じゃないですよね。

ですが、実際に常にマスクをしていてもニキビで悩んでいる人というのは少数派だとニキビ太郎は思うのです。

なので、ニキビ太郎はニキビがあるからマスクを外した方がいいとは思わないです。ニキビといった肌のコンプレックスを隠すことにマスクを着用することは全然いいと思う派です。

favicon マスクは一日に2回交換した方がいい!?

マスク13

これは完全にニキビ太郎の意見ですが、僕は使い捨てマスクを多いときで1日3回、最低でも1日2回は新しいマスクと交換するようにしています。

なぜなら、やっぱりずっと同じマスクを一日中使用しているとなると、どうしても唾液や汗や皮脂、メイク(ファンデーションやチークなど)がマスクについたり、マスクが湿気で形が崩れ隙間が出来ると感じているからです。

マスクを付けているのに息苦しくなったり、形がくずれて隙間ができるとそこからウイルスや細菌、ハウスダスト(埃)なんかも侵入しやすくなり、メリットが少なくなると思っているので、ニキビ太郎は出来れば1日に2回はマスクを交換することをオススメしたいですね。

紫外線対策にもなる

紫外線イメージ画像

マスクを着用することで得られるメリットの1つに、紫外線対策ができることが挙げられると思います。

紫外線はUV:ウルトラバイオレットとも表現さますが、厳密に言うと以下の3種類に分類することができます。

・UVA
・UVB
・UVC

ですね。

人はこういった紫外線を浴びると、体内で活性酸素という細胞を老化させる物質を作り出すと言われています。

肌細胞が老化すれば、それだけ肌のターンオーバー機能のサイクルも乱れ、古い角質(垢)がいつまでも肌に蓄積することにつながり、それが毛穴を塞ぐことになります。

微小面皰(ニキビになりかけの毛穴)イメージ

そうなると毛穴の皮脂が詰まりやすくなり、結果としてニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になってしまうということなんですね。

ですが、そこでマスクをすることによって紫外線が肌に当たらないようにすると、体内に活性酸素を作る量を減らすことができ、肌の老化やニキビを予防することにもつながるとニキビ太郎は考えます。

花粉症対策にもなる

花粉イメージ2

マスクを着用する目的に花粉症対策のためだという人も多いはずです。

また、その花粉の時期にニキビや吹き出物といった肌荒れが酷くなるという人も多いんですね。

なぜかというと、花粉のアレルギー症状として肌荒れがひき起こっている可能性があるからです。

時に酷い痒みを引き起こす花粉症皮膚炎という肌の病気があるので、花粉の時期に異常に肌の痒みを感じた場合は一度皮膚科に行かれることをオススメしたいです。

花粉以外にも、ハウスダスト(埃)や動物アレルギー、冬場になるとインフルエンザや風邪予防のために、さらにニキビといった肌のコンプレックスを隠せるマスクは、かなり魅力のある商品だと感じています。

→驚き!花粉が春ニキビの原因になる可能性が高いことが判明!?

マスクをする際の注意点

今の日本には様々なマスクが登場していますよね。中には伊達マスクといってファッションの一部としてマスクを活用することがあるようです。

こういったものはマスクはマスクでも避けた方がいいケースがあるので、ここからはニキビがある人がマスクをする時に注意すべき点についてまとめていきたいと思います。

favicon 伊達マスクは避けた方がいい

ファッションマスクイメージ

先ほども記述しましたが、マスクをファッションの一部として考え、コーディネートの中に取り入れる人たちも少なくないようです。

迷彩柄など独特の柄をプリントされたもの、ぬいぐるみに使用されるような素材で作られた可愛いマスクなど、、本来のマスクの役割とはちょっと違ったものですね。

こういった流行も大事だと思いますが、特に普通のマスクと違った素材のもので、しかもそれを何度も繰り返し使用するのは確実に不衛生で、それがニキビや吹き出物といった肌荒れの原因や悪化につながる可能性が高くなるので、使用を控える必要があるとニキビ太郎は感じています。

favicon 顔に直接張り付けるマスクもNG

張りつけるタイプのマスク

結構衝撃だったのが、紐(ひも)がないタイプのマスクが存在しているという事実です。

マスクの紐が耳にこすれて痛い人向けに、ベタつかないシリコンテープを採用し、マスクを顔に直接張り付けることが可能となっているんですね。しかも何度も着脱可能とのことです。

マスクの紐がないのは魅力的ですが、シリコンテープが毛穴を塞ぎ、ニキビの原因になる可能性が高いので、使用する前には要検討すべき商品だと感じました。

favicon 市販のアロママスクは避けるべき

マスク10

マスクの中にはアロマと融合した商品もあります。

特に女性向けなのですが、マスクにアロマの香りが配合されていて、マスクを付けている間匂いがするというものですね。

ですが、このアロマの香りのする成分が肌に悪影響を与える可能性があるので、ニキビ太郎は普通の使い捨てタイプのマスクを選ぶことをオススメしたいです。

favicon サイズや形にも注意してみる

マスクイメージ画像

使い捨てマスクならなんでもいい!という訳ではなくて、ちゃんと自分の顔のサイズや形にあったマスクを選んだ方がいいと感じています。

マスクによってはやたらと呼吸がし難いもので、逆にストレスが溜まってニキビを誘発したり、密着しすぎて肌へ強い刺激を与えてメラニン色素の発生につながったりする可能性も否定できないので、自分にあったマスクを選ぶべきだと考えます。

