注目!毛穴の詰まりがニキビの原因になっている!?その真相に迫ります!

[最終更新日]2016/07/14

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

  • POINT!
毛穴の詰まりが原因で、ニキビや吹き出物といった肌荒れが発生します。なので、ここでは毛穴の構造から詳しくみていき、ニキビができるメカニズム、毛穴の開きまでを解説していきますね!!!

毛穴のつまりがニキビを発生させるイメージ

目をこらして毛穴を観察してみると、毛穴の大きさって、体の場所によって違います。毛穴がハッキリと確認できる場所もあれば、全くわからない場所もあると思います。

だけど、毛穴自体の大きさが、場所によっては違っていても、毛穴の仕事(役割)はどこも同じなんですね。

*ここでもし違うって場合は、ニュータイプの毛穴ですので、すぐに研究機関に問い合わせてください!恐らく新発見です!(笑)

さて、冗談はここまでにして、毛穴って普段どんな仕事をしてくれているかを以下でみていきましょう。

①毛穴を閉じたり開いたりして体温調節してくれる。

②肌のバリア機能を維持するために、また体毛を絡まらせないように皮脂を分泌してくれている。

↑上記2つの超大事な役割を担ってくれています。もう毛穴様々です!だけど、ニキビができてしまう場所はこの毛穴なんですよね。。

毛穴が詰まって炎症を起こした状態が、ニキビや吹き出物といった肌荒れです。

※毛穴は、決して僕達を裏切っているわけではありません!←

ニキビが出来やすい毛穴がある!

毛穴1

右(上)のイラストをご覧ください。よ~く見てみると、毛根の中に「皮脂腺」という言葉がありませんか?実はここで皮脂が作られているんです!

皮脂が普段から適量に分泌されていたらいいんですが、時に過剰に分泌され肌が脂っぽくなったり、時には少なくなって肌が乾燥したりと、お肌の健康状態に関係してきたりするのが、この「皮脂」の量だったりします。

冒頭にも書きましたが、毛穴の大きさは場所によって違います。もちろん、毛穴の大きさに比例して皮脂腺の大きさも大きくなっていきます。(下のイラストを参考にしてみてください)

毛穴の構造種類イメージ図

↑毛穴の構造種類イメージ図

↑上のイラストに3つの毛穴のパターンを描いてみました。ちょっと分かりづらいかもしれませんが、毛穴と皮脂腺の組み合わせは全部で3種類に分類することができます。

突然ですが、ここで問題です。この中で一番ニキビや吹き出物が出来やすいパターンって想像できますか??

毛穴123

上の3つの図の中で、ニキビに最適な条件がそろったものはどれだと思いますか?これは難問だぜ~?(*゚ε´*) (すぎちゃん風に)

え!?簡単ですか?・・・汗

正解は、③です。

③は、毛そのものが細くて弱いといわれています。見た目からもわかるように、毛が上へと成長していく力も弱っちいです。人で表現すると、草食系男子みたいな位置づけですかね?

そのため、肌が乾燥してしまったり、体内のホルモンバランスが崩れちゃったりすると毛穴自体が閉じやすくなってしまいがちです。(草食系男子の皆さん怒らないでください)

皮脂イメージ画像

実は、これだけでは終わりません。

分泌された皮脂が毛穴から「デ・ラ・レ・ナ・イ」といった恐ろしい状態になりがちなのも、この③の毛穴です。

皮脂腺が他の①と②よりも大きいですよね?毛は細いのに・・・実にアンバランスです。そのため、毛穴が閉じてしまい毛穴に皮脂が詰まりやすいことになっちゃいます。

こうなってしまうと、悲しいですが、ニキビが悪化することが確実なものとなってしまいます。これは避けられないようです。Σ(;´□`)ノ

それでは図に戻ります。

図の①では、毛は細いけど、皮脂腺自体がそんなに大きくないので、毛穴が閉じたとしても皮脂はたまりにくいです。

図の②では、太めな毛が上へと成長する力が大きいので、毛穴がふさがりにくいです。

もし仮に大きな皮脂腺があっても、太めな毛の伸びていく力で皮脂も一緒につれていってくれるので、皮脂が毛穴にたまりにくくなります!

長文にもかかわらず、ここまで読んでくださった皆さんに、【感謝の気持ちをこめて】ニキビができやすい毛穴の2大条件を紹介します。

【緊急企画!】毛穴でわかる!ニキビができやすい2大条件とは!?

