注目!吹き出物や肌荒れに年齢なんて関係ない!?

[最終更新日]2016/07/14

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

  • POINT!
世代(10代〜40代)によって大きく違ってきますが、どんな年齢でも関係なくニキビや吹き出物といった肌荒れが出来るのは事実です。ただし、思春期ニキビと大人ニキビとでは予防方法が異なることがありますので、以下の内容に、是非一度目を通してみてください!

ニキビに年齢って関係ある!?

まずは、大人ニキビと思春期ニキビの違いから見ていきますね!よく調べてみると、ニキビや吹き出物が発生する過程が少し異なっていることがあるので、このポイントを抑えることは非常に重要になってきます。

思春期ニキビの主な原因

思春期ニキビの原因についてイメージ

思春期ニキビは、名前の通り10代の頃(学生時代)の頃に出来るニキビのことを指します。早い人で、小学生の高学年からニキビが出来始めると思います。

この年齢層で出来るニキビは、主に成長に伴う体内のホルモンバランスの乱れから発生すると言われています。

男子の場合なら、アンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンが分泌され、髭が生えてきたり、声変わりをしたりしますよね?一方女子の人は、黄体ホルモンや卵胞ホルモンと呼ばれる女性ホルモンが分泌され、体が丸みをおびてきます。

男の子で男性ホルモンの分泌が盛んになると、毛穴から皮脂がこれまで以上に排出されるようになります!皮脂の量が増えるということは、当然毛穴も詰まりやすくなっていて、ニキビができちゃう確率も高くなります。

また、皮脂を栄養源とするニキビ原因菌(アクネ菌)の標的になり、ニキビが増えやすくなります。

→注意!皮脂の過剰分泌は吹き出物や肌荒れの原因になります。

さらに、この男性ホルモンは肌の角化異常をも引き起こしてしまう可能性があるというのです!

角化異常とは、肌の新陳代謝=ターンオーバー機能のリズムが狂ってしまい、皮膚の一番外側にある角質層が厚くなることを言います。

次に女性ホルモンについてです。女の子で生理が始まると、黄体ホルモン(プロゲステロン)と呼ばれる女性ホルモンの分泌が盛んになります。

これも皮脂の分泌量を増加させます。男性ホルモンの作用と似ていますよね?そのため、黄体ホルモンが多く分泌される生理の時期になるとニキビが出来やすくなります。

favicon 部活動を通して思春期ニキビが発生することがあるとニキビ太郎は思っています。

部活イメージ

というのも、ニキビ太郎は学生時代に野球部やソフトボール部に入っていて、毎日のように飛んでいく白球を追いかけて、顔中が砂埃まみれになっていました。

そこに大量の汗もかくので、それはもう顔の衛生環境は結構悪かったと思います。ユニフォームの二の腕の所で顔を拭くと、茶色くなっていました。。(汗)

今では良い思い出ですが、当時はこれらも原因となってニキビが大量にできていたんだと思います。

上記のようなことが、思春期ニキビの大きな要因だと言われています。

また、食生活も大きく関係していると思います。学生時代はとにかくお腹が空きますよね?僕は運動部だったから特にだったかもしれませんが・・・(笑)

帰宅するまでに我慢できなくて、コンビニや駄菓子屋さんでスナック菓子を買って食べたり、カップ麺を買って食べたりしていました。今は腸内環境のことを考えて、絶対にそんなことはしませんが、当時の食生活は、とにかくなんでもたくさん食べていたので、それは腸にも負担をかけていたと思います。

注目!

10代の頃に、ニキビがめちゃくちゃ酷いと言う人は、皮膚科に通うことも検討する必要があると思っています。ニキビができると、人と会う事が辛くなりますよね?精神的にも不安定な時期なので、少しでも悩みを軽減することは非常に重要なことです。

→注目!思春期ニキビの治し方を原因から根本的に見ていきます!

