必見!糖質制限食はニキビの予防に効果的だった!?その真相に迫っていきます!

[最終更新日]2016/07/14

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
ニキビや吹き出物といった肌荒れを一日でも早く治すためには、糖質制限食を今すぐ取り入れるべきだとニキビ太郎は考えています!その理由として、糖質制限食は「ニキビやニキビ跡の予防を劇的に早めてくれる」と1年半の実体験を通して実感しているからです!
糖質制限はニキビの予防につながりますイメージ

人は糖質(砂糖)を体内に摂取すると、消化や分解する際に大量のビタミン類を消費してしまうだけでなく、皮脂の過剰分泌を引き起こす可能性があるため、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になることがあります。

そこでニキビ太郎がオススメしたいのが、「糖質制限食」になります。糖質制限食とは、タンパク質や脂質を主食としており、糖質(砂糖)の摂取量を減らそうという食事方法になります。

実際にニキビ太郎も約1年半実践しており、そのおかげで体の代謝が劇的に良くなったり、血行を良くしたりするので、自分の体の自然治癒力が高まり、酷かったニキビやニキビ跡がものすごいスピードで目立たなくなっていきました。

糖質の摂り過ぎは絶対にダメ!

砂糖イメージ

糖質(砂糖)を摂りすぎると、まず間違いなくニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になってしまいます。

先述しましたが、糖質を体内に取り込むとそれを消費・分解する際に、大量のビタミンB群やミネラル類を必要とするからですね。

また、本来であれば肌のターンオーバーに使われるはずだったビタミン群が、糖質の消化や分解に大量消費されると、肌細胞に満足に栄養素を届けることが難しくなることも予想されます。

これは、ターンオーバーサイクルを乱し、角質層に角質(垢)が蓄積しやすくなり、毛穴を詰まらせ、益々ニキビや吹き出物と作り出してしまう可能性があります。

なので、ニキビやニキビ跡で悩んでいるひと程、糖質のの摂取には大変気をつけておく必要があるんですね。

炭水化物の摂り過ぎも良くない

パンイメージ画像

糖質には、白米、パン、麺類、穀物類といった炭水化物にも多く含まれています。ですが、これらは僕たち日本人の主食ですよね?

その主食に糖質が入っているんじゃ「正直仕方のないこと」だと思う方もいらっしゃると思うのですが、ニキビや吹き出物の予防スピードを劇的に早めたい人は、完全に炭水化物の摂取も辞める必要があると思っています。

カレーライスや牛丼、ラーメンやパスタ、ピザや菓子パンといった日本人が大好きな食べものは、全て多くの糖質を含んでいるため、なるべく食べないようにしたいところです。

ニキビ太郎は3食のうち、夕食だけは完全に糖質制限食を取り入れています。タンパク質、脂質がメインの食生活ですね。

他の朝食や昼食は、白ご飯を含むバランスの摂れた食事メニューで、夕食だけです。タンパク質や脂質といってもちゃんとお肉やお魚は食べられますし、むしろ健康的な食事ができると実感しています。

→注意!炭水化物を食べ過ぎると吹き出物や肌荒れの原因になります。

ニキビ太郎が約1年間我慢した食べ物
チョコレートイメージ画像3

ニキビ太郎は顔中に酷すぎるニキビやニキビ跡があったので、糖質制限食(お菓子類)は徹底的に制限しました。その例を以下にまとめますね。

・お菓子(飴や甘味料の入ったハチミツを含む)、調味料に含まれる(水飴等)、ケーキ、和菓子、洋菓子、ドライフルーツ、小麦粉類、飲料水系(もちろん人工甘味料系も制限)、果物(加工されていないフルーツは気にせずたべていました。腸内の善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維が豊富だからですね)、日本酒、梅酒、チューハイ、ソース、ケチャップ、みりん

・・・数えるとキリがないですね。。(汗)

カレーライスイメージ画像

1番辛かったのは、カレーライスが食べれないということです。カレーライスには、ご飯(炭水化物)、じゃがいも・にんじん(糖質が多い)、市販のカレールーも脂質が大量で、添加物もたくさん入っているので、全く口にしなかったです。


正直食べてしまってもよかったのですが、基本的に少しでも甘いものは極力食べたくても泣く泣く我慢していました。それだけニキビやニキビ跡をどうしても良くしたかったからですね。

大好きなカレーライスを断つことで、酷かったニキビやニキビ跡が劇的なスピードで予防されたと実感しています。

→驚き!カレーはニキビの原因になる!?カレーパンに含まれるルウも危ない!?

