必見!さつまいもがニキビの予防効果があった!?その真相に迫っていきます!

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

焼き芋1

通常だとビタミンCは熱に非常に弱く、しかも水溶性ビタミンなので簡単に失ってしまうのが弱点なのですが、さつまいもの場合であればデンプン質によってビタミンCの流失を防いでくれるんですね。

サツマイモを加熱したり、蒸したり煮たり、焼いたりしてもビタミンCの約7割は残ると言われています。

また、ビタミンC以外の栄養素も多く含まれていて、ニキビや吹き出物といった肌荒れの予防効果だけでなく、美肌作用もあるとされています!

以下に詳しくまとめたので、良かったら参考にしてみてください!

栄養成分まとめました

favicon タンパク質

さつまいも41

さつまいも100gあたりに含まれるタンパク質の量は、約1.2g程度だとされています。

たんぱく質は肌細胞の材料となるだけでなく、筋肉や内蔵といった体全体の組織を構成する大切な栄養素、さらに免疫抗体の材料、栄養運搬物質としての役割もあります。

たんぱく質が不足すると、肌の新陳代謝(ターンオーバー)も上手に機能しなくなるので、積極的に摂らなければいけない栄養素だとニキビ太郎は思っています。

→必見!タンパク質はニキビの予防に欠かせない栄養素だった!?

favicon 脂質

さつまいも100gあたりに含まれる脂質の量は、約0.2gとかなり少ない数字なので、ヘルシーだということがわかりますね。

脂質を摂りすぎると体に負担をかけることになりますが、人の体には必ず必要な栄養素
です。

細胞膜や神経を構成する栄養素で、脂溶性ビタミンなどの吸収を助ける作用もあります。

favicon カリウム

さつまいもとブロッコリーのサラダ1

さつまいも100gあたりに含まれるカリウムの量は、約480mgです。

カリウムは細胞内液に多く含まれていて、細胞の機能を正常に保つ為には欠かせない栄養素です。ナトリウムの排出を促すので、血圧が高い人には特に必要な栄養素だと思います。

また、日頃から体がむくいやすい人は水分が上手に排泄されずに体内に残っているケースが多いので、カリウムを適切にとって余分な水分は体外に排泄するように促すべきなのかもしれないです。

ただし、

煮る
茹でる

といった調理方法だと流出してしまう可能性が高いので、注意が必要ですね。さつまいもは蒸して食べるのがいいのかもしれないですね。

favicon カルシウム

さつまいも40

さつまいも100gに含まれるカルシウムの量は、約36mgだとされています。実はこの含有量は芋類の中でもNo.1だとされています!

カルシウムが不足すると、イライラしやすくなったり、肌のターンオーバー機能が低下したりといったことも起きやすくなります。(汗)

なので、サツマイモが旬の時期には積極的に食べた方がいいと感じています。また、実よりも皮の部分にカルシウムは5倍の量含まれていると言われています。

なので、焼き芋なんかでもちゃんと皮まで食べきった方がいいようですね。

ビタミンDと一緒に摂取すると、カルシウムが骨に吸収されるのを助ける作用を発揮するので、オススメな摂り方だと思っています。

→必見!カルシウム・マグネシウム不足はニキビの原因になる!?

favicon 鉄

さつまいもに100gに含まれる鉄の量は、約0.6mgとされています。決して多い数字ではないですが、鉄は赤血球のヘモグロビンを構成している成分で、酸素を体の隅々に運ぶ働きがあるので、大切な栄養素です。

鉄が不足すると、貧血や肌の新陳代謝機能の低下などが考えられるので、積極的に摂っていきたい栄養素です。

→驚き!鉄分不足がニキビの原因になっている可能性!?その真相に迫っていきます!

favicon ビタミンA(β-カロテン)

ビタミンAイメージ画像

さつまいも100gに含まれるビタミンA(β-カロテン)の量は、約28μgとされています。

β-カロテンは緑黄色野菜に多く含まれる栄養素ですね。例えばニンジンが代表的なものだと思います。

そのβ-カロテンはカロテノイドの1種で(黄色や赤色の色素のこと)、強力な抗酸化作用があるといわれています。

なので、肌の老化だけでなく、ニキビや吹き出物といった肌荒れの予防にもつながる栄養素なんですね。

→衝撃!ビタミンAが不足するとニキビの原因になる!?その真相に迫っていきます!

favicon ビタミンB1

ビタミンB1イメージ画像

サツマイモ100gあたりに含まれるビタミンB1の含有量は、約0.11mgと決して多い数字ではないですが、ビタミンB1は糖質をエネルギーに変換する際に必要なビタミンです。

