注目!野菜不足はニキビの原因になる!?その真相に迫っていきます!

[最終更新日]2016/07/15

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
野菜不足はニキビや吹き出物の原因になる可能性が高いです。ですが、糖質を多く含む野菜ばかりを食べることも肌荒れに関係するケースがあるので大変注意が必要です。
野菜不足はニキビの原因に!?イメージ

酷いニキビや吹き出物といった肌荒れで悩んでいる人は、野菜不足である可能性が高いと思っています。

実際にニキビ太郎も、ニキビや吹き出物が酷かった頃は、カップラーメンや冷凍食品といった加工食品ばかりを食べていたので、完全に野菜不足に陥っていました。

そのせいか、便秘でも悩み、日に日に肌荒れも手をつけられなくなるほど悪化していきました。。

野菜を食べないと栄養素不足になってしまう

緑黄色野菜イメージ画像

野菜にはビタミンやミネラル、腸内にいる善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を豊富に含んでいるものがたくさんあります。

ビタミンやミネラルは、口にした食べ物を消化や分解する際にも大変活躍してくれる栄養素です。

特にビタミンCには肌の真皮にあるコラーゲンやエラスチンを生成したりするだけでなく、ビタミンAやビタミンEと共に強い抗酸化作用をもっているので、体内に発生した活性酸素をやっつけ、肌細胞の老化を防ぐ作用が期待できます。

なので、巡り巡ってニキビや吹き出物といった肌荒れ予防につながるんですね!

他にも肌に関わる代表的な栄養素として、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、ミネラルを紹介させてください!

favicon ビタミンA

ビタミンAイメージ画像

ビタミンAには美肌効果が期待できます!その理由の1つに、肌の乾燥を予防してくれる効果が期待できます。他にも、肌のターンオーバー機能を高めてくれる作用があるんですね!

なので、肌の新陳代謝もスムーズにいって、毛穴に皮脂や角質(垢)が詰まり難いようにしてくれるので、ニキビや吹き出物といった肌荒れ予防にもなるということになります!

さらに、ビタミンAには強い抗酸化作用があるので、活性酸素から肌の老化を防いでくれます!ビタミンAはとてもスゴい栄養素です!

以下でビタミンを多く含む野菜を紹介させてくださいね!

にんじんイメージ

・しその葉
・にんじん
・モロヘイヤ
・しゅんぎく
・ちんげんさい
・大根の葉

などですね!他にもまだまだありますが、上記のような野菜が特にビタミンAを豊富に含んでいると言われています。

→注意!ビタミンAが不足すると吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon ビタミンB2

ビタミンB2イメージ画像

ビタミンB2には皮脂の過剰分泌を抑えてくれる作用があるので、この栄養素を積極的に摂れば、毛穴の中に皮脂が詰まることを予防することができるとニキビ太郎は考えています。

また、口にした食べ物に糖質や脂質が多く含まれていると、それを分解する際に助けてくれる役割を担ってくれているので、ドーナツやチョコレートといったお菓子を食べ過ぎたりした際には、以下の野菜で補給することを検討してみてください!

パセリイメージ

・ほんしめじ
・モロヘイヤ
・パセリ
・芽キャベツ
ブロッコリー
ほうれんそう
・だいこん葉
・春菊

まだまだたくさんありますが、上記した野菜にビタミンB2は多く含まれています。是非参考にしてみてください!

→注目!ビタミンB2は吹き出物などの肌荒れ予防に効果があります。

favicon ビタミンB6

ビタミンB6イメージ画像

ビタミンB6には、神経の興奮を抑える作用があるので、強いストレスを感じたときなどに多く摂ると、その効果を発揮してくれると思っています。

人はストレスを感じると、肌の角質層を硬くしたり、皮脂を多く分泌する傾向があるからですね。

また、色素沈着(シミ)のニキビ跡にも大変有効だと言われています。

ビタミンCにもその効果が期待できますが、このビタミンB6と協力することで、その効果はより高くなります。なので、ビタミンCと一緒に摂取すると良いとニキビ太郎は思っています。

ビタミンB6を多く含む野菜を以下に紹介しますね。

にんにくイメージ

・にんにく
・唐辛子
・モロヘイヤ
・パプリカ
たまねぎ
・パセリ
・芽キャベツ

まだまだ他にもたくさんありますが、これらを参考に食事メニューを考えてみてください!

→必見!ビタミンB6は吹き出物や肌荒れの予防効果があります。

favicon ビタミンC

ビタミンCイメージ画像4

ビタミンCは、抗酸化作用をもつ栄養素の代表的なものとして有名だと思います。

体を酸化させる作用をもつ活性酸素は、紫外線を浴びたり、人が酸素を吸い込み消費するだけで発生してしまうので、この活性酸素から身を守ってくれるビタミンCは積極的にとって行きたい栄養素です。

また、ビタミンCは体内の腸内細菌も作ることができないので、尚更積極的に摂取していかなければならない栄養素なんですね。

なので、ビタミンCを多く含む野菜をしっかり食べて、肌にニキビや吹き出物を作らないように予防することが大切になってきます!以下にビタミンCを豊富に含む野菜を紹介しますね!

