必見!ココナッツオイルがニキビの予防に劇的な効果を発揮してくれる!?その真実に迫っていきます!

[最終更新日]2016/07/16

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

ココナッツオイル2

最近ではテレビや雑誌などでもココナッツオイルの凄さが解説されてきているので、既にココナッツオイルを普段の食生活に取り入れている人も多いかもしれないですね。

特に、ニキビや吹き出物といった肌荒れに悩んでいる人は、現在調理に使っている油を全てココナッツオイルにする必要があるかもしれません。

それくらいココナッツオイルは僕たち人の体に、めちゃくちゃ良い効果をもたらしてくれる健康食品(脂質:油)の1つだということが調べていくうちに明らかになってきました。

・栄養素が非常に豊富(食繊維,たんぱく質,ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンB3,ビタミンC,ビタミンE,葉酸,カルシウム,鉄,マグネシウム,亜鉛など)

・ココナッツオイルは、ニキビ太郎が生まれる約27年前以上も前から病院で重症患者の人の点滴に使用されてきた。

・赤ちゃんが飲む粉ミルクにも配合されている。

・難病として有名のHIVウイルスによるエイズの治療にも使用されている。

ざっと箇条書きしてみましたが、上記のような効果はココナッツオイルによる恩恵の本の一部で、まだまだたくさんの良い効果があるとされています。

なので、今回は以下にココナッツオイルについてより詳しくまとめてみたので、是非参考にしてみてください!

ココナッツオイルに悪いイメージがある人はいますか?

ココナッツオイル4

ココナッツオイルと効くと、何だか体に悪いものだと思い込んでいる人が意外と多くいるようです。

ニキビ太郎は現在20代後半なのですが、一度もそういうことは思ったことがなく、ニキビ太郎の親世代(50代や60代)の方々は、ココナッツオイル=悪い脂質というイメージを持っている人が多いのかもしれません。

その理由は、実は1980年代のアメリカで、マスコミが中心となって報道したある情報がきっかけです。

それは、ココナッツオイルに含まれる飽和脂肪酸が人体の動脈を詰まらせ、最終的に心臓病の原因になるということです。

今でこそこれはデマだとハッキリしているのですが、当時は大豆を使った油を売る事に必死だった大豆産業の人達がマスコミを使って、人々の関心を大豆でできた植物油(水素添加したもの)に向けさせたかったからですね。

アメリカ大豆協会の人が、自分たちの大豆油を一般の人達が買うように、ココナッツオイルが体に悪いという情報を流したんです。これが1980年代の頃で、90年代になる頃にはそれまで主流だったココナッツオイルの流通量は激減したと言われています。

ですが、ココナッツオイルの代わりに流通した大豆油には、今話題のトランス脂肪酸と呼ばれる有毒な飽和脂肪酸が含まれており、そのせいで僕たち人の健康を損なう原因となっています。

ココナッツオイルにも飽和脂肪酸は確かに含まれていますが、ココナッツオイルに含まれるのは中鎖脂肪酸と言われる消化されやすいものであり、大豆油に含まれる様な長鎖脂肪酸(有害なトランス脂肪酸)でありません。

なので、飽和脂肪酸=悪い脂質という図式ではなく、飽和脂肪酸といってもいくつか種類があり、その中でも、大豆油に含まれるような長鎖脂肪酸こそが人体に悪影響(肥満、心臓病、ガンや糖尿病、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因や血中のコレステロール値を上昇させる)を与えるんですね。

どうしてココナッツオイルの脂質が体に良いと?

ココナッツオイルの脂質がニキビや吹き出物といった肌荒れの予防に効果的なのか?

そもそもどうして、ココナッツオイルが体に良いのかを説明するために、まずは脂質のことから少し解説させてください!

ちょっと難しくなるかもですが、なるべく噛み砕いてまとめたつもりなので、良かったら参考にしてみてください。

ココナッツオイル5

そもそも脂質とは何の事を指すのでしょうか?