皮脂の分泌が多くて、それがニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になっていると感じている人ほど積極的に摂った方がいいビタミンだとニキビ太郎は考えます。

→必見!ビタミンB1はニキビ予防に必要な栄養素だった!?

favicon ビタミンC

ビタミンCイメージ画像4

さつまいも100gに含まれるビタミンCの含有量は、29mgとされています。

ビタミンCにも高い抗酸化作用があるので、肌の老化を予防する効果が期待できます。

さらに、肌のハリというハリを決めるコラーゲンを合成するのにも大きく関わっているビタミンです。

この記事の冒頭にも書きましたが、さつまいもにはビタミンCが豊富に含まれており、デンプン質に守られていることから加熱にも強いという特徴があります。

ただし、ビタミンCは水溶性ビタミンなので体内に蓄積することができないです。毎日積極的に摂っていきたい栄養素ですね。

ちなみに、ビタミンCもやはり実よりも皮の部分に豊富に含まれていると言われています。

→必見!ビタミンCがニキビに効果的な栄養素!?その真相に迫っていきます!

favicon ビタミンE(α-トコフェロール)

ビタミンEイメージ画像

さつまいも100gあたりに含まれるビタミンEの含有量は約1.5mgで、こちらもビタミンA(β-カロテン)と同様に高い抗酸化作用のあるビタミンとして有名です。

なので、細胞膜の酸化を予防したり、老化を防いでくれる効果が期待できます。

また血行促進作用もあるので、肌の新陳代謝を活性してくれたりする効果もあります。

ちなみに、玄米の2倍の量を含んでいて、過酸化脂質の発生を抑制する働きもあると言われています。

→驚き!ビタミンEの過剰摂取がニキビを悪化させる?その真相に迫っていきます!

食物繊維が豊富!

焼き芋4

さつまいも100gあたりに食物繊維は約2.2g含まれていると言われています!

サツマイモには水溶性食物繊維(0.6g)と不溶性食物繊維(1.6g)が豊富に含まれているので、腸内環境を正常にしてくれる作用が期待できます!

腸内環境が整い、腸内細菌のバランスも良くなれば、便秘の予防だけでなく、免疫力の向上といった効果も出てくると思います。

さらに、血統値の数値を押さえてくれたり、むくみを予防してれる作用もあると言われています。

そして、皆さんに知っておいてもらいたいのが・・・実はサツマイモの実よりも皮の方が食物繊維が豊富だということです。

→衝撃!食物繊維を摂ることでニキビの予防効果が期待できる?

紫芋にも要注目!

紫芋ケーキイメージ

さつまいもの仲間に「紫いも」があります。皮だけでなく、芋の中まで紫色をしているのが特徴です!

この紫色にはアントシアニンという栄養成分が含まれているんですね。

例えば、ブルーベリーなんかにもこのアントシアニンが多く含まれており、ポリフェノールの1種で抗酸化作用が強いと言われています。抗酸化作用が強いと、肌の老化防止に役立ちます。

人は紫外線を浴びると肌に活性酸素が発生するのですが、その際にその活性酸素が肌の細胞のDNAまでもを破壊する恐れがあるんですね。

なので、紫いもに含まれるアントシアニンも積極的に食べることは、肌の老化防止、またニキビや吹き出物といった肌荒れの予防に非常に良い事だとニキビ太郎は思っています。

また、アントシアニンには血管を若返らせてくれる作用だったり、視力回復効果というのもあるので、そういった悩みを持っている人にもオススメできる食材です。

皮付きのまま調理した方がいい!?

さつまいも30

さつまいもの皮も、出来れば食べた方が良いとニキビ太郎は思っています。

皮にはアントシアニンが豊富に含まれているだけでなく、ヤラピンという成分も含まれているからですね。

さつまいもを切ると白い濁った液体が出る事がありますが、実はそれが「ヤラピン」の正体で樹脂成分です。加熱しても失われない成分でもあるのが特徴ですね。

これは腸内のビフィズス菌を増やす作用が期待でき、腸内環境を整えてくれる効果があると言われています。また、便を柔らかくする効果もあります。

なので、便秘で悩んでいる人はさつまいもを皮ごと調理して食べる事をオススメしたいです!

さつまいもにはヤラピンの他に豊富な食物繊維も含まれているので、腸内環境を良くするにはもってこいの食材なのかもしれないです。

甘いけど、カロリーは低め

さつまいも50

さつまいもは加熱したり、蒸したりすると甘みが増して、食感もホックリした感じになって美味しくなるのが特徴ですよね!