糖質制限食は、ニキビ以外にも良い効果がある?!

既に上記しましたが、糖質制限食を取り入れることで、体の中の血の流れがものすごく良くなって体の代謝機能も改善されます!

そうなると、自然治癒力が高まるという相乗効果もでてくる可能性があります!

もちろん、肌の若返り効果(アンチエイジング)も次第にでてくると思います!

その他にも毛細血管の血の巡りもスムーズになるので、髪の毛のハリやツヤも良くなったり、肌にうるおいが出てきて、乾燥肌も気にならなくなるとの報告もあるみたいです!

つまり、これらはニキビ治療や予防効果にもってこいの食事方法なのかもしれません!!これを説明するために少しエネルギー源の話をしなければなりません。

生きるためにはエネルギーが必要になる

人が活動していくためには、もちろんエネルギーが必要となってきます。

それは以下の2つのエネルギーです。

①脂肪酸 – ケトン体システム

②ブドウ糖 – グリコーゲンシステム

糖質イメージ画像0

この2つのエネルギー源のうち、主に日常生活で使われるシステムはどちらだと思いますか?

僕もそうだったんですが、もしかすると多くの人が②の「ブドウ糖 – グリコーゲンシステム」を選択するかもしれないですね。

だけど、①の「脂肪酸 – ケトン体システム」が、主に日常生活で使われるシステムだというのです!

これにはビックリしました!ブドウ糖という言葉は頻繁に耳にするので、勝手に②の方だと思い込んでいたんですね。

①のシステムには、ケトン体というワードが入っていますよね?

まずはこれから説明を書いていきますね!

ケトン体とは?

ケトン体とは、脂肪酸の代謝によって作られる物質のことを表しています。

よく、脳はブドウ糖しか使っていないと言われますが、実はブドウ糖とこのケトン体の両方をエネルギー源として、上手く使いわけています!

人は進化の過程で、日常生活の範囲では脂肪を燃焼してエネルギー源として生活していました。

一方のブドウ糖の方は、超緊急的に動きの激しいことをする時に、”もしもの時の非常用”としてグリコーゲン(ブドウ糖の集合体)を活用していたんですね!

なので、日常生活に必要な糖質は肝臓で合成されるので、食事を通してわざわざ糖質を摂取しなくても大丈夫なんです!

糖質を摂取しすぎると、脂肪が燃焼されにくい

パンイメージ画像

今の多くの日本人のように、朝・昼・晩の3食に炭水化物(ご飯・パン・麺類)を食べて、さらには食後にあま~いスイーツを食べるような生活を継続すると、「ブドウ糖 – グリコーゲンシステム」」ばかりが先行して使われるようになります。

そうなると、脂肪は益々燃焼されにくくなります。

既に説明しましたが、主に日常生活で使われるシステムである「脂肪酸 – ケトン体システム」が使用されるようでないと、体の代謝は恐ろしく低下してしまいます。

それは人体の代謝を乱してしまう大きな要因となっちゃいます。

人体の代謝が悪くなってしまった結果どうなるかと言うと、ニキビなどの肌トラブルが発生・悪化したり、もっと言えば生活習慣病へと進行する可能性が出てきます。

人工甘味料も良くない

人工甘味料には、摂取しても血糖値やインシュリンの分泌がないと言われているものもあり、またカロリーも少ないので、大変魅力的なのですが、最近の論文では、

「人工甘味料が腸内にいる細菌のバランスを崩すことがあり、それが帰って砂糖よりも血糖値を高めてしまう」という報告もあります。

Artificial sweeteners induce glucose intolerance by altering the gut microbiota
Jotham Suez , Tal Korem , David Zeevi , Gili Zilberman-Schapira , Christoph A. Thaiss , Ori Maza , David Israeli , Niv Zmora , Shlomit Gilad , Adina Weinberger , Yael Kuperman , Alon Harmelin , Ilana Kolodkin-Gal , Hagit Shapiro , Zamir Halpern , Eran Segal & Eran Elinav