恐らく多くの人が「脂質=油や脂肪」という認識だと思います。

ですが、厳密にいうと脂質とは僕たちの体の中にある数種類の脂肪状の化合物を指す言葉だとされています。

さらに言うと、その脂肪状の化合物の中で一番の割合を占めていて、尚かつ非常に重要な鍵を握っているが”トリグリセリド類”と言われる脂質です。

もう難しくなってきましたね(汗)

もう少し深い話をしていくので、無理目だなと思った人はこの辺の文章は読み飛ばしても大丈夫です!

さて、気を取り直していきますね!!

ココナッツオイル6

脂質の1種類であるトリグリセリド類は、脂肪酸と言われる分子が結合することで構成されます。

上の図はヘタクソですが、トリグリセリドをイメージしています。

トリグリセリドは、脂肪酸が3つ集合しすることで1つ完成します。この3つの脂肪酸分子を結合するために必要な横棒の部分がグリセロール分子と言われるもので、逆にこれが無いと脂肪酸は連結することができずに、トリグリセリドは形を保っていられなくなります。

ココナッツオイル7

そんな脂肪酸は、実は大きく3種類に分類することができます。

上の図で示しているように、

①飽和脂肪酸
②一価不飽和脂肪酸
③多価不飽和脂肪酸

の3つですね。(厳密にいうと、これら3つもより細分化することができますが、ちょっとややこしくなるのでここでは一部割愛させていただきますね。)

favicon 飽和脂肪酸は体に悪い?

よく「飽和脂肪酸=悪者」と決めつけてしまっている人がいますが、実はこれは違っているんですね。。

何が違うのかというと、実は飽和脂肪酸もさらに分類(細分化)することができ、飽和脂肪酸の中のある種類は良くて、別の種類の飽和脂肪酸は悪いものもいるということです。

ちょっと分かり辛いと思うので図で説明させてください。

ココナッツオイル8

上の図の左側は、飽和脂肪酸「A」で、右側は飽和脂肪酸「B」とします。※ここでのAとBは違う種類の飽和脂肪酸です。

Aは僕たち人の体に良い影響を与えてくれる飽和脂肪酸で、一方のBはというと、残念ながら人の体にはあまり良くない影響を与えてしまう飽和脂肪酸だということです。

つまり、飽和脂肪酸の中でも種類によって良い影響を与えてくれるものと、悪い影響を与えてしまうものもあるということですね。

なので、一概に飽和脂肪酸の全てが悪い脂質だと決めつけることは間違っているということになります。

favicon 全ての食用油は、3種類の脂肪酸が混在している。

ここで注目しておきたいのが、全ての食用油は先ほど説明した、

①飽和脂肪酸
②一価不飽和脂肪酸
③多価不飽和脂肪酸

上記3つの種類の脂肪酸が混在しているという点です。

例えばオリーブオイルの脂肪酸の構成を見てみると、

①飽和脂肪酸 14%
②一価不飽和脂肪酸 77%
③多価不飽和脂肪酸 9%

となっています。

他にもキャノーラ油の脂肪酸の構成比率は、

①飽和脂肪酸 6%
②一価不飽和脂肪酸 62%
③多価不飽和脂肪酸 32%

となっています。さらにもう1つ見ておきましょう。大豆油の脂肪酸構成比率です。

大豆油は、

①飽和脂肪酸 15%
②一価不飽和脂肪酸 24%
③多価不飽和脂肪酸 61%

圧倒的に多価不飽和脂肪酸の割合が多いですね。
 
さて、ここで気になるココナッツオイルにスポットを当ててみます。

ココナッツオイル9

ココナッツオイルの脂肪酸の構成比率は、上の図のように、

①飽和脂肪酸 92%
②一価不飽和脂肪酸 6%
③多価不飽和脂肪酸 2%

9割が飽和脂肪酸で出来ています。つまり、完全に飽和脂肪酸が主な脂肪酸だと言えますね。

既出のキャノラー油やコーン油やオリーブオイル、そして他の8種類(サフラワー油、ヒマワリ油、鶏脂、パームオイル、牛脂、バター、コーン油、ラード)の食用油と比較してもその量は圧倒的なんですね。

飽和脂肪酸について

ココナッツオイルには飽和脂肪酸が圧倒的な割合で含まれていますと書きましたが、そもそも飽和脂肪酸とはどのような脂肪酸を指すのでしょうか?

