必見!バナナはニキビの予防効果が期待できます!ただし・・・・

[最終更新日]2016/07/15

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

  • POINT!
バナナはニキビの予防につながるとニキビ太郎は実感しています。ただし、ばななも食べ過ぎると逆に原因となる可能性はあるので注意が必要です。
バナナはニキビに効果的!!

他のニキビ関連のサイトやブログさんでは、「バナナはニキビの原因になる!」とか「バナナと食べるると吹き出物がたくさん出来た・・・」といったネガティブな記事が多いですが、

ニキビ太郎はむしろ「ニキビを作らないためにもバナナは食べた方がいい!!!」と考えています。

バナナって知れば知る程めちゃくちゃ奥が深いんです。以下で詳しく解説させてくださいね!^^

消化を促進してくれる

バナナは非常に消化吸収に優れた食べ物だと言われていますよね?ニキビ太郎も学生時代はソフトボール・野球部に所属していて、保護者の方々によくバナナを差し入れしていただいていました。

バナナを食べることで、バナナに含まれるアミラーゼという消化酵素を摂取することが可能です。

このアミラーゼは、炭水化物(お米や小麦といったもの)の消化吸収の効率を高めてくれるんですね。

炭水化物を体内に吸収しやすくするために、ブドウ糖や果糖、そして、腸内環境を良くする為に欠かす事のできないオリゴ糖などにも分解してくれるので、大変注目すべき点です。

基本的には、人の唾液腺やすい臓といった箇所から消化酵素は分泌されているのですが、年齢を重ねるごとにこれらは年々減少していってしまうので、バナナのようなアミラーゼ(消化酵素)を含む食べ物を食べて効率良く補うことは、ニキビや吹き出物といった肌荒れの予防にも非常に大切なことになるとニキビ太郎は実感しています。

※消化酵素については、以下のリンク先ページでも詳しく取りあげているので、是非参考にしてみてください!

→必見!酵素の力で吹き出物や肌荒れを素早く予防できます。

便秘を解消してくれる

便秘はニキビの原因に!?イメージ

バナナにはニキビや吹き出物といった肌荒れの原因にもなる「便秘」をも解消してくれる効果も期待できます!

その便秘を解消するために必要なものの中に食物繊維が挙げられます。

食物繊維は基本的に水溶性食物繊維と不溶性食物繊維とに分類でき、この2種類の食物繊維をバランスよく摂ることができれば、便秘の予防に大きく役立つと言われています。

そこでバナナの登場です。バナナには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維とがバランスよく含んでいるです!!!

なので、バナナは腸内環境を良くするためにもかなり優れた食品だということが言えると思います。

また、食物繊維の他にもバナナには、「フラクトオリゴ糖」と呼ばれる、比較的消化されにくい糖質を含んでおり、これが腸内環境に滞在する善玉菌のエサとなるんですね!

フラクトオリゴ糖によって元気になった、腸内の善玉菌はより活性化し、腸内環境を整えてくれることが期待できます!

さらに注目したいのは、このフラクトオリゴ糖はカロリーが低く、血糖値も上がり難いと言う点です。健康にも良く、腸内環境を良くしてくれるバナナは積極的に食べていきたいですね!

→必見!便秘は吹き出物や肌荒れの原因!その解消法を紹介します!

抗酸化作用もある!

驚愕の事実に、バナナには高い抗酸化作用があることが調べていくうちに明らかになりました!

バナナには、ビタミンCやビタミンA、ビタミンEといった抗酸化作用のある代表的なビタミンだけでなく、ポリフェノールといった成分も含んでいるので、ニキビや吹き出物の原因となる活性酸素を退治してくれる働きが期待できます!

バナナイメージ画像

活性酸素が体内に蓄積していくと、肌細胞を破壊するだけでなく、そのDNAまでもを壊してしまうと言われるくらい恐ろしいものなんですね。

なので、積極的にバナナを食べて、活性酸素対策をするのをニキビ太郎はオススメしたいです!

他にも、バナナに含まれるβ-カロテンやケンフェロールなどは血液の中にある悪玉コレステロールが蓄積するのを防ぐ効果もあるので、血行を良くする事にも優れていると言われています!

血流が良くなれば、それだけ肌のターンオーバー(新陳代謝)機能も向上するので、ニキビや吹き出物対策になりますね!^^

→注意!ターンオーバーの乱れは吹き出物や肌荒れの原因になります。

皮の色によって成分が異なる

ここからは、バナナの色について少し説明させてくださいね!

