必見!カップラーメンはニキビの原因になる!?その真相に迫っていきます!

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

カップラーメンイメージ

カップラーメンは体に悪いと知っていながらも、美味しくて安いから・・・ついつい食べてしまう頻度が高くなっている人も多いと思います。

実は、カップラーメンを頻繁に食べると、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になる確率が上がってしまうというのはご存知だったでしょうか?

今回は、カップ麺が肌に与える影響というのを以下にまとめたので、良かったら参考にしてみてください!

栄養素がまるで無い!?

シーフードヌードルミニ栄養素一覧

カップラーメンのパッケージを見ると、カロリーの所はめちゃくちゃ高い数字を示していますが、肝心の栄養素の所はほぼ無い状態です。。極端にバランスが悪いです(汗)ちなみに、上の写真はシーフードヌードルミニ栄養素一覧の写真になります。

最近だと消費者が健康志向なだけあって、野菜(かやく)の量が増量されていたり、ビタミンやミネラルといった栄養素を増やしている商品もありますが、それでも栄養バランスは偏っていると言えると思います。

基本的に、カップ麺の中身は揚げてある麺なので、炭水化物や脂質といった栄養素はずば抜けて高い数字なのですが、肌細胞の新陳代謝に必要なビタミンやミネラル、タンパク質といった栄養素はほぼ無いと言えます(汗)

→必見!タンパク質はニキビの予防に欠かせない栄養素だった!?

炭水化物(糖質)をたくさん摂ると、皮脂の増加につながることも指摘されているので注意が必要です。

また、腸内環境を良くする為の食物繊維も完全に不足してしまっている状況です。

ちなみに、野菜(かやく)の量が多いと言っても、食べる時点で完全に加熱殺菌&加工されているので野菜の栄養素や酵素といったものもほぼ無くなっている状況だと思います。

つまり、カップ麺を食べてもお腹は満たされるけど、完全なる栄養不足に陥る可能性が高いとニキビ太郎は考えます。

実際にニキビ太郎の元に寄せられる相談内容でも、2日に1回程度の頻度でカップラーメンを食べている人はニキビで悩んでいる人が多い印象を受けています。

そこでニキビ太郎がオススメしたいのが、白菜やわかめ、しめじといった野菜、海草類、キノコ類を入れたカップ麺を作ると少しは栄養が摂れるようになっていいのでは!?と考えます。(また、卵もアリだと思っています。タマゴは非常に栄養価の高い食品だからですね)

favicon グルテンは避けた方がいい

カップラーメンイメージ2

小麦に含まれるタンパク質の成分の1つに、グルテンというものがあります。

このグルテンが人によっては体に悪影響を与えると言われています。その割合は5人に1人だとされていて、グルテン不耐性とも言われます。

一種のアレルギー症状で、グルテンを摂ったら頭痛や吐き気に襲われる人もいれば、腸に炎症を起こし、ニキビや吹き出物といった肌荒れも引き起こすとも言われています。

これは小麦麺を使っているカップラーメンにも同じ事が言えると思っていて、グルテン+食品添加物という組み合わせは本当に避けたいです。

→必見!グルテンフリーはニキビ予防に劇的な効果をもたらしてくれる!?その真相に迫ります!

favicon 油の酸化も怖い

3種類のポテトチップス

インスタント食品やポテトチップスといったお菓子にも言えるのですが、油脂で揚げたりしている食品は、工場で加工してから僕たち消費者の手に届くまでに油が酸化してしまっています。。。(汗)

酸化してしまった油脂を過酸化脂質というのですが、これは有害な物質として有名です。ニキビ太郎も何度か経験したことがあるのですが、酸化した油脂(食品)を食べた後に、猛烈に吐き気やめまい、下痢といった症状を引き起こしたり、ニキビ太郎の友人は顔がパンパンに腫れたことがあります(汗)

※学校で会った時衝撃的でしたね。通常の2倍くらい腫れてるんじゃないか?という顔で登校してきたので(汗)病院にいったら酸化した油のせいだと言われたそうです(汗)

これら以外の症状として、酸化した油脂を摂り続けると血管に悪玉コレステロールが蓄積して動脈硬化といった病気だけでなく、細胞単位で傷つけられるといった恐ろしい現象が起こるので、大変注意が必要です。

もちろん、食品添加物(酸化防止剤)などを駆使して油脂が酸化するのを防いだり、パッケージを密封して酸素に触れる時間を少なくするといった工夫は見られますが、それでも油脂の酸化は止めることはできないとされています。

なので、可能であればこういったカップラーメンは食べないことが1番ですが、食べるとしてもノンフライ麺を選ぶなどして、少しでも過酸化脂質の健康被害を少なくすることも大事になってくるとニキビ太郎は考えます。

→【検証】ポテトチップスはニキビの原因になるのでしょうか!?その真相に迫っていきます!