立体的(3次元、3D)なマスクや自分の肌に合う素材(不織布や綿素材(ガーゼ)など色々あるため)を選び、マスクの紐の強弱なども耳への負担を減らすコツだと思うので、自分に合うマスクを探すのもニキビで悩む人には大切な行動だと思います。

ちなみにニキビ太郎の場合はニキビがある場合は少し大きく、耳への負担が小さいのマスク(不織布タイプ)のものを選んだりしています。

マスクのサイズが小さいと、マスクの縫い目がちょうど顎やフェイスライン、頬の上部や小鼻に物理的刺激を与えることになるからですね。

たまに抗菌剤が添加されたマスクがありますが、あのタイプは避けるようにしています。なぜなら、その成分が肌に悪影響を与える可能性が高いと感じているからですね。

最後に、多分いないとは思うのですが、ケチって同じマスクを毎日つけるのは絶対に避けるようにしましょう。完全に不衛生な環境を自ら作り上げていることになるので要注意です。

保湿用のシートマスク(パック)もNG

マスクシートイメージ

マスクといっても、保湿用のシートマスク(パック)も存在しています。

このタイプのマスクは、ニキビや吹き出物といった肌荒れで悩む人ほど、シートマスク(パック)の使用を避けた方が良いとニキビ太郎は思っています。

肌美精(うるおい浸透マスクADアクネ)は5枚入りでお手頃な価格帯で販売され、大人ニキビの予防に向いているとされていますが、同シリーズのニキビケア商品はニキビで悩む人には向かないとニキビ太郎は感じていて、使用する前に要検討すべき商品だと感じています。

スキンオペレーションというシートマスクもドンキホーテにもよく陳列されていて、使用する人が多いようですが、これを使用するなら皮膚科にいって自分の今の肌に合ったニキビ薬を処方してもらいそれを使った方が費用対効果は高いとニキビ太郎は実感してます。

スパマスクシートというマスクシートが薬用ビューネから販売されており、グリチルリチン酸ジカリウムという有効成分で、とろっとした感じのものもあるようですが、やはり皮膚科のヒリドイドローションといった保湿剤の方が費用対効果は高いと感じています。

また、プロアクティブからもデュアルハイドレイティングマスクというのが販売されているようですね。

顔の上部と下部で分かれているので、使いやすいのと、下と上のシートでは配合されている成分が違っているようですね。ですが、プロアクティブ自体が非常に肌に刺激が強く、殺菌作用も強すぎるので、特に普段から乾燥や敏感肌で悩んでいる人には向かない商品だとニキビ太郎は感じています。

最後に紹介するのが、ネイチャーアンドコーさんから販売されているミント&ティーアクアモイスチュアマスクです。ハーブやミントの香りがして、ひんやり冷たい感触がするのもこの商品の特徴だと思います。

リラックス効果があるとのことですが、肌を冷やすということはそれだけ血行を停滞させることにつながる可能性があると思うので、ニキビ太郎は使用する前に要検討すべき商品だと感じています。

上記したように、シートマスクという形で肌に密着させ、ニキビ予防をしていくというものがありますが、

これらよりも、皮膚科で処方してもらえるニキビ薬や保湿剤の方が費用対効果は遥かに高いとニキビ太郎は感じています。

特に注意したいのが、シートマスクを外した後です。

外した直後は肌が潤っているかもしれないですが、それは肌の角質層(表面)にマスクに含まれている水分があるからですね。

ですが、マスクを外すと空気中に蒸発していく際に肌の内部にある水分までも一緒に蒸発させてしまう恐れがあります。

なのでマスクシートをする際は、かならずその後に保湿をするようにしてみることをニキビ太郎はオススメします。

→注目!乾燥肌もニキビの大きな原因となる!?その真相に迫っていきます!

夜にマスクをつけて就寝するのは大丈夫?

枕イメージ画像

喉を保湿する目的で、夜マスクをして寝ている人も多いと思います。

ニキビ太郎もその中の一人で、ニキビやニキビ跡が酷かった時から空気の乾燥しやすい秋や冬にはマスクをして寝るようにしています。

この夜にマスクをして寝ることがニキビの原因だと考える人もいると思うのですが、ニキビ太郎はそれはあまり関係ないのかな?と感じています。

ニキビ太郎の場合は寝る前に皮膚科のニキビ薬(ディフェリンゲルやベピオゲル)を塗布して寝ますし、ダラシンTゲルやアクロマイシン軟膏3%とフエナゾール軟膏5%が配合された黄色いニキビ薬を塗布する日もあるので、むしろマスクを寝ることによって、そういったニキビ薬が寝具につくことを防いでくれます。

もちろん、自分の肌に合ったマスクを選んでおくというのが大前提ではありますが・・・

マスクをしてかなり息苦しい人や、マスクが肌に刺激を与えて痛いと感じる人は逆にマスクを夜につけない方がいいかもしれないですね。

マスク以外の方法で部屋を加湿(洗濯物を室内に干したり、加湿器を起動させるなど)することもアリだと思っています。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→注目!1日でも早く黄ニキビを予防する方法を原因から見ていきます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