1つ目は、”産毛であること”

2つ目は、”毛穴の中の皮脂腺が大きいこと”

この2つがニキビができやすい毛穴の2大条件となります。

え!?たったこれだけなの?と思った人も多いですよね?この条件を満たしていれば、簡単にニキビができてしまうんです。。。

これだけだと、体中のいたるところにありそうですよね?特にどんな場所に多いのかを調べてみました。図にまとめますね。

下の図で条件に当てはまる場所に色をつけてみました!以下の色がついた場所にニキビや吹き出物ができやすい2大条件を満たしていることが多いです。

ニキビのできやすい毛穴の場所図

顔や背中、胸の間、おしりには皮脂腺がたくさんあります。だから背中ニキビの問題とかもでてくるんですね。。。

男性ホルモンが大きく関係しているケースがある

男性ホルモン増加イメージ

毛穴の働きを邪魔してしまう存在になる可能性があるのが、男性ホルモンです。

男性ホルモンは肌の角質層を硬くさせてしまう働きがあり、これが毛穴を閉じさせ、中に皮脂を詰まらせてしまうことがあります。

男性ホルモンが正常な分泌量であれば、全然問題がないのですが、ストレスや生活習慣の乱れによって通常よりも過剰に分泌されると、肌の新陳代謝機能を乱し、コルチゾールと呼ばれるホルモンが優位になり、肌の角質層は柔軟性を失くしてしまうと言われています。

また、男性ホルモンには皮脂を多く排出させる働きもあるため、毛穴をよりニキビや吹き出物が出来やすくさせてしまう作用があると言われています。

なので、日頃からストレス発散を上手に取り入れたり、規則正しい生活を送れるようにする努力が大切になってくると僕は考えます。

→必見!男性ホルモンが多く分泌されると吹き出物などの肌荒れの原因になります。

皮脂が毛穴をつまらせる原因に!?

皮脂の過剰分泌は、毛穴を詰まらす原因となるためニキビや吹き出物といった肌荒れが出来やすくなります。

皮脂イメージ画像

みなさんは「皮脂」というワードを聞いて、何をイメージしますか?ニキビの原因?それとも体臭の原因でしょうか?

まさに上記に書いた通りで、皮脂はニキビや体臭の原因になります。

だけどイメージした人の中には、「肌を乾燥から防いでくれる大切なものでしょ!」と答える方もいらっしゃるかもしれないですね!

確かに肌の乾燥を防ぐ役割も担っているとのことですが、他にも、皮脂には役目があったんです!!

肌の乾燥を防ぐ以外に、皮脂の役割って何があると?

皮脂・皮脂腺イメージ図

上の図を見てください。

「皮脂」は皮脂腺という場所で作られて排出されています。

図のように、皮脂腺は全部毛根の内部にあって、人間の遠い昔のご先祖様、体毛がフサフサだった時代の名残だとも言われています。

この皮脂の役割としては、体毛が絡まないように滑らかにすることが挙げられます。皮脂が体毛を滑らかになることで、体毛が玉になったりすることを防いでいたんですね!

僕は昔、友達のすね毛をつまんでねじって遊んでいました。これは全く皮脂の働きを邪魔する行為だったんですね(><)反省してます。 さて、話を戻し、何が言いたかったのかと言うと、皮脂は皮脂で大事な役割を持っているということです。

だけど、皮脂による悪影響もある

皮脂による影響イメージ

皮脂が大事なことがわかりましたが、実は皮脂によって肌に悪影響が出てくる場合もあります。

それは、冒頭にも書いたように、ニキビができたり体臭がきつくなったりすることです!

その理由として、皮脂が分泌されて長時間経過すると、過酸化脂質へと変身してしまうからです(汗)

過酸化脂質は腐った脂肪とも言われていて、お肌にダメージを与えます。

ここで実際に確認してもらいたいことがあります。

体毛が生えてない自分の二の腕の内側を見てみてください!

体毛が生えている肌よりも【白くて綺麗じゃないですか?】

これは、皮脂の量が少なくて、腐った脂肪による肌へのダメージがないからです!

皮脂が長時間放置されると、衛生的によろしくないし、肌にダメージを与えるし、、ニキビができるし。。。なんだか、あんまり良いイメージができなくなりましたね。。(汗)

ニキビの出来る原因である皮脂。だけど、上手に皮脂とつき合っていけば、皮脂が原因でニキビを作らせないことも可能です!