また、一価不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸についても簡単にまとめてみたいと思います。

favicon 脂肪酸は炭素原子と水素原子が結合し、鎖のように連なっている

・飽和脂肪酸
・一価不飽和脂肪酸
・多価不飽和脂肪酸

上記3つの名前の下部に共通している脂肪酸という文字がありますが、これは炭素原子と水素原子がくっついて構成されているものです。

ココナッツオイル10

上の図のように、真ん中の炭素原子に最大2個(図でいうと左と右にそれぞれ付いている)の水素原子が結合しているから、脂肪酸が出来ます。

つまり、1つの炭素原子に結合できる数である2個の水素原子が付く事は、水素原子によって炭素原子が飽和していることを指します。

この状態の脂肪酸が例えば18組そろうとステアリン酸と言われる【飽和脂肪酸】状態になります。

そして【一価不飽和脂肪酸】とは、

ココナッツオイル11

上の図のように、飽和脂肪酸の状態から1組分(2個)の水素原子がなくなった状態の事を指します。

飽和脂肪酸の時は18組=36個あった水素原子が、2個少ない状態(つまり2組が炭素原子1個と水素原子1個の組み合わせ)をオレイン酸(一価不飽和脂肪酸)と呼びます。

ココナッツオイル12

さらに一価不飽和脂肪酸の状態から水素原子が2組以上(4個以上)飽和脂肪酸の状態から少なくなっていると【多価不飽和脂肪酸】と言われる状態になります。

脂肪酸名で言うと、リノール酸になります。(炭素原子18、水素原子32)

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸

ココナッツオイル13

次に、飽和脂肪酸の中の炭素鎖というものに注目していきます。

上の図のように、炭素鎖の長さ(数)によって、以下の種類の飽和脂肪酸に分類することが出来ます。

①長鎖脂肪酸(LCFA)
②中鎖脂肪酸(MCFA)
③短鎖脂肪酸(SCFA)

です!

実はこの炭素鎖の長さによって僕たちの人体の中でどのように消化し、またどのような形で吸収されるのか?そして、どういう影響を体に与えるのかが分かる非常に重要な要素でもあります。(もちろん、脂肪酸の飽和度によってもその影響力は変わってきます)

favicon 長鎖脂肪酸(LCFA)

長鎖脂肪酸は、炭素原子の数が14個〜24個のものを指し、主にミリスチン酸、ステアリン酸、オレイン酸、エルカ酸、リノール酸やアルファリノレン酸といった脂肪酸が分類されます。

自然界にある脂肪酸は、この長鎖脂肪酸が圧倒的な割合をしめていると言われています。

長鎖脂肪酸は体内ストック型(蓄積型)脂肪酸で、体内で固まりやすいと言われています。

favicon 中鎖脂肪酸(MCFA)

中鎖脂肪酸は、炭素原子の数が6個〜12個のものを指し、主にカプリル酸、カプリン酸、ラウリン酸といったものを指します。

母乳や牛乳に多く含まれていると言われています。

因みに、ココナッツオイルが含んでいる中鎖脂肪酸の内訳を見てみると、ラウリン酸が約48%で、カプリル酸約8%、カプリン酸7%、カプロン酸0.5%とされています。

ココナッツオイルは、他にも良い脂肪酸を含んでいて、さらに栄養素もあるので大変優れた脂質であると言われています!

favicon 短鎖脂肪酸(SCFA)