だいこんの葉

・パセリ
・キャベツ
・大根の葉
・小松菜
ピーマン
・ブロッコリー
・じゃがいも
・ゴーヤ

などがあります。他にもたくさんありますが、特に上記した野菜に豊富に含まれているので是非参考にしてみてください!

→必見!ビタミンCが吹き出物や肌荒れに効果的です!

favicon ビタミンE

ビタミンEイメージ画像

ビタミンEにも高い抗酸化作用があり、活性酸素などから肌の老化を防ぎ、肌のターンオーバー機能を正常に保ってくれる作用が期待できます。

また、肌の細胞膜を守ってくれる働きがあり、特に色素沈着のニキビ跡ができた時に、それを目立たせなくする効果があると言われています。

さらに、ビタミンEには血行不良を改善してくれる働きがあるので、冷え性や肌に必要な栄養素を肌細胞にしっかりと届けることを助けてくれる働きがあります!

そんなビタミンEを多く含む野菜は以下にまとめました。

かぼちゃイメージ

・モロヘイヤ
・かぼちゃ
・赤ピーマン
・しそ
・大根の葉
・パセリ
・あしたば
・ブロッコリー
・ほうれん草

上記した野菜以外にもたくさんありますが、特にここに書いた野菜にビタミンEは豊富に含まれていると言われています。

便秘になりやすくなる

便秘はニキビの原因に!?イメージ

野菜に含まれる食物繊維やオリゴ糖を上手に摂取しないと、腸内にいる善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)の活動が鈍くなってしまいます。

すると、悪玉菌である「ウェルシュ菌」が優位になってしまい、便秘になりやすくなると言われています。

また、便秘になると体内に有害物質(老廃物)がどんどん蓄積していくことになっていくので、血行不良になったり、巡り巡って肌の新陳代謝(ターンオーバー機能)の低下によるニキビが吹き出物といった肌荒れの原因となってしまいます。

なので、便秘にならないためにも、しっかり野菜を食べて食物繊維やオリゴ糖を摂取する必要があります。

→必見!便秘は吹き出物や肌荒れの原因!その解消法を紹介します!

favicon 食物繊維について

ここで、野菜に含まれる食物繊維の話をさせてください。

食物繊維は健康番組でも頻繁に取りあげられ、最近では「第6の栄養素」と呼ばれることもあります!

favicon 種類について

食物繊維は大別すると、

・水溶性食物繊維

・不溶性食物繊維

上記2つの種類に分類することができます。何だか不溶性食物繊維はあまり体に良くないイメージがありますが、実はそんなことなくて、この2つの食物繊維をバランスよく摂ることで食物繊維の本来の働きを十分に果たしてくれます。

理想は、水溶性:不溶性=1:2の割合だと言われています。以下で、それぞれの食物繊維について見ていきましょう!

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維とは、ヌルヌルとした性質で保水性が高いのが特徴で、糖分の吸収速度を緩やかにしてくれる作用があると言われています。

・・・

といっても具体的にどんなものか想像できませんよね?僕も最初はチンプンカンプンだったので、どんな食材に含まれているのかを見ていきますね!※括弧内の数字は100g内に含む水溶性食物繊維の量を表しています。

ごぼうイメージ

・かぼちゃ(0.8g)
・キャベツ(0.4g)
・大根(0.8g)
・ゴボウ(2.7g)
・アボカド(1.7g)
・オクラ(1.6g)
・モロヘイヤ(1.3g)
・春菊(1.1g)
・キウイ(0.7g)
・バナナ(0.1g)
・リンゴ(g)
・レモン(2.0g)
・柿(0.2g)
・桃(0.6g)
・いちご(0.5g)
・寒天
・ひじき
・めかぶ
・わかめ
・もずく
・昆布

ちょっと書き過ぎましたね(汗)他にもまだまだあるので、お時間がある時に、googleやyahooさんで「水溶性食物繊維 食品」と調べてみてください!

※ちなみに、ゴボウは不溶性食物繊維も豊富に入っているので便秘解消に最適と言われています。

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は、逆に水に溶けにくい繊維質のことを指します。

また水分をよく含むので、便の量を増やしたり、排便を促す効果が期待できると言われています。

なので、発ガン物質や腸の中にある有害物質を体外へ押し出してくれる作用もあるんですね!