→注意!皮脂の過剰分泌は吹き出物や肌荒れの原因になります。

毛穴の開きも気になる・・・

みかん肌イメージ画像

日頃からお肌のお手入れをしっかりしている人ほど、毛穴の開きという問題に直面することが多いとニキビ太郎は感じています。

僕も、スキンケアに力を入れていた時期の方が毛穴の開きが酷かったです。

だから、より念入りに洗顔をしたり、化粧水をちょっと良い物にしようとするのですが、より悪化してしまう・・・僕の場合は特に目の下のほっぺたの部分の開きが酷くて、ニキビと同じレベルで目立っていたと思います。

毎朝鏡を見る度に、ものすごく落ち込んでいて辛かった気持ちは、今思い出しても本当に辛いです。。本当にみかん肌のようになってしまっていたので・・・(汗)

だけど、毛穴の開きもニキビやニキビ跡と同様に、予防できるまでに時間がかかりますが、諦めなかったら気にならなくなるレベルになると僕は思っています。

さて、本題のどうして毛穴が開いてしまうのか?その原因に迫っていきますね。

→【みかん肌】真皮細胞が傷つけば凹凸の跡が残ります!

毛穴の開きの主な原因達

①肌の角質層の潤い(水分)が十分でないから(乾燥)

②それが原因で、毛穴周辺の肌にハリがなくなる

③肌の代謝機能が低下する(ターンオーバーが鈍る)

④セラミドやコラーゲンの著しい減少

⑤毛穴の開きを気にするあまり、過剰な洗顔やスキンケアを繰り返している

↑上記のようなことが原因で、毛穴の開きが現れると言われています。確かに、僕が毛穴の開きでものすごく悩んでいた時期は、一日に4回も洗顔していて、常に肌が乾燥している状態の頃でしたね。。(> <) 通常、健康な人の肌というのは、肌の角質層にしっかりと潤い(水分)があって、肌のキメもものすごく細かいですよね。。 ですが、毛穴が開いている人は、角質層が必要以上の洗顔や間違ったスキンケアでボロボロな状態で、肌のバリア機能が正常に働かずに、肌の内部にある保湿成分(セラミドやコラーゲンなど)が不足して、肌が乾燥している状態なんだと思います。 →注意!乾燥肌も吹き出物や肌荒れの大きな原因になります!

こうなると、ジェットコースターに乗ったときのように、肌のボロボロ具合というのは悪い方向へと下落していきます。

・肌がカサカサ、ゴワゴワするなど極度に乾燥したり・・・

・肌のキメが無くなり、ハリも失われなんだか老けたように見えたり・・・(肌のハリがなくなると、毛穴が重力も力に負けるようになりそれで、毛穴が目立つことも考えられます)

・肌の新陳代謝機能も落ち、古い角質(垢)が蓄積し、ニキビや吹き出物も悪化したり・・・

もちろん、毛穴の開きも益々悪化していきます。。。Orz

一番の原因は・・・

さきほど、毛穴の開きになる原因をいくつか取り上げましたが、その中でも1番の原因は、やっぱり「必要以上のスキンケア」だと僕は思っています。

既に記述しましたが、毛穴の開きを気にする人ほど、お顔のお手入れは熱心です。例えば、

・化粧水や洗顔料をコロコロと変えて試してみたり

・肌の汚れを落とそうと洗浄力の強い洗顔料を使用したり

・皮脂が気になって、頻繁にあぶらとり紙を使っていたり

・毛穴を引き締めようと、肌に氷を当ててみたり

・・・当てはまる人も多いと思います。

ですが、それが逆に肌を過保護にしてしまい、肌が本来持っているバリア機能や自己治癒力を低下させてしまっているとニキビ太郎は考えます。以前の僕自身が肌を過保護にさせすぎて、肌をボロボロにしてしまっていたからですね。。

また、毛穴の開きをカバーするために、メイクするのもNGです。最近では、ウォータープルーフと呼ばれるタイプのファンデーションで簡単に毛穴を隠せるようですが、これはめちゃくちゃ肌への負担となりますので、大変注意が必要です。

ニキビ太郎が毛穴の開きを予防するためにした、スキンケアの方法はこちらに記述していますので、よかったら参考にしてみてください!!!

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!頬ニキビを1日でも早く予防するための治し方を原因から見ていきます!

コメントを残す

このページの先頭へ