必見!レシチンがニキビ予防に効果を発揮してくれる成分だった!?その真相に迫っていきます!

[最終更新日]2016/07/15

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

レシチンがニキビの予防に!?イメージ

レシチンはリン脂質という成分のことで、僕たち人の細胞を構成するために必要な細胞膜の主成分でもあるんですね。

もちろん肌細胞を維持するためにもレシチンは必須成分です。

また、このレシチンがニキビ予防に大きく関わってくることが調べていくうちに明らかになってきました!

今回はレシチンについて以下に詳しくまとめてみたので、是非参考にしてみてください!^^

プロフィールについて

卵黄イメージ

レシチンとは、ホスファチジルコリンとも呼ばれ、リン脂質のことです。実はこのレシチン、約150年程前にフランスで見つかった成分で、その際は卵の卵黄で発見されたと言われています。

ちなみに、どうしてレシチンという呼び名になったのかというと、ギリシャ語で卵黄という意味の単語が「レシトス」と言われていて、それからレシチンと名付けられたと言われています。

このレシチンは主に、脳や神経組織に多く存在していて、細胞膜の主成分として有名です

発見当時は、レシチンは卵黄の中にあるものだとされていましたが、研究が進んだいまでは、卵黄の他にも大豆や酵母、カビ類に含まれていることが明らかになっています。

人の体の細胞(約60兆個)は細胞の膜で保護されていて、生理機能や神経伝達物質であるアセチルコリンを作り出すためにも、レシチンは必要な成分だとされています。

他にも記憶や睡眠(副交感神経に刺激を伝える)、脂質の代謝といった機能にも大きく関わっており、肝臓を保護してくれる作用もあると言われています。

favicon 乳化作用

マヨネーズイメージ

卵のページでも触れましたが、レシチンには乳化作用(水と油を混ぜ合わせる)があり、細胞内の水溶性物質と脂溶性物質を混ぜ合わせることが可能です。

それが細胞内に栄養を取り入れたり、細胞から老廃物などを排泄することを可能にします。

またこの作用は食品添加物としてもドレッシングやアイスクリーム、チョコレートにも使用されています。

ちなみに、マヨネーズは卵黄に含まれるレシチンの乳化作用を利用して作られていますよ!

→注目!卵がニキビ・肌荒れ予防に劇的な効果をもたらしてくれる食材だった!?

2種類存在している!?

先ほどもチラっと紹介しましたが、レシチンは

・卵黄レシチン
・大豆レシチン

の2種類に分類することができます。

それぞれ大きな違いはないと言われていますが、それでも目的によって使い分けられているようですね。

favicon 卵黄レシチン

卵黄レシチンは大豆レシチンと比較してホスファチジルコリンという神経系に作用する成分を多く含んでいるので、脳機能の改善を目的として活用されることが多いとされています。

favicon 大豆レシチン

一方の大豆レシチンというと、血液中に長時間滞在することが可能とされているので、動脈硬化や脳卒中、高血圧といった病気の予防に効果を発揮することがわかっています。ちなみにダイエット効果もあるようですね。

副作用について

レシチンは非常に安全性の高い成分だというのが特徴で、あまりに過剰に摂取しなければ全然問題ないとされています。

ただ、一度に多く摂りすぎると下痢などの症状を引き起こす可能性が指摘されているので、その点は注意は必要です。

記憶力の向上、イライラの抑制!?

怒っているイメージ

レシチンは脳機能の向上も期待できる成分です。レシチンを構成する4種類の物質の1つであるコリンが、脳の神経伝達物質であるアセチルコリンの材料となり、またホスファチジルコリンは記憶や判断の働きm筋肉の動きをコントロールする役目も担ってくれています。

さらに言うと、レシチンが不足するとイライラを引き起こしやすくなると言われています。

人はイライラする様なストレスにさらされると、体内で抗ストレスホルモン(男性ホルモン)が分泌されるようになり、それが肌の角質を普段よりも硬くしたり、皮脂の過剰分泌を誘発する可能性が指摘されているので、レシチンを上手にとってイライラを抑制することは非常に大事になってきます。

他にも不眠症や記憶力の低下予防にもレシチンは効果があると言われています。

→注目!ストレスはニキビの原因になる!?今回はその真相にせまっていきます!

美容効果

ターンオーバーの仕組みイメージ

レシチンの乳化作用には、コレステロールの分解や排泄に役立つ成分で、血液中の脂質を凝固させずにスムーズにする作用が期待できます。

なので、肌の新陳代謝(ターンオーバー)機能に必要な酸素や栄養素を肌細胞に届けることがより促進され、それが毛穴に皮脂を詰まることを予防したり、色素沈着(シミ)の早期回復にもつながることが期待できるとニキビ太郎は考えています。

また、レシチンによって血行がスムーズにいくようになれば、冷え性の改善効果といったものも期待できるようになりますよね。

さらに、レシチンには皮膚を熱損傷から保護する皮膚保護作用もあるといわれています。

また、レシチンには体内で脂質を代謝する活躍をしてくれます。ビタミンAやビタミンEといった脂溶性ビタミンや魚に含まれる脂肪酸を乳化するので、体内への吸収や代謝を助けるだけでなく、胃や腸への負担を減らすことが可能だとされています!

特に胃や腸といった消化器官への負担が大きくなるとそれがニキビの原因になったりするとも言われているので、レシチンの乳化剤としての効果は非常に大事になってくるとニキビ太郎は考えます。

→注目!消化不良や胃腸・消化器系の障害がニキビの原因になっている!?その真相に迫っていきます!

ビタミンAやEと一緒に摂るといい!?

先ほども軽く触れましたが、レシチンは乳化作用があるので、脂溶性ビタミンであるビタミンAやEの吸収を助けます。

特にビタミンAやEは抗酸化作用のあるビタミンなので、活性酸素による肌の老化を防ぐだけでなく、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進させる効果が期待できます!

これがよりニキビや吹き出物といった肌荒れの予防につながっていくんですね。

→驚き!ビタミンEの過剰摂取がニキビを悪化させる?その真相に迫っていきます!

多く含む食材

レシチンは、以下の食材に多く含まれていると言われています。

大豆(マグネシウム)イメージ図

・卵黄
・大豆
・銀杏
・ピーナッツ
・緑黄色野菜
・ゴマ油
・穀類
・ウニ

納豆イメージ画像2

・小魚
・うなぎ
・レバー

といった食材ですね。

なので、卵料理や大豆を発酵させた納豆、大豆を原料とする豆腐や豆乳といった製品にもレシチンは多く含まれていると言えると思います。

favicon 理想の摂取量は一日3,000mg!?

有機豆乳イメージ

ニキビ予防を始め、健康維持のためにはレシチンを一日に3,000〜6,000mg程度摂取することが大事だという説もあります。

大豆ばっかりそんなに食べれない!という人が大半だと思うので、そういう人こそ大豆製品である

納豆
豆乳
豆腐
味噌
・醤油

といったものを積極的に食べたり、卵で卵黄レシチンを摂る事もいいと思います。

ちなみにニキビ太郎は一日に卵4個食べていますし、醤油や味噌も毎日摂っていますね!目玉焼きに醤油をかけたり、味噌汁を作ったりですね!

食が細いという人はサプリメントで摂取する方法もありますが、出来れば普段の食事から摂ることが理想です!

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→注目!1日でも早く黄ニキビを予防する方法を原因から見ていきます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