大人ニキビの主な原因について

大人ニキビの原因についてイメージ

次に大人ニキビの原因についてです。大人ニキビは、思春期ニキビと違って、20代以降にできるものを指します。

思春期ニキビでは悩まなかったのに、大人ニキビで困っていると言う人は特に女性に多いと思います。

その原因として、肌の乾燥が挙げられます。大人になると、10代の頃よりも皮脂の分泌量はガクンと落ちる人が多く、そうなることで、肌の乾燥を引き起こすことがあります。

大人ニキビはよく口の周辺やにできると言われていて、その箇所Uゾーンと呼ばれ、肌の中でも特に乾燥しやすい部位なのです。

お化粧イメージ画像

また、思春期ニキビと同様に、皮脂の増加が原因でなる人もいます。社会人になると、会社での強いストレスの影響だったり、喫煙や飲酒などですね。。これらは、体内の男性ホルモンの量を増加させ、皮脂の量を増やす原因となります。

思春期ニキビでも触れましたが、皮脂の増加=ニキビや吹き出物の発生する確率を高めてしまいます。

また、女性の場合だとカバー力の強いメイクが原因だったりしますね。最近ではウォータープルーフのような油分が多いお化粧がブームでニキビや毛穴の開きも簡単にカバーすることができるみたいですが、やはりそれは肌にかなりの悪影響を与えています。

ニキビや吹き出物が出来た→メイクで隠す→するとニキビが増える→治らない

の負の連鎖を引き起こします。早くニキビや吹き出物を回復させるためには、クレンジングや洗顔も見直すことも大事になります。

カバー力のつよいメイクをすると、見た目は良いですが将来の肌のことを考えると、なるべくカバー力の弱いメイクで過ごした方が肌トラブルは少なくなるとニキビ太郎は考えています。

→注意!ニキビを隠すためのメイクはしない方がいいです!

メイクをどうしてもしなくちゃいけない時は、リキッドタイプではなく、パウダータイプのものを使用するなどの対策も必要です!

※ニキビ太郎は、思春期ニキビと大人ニキビのどちらも経験しています。症状の酷さでいえば、大人ニキビの方が酷かったです。その理由を以下で説明しますね。

スキンケアの方法は基本部分は同じ。ただし・・・

基本は同じだけど・・イメージ

思春期ニキビと大人ニキビの基本的な部分は同じです。洗顔方法だったり、食生活や運動の大切さだったりですね。

だけど、僕がやってしまった大きな失敗は、洗顔方法にあったと今振り返って思います。

僕は、思春期ニキビと大人ニキビの両方を経験しています。

なので、大人になってからも思春期ニキビ対策として使用していた、洗浄力の強いメンズ用の洗顔料で一日に4回も洗顔してました。。(汗)←これが最大の失敗だと思っています。

学生時代は、僕も皮脂の量がハンパなくて、常に顔がテカテカしていました。高校の修学旅行の写真は、あまりの皮脂の多さに、顔がフラッシュで反射しています。。それも全ての写真でです。。(泣)

10代の頃は、洗浄力の強いものを使っていても、すぐに皮脂が分泌されていたので、ある程度のニキビで抑えられていました。

だけど、成人式を過ぎたあたりから、だんだんと洗顔後にツッパるようになり、さらには、口や顎周辺がカサカサと白く粉がふくレベルに乾燥するようになってんです。

ターンオーバーイメージ図2

肌が乾燥すると、角質層に垢が溜まるようになり、肌のターンオーバーが正常に機能しなくなります。そうなると、角質が毛穴を塞ぎ、それがニキビや吹き出物となってしまっていたんですね。。

乾燥によるニキビや吹き出物は、保湿をしなくちゃいけません。ですが、当時の僕はそういう知識がないので、乾燥で出来たニキビに対しても皮脂をガッツリ落とすような洗顔料で顔をゴシゴシと洗っていたのです。

するとどうなるでしょうか、益々肌は乾燥し、肌のターンオーバーは鈍くなります。そうです。負の連鎖に陥ってしまいます。

ニキビ太郎の肌は、強力な洗顔料でガッツリ皮脂を落としたので、Uゾーンは乾燥が悪化し、Tゾーンでは逆に落とした皮脂をカバーしようと、以前よりも大量の皮脂を分泌するようになりました。Orz・・・

ニキビを本気で治そうと決意した日からは、正しいスキンケアを行えましたが、ニキビや吹き出物が酷かった当時の僕は本当に真逆の行動をとっていました。。知識を身につけなかったからですね。。(涙)

なので、大人になってからもニキビや吹き出物で悩んでいる人は是非一度スキンケアの方法を見直してみてください!

もちろん、それ以外の生活習慣や食事の面も非常に重要になりますよ!

ニキビや吹き出物が出来たら、悪化する前に正しい処置で被害を最小限にとどめることが超重要になります!

ニキビと吹き出物の違いって?

年齢によって、ニキビを吹き出物と呼んだりする人もいらっしゃると思います。ニキビ太郎は、大学生の頃に先輩から20歳を超えて出来たニキビは全て吹き出物と言うんだよと教えてもらったことがあります。

ですが、実際のところはどうなのでしょうか・・・?

