衝撃!食物繊維を摂ることでニキビの予防効果が期待できる?

[最終更新日]2017/01/21

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
2種類の食物繊維をバランスよく摂ることで、ニキビや吹き出物といった肌荒れを目立たせなくする期待できるとニキビ太郎は考えます!さらに、食物繊維を摂って、腸内環境を良くすることは、ニキビの予防速度を高かめることにつながるとも思っています!
食物繊維はニキビの予防になるイメージ

食物繊維を上手に摂ると、腸内環境を良くし、便秘の解消にも良い効果があると言われています。

また免疫機能の向上することが期待できるので、ニキビや吹き出物といった肌荒れの予防に役立ち、健康そのものに良いとされています。

なので、食物繊維を含む食品は積極的に食べていきたいとニキビ太郎は思い、実践しています。

ですが、食物繊維には実はいくつか種類があって、正しい知識を身につけないと、逆に腸内環境を悪化させてしまうこともあると言われていて、実際にニキビ太郎もそう感じています。

今回は、食物繊維についてお医者さんや専門家の方から聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!

2種類ある!?

食物繊維は、大きく以下の2種類に分類できると言われています。

・不溶性食物繊維

・水溶性食物繊維

↑この2つですね。

favicon 不溶性食物繊維について

不溶性食物繊維とは、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発化させ、消化器官を通過する時間を短縮させる作用が期待できる食物繊維だと言われています。

また、消化器官の中にある水分を取り込みながら不溶性食物繊維のかさまし(容積を増加)を図るので、便の量を増やしながら、排便の促すような作用があると言われています。

具体的にどんな食材に、不溶性食物繊維が豊富に含まれているのかを列挙していきますね!※括弧内の数字は100g内に含む不溶性食物繊維の量を表しています。

たけのこイメージ

・ゴボウ(3.4g)

・タケノコ(3.2g)

・菜の花(3.0g)

・トウモロコシ(2.8g)

・春菊(2.6g)

・カボチャ(3.2g)

・モロヘイヤ(4.6g)

ほうれん草(3.0g)

・インゲン豆(11.8g)

・大豆(6.1g)

・エンドウ豆(7.2g)

・さつまいも(2.4g)

・しらたき(2.9g)

・こんにゃく(2.1g)

・しいたけ(3.0g)

だとされています。ちょっと書き過ぎましたね(汗)

よく見てみると、インゲン豆なんかは、100gに11.8g含まれていて、ごぼう(100g中に3.4g)の約3倍程度含まれているこおがわかりますね!

ただし、この不溶性ばかりを食べていると、消化器官の水分が吸い取られ、逆に便を硬く「コロコロ」とした便になりやすくなると言われています。ニキビ太郎も以前は野菜だけをとにかく食べていた時期があるので、そういったことが頻繁にありました(汗)

なので、不溶性食物繊維をたくさん食べ過ぎたという人は、しっかりと水分補給をして、次回からは以下で紹介する水溶性食物繊維も意識して食べると良いとニキビ太郎は考えます。

favicon 水溶性食物繊維について

次に水溶性食物繊維ですが、このタイプの食物繊維は水分の保持能力が高く、ドロドロと粘りのある状態で便を柔らかい状態に保つ作用があると言われています。

そのため、小腸での消化吸収を抑えて遅らせたり、腸内にある有害物質を吸着しながら体外へと排泄するとも言われています。

といっても、具体的にどんな食品に多く含まれているのか想像できませんよね?僕も最初はチンプンカンプンだったので、どんな食材に含まれているのかを見ていきますね!※括弧内の数字は100g内に含む水溶性食物繊維の量を表しています。

ごぼうイメージ

・かぼちゃ(0.8g)

・キャベツ(0.4g)

・大根(0.8g)

・ゴボウ(2.7g)

アボカド(1.7g)

・オクラ(1.6g)

・モロヘイヤ(1.3g)

・春菊(1.1g)

キウイ(0.7g)

バナナ(0.1g)

リンゴ(g)

・レモン(2.0g)

・柿(0.2g)

・桃(0.6g)

・いちご(0.5g)

・寒天

・ひじき

・めかぶ

・わかめ

・もずく

・昆布

他にもまだまだあるので、お時間がある時に、googleやyahooさんで「水溶性食物繊維 食品」と調べてみてください!