実はバナナを食べる時に、皮がどの段階の色にあるかで、期待できる効果が多少異なってくると言われています。

まずは青系バナナです。

favicon 青系バナナについて

青系バナナイメージ

青系バナナは、食べごろよりも少し前のバナナの色を指します。成熟しきってないので、少し甘さが控えめで、どちらかというと酸味が強い傾向があるとニキビ太郎は感じています。

ですが、腸内環境を良くする為に大変優れていると言われています。

青系バナナは、成熟しきっているバナナと比較して、「難消化性デンプン」が多く含まれていると言われています。

これは、食物繊維と同じ働きをすることで知られています。

通常は、色がバナナの黄色に近づくにつれて、分解されて甘みが増すのですが、まだ青いことから、難消化性デンプンが多く残っている状態なんですね。

そのため、食物繊維がより多く含まれているバナナと同じということになり、他の色のバナナよりも腸内環境を良くする効果が期待できると言えると思います。

だけど、実際食べると、種類によっては本当に無味で、シャキシャキで何だコレ!!!!!っと少しストレスが溜まることがあるので、ニキビ太郎は普通に黄色くなったバナナを食べることをオススメしたいです!青系バナナは、食べた後に口の中が少しザラつきます。汗

青系バナナイメージ2

favicon 黄色バナナ

次は、通常の黄色のバナナについてです。

この段階になると、難消化性デンプンは分解され、青系バナナよりも甘みや香り、そしてかみごたえ等がアップし、これぞバナナ!という感じになっています。

他にも、ビタミンB2、ナイアシン(ビタミンB3)やビタミンB6といった、美容ビタミンと呼ばれる栄養素が多く含まれるようになります。バナナは他の果物と比較しても美容ビタミンを含む割合がダントツで突出していると言われています。

これらのビタミンが不足すると、体内の代謝がスムーズに行かなくなり、皮脂が大量に分泌され、ニキビや吹き出物が出来やすくなるといった現象が現れます。

ですが、黄色バナナを摂取することで、美容ビタミンを効率的に摂れるので、ニキビや吹き出物対策や予防に大変有効です。

favicon 茶色バナナ

最後に茶色バナナになります。この段階になると、バナナの甘みが格段に増し、コクといったものも感じられるようになりますよね!

また、少し柔らかくなるので、甘くて柔らかいものが好きという人は多くいると思います!

この茶色の段階になると、高い免疫効果が得られると言われています!

保存の仕方の極意

ここでは、ニキビ太郎流のバナナの保存の仕方を紹介していきますね!是非バナナマニアでもあるニキビ太郎が毎日実践している方法でもあります!

favicon 基本は常温で保存する

バナナは赤道近くの国(熱帯・亜熱帯地域)で主に生産され、日本はそれを輸入しています。そのため、気温が低すぎるところではバナナが低温障害を引き起こすことがあります。(寒いところに置いていたら、皮が黒ずんだというのは、この低温障害である可能性が高いです)

逆に高温すぎるところでも傷みやすくなってしまうので、できれば20度前後の場所で保存できるのが1番最適だと言われています!

ニキビ太郎は九州の田舎に住んでいるのですが、真冬や真夏は冷房や暖房が程よく効いた部屋に置いて、それ以外の季節はキッチンで保存しています。

favicon バナナスタンドを活用してみる

これは、高校生の頃に友人宅で知ったのですが、最近ではバナナスタンドなるもの(バナナ専用の保存スタンド)が開発されて、それにバナナを吊るして保存するという方法です!

そうすることで、バナナの重みによってバナナの一部だけが重みで傷まないように、また黒くなりすぎないようにするためにかなり重宝します!

早速ニキビ太郎もこれを知った翌日に、アマゾンでお洒落なバナナスタンドを購入しました!オシャレなものであれば、普通にインテリアとして良いですよ!

favicon 真夏は凍らせるのもアリ!

もう1つ紹介したい保存方法があります。それは真夏にはバナナの皮をむいて、ラップに包み、それを冷凍保存するということです!

これはバナナの種類によって甘みや風味がかなり変わるのですが、ご自分が好きなバナナを冷凍保存して、食後のデザートとしてアイス代わりに食べるのも結構美味しいのでオススメです!^^

バナナで若返るのかを検証した研究がある

ビタミン1本(100g 86kcal)当たりに含まれる栄養素は、

ビタミンB6 : 0.38mg
ビタミンB2 : 0.04mg
ビタミンB1 : 0.05mg
ナイアシン : 0.7mg
葉酸    : 26μg
パントテン酸: 0.44mg
ビタミンC : 16mg

大体これくらいだと言われています。

このバナナを、「肌の衰えを感じている」と言われている女性達に4週間バナナを食べ続けてもらうといった研究が行われたそうです。

その結果、肌の水分値・油分値・弾力が研究前と比較して上昇したという研究結果があります。バナナを食べることで、腸内環境がいい状態になり、体重増加もなく、排便がしっかりと行われるようになったという感想を述べられているそうです。

ただし、いくらニキビ予防になるからといってバナナばかりを食べ過ぎると、お腹を壊したりすることもあるので、食べる量は食べ過ぎないように注意する必要があります。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