Abstract
Non-caloric artificial sweeteners (NAS) are among the most widely used food additives worldwide, regularly consumed by lean and obese individuals alike. NAS consumption is considered safe and beneficial owing to their low caloric content, yet supporting scientific data remain sparse and controversial. Here we demonstrate that consumption of commonly used NAS formulations drives the development of glucose intolerance through induction of compositional and functional alterations to the intestinal microbiota. These NAS-mediated deleterious metabolic effects are abrogated by antibiotic treatment, and are fully transferrable to germ-free mice upon faecal transplantation of microbiota configurations from NAS-consuming mice, or of microbiota anaerobically incubated in the presence of NAS. We identify NAS-altered microbial metabolic pathways that are linked to host susceptibility to metabolic disease, and demonstrate similar NAS-induced dysbiosis and glucose intolerance in healthy human subjects. Collectively, our results link NAS consumption, dysbiosis and metabolic abnormalities, thereby calling for a reassessment of massive NAS usage.

引用:(http://www.nature.com/nature/journal/v514/n7521/abs/nature13793.html , 2015/06/07)。

恐ろしいのは、血糖値を上昇させてしまうこともなんですが、それよりも腸内細菌のバランスを崩すという点です。

人の腸は善玉菌と悪玉菌がそれぞれバランスよく生息しているおかげで、僕たち人間は健康に暮らしていけるのですが、人工甘味料によって、そのバランスが乱されると、体内に必要な栄養素を生成してくれる細菌の数がへったりしますし、何より便秘になったり、血行不良、免疫力の低下が懸念されます。。(汗)

ニキビ太郎は、ニキビや吹き出物ができる大きな原因の1つに、腸内環境の善し悪しが大きく関係していると実感しているからですね。

もしも、ダイエット目的とかで積極的に人工甘味料を摂取している人がいたら、なるべくそれも摂らないようにしましょう。タンパク質や脂質中心にした方がいいと思っています。

因みに、ニキビ太郎は新しいニキビを作りたくないので、今でも極力糖質は摂らないように気をつけています。

favicon 糖質制限食のせいで脂性肌(オイリー肌)になったという人は

糖質制限食を実践している人の中で、脂性肌(オイリー肌)になったという人が意外と多いです。皮脂の分泌を増やすはずの糖質を制限しているのにも関わらずですね。。

この原因として考えられるのは、僕は人工甘味料によって、善玉菌や悪玉菌のバランスが乱れ、体内に必要な栄養素(ビタミン群)を作りにくくなっているから、だと思っています。

専門家でないので、ハッキリとした根拠を示すことができないのですが、個人的にはそういう風に実感しています。

なので、糖質制限食と言えども、しっかりと腸内環境を整える食生活を意識していく必要があるとニキビ太郎は思っています。

オススメ食材

ニキビや吹き出物を良くするために、メイン(主食)として摂りたい食べ物は、高たんぱく&低脂質の食材を基準に選んでいきます!

favicon 1.メインで摂取したい食材

メインで摂取したい食材

↑メインで摂取したい食材の一部イメージ写真(たこ、いか、鶏胸肉、鶏ささみ、豚ヒレ肉)

卵白

・鶏肉全般

アボカド

・もずく

・ところてん

・牛かた赤肉

・牛方ロース赤肉

・牛もも赤肉

・ローストビーフ

・豚肉(赤肉全般)

・真たら

・エビやカニなどの甲殻類

・まぐろ(脂身のない赤身、中落ちはダメ)

・たこ・いか(加工されていないもの)

・貝類(ほたてやあさり等)

・豚ひれ肉(脂身がなく、サシの入っていないもの)

・ツナフレーク(ノンオイルツナ缶)

・初がつお(戻りがつおはダメ)

・あじ(開き干し)

・いわし

・うなぎ蒲焼き

・塩鮭

さんま

・ししゃも

・たい

主に上記した食材(例)を中心とした食生活にしていきたいとこです!
基本的に、糖質が少なくてタンパク質を多く含む食材をメイン食材にしていきます!
ニキビ太郎は、魚と鶏肉がメインとしています!
ここで注意したいのが、日本人の主食と呼ばれている「白米や玄米、麺類やパン類」は糖質を多く含むので、糖質制限食を行っている間は食べるのを控える選択肢も検討してみてください!