調べてみると、ニキビや吹き出物の違いは、思春期ニキビと大人ニキビの違いと似ているようです。

favicon ニキビ・・・成長に伴う男性ホルモンや女性ホルモンの影響で皮脂の分泌が増えてできるものをこう呼んでいます。

favicon 吹き出物・・・強いストレスや不規則な睡眠や食生活によって発生するのをこう呼んでいるようです。

皮膚科のお医者さんでも、「ニキビ」や「吹き出物」を使い回すことがあるくらいだそうです。

なので、何歳になっても「ニキビ」と「吹き出物」の両方を使っても大丈夫のようですね。

ニキビ太郎の大学の先輩が言っていた「20歳を超えたらニキビを吹き出物と呼ぶんだよ!」も間違っていないようですね!先輩!ありがとうございます!(笑)

30歳、アラサーからの対策

30代(アラサー)女性イメージ

30代になると、これまでの10代や20代の頃に比べて、皮脂の量はグンと少なくなるようです。ですが、これは肌が乾燥しやすくなってしまうことで、シミといった新たな悩みも増える時期でもあると言います。

とは言っても、乾燥が酷いので皮脂の分泌が少ないUゾーンである顎に大量のニキビや吹き出物が出来てしまう人は一定数いるようです。

この世代のニキビ・吹き出物対策としては、洗顔の見直しはもちろん、それ以上に【保湿】に力をいれなくちゃいけません。

また30代の女性は責任の重い仕事を任されるようになったり、育児に専念しなくちゃいけないなど、何かとストレスが大きかったり、寝る時間が少なくなったりでニキビが出来やすいという話も周りから聞きます。

なので、育児による慣れないストレスや睡眠不足で、大人ニキビの全盛期を迎える人もかなりの数いるとも言われています。また、男性でも仕事の責任が大きくなってくるタイミングでもありますよね?そして、20代よりも免疫力が低下してきます。

そんな時に、カップラーメンやコンビニのお弁当など偏った食生活を送ったりしていると、益々ニキビや吹き出物が出来やすい体質になってしまいます。

また30代のお肌は、肌の新陳代謝(ターンオーバー)の間隔も徐々に開くようになってきます。実際に20代の時よりも肌トラブルの回復に時間がかかると実感している人も大勢いると思います。

なので、ターンオーバーを正常に機能させてくれるスキンケア対策や規則正しい生活習慣を送ることが、非常に重要なポイントになってくるとニキビ太郎は考えます!

40代から始める予防法

40代になると、20代の肌と比較してターンオーバーの周期が約2倍かかるようになってきます。20代は約28日で肌が入れ替わるのに対して、40代では約55日になる計算になりますね・・・(><) これはニキビの治りも遅くなるということですし、ニキビ跡までできる炎症の酷いものができたら、完全回復までには相当な時間を要します。 そして、ニキビだけでなくシミやシワといった肌の老化が深刻化したり、コラーゲンの減少に伴い、肌そのものの若さ(ハリや弾力)までもが失われることになります。 なので、これまで以上に肌の美容対策に力を入れないと一気に肌の老化が進行してしまう可能性があります。皮脂の分泌も年々減っていくと思います。 保湿対策はもちろん、ビタミンC誘導体を上手に取り入れるなど肌の健康を維持するためにはこれらの対策が必要になってきそうです。もちろん、40代も継続して規則正しい生活習慣を送る必要があります!

遺伝や体質という問題もある

ニキビができる人、できない人遺伝や体質イメージ画像

ニキビや吹き出物は、どうしても遺伝や体質といった問題もあると僕は思います。ご先祖様の代から毛穴が人よりも小さかったり、大きかったり。また、体質的に皮脂の量が人よりも多かったり、少なかったり。

また、免疫力が生まれた時から人よりも強かったり、弱かったり、ストレスを溜め込みやすい性格だったり、何とも思わない性格だったり・・・

言っていけばキリがないですね。。

だけど、これらは個性のようなもので、切っても切れない問題だったりします。だけど、自分の中で最大限の努力をしてニキビや吹き出物を予防したりする必要があると思っています。

それでも良くならないときは、勇気を出して皮膚科に行く選択肢だったあると思います。ニキビや吹き出物といった肌荒れは、肌の病気です。病気はお医者さんに見てもらった方が早く良くなることが多いと僕は思っています。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!頬ニキビを1日でも早く予防するための治し方を原因から見ていきます!

コメントを残す

このページの先頭へ