短鎖脂肪酸は、炭素原子の数が6個未満(6個は含めない)のものを指し、主に酢酸や酪酸といったものを指します。

また、酪酸ということだけあって、バターといった乳製品に短鎖脂肪酸がたくさん入っていると言われています。

この中で、ココナッツオイルが含んでいる脂肪酸は中鎖脂肪酸(ココナッツオイルの約7割)であるカプリル酸やカプリン酸といったものになります。

中鎖脂肪酸のしめる割合がここまで多いのは、自然界にはココナッツオイルとパームオイル、そしてパームカーネルオイルの3種類と言われています。

この特徴こそが、ココナッツオイルが僕たちの体に良い影響を与えてくれる秘密なんですね。

中鎖脂肪酸は肌の新陳代謝を促進させると言われているので、ニキビや吹き出物といった肌トラブルの予防に欠かせないと言われています。

一般的な油に含まれる長鎖脂肪酸は、人が口にすると活動エネルギーとして使用されることなく、脂肪組織に蓄積されますが、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸や短鎖脂肪酸は体内で分解され、エネルギーとして生産されると言われています。

なので、血管(動脈)に詰まることがほぼ無いと言われています。

また、主な脂肪酸が中鎖脂肪酸であるココナッツオイルは、コレステロール値にも影響しないとされています!

便秘のスッキリが期待できる!

便秘は肌荒れニキビの原因イメージ

ココナッツには豊富な繊維質が含まれていると言われています。1カップあたりに約9gとされています。

これは他の野菜、例えばブロッコリーは1カップに3g、キャベツに関しては2gほどなので、ココナッツにはそれらの食材よりもはるかに多く繊維質を含んでいるですね。

なので、普段からココナッツやココナッツオイルを摂る事は非常に便秘の解消につながるとニキビ太郎は考えます。

便秘=腸内環境の悪化なので、腸内の善玉菌のエサとなる繊維質を摂る事は善玉菌の活性化につながり、それが便秘を予防する可能性が高まるとニキビ太郎は思います。

また、便秘が解消され腸内環境が良くなればそれだけ免疫力も高まるので、よりニキビや吹き出物といった肌荒れに強い体になっていくことも期待できます!

購入基準について

ココナッツオイル3

ココナッツオイルは一般的な食用油よりも高価なものだとニキビ太郎は思っています。

なので、せっかく購入するならコストパフォーマンスの良いココナッツオイルが良いですよね?

今回はニキビ太郎が目安としている購入基準みたいなのをご紹介させてくださいね!

favicon RBDかVirginか?

ココナッツオイル1

ココナッツオイルを購入する際に注目すべき点は、RBDかVirginか?という所です。

まずRBDについてですが、これは精製・脱色・脱臭といった加工がなされたココナッツオイルを指していて、ココナッツ特有の香りなどを排除したものになります。

次にVirgin(バージン)についてですが、これは未精製または精製の程度が極端に低いもの、そして低い温度で圧搾(低温圧搾:コードプレス)されたもので化学薬品が使用されていないものを指します。

ニキビ太郎はVirgin(バージン)ココナッツオイルを買うようにしています。その理由は未精製なので、よりココナッツそのものを味わえますし、何よりニキビや吹き出物といった肌荒れの予防に役立っていると実感しているからですね。

ですが、RBDココナッツオイルも基本的には一般的な食用油(植物油)よりも僕たちの体に優しいことは注目すべき点だとニキビ太郎は思っています。

RBDとVirginの見分け方ですが、これはパッケージの原材料の欄を確認するとハッキリと分かると思います。メーカーによっては、トランス脂肪酸や水素添加された加工ココナッツオイルがあるので、安価だからといって気軽に摂取すると逆に体に悪影響を与えている可能性があります。

因みに、ココナッツからココナッツオイルを抽出する方法としては以下のようなものがあります。

・煮沸
・冷却
・機械プレス
・遠心分離
・発酵分離

上記のような方法です。腸内環境を良くする観点で考えれば、発酵という段階を踏んで分離手法の発酵分離されたココナッツオイルが良いのかな?とニキビ太郎は考えます。

ただ、これはココナッツオイルの風味にも関わってくるので、自分に合ったものをチョイスするのがベストの選択肢だと思います。

favicon オーガニック認証があればより◎

最近のココナッツオイルには、オーガニック認証を受けているものがあります!