次に、「食事のバリエーションを増やすために使いたい食材」を紹介します!

ただし、メインではないので一日の摂取分量を厳守していきたいです!

favicon 2.メインじゃないけど、気をつけて食べたい食材

メインじゃないけど、気をつけて食べたい食材イメージ画像

↑メインじゃないけど、気をつけて食べたい食材の一部イメージ写真(ヨーグルト、赤身であまり脂身がない牛肉、納豆、全卵、シャケ、豚ロース)

・全卵(1日に4〜5個まで)

・納豆(1日に3パック)

・大豆(ゆでたもの)一日に50gを目安にしてください

・ヨーグルト無糖(1日に100gまで)

・カッテージチーズ(1日に50gまで)

・プロセスチーズ(20gを目安に)

・カマンベールチーズ(20gを目安に)

・こんにゃく

・さやえんどう

・もやし

・にがうり

・豚ロース(1日に200gまで)*脂質の少ないもの

・オージービーフなど牧草育ちの牛肉(1日200gまで)
*赤身で脂身がなくて、サシの入っていないもの

・魚(脂があまりないもの)(1日200gまで)

・木綿豆腐、焼き豆腐(1日に1丁まで)*300g

以上が気をつけて食べたい食材の一例になります!(卵を入れた容器を持って歩いていたら、うっかり手を滑らせ落としてしまいました。あたり一面が大惨事だったのは、ここだけの秘密です。)

ここでも糖質が少なくて、タンパク質の量が多い食材を選んでいます!これいいかな・・・?と思ったら、次の基準を参考にしてみてください。

食べたら甘いかどうか?
そして、これを食べたらニキビができそうだな・・・と一瞬でもよぎったら食べるのを控えるべし!

次に、なるべく避けたい食材を紹介していきます!

意外と「え!?だめなの?」という食材も含まれているのでチェックしてください!
ニキビの早期予防のためには、加工度の高い食材は絶対にダメです!

3.なるべく避けたい食材

・納豆のたれ

・おから、豆乳(ここでいう豆乳は加工されているものです)

・白米、玄米

・もち類(赤飯を含む)

・パン類

・めん類

・粉もの(ぎょうざの皮やそば粉etc・・・)

果物全般(特に、バナナは糖質が高いので避けましょう。大好きなバナナちゃん・・・涙)(ここでいう避けた方がいい果物とは缶詰など砂糖や甘味料でさらに味付けされたものです)

やさい類(トウモロコシ、そらまめ、赤ピーマン、黄ピーマン、グリンピース、れんこん、大根、にんじん、ごぼう、タマネギ、白ネギ、にんにくなど)添加物で冷凍加工された食品は避けた方がいいという意味でした。

いも類(西洋かぼちゃ、じゃがいも、さつまいも、やまいも等)(食べ過ぎには要注意な芋類です)

・春雨

【加工度の高い食品】

・サラミ

・コンビーフ

・ソーセージ

・魚肉ソーセージ

・かに風味かまぼこ

・はんぺん

・さつまあげ

・ちくわなどの(練り物系全般)

上記したものが、なるべく避けた方がいい食材の一例になります。

どうしてもニキビを本気で治したかったので【ニキビを治す】と決心した日からニキビが目立たなくなるまでの間は、甘いもの・糖質を多く含む食べ物は一切食べませんでした!!!
なにを優先順位の1番最初におくのかで、ニキビが治るかどうかも決まると考えています!

そのおかげで、ニキビの早期予防に成功したんだと自負しています!!



これだけ見ると、こんなんじゃ料理作るのかなり難しくない?と思われた人も多いかもしれないですが、

基本的には、昔ながらの和食にすることをこころがければ大丈夫だとニキビ太郎は思っています。

ここで注意したいのが、上記した食材はあくまで理想だということです!

自分に一番的した食材探しもニキビを早期予防するためには必要になってきます!

上記している食材を参考にしながら、自分の肌に合った食べ物を探す作業も、非常に重要になってきます!!!

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できます!

コメントを残す

このページの先頭へ