驚き!発酵食品を食べるとニキビの予防が大いに期待できることが判明した!?

[最終更新日]2016/07/15

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

発酵食品がニキビの予防に!?

日本を代表する発酵食品と言えば、納豆や味噌、鰹節、醤油や漬け物、日本酒といったものが挙げられますよね!

また海外に目を向けてみると、ヨーグルトやチーズ、ワイン、発酵バター、ピクルス、お隣の韓国ではキムチなんかが有名で毎日の食卓に並んでいる人も多いと思います!

実は、これら発酵食品を上手に食べることが出来れば、ニキビや吹き出物といった肌荒れの予防効果が期待できることが今回調べていく内にわかってきました!

以下に詳しくまとめたので、是非参考にしてみてください!^^

発酵は良い事だらけ

発酵するということは、例えば酵母や酵素といった菌類(微生物)によって、食品中のタンパク質や糖質(でんぷん等)が分解され、体に良い成分が作られ、それが食品に新たな風味や深み、旨味を生み出すんですね。

味噌イメージ1

さらに、食品が発酵する事によって元の食材異常の栄養素が生まれることも明らかになっており、栄養価が高まると言われています。

現代のように発達した医薬品がない時代では、発酵食品がサプリメント代わりとして活躍していたと言われるほどです。

また、味噌や漬け物なんかを例に挙げると、発酵することによって、その食べ物の腐敗を防ぎ、長期保存を可能にしてくれます。これは発酵の過程において生まれた微生物によって保存性がアップしたことになりますね。

favicon 大豆に関して言えば

大豆を発酵させることは非常に大きな意味があるということが、今回調べていくうちに分かってきました。

大豆(種子)には、急激に成長しないように酵素抑制物質というものが備わっているといわれています。

大豆(マグネシウム)イメージ図

なので、大豆を生のまま食べて、僕たちの体に入れてしまうと、大豆に備わっている酵素抑制物質というものが体内の消化や代謝酵素といったものの働きを抑えてしまう可能性があると言われています。

ここで興味深い話をさせてくださいね。

リスという動物がいますよね?リスは発芽していない木の実を見つけてもすぐに食べずに、一度土に埋めて、芽が出てきた時に木の実を初めて食べるらしいんですね。

これは、木の実に含まれる酵素抑制物質が発芽する頃には無くなっているからなんですね。

リスってめちゃくちゃ考えていますよね。初めてこのエピソードを知ったとき本当に驚きました。

つまり、大豆も発酵させ、納豆といった発酵食品にすることでこういった酵素抑制物質を摂らずに済んでいるんですね。

なので、大豆のような豆類はなるべく生で食べずに発酵させた状態で食べると胃への負担が減らせるということになりますね。

胃や腸に優しい食べ物

胃イメージ画像

発酵食品は発酵過程において、微生物が人の胃に負担をかけなくて良いようにしてくれているんですね。

発酵した食品は、酵母や酵素の働きによって消化する際にエネルギーを多用せずに、省エネで消化することが可能です。

例えば、大豆をボリボリとそのまま食べて胃に入れるよりも、大豆が発酵した形である納豆の方が、大豆と比較して胃で消化されやすくなっている状態だと言えるということなんですね!

胃への負担が増えるとニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になる可能性が高まるので、発酵食品のような消化する際に胃への負担が少ないものはかなり優れた食品だとニキビ太郎は考えます。

→注目!消化不良や胃腸・消化器系の障害がニキビの原因になっている!?その真相に迫っていきます!

腸内環境を良くしてくれる

腸とニキビの関係イメージ

先日スーパーにキムチを買いにいった際に、そのパッケージに「乳酸菌」という文字が大きく記載されているものがありました。

これはキムチだけでなく、ヨーグルトといった発酵食品にも言えるのですが、発酵する過程で乳酸菌という腸内に住む善玉菌のエサとなる菌が多く含まれるようになるものが多くあるんですね。

ニキビ太郎は腸内環境の善し悪しが、ダイレクトに肌の善し悪しに現れると思っていて、発酵食品をたくさん食べて腸内環境を整えることは非常に大事だと考えています。

腸内環境が乱れると便秘になりやすく、それが肌だけでなく体そのものの健康に大きな害を与えてしまいます。。。

また、人の体の免疫細胞の70%は腸内にあると言われており、腸内環境が乱れると風邪や病気になりやすくもなります。

そして、僕たちの幸福度を感じるためのホルモンであるセロトニンも腸で作られていると言われています。

なので、乳酸菌などを多く含む発酵食品を積極的に食べる事で、日常のちょっとしたことでも幸せに感じることができるようになれるとニキビ太郎は実感しています。

詳しくは以下のリンク先記事に記載しているので、良かったら参考にしてみてください!

→必見!腸内環境の悪化は酷いニキビの原因となる!?その真相に迫ります!

手に入りやすい発酵食品

日本のスーパーには多くの発酵食品が並んでいますよね!