これも化学薬品や添加物といったものを使用していないことを証明するものなので確認すべき点だと思います。

一日の理想摂取量は?

ココナッツオイル4

ニキビ太郎は、朝と夜に大さじ一杯半ずつ摂るように意識しています。

僕は朝起きてからコップ1杯の白湯を必ず飲むのですが、その中にココナッツオイルを混ぜてから飲んでいます。

ほんのりココナッツの香りがして僕は好きですね。

夜はきな粉やゴマを入れたココアに入れてから飲むようにしています!

ココアを飲むとホッとできるからですね^^

オススメです!

これ意外にも、普段の調理にココナッツを使って食材を炒めたりするとよりココナッツオイルを自然に摂取することにつながるので、ニキビ太郎はフライパンで目玉焼きや野菜炒めを作るときなんかに使用しています。

注意点

ここまで、ココナッツオイルは僕たちの健康に非常に役立つ脂質だということをまとめましたが、だからといってココナッツオイルが万能薬だと思わないように注意する必要があると僕は思っています。

例えば、ココナッツオイルを摂っているから少しくらい食生活を乱しても大丈夫と思ってしまうことは非常に危険です。

なぜなら、ココナッツオイルに限らず、普段から口にするものが僕たちの体を作っているからです。

また、食生活の全てが理想的であればあるほどココナッツオイルのチカラをより発揮できるとニキビ太郎は実感しているからです。

そして、体調が悪くなったらココナッツオイルに頼るのではなく、ちゃんと病院に通って投薬などの治療を受けることも大事です。(ココナッツオイルは病気の予防のために摂るといった認識が良いのかもしれないですね。)

スキンケアとして活用する

最後に、他のニキビ関連のサイトやブログさんでココナッツオイルをスキンケアに使用すると良いという情報を目にしたのでざっとまとめてみますね!

favicon ビタミンEやポリフェノールが肌に良い

ビタミンEは抗酸化作用のあるビタミンだとされていて、スキンケアに用いると肌の老化を予防することが期待できるかもしれません。

また、ビタミンEは肌の乾燥を防ぐと同時に高い保湿効果(肌を柔らかくし、角質層の奥まで浸透すると言われています。

また、ココナッツオイルに含まれるポリフェノールも活性酸素を退治してくれる抗酸化作用があるので、肌の老化を防ぐことにつながり、結果として肌のターンオーバーの向上が期待でき、ニキビや吹き出物、シミやシワといった肌荒れの予防にも役立ちます。

favicon ラウリン酸の抗炎症作用

ココナッツオイルは飽和脂肪酸であるラウリン酸を豊富に含んでいます。

このラウリン酸には抗炎症作用があるとされていて、ニキビや吹き出物といった肌荒れだけでなく、やけどや切り傷、擦り傷、アトピー性皮膚炎といった肌トラブルにも効果的だと言われています。

といった感じです。

しかし、実際にニキビ太郎はココナッツオイルを肌に塗布していません。

その理由として、ニキビ肌のスキンケアに関してはココナッツオイルよりも皮膚科で処方してもらえるニキビ薬(ディフェリンゲルやベピオゲルなど)、そして保湿薬(ヒルドイドローションやプロペト)といったものが、ココナッツオイルから得れるものよりも、非常に高い効果を得れる事を実感しているからです。

なので、ココナッツオイルはスキンケアよりも食生活に取り入れる方が費用対効果は高いとニキビ太郎は考えます。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