食品添加物が恐ろしい!?

UFOプチ原材料名一覧

カップラーメンには、保存料や調味料、着色料や香料といった大量の食品添加物が含まれています。

例えば、スープの旨味を引き出すための化学調味料だったり、炭酸カリウムや炭酸ナトリウム、重要といった麺にコシや発色を与える成分であったりですね。

他にも、食感を高めるためにアルギン酸ナトリウム、ペクチンといった増粘多糖類なんかですね。

そうしないと美味しい味が出せなくて、消費者の心をつかむことが難しいからだと考えられます。

日本で販売されているカップラーメンに含まれる食品添加物は、厚生労働省に認定された食品添加物を使用しているので、比較的安心してたべることができます。

ですが、それでも食品添加物を食べてアレルギー症状が出る人、胃や腸が荒れて体調不良を起こす人も一定数いると言われているので、カップラーメンに限らず、加工度の高い食品を食べて気分が悪くなった人経験がある人は要注意ですね。

特に食品添加物を肝臓で解毒する時には活性酸素が発生して、それがニキビの症状を悪化させていることも考えられるからですね。。。

また、食品添加物を食べるだけで人体にストレスが発生するという研究データや、食品添加物が腸内に入ると悪玉菌の数が増え、腸内環境を悪化させるという研究もあります。

→必見!腸内環境の悪化は酷いニキビの原因となる!?その真相に迫ります!

そうなると確実に便秘といった症状も引き起こされやすくなるので、日々の食事でも極力食品添加物の摂取量を抑えていく食事が大事になってくるとニキビ太郎は考えます。

もちろん、食品添加物のおかげで安全に食べられるという側面もあるので、一概に全てが悪いとは言い切れませんが、ニキビや吹き出物といった肌荒れが気になっている人は気をつけた方がいいかもしれないですね。

塩分濃度が高い!?

カップ焼きそばイメージ

ニキビ太郎の実家では昔、毎週土曜日のお昼は必ずカップ麺でした。

大好きなカップ麺を近くのマルキョウ(スーパー)に買いに行っていましたね。

当時は濃い味が激ウマだと感じていて、カップヌードルのシーフード味やUFO、赤いキツネといったカップ麺を好んで食べていたのを記憶しています。

ですが、、、加工食品独特の濃い味付けは完全に健康に良くないものだったんですね。。(今では酷く後悔しているほどです。特に成長期の時はめちゃくちゃ悪いものを食べていたからですね)

日本の成人男性だと、一日に摂取すべき目安塩分量は、約9gで、成人女性は約7gだとされています。

ここでカップ麺に含まれる塩分量を確認していみますね。

favicon カップヌードルミニ(シーフード味)

シーフード食塩

38gに対して2.4g

favicon カップやきそば(UFOプチ)

UFOプチ食塩

63gに対して2.4g

favicon カップ麺(どん兵衛ミニ)

どん兵衛食塩

42gに対して3g

favicon 袋麺とんこつ味(うまかっちゃん)

うまかっちゃん食塩

94gに対して2.2g

このように、インスタントラーメンには3g前後の食塩が入っていて、1日に1つだけ食べたとしてもそれだけで一日の目安摂取量の約3分の1以上を占めてしまうことになってしまうんですね。。。。(ちなみに通常サイズだと5g前後となり、一日の目安摂取量の50%以上を占めます汗)

なので、カップ麺を食べる機会があったら、スープを飲むのを辞めたり、ソースやマヨネーズの量を減らして塩分摂取量をなるべく摂らないようにすることをオススメしたいです。

特に塩分の摂り過ぎは、高血圧症や動脈硬化といった病気のリスクを高めることになるので要注意です。

リンという成分が大量に含まれていて危険!?