その中でも毎日ニキビ太郎が食べているものを紹介させてくださいね!

favicon 味噌

味噌汁10

ニキビ太郎は毎日3食、可能な限り自分で具沢山みそ汁を作って食べています。

味噌は大豆を原料としていて、その発酵過程で栄養素も豊富にあり、日本に住んでいる人なら超積極的に食べてもらいたい調味料になります。

大豆のタンパク質もアミノ酸に分解されているので、消化もしやすく、その際に消費する酵素の量も抑えることができるので、体に優しい調味料の代表的な位置づけだとニキビ太郎は思っています。

また、みそ汁に使う食材も豊富にあり、その組み合わせも多数あります。なので、その季節にある旬の野菜などを入れるとより栄養素を効率良く摂る事ができるとニキビ太郎は実感しています!

→必見!みそ汁がニキビの予防に効果的な食品だった!?その真相に迫っていきます!

favicon 納豆

納豆イメージ画像2

これも和食の代表的な食材ですよね。納豆もニキビ太郎は可能な限り一日3食必ず食べていますね。

最近だと、おかめ納豆がリーズナブルで美味しい納豆だと感じています。

納豆ごはんにしても美味しいですし、時にはカレーライスに入れたりも僕はしますね。

大豆が納豆になる際には、納豆菌がナットウキナーゼを生み出し、これが脳梗塞といった血管がつまって起こる病気を予防する働きがあると言われています。つまり、血行促進効果ですね。

また納豆は、リパーゼと呼ばれる脂肪分解酵素を始めとして多くの酵素を含んでいるので、これも積極的に食べる事で体内の酵素を補充する役目を担ってくれる食品になります。

→注目!納豆はニキビを撃退する効果がある食べ物!?その真相に迫ります!

favicon ヨーグルト

ビヒダスヨーグルトイメージ画像

ニキビ太郎は、デザートにバナナヨーグルトを食べることが多いです。

牛乳を発酵させて作られるヨーグルトには、乳酸菌(ビフィズス菌)が入っており、腸内環境を整えてくれる代表的な食品ですよね。乳酸菌は悪玉菌の増殖も抑制するので、腸内環境を整えるにはもってこいですね。

そこにバナナキウイリンゴといったフルーツを組み合わせることで、腸内細菌(善玉菌)のエサとなるオリゴ糖や食物繊維、乳酸菌を一緒に摂る事が可能になるので、ニキビ太郎は食後に食べることも多いですね。

また、最近ではヨーグルトなどに含まれる乳酸菌(プロバイオティクス)やビタミンKに糖尿病(2型)の予防につながる研究やインフルエンザ予防が期待できるとした研究結果も存在している、まさに体を強くしてくれる効果がある食品でもあります。

個人的には恵ヨーグルトや、ビヒダスヨーグルトといった種類のヨーグルトがオススメですね。

→必見!ヨーグルトはニキビに効果のある食べ物なのかどうか徹底的に調べてみました!

favicon チーズ

チーズイメージ図

チーズも牛乳を発酵させた発酵食品です。なので、乳酸菌を豊富に含んでおり、効率よくたべれば、便秘の解消といった効果が期待できます!

また、カルシウムの量が牛乳と比較して約6倍も多く、タンパク質も発酵の過程でアミノ酸に分解されおり、体内に吸収しやすいです。

なので、肌細胞を構築する際に必要なタンパク質を効率良く摂取することにつながり、これが肌の新陳代謝(ターンオーバー機能)を正し、ニキビや吹き出物といった肌荒れ予防につながるとニキビ太郎は考えています。

→必見!チーズにニキビの予防効果が期待できる!?ただし・・・

ファストフード中心から発酵食品中心へ

ハンバーガーイメージ

特に現代の日本人は昔ながらの和食よりも、欧米型の食生活を取り入れている人が多いと思います。

なので、食物繊維が不足し、代わりに糖質や脂質を過剰に摂取してしまっている人も多いはずです。

そうなると、腸内環境は悪化する一方でニキビや吹き出物といった肌荒れにつながる確率があがってしまいます。。。

その対策としてサプリメントで乳酸菌といったものを取ることをしている人もいるかもしれないですが、

2013年にアメリカの栄養学会において、

発酵食品を作る事は、たくさんの時間と手間を必要とします。なので、効率を求める現代社会ではそれらを食べる機会はすくなっています。

サプリメントで補給しようとする人もいますが、乳酸菌は発酵食品から摂らないと腸内で増加しにくい。日頃から発酵食品を食べる事をオススメしたい」。

参考:( http://www.yogurtinnutrition.com/wp-content/uploads/2014/02/EXE-EN_BofYogurt.pdf,2016/05/02 )。

と発表しています。

なので、ニキビ太郎は和食を基本とした、味噌汁、納豆、キムチ、ヨーグルトといった食品を毎日食べるように意識し、その結果、ニキビや吹き出物といった肌荒れの予防が出来ていると感じています。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