ちなみに、ゴボウは不溶性食物繊維も豊富に入っているので便秘解消に最適と言われています。

favicon どちらの食物繊維が腸内環境に良いのか?

食物繊維イメージ画像

結論から書くと、どちらも必要でそのバランスが非常に重要になってくると言われ、ニキビ太郎もそう感じています。

2種類の食物繊維はそれぞれ効果が違うので、バランス良く摂る事が理想だと言われ、

その理想的な割合は、

不溶性:水溶性=2:1

と言われています。

不溶性食物繊維には、便のカサ増しが期待でき、便秘を解消できると言われていますが、一方で腸内細菌では分解することができないため、腸内でガスを発生させてしまうと言われています。

なので、腸の働きが弱っている人が不溶性食物繊維をたくさん摂ると、腸内にガスや分解されない食物繊維がどんどん蓄積してしまい、逆に腸内環境を悪化させ便秘も深刻化してしまうことが考えられます。

一方の水溶性食物繊維は、水分を多く含み、便を柔らかくしてくれる作用があるので、便秘の人が摂るとスムーズに排便することができると言われています。他にも、デトックス効果や善玉菌を増加する作用もあるとされています。

免疫機能を高めてくれる!?

善玉菌イメージ画像

人の腸の中には数えきれない程の「菌」が存在していて、その中に善玉菌とされる、¥乳酸菌やビフィズス菌が存在していると言われています。この善玉菌の好物はなんと「食物繊維」なんですね!善玉菌はこの食物繊維を食べて元気になっていくと言われています。

その結果、腸の中の「悪玉菌」の数よりも多くなり、免疫機能が高まり、また人の排泄物をよりスムーズに作ってくれるようになるという良い事づくめな効果があると言われています。

体内でビタミンを作ることにも貢献する!?

食物繊維イメージ画像

実は食物繊維をたくさん摂る事で、ものスゴい効果がもう1つあります。それは、腸内細菌がビタミンを作ることに貢献していると言われている点です。

人の腸内では、本当にたくさんの腸内細菌が存在していて、これらが口から入った食べ物を上手く分解し、人の体に必要なビタミンなどの栄養素を作ってくれていることが確認されていると言われています。

この理由は先述したように、食物繊維が腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌の数が悪玉菌よりも多くなるからなんですね。腸内環境が良い方向へ傾けば、それだけ腸内細菌の活動も活発になり、重要度の高い栄養素(ビタミン類)を合成してくれると考えられています!!

発酵食品も善玉菌を助ける効果が期待できる!?

ヨーグルトイメージ画像3

今回は食物繊維に注目してみましたが、他にも納豆やヨーグルト、キムチといった発酵食品にも善玉菌を増やす効果が期待できると言われています。

野菜が苦手な人は、食後に是非ヨーグルトを適量食べてもらいたいです!!ヨーグルトを食べる習慣が身に付くと、その効果は絶大だとニキビ太郎は実感してます。

一日にどれくらいの量を摂ればいいと?

食物繊維を摂取する目安の量としては、野菜を約350g食べると良いと言われています。

具体的な数値だと

○成人男性で1日・・・19g以上

○成人女性で1日・・・17g以上

となります。

突然ですが、以下の図を見てください。

食物繊維摂取目安量イメージ

上の図は、現代の日本人が1日に摂っている食物繊維の量をグラフ化したものになります。現代の日本人の普通の食生活では、目標値を達成できていない人の割合が多いというデータがよくわかりますね。。。なので、食物繊維を含む食品を今以上に積極的に摂っていくことが重要となってきそうです。ですが、2種類の食物繊維のうち、片方だけを食べると消化がおいつかなく、腸内環境を悪化させる原因となるので、バランスよく食べることが重要となります!!

ちなみに・・・

1日に食物繊維を20gも摂取しなければいけないなんて、本当に大変ですよね。。ですが、今から約60年ほど前(戦後直後の日本人)は、平均して1日24gも食物繊維を摂取しているそうなのです。

どうして昔と比較して、現代では食物繊維の摂取量が大きく減ってしまったのでしょうか?その理由は僕たちの食生活が大きく変化したためだと言われています。

食事メニューが欧米化してしまい、肉製品・乳製品の品物が増え、雑穀や玄米といったものも口にする機会が減ってしまったことに原因があるんですね。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

 
  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できる!?

コメントを残す

このページの先頭へ