注目!アロエがニキビの予防に効果的!?の真実に迫っていきます!

[最終更新日]2016/07/15

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
今回は、アロエがニキビや吹き出物といった肌荒れに効果的だという情報を手に入れたので、ニキビ太郎自身、ニキビにアロエを塗ってみたり、アロエを食べてみたりしてその真実に迫っていこうと思います!

アロエがニキビに効く理由

アロエがニキビに効果的!?イメージ

 日本でアロエと言えば、キダチアロエという品種だと言われています。他にはアロエベラという品種が有名ですが、実はこれは寒さに弱い品種なので、沖縄以外では温度管理ができるところでないと栽培が難しいと言われています。

 ちなみにニキビ太郎が用意したのは、沖縄のアロエベラの方です。

沖縄アロエベラ5

 こちらの方が、キダチアロエよりも大きく成長するので、葉の厚みがあり、使用できる部分が多いので、またこれを栽培している方のお写真を見てとても信頼できそうだったので、Amazonさんを通じて購入させていただきました。

 さて、そんなアロエには多くのビタミンやミネラルなどを豊富に含まれていて、アミノ酸もなんと18種類も含んでいると言われています。これにはニキビ太郎もびっくりです。

また、アロエは外傷治癒作用や抗炎症作用もあると言われる万能エキスを含んでいるとされています。

ここでアロエに含まれる成分を紹介させてくださいね!

・アロエモジン(健胃作用)
・アロエチン(殺菌作用)
・アロミチン、アロエウルシン(抗炎症作用
・アロエベラ葉エキス(肌の奥にある真皮細胞のコラーゲンの生成を促進する作用・肌のターンオーバー機能を正常にする作用)
・ベレクチン(皮膚細胞を修復する作用)
・アロエシン(美白作用)

ビタミンCイメージ画像4

上記のように、アロエに含まれる成分を見ると、もはや健康や美容にもってこいなんですね!特にアロエシンという成分は、なんとビタミンCと同様な美白効果が期待できるので、色素沈着のニキビ跡やシミの原因となるメラニンの生成を抑制してくれると言われています。

色素沈着ニキビ跡を目立たなくするまでにかなりの期間を必要とするので、この効果は嬉しいですよね。

なので、アロエエキスを肌にできたニキビや吹き出物といったところに塗るとニキビの炎症を抑えてくれる効果があるということなんですね。

早速ニキビ太郎も実践してみたいと思います!

→【保存版】酷いニキビ跡を一日でも早く消す方法について

アロエをニキビに塗る方法

塗るまでの順番としては。

①アロエをカットし、果肉からエキスを抽出する。

②手にエキスを取り、ニキビへと塗っていく。

前述しましたように、今回は沖縄育ちのアロエベラを使用していきます!

favicon まずはカットしていきます!

沖縄アロエベラ7

アロエエキスをアロエから抽出するために、まずはアロエ自体をカットしていきます!

アロエの有効成分はこの果肉(ゲル)の部分に含まれているといわれています。ですが、かなりベトベト(ネバネバ)しています(汗)

沖縄アロエベラ8

ちょっと慣れていないので気持ちわるい触感ですが、頑張ってニキビに塗っていきます!

favicon いよいよ塗布していきます!

次に、手につけたアロエを塗っていきます。

他にもアロエの果肉自体をニキビに貼るという方法、アロエからアロエ化粧水を自作して塗る方法もあるようですが、いずれも普通の人が挑戦するとかなりリスクが高く、高確率で逆効果となる可能性があるので、なるべくならしないように注意してください。

アロエ肌に塗った直後

上の写真は、アロエベラエキスを肌に塗った直後の写真になります。

アロエ自体がかなりベトベトしているので、塗った箇所もやっぱりネチョネチョしてしまいます。

※カリフォルニア州のアクネ研究所にて、重症ニキビ患者さん約20人に、アロエベラのゲルを塗布し、1週間程経過を観察したら、なんとニキビを予防したという研究データもあるようですが、これは本当に個人差があると思うので、繰り返しますが、アロエの果肉をニキビに塗布することはニキビ太郎はあまりオススメできません。(汗)

ニキビ太郎がニキビを予防するためにしたスキンケアの方法は以下のリンク先記事にまとめています!是非参考にしてみてください!

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

アロエを食べることはオススメ

ニキビ太郎はアロエをニキビや吹き出物に塗るよりも、アロエ自体を食べることの方が良いと実感しています。

その理由にアロエにはアントラキノン類という成分が、非常に高い整腸作用を期待でき、その結果便秘の悩みの解消にもつながるとされているからです。

ニキビ太郎は腸内環境の善し悪しがニキビや吹き出物が出来る出来ないに大きく関係していると感じていて、アロエの整腸作用によって、腸内環境が良くなれば、それだけ肌のターンオーバーに必要な栄養素が届きやすくなり、結果としてニキビの予防につながっているからですね。

詳しくは以下のリンク先ページを読んでみてください!

→注意!腸内環境の悪化は吹き出物や肌荒れの原因となります!

また、腸内環境が良くなれば便秘予防にもつながり、体内に毒素を溜めることを防ぐことにもなります。まさに良い事づくめだと僕は思っています。

→必見!便秘は吹き出物や肌荒れの原因!その解消法を紹介します!