・・・

これも、具体的にどんな食材に不溶性食物繊維が豊富に含まれているのかを列挙していきますね!※括弧内の数字は100g内に含む不溶性食物繊維の量を表しています。

たけのこイメージ

・ゴボウ(3.4g)
・タケノコ(3.2g)
・菜の花(3.0g)
・トウモロコシ(2.8g)
・春菊(2.6g)
・カボチャ(3.2g)
・モロヘイヤ(4.6g)
・ほうれん草(3.0g)
・インゲン豆(11.8g)
・大豆(6.1g)
・エンドウ豆(7.2g)
・さつまいも(2.4g)
・しらたき(2.9g)
・こんにゃく(2.1g)
・しいたけ(3.0g)

などが挙げられます。今回もちょっと書き過ぎましたね(汗)

よく見てみると、インゲン豆なんかは、100gに11.8g含まれていて、ごぼう(100g中に3.4g)の約3倍程度含まれています!

favicon 摂取量の目安

食物繊維の摂取量の目安は、厚生労働省のHPでは、

食物繊維摂取目安量

上記のようになっています。
(引用:http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf
,2015/05/10)。

ですが、現代の日本人は一日平均14gしか食物繊維を摂っていないというデータが厚生労働省の研究で明らかになっています。

なので、今よりも積極的に食物繊維を意識して摂っていくことが、腸内環境をよくするためには絶対に必要になってくるとニキビ太郎は感じています。

市販の野菜ジュースは避けた方が良い

ニキビに影響のでやすい飲みものイメージ画像

ニキビに影響のでやすい飲みもの一部イメージ画像(豆乳・野菜ジュース・栄養ドリンク・甘いお酒)

野菜不足やビタミン・ミネラル不足を避ける為に、市販の野菜ジュースを飲んでいる人も多いと思うのですが、これはオススメできません。

なぜなら、市販の野菜ジュースには大量の砂糖(糖質)や添加物が含まれているからですね。糖質を消化・分解するには、体内のビタミンを大量に消費してしまいます。

野菜ジュースを飲んでビタミンやミネラルを補給しようと思っていたのが、逆に体内のビタミンを大量消費している最悪の結果となってしまうのですね・・(涙)

なので、野菜ジュースを飲むなら本当に自分で買ってきた新鮮で安全な野菜をミキサーなどで作った野菜ジュースを飲んだ方が良いと思っています。

それが難しいなら、ニキビ太郎は青汁や酵素ドリンクをオススメしています。

番外編〜野菜の糖質がニキビの原因に!?〜

にんじんイメージ

健康に気を使っている人の中には、積極的に毎日野菜を食べている人がいると思います。

ですが、よかれと思って食べていた野菜には糖質を多く含んだものがあります。例えば、「人参」や「じゃがいも」です。これらは糖質を多く含む野菜の代表例です。

糖質は皮脂の分泌を増加させる可能性があります。なので、糖質を多く含む野菜をたくさん食べ過ぎるとニキビや吹き出物といった肌荒れの原因となるかもしれません。

そこで紹介したいのが、糖質制限食です。

→必見!糖質制限食はニキビの予防に効果的です!

ニキビ太郎は顔中に炎症の強いニキビとニキビ跡が大量にあったのですが、1日3食の内、夕食に糖質制限食を取り入れてからは、ニキビや吹き出物の予防スピードが劇的に早くなり、またニキビが出来にくくなったと実感しています。

糖質制限食をする場合は、なるべく糖質を多く含む野菜も摂らない方がいいのですが、料理するときには【彩り】も追求したいですよね?

僕ニキビ太郎は男ですけど、料理は意外とする方で、、というか、この糖質制限食をするようになってからし始めたのですが、彩りは超大切だと思っています!!単一色に料理は僕の美学に反するからですね!(汗)

以下に、糖質制限食だけど、彩り程度に使っていい食材をまとめてみました!

favicon 彩りに使っていい野菜

彩りに使っていい食材イメージ画像

↑彩りに使っても問題ない食材の一部イメージ画像(きゃべつ・カイワレダイコン・しめじ・しいたけ・プチトマト・もやし)

・プチトマト(糖度の高くないもの)

・舞茸、マッシュルーム、しいたけ、しめじ、なめこ、まつたけ、エリンギ、ひらたけ、えのき

・レタス、ブロッコリー、もやし、かぶ、カリフラワー、キャベツ、きゅうり、小松菜

・ズッキーニ、こまつな、ラディッシュ、白菜、しそ、春菊、しょうが、セロリ、

・セロリ、貝割れ大根、ほうれん草、チンゲンサイ、にら、白ねぎ、葉ねぎ、ピーマン、モロヘイヤ

・アスパラガス、たけのこ、ぜんまい(ゆでたもの)、わらび

また、めかぶ、わかめ、もずく、寒天、ところてんなどの海藻類。

こんにゃく、しらたきなどもニキビ治療中に食べても悪影響のない食材だと思っています。

これらは、一例ですが糖度が高くない野菜なら、彩り程度にあまり気にしないで使用しても大丈夫だと僕は思っています。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