カップ麺イメージ

カップ麺に限らないですが、基本的に加工食品には「リン酸塩」というミネラルが含まれていると言われています。

リン自体は僕たちの体に必要なミネラルの1つとして数えられるのですが、これは普通の自然の食品にも含まれているので、加工食品を食べなくても十分に必要な量を摂取できるんですね。

ですが、カップラーメンなどのインスタントラーメンには「大量」のリン酸塩が含有されているので、食べ過ぎると同時にリンの過剰摂取にも繋がってしまいます。。。

リンの過剰摂取を長期的に続けてしまうと、

・甲状腺機能に障害が起きやすくなる
・腎機能が低下する
・カルシウムの吸収を阻害し、骨や歯がもろくなる

といった恐ろしい報告があります。。。

リンとカルシウムは通常2:1の比率が良いと言われていますが、インスタント食品は3:1とバランスが悪くなっていると言われているので、加工食品を食べる頻度はちゃんと把握して続け食べないようにしなくちゃいけないとニキビ太郎は考えています。

ニキビ太郎の数年前に亡くなった祖父は、昔からカップ麺などの加工食品が好きでよく食べていたのを記憶しています。

病院イメージ画像

そんな祖父はある日、腎臓が上手く機能しなくなり透析という治療を施さないと生きていけない体になってしまいました。(もちろん、カップ麺以外の原因もあると思いますが、加工食品が与えた健康被害は少なからずあると思っています)

透析治療の人は一日に約6時間程度、ずっとベッドの上で過ごすことになります。2日に1回は機械を通して血液を綺麗にしないと生きていけなくなるんですね。。。

僕も何度か送り迎えをしたことがあるのですが、、、その姿を見て本当にショックでした。。。左腕にシャフトというものを入れて、毎日正常かどうかを聴診器を使って確認しますし、何より大好きだった旅行にも行けなくなったんですね。

本当に透析治療は辛いものだと祖父を見て僕は知っているので、カップ麺や加工食品はなるべく口にしないようにしないといけないと強く思っています。

皆さんも、出来れば安全な食品を自炊して食べられることを僕はオススメしたいです。

発砲ポリスチレンは危険!?

カップラーメン容器イメージ

カップラーメンの容器にお湯を入れると、発砲ポリスチレン(PSP)が溶け出してそれが環境ホルモンとして体に悪影響という話を小学生の頃、担任の先生がしていた記憶があります。

ニキビ太郎のように、カップ麺の容器(発砲ポリスチレンというプラスチック樹脂の1種)は体に悪いということを聞いた事がある人は以外と多いと思います。

確かに発砲ポリスチレンの成分の一部が容器から食品に移行することがあるかもしれないですが、通常の範囲で口にする分には人体に悪影響ではないということが日本スチレン工業会の公式HPに記載されていました!

ポリスチレン製包装容器は安全です。ポリスチレンには極少量のスチレンモノマーが残留しており、ポリスチレン容器から食品に移行するかもしれません。しかし、この濃度レベルで有害な影響が認められたとのデータは一切ありません。スチレンに発がん性があるとされる根拠は極めて高濃度のスチレンを吸入した際のデータに基づいています。スチレンは我々が摂取する天然食品中にも含まれています。ポリスチレン容器から食品へ移行するスチレンの濃度は、これら天然食品に含まれるスチレンと同じレベルです。

引用:( ポリスチレンは安全な食品包装材料です, 2016/07/27)。

上記のことから、カップラーメンに使用してある容器に関してはそこまで神経質に考える必要はないようですね。ですが、どうしても気になるという人は容器を別のものに変えてからお湯を注ぐなどして工夫してみてください!

それでも災害時に役立つ!

カップラーメンイメージ

カップ麺が肌や健康にめちゃくちゃ悪いということばかりを書いてきましたが・・・(汗)

それでもカップラーメンには優れた特徴があります。それは、いつでも簡単に作れて食べれるので、緊急事態の時には非常に重宝するということですね。

また比較的長期保存も効いたり、冷蔵庫に保管もしなくていいので、震災時の時なんかは非常に役立つ食品だと思います。

ニキビ肌の人にはあまりオススメできないですが、食べるとしても週に1回程度の頻度で口にするくらいが良いと思います!

また、いつ起こるかわからない災害時のために、常に一定数の備蓄をしておくことも大事かもしれないですね。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→注目!パントテン酸はニキビの予防効果があるのかを調査してみました!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