ですが、ここで注意したいのがキダチアロエには、整腸作用が期待できるアントラキノン類が少ないので、腸内環境を良くするなら、食用のアロエベラの方が良いということです。

実はニキビ太郎はこの効果があるから、アロエベラの方をよく好んで食べています。

favicon 市販のアロエヨーグルトはNG

ニキビ太郎は無糖のヨーグルトにバナナとアロエ、はちみつを少々入れて毎日食べていますこれは大変美味しく皆さんにも是非試してもらいたいです。

自作アロエヨーグルト

自作アロエヨーグルト

ですが、市販されている「アロエヨーグルト」がありますよね?

アロエヨーグルトイメージ

↑こんな感じのものです。

これも確かにアロエが入っているアロエヨーグルトなのですが、実は製造過程で腸に良くない添加物がモリモリ入っており、また人工甘味料も入っているので、逆に腸内の悪玉菌の数が増殖し、腸内環境を劣悪なものになってしまう可能性が高いです。

なので、よかれと思ってアロエヨーグルトを食べていても、添加物や人工甘味料等によって逆効果になってしまっている可能性があるということなんですね。。。(汗)

同じように、アロエが入っている食品(アロエ入りジュース、アロエゼリーなど)のほとんどはアロエの効果が期待できなくなっているものだと思ってもらっても間違いないと思います。

もしもアロエの整腸作用を期待するなら、生のアロエベラを食べることが1番良いとニキビ太郎は実感しています。

ただし、アロエも適切に食べないと腹痛や下痢を引き起こしたり、苦みがきつく辛い思いをするので大変注意が必要です。

また、子宮収縮作用があるため、妊娠中、授乳中のお母さんも注意が必要とされています。

最後に、アロエを食べてアレルギー症状が現れる人もいると思うので、少しでも体に異常が現れた場合はすぐに病院へ行くようにしてください!!!

アロエ配合の化粧水もNG

アロエスの化粧水2

アロエが良いからと理由だけで、アロエ入り化粧水を肌に塗り続けるのはNGだとニキビ太郎は考えます。

なぜなら、アロエの化粧水といってもアロエのエキス以外の添加物(肌に刺激を与えるもの)がモリモリ入っているケースが大半ですし、

もしもアロエが入っていたとしても、製造過程によって大きくその効果が無くなってしまっているケース、またそもそもの含有量が極端に少ないことの方が製品が多いからですね。

ニキビ太郎も先日市販のアロエの化粧水を使用してみましたが、それはそれは酷いものでした。。(汗)

その内容は以下のリンク先の記事にまとめていますので、是非参考にしてみてください。

→【検証】アロエスの化粧水がニキビに効果があるのかを実践して調べてみた!

ニキビ太郎はAmazonで購入しています

食用アロエベラ生葉5本(2~3キロ)沖縄県金武町屋嘉で栽培

↑こちらの無農薬, 特別栽培の沖縄県金武町屋嘉産のアロエベラです!

ちょっとお値段高いですが、それ以上のボリュームと安心感があるとニキビ太郎は感じています。

沖縄アロエベラ1

注文して一週間で到着しました。めっちゃ大きくて、結構重いです。

沖縄アロエベラ2

箱を開けると、手書きでご注文ありがとうございますの文字が!こういうのは嬉しいですよね!

沖縄アロエベラ4

肝心のアロエベラは、沖縄の新聞にくるまれています!

沖縄アロエベラ5

いよいよアロエベラの登場です。かなり大きいです。

沖縄アロエベラ6

これをカットしていくのですが、まずは皮をピーラーでカットするのが良いとニキビ太郎は感じています。

沖縄アロエベラ10

硬い皮をむくと、こんな感じになります!

そして、果肉を包丁で適度な大きさにカットして、ニキビ太郎はヨーグルトとはちみつとバナナと一緒に入れて食べます!

とても美味しくて、翌朝お腹の調子もいいので、本当にオススメです!^^

自分で栽培する場合

アロエにどっぷりとハマってしまった人はアロエを自分で栽培しようと思うひともでてくるかもしれませんね。

ですが、出来ないこともないとニキビ太郎は思っています。

なぜならニキビ太郎の実家には今でもアロエが庭にあり、しかも完全に放置しているのにも関わらず年中元気だからです!

これはキダチアロエの場合で、アロエベラだと寒さによわいので、温度管理があるところで育てるのが良いと僕は思います。

※もちろん、放置せずにきちんと日当りの良い場所に置いたり、定期的に肥料を与えたり、土を入れ替える。また、植物はポジティブな声をかけると元気になるという説もあるので、ポジティブな言葉で声かけしてあげることも大切になってくると思います!

favicon 余談ですが・・・

ニキビ太郎は九州の田舎に生まれ、小さい頃はよく怪我をしていました。ころんだりして足には擦り傷は絶えませんでしたね。

そんな時、よく祖母が「アロエば傷に塗ったらはよ治るけん、塗っとこうかね〜!」と言いながら僕の足にアロエのエキスば塗ってくれていたのを今でもハッキリと覚えています。

小さい頃から身近な人の影響力ってものすごいものがあり、今でもアロエは体に良いものだという印象がニキビ太郎にはあります。

最後に、完全に余談ですが噂によると、巨人やヤンキースといった球団で活躍したの松井秀喜選手も高濃度のアロエジュースを飲む事で肌にあったニキビやニキビ跡を目立たせなくしたという情報もあります!これが真実かどうかはわかりませんが、巨人に入団した当初の肌状態だと色んな方法を試しているとニキビ太郎は思います。(ニキビは本当に精神的にも辛い肌の病気ですからね)

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→注目!1日でも早く赤ニキビを予防する方法を原因から詳しくみていきます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