さつまいも100gあたりに含まれる糖質(炭水化物)の量は31.9gとされています。糖質は体や脳を動かすエネルギーになります。

ですが、甘みが強いということはそれだけ糖質(炭水化物)を多く含むものだということですよね。

糖質(炭水化物)を摂ると、皮脂の過剰分泌につながることもあるので、頻繁に食べると肌荒れの原因になる可能性はあります。

ただ、さつまいもはGI値が精白米よりも断然低い数字(さつまいものGi値は55以下)なので、体への負担は実は精白米よりも少ないのかもしれないというのがニキビ太郎の見解です。

なので、ニキビ太郎は冬のおやつには「さつまいも(焼き芋)」を、夏のおやつには「バナナ」をよく食べますね。

コンビニやスーパーにも販売していて、手軽に購入できる価格でもあるので、遠出した時なんかにはオススメですね。

あくまでも、食べ過ぎなければ全然大丈夫だと思います!

これだけは押さえておきたい、選び方と保存方法!

さつまいも10

さつまいもを買うなら、質の高いものが良いですよね!

なので、さつまいもの選び方と保存方法についてまとめました!

favicon 選び方

さつまいもを選ぶポイントとしては、

・色のムラが少ない
・切り口にミツが染み出た黒っぽい跡があるもの
・芽が出ていないもの
・皮にハリがあり、ブニッとしていないもの
・大きくて太いもの
・中央が膨らんでいて、形の良いもの

上記6つのポイントを押さえているさつまいもを選ぶと、美味しくて質の高いさつまいもである可能性が高いと言われています。

特に上から2番目の「切り口にミツが染み出た黒っぽい跡があるもの」であれば、糖度が高くて甘いさつまいもである可能性が高いです。

さつまいも20

favicon 保存方法

さつまいもは冷蔵庫に入れると傷む速度が早くなると言われています。(ただし、カットしたものはラップにくるんで冷蔵庫保存がいいです)

これはバナナなんかにも言えますよね。バナナは冷蔵庫で保管するとすぐに黒くなります。

さつまいもの旬は秋から冬にかけてですが、実は寒さに弱い野菜なので、出来れば新聞紙などにくるんで保存することをオススメしたいです。

そうすることでサツマイモの中に含まれている水分の蒸発も軽減することができるはずです。

favicon 緑色になる!?

時々、さつまいもを冷蔵庫に保存しておくと緑色っぽくなると言われていますが、実はそれはクロロゲン酸という成分によって変色したものかもしれないです。

クロロゲン酸にも、シミ予納や脂肪燃焼、そして糖質の吸収を遅らせるといった効果があると言われています。

ちなみに、緑色といったカビのケースもあるので、食べる際にはカビなのかクロロゲン酸なのかしっかりと見極める必要がありそうです。

オススメの調理方法

味噌汁10

ニキビ太郎はさつまいもをお味噌汁によく入れたりして食べています。そうすることで、ビタミンCが溶け出しても汁ごと食べればちゃんと栄養を摂る事が出来そうだからですね!

また、さつまいもとブロッコリーとゆで卵を混ぜ合わせたサラダも美味しくてオススメですね!

さつまいもとブロッコリーとゆで卵を混ぜ合わせたサラダ

さつまいもとブロッコリーのサラダ4

favicon 用意するもの

・さつまいも
・ブロッコリー
・ゆで卵
・塩・こしょう 適量
・マヨネーズ 適量

favicon 作り方

①まずは、さつまいもを小さくカットしていきます!この時にゆで卵を作り始めます。

さつまいもとブロッコリーのサラダ1

②次に、ブロッコリーも適切な大きさにカットして、さつまいもと一緒に茹でていきます!

さつまいもとブロッコリーのサラダ2

③いい感じに茹で上がったら、ボールに移し、ゆで卵、塩・こしょう、マヨネーズを投入してよくかき混ぜていきます!

さつまいもとブロッコリーのサラダ3

④最後に、お皿に盛りつけて完成です!とっても簡単で美味しいので、オススメです^^

さつまいもとブロッコリーのサラダ5

焼き芋の作り方

わざわざここで解説するほどでもないのですが、ニキビ太郎流の焼き芋?の作り方を載せておきますね!

まずは、さつまいもを水洗いします。

焼き芋1

そして、キッチンペーパー2枚で、さつまいもをくるんでいきます!(切り離さない方が丸めやすいです。)

焼き芋2

それを、水に浸してびちゃびちゃのまま電子レンジにかけていきます!

焼き芋3

最初は500wで2分程チンして、その後に解凍ボタンを押して20分ほどチンします。

それが終わったら10分ほどトースターであたためると、皮がパリっとして美味しく焼けます!

焼き芋4

焼き芋は色々な作り方があるので、1番作りやすくて美味しい方法も見つけるのも楽しみの1つかもしれないですね!^^

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→注目!1日でも早く黄ニキビを予防する方法を原因から見ていきます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