注目!揚げ物はニキビの原因になる!?食べても大丈夫な揚げ物があるって知っていますか?

[最終更新日]2017/01/23

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
質の悪い揚げ物を食べすぎると、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になる可能性が高まる、と言われています。以下では、揚げ物が体に与える影響について、お医者さんや専門家の方から聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!
揚げ物はニキビの原因にイメージ

唐揚げ食べ放題なんて行こうものなら、「ニキビや吹き出物を作りに行ってきまーす♪」と言っていることと同じことなのかもしれません。

唐揚げに限らずですが、揚げ物には動物性脂肪が大量に含んでおり、それが血中の【中性脂肪】の数値を高める作用があると言われています。

これは、毛穴から排出される皮脂の量を増やす働きがあり、その皮脂が大量に分泌されるようになれば、それだけ毛穴に皮脂が詰まりやすくなることが考えられますよね。そして、それがニキビや吹き出物といった肌荒れが発生しやすくなることにつながると言われています。

ニキビや吹き出物で悩んでいる人ほど、唐揚げ・トンカツ・天ぷらなどの揚げ物を食べる事を控えた方が良いのかもしれない!とニキビ太郎は思っています。

忙しかったりすると、コンビニのお弁当やスーパーの惣菜コーナーのもので、食事を済ませたりする人も多いと思います。

ですが、市販のお弁当には揚げ物が多く入っていて、ニキビができる大きな要因となることもあるようなので、忙しくてもなるべく野菜やヘルシーなものを食べるようにしたいです。

※完全に余談ですが・・・
大学時代、カップ麺ばかり食べる友人(ソフト部のキャプテン)が、学校の健康診断で中性脂肪の数値が異常値を示していました。その彼はやはりニキビや吹き出物で悩みまくっていたのを今でもハッキリと覚えています。

揚げ物といえば・・・ポテトチップスなんかもそうです。

九州しょうゆ味イメージ画像

ニキビ太郎が住む九州には、カルビーさんから販売されている「ポテトチップス 九州しょうゆ味」というものが大変美味しく、関東や東北から遊びに来てくる友人に紹介すると喜んでくれます。

ですが・・・この「ポテトチップス」も揚げ物なんですよね。。。orz

しかもこの「ポテチ」、、唐揚げやトンカツといった揚げ物よりも食べる頻度って高くないですか・・??

家で友人たちと集まってお酒を飲むことになったら、必ずあるのがポテチっていう人多いのではないでしょうか??

さ・ら・に!!!

ポテチは、炭水化物である【じゃがいも】を揚げてつくってあります。

炭水化物も、摂りすぎるとニキビや吹き出物を発生させやすくする食べ物、と言われています。

※関連記事
→注意!炭水化物を食べ過ぎると吹き出物や肌荒れの原因になる!?

つまり、ポテトチップスはニキビや吹き出物を発生させるには、最高の食品になる可能性が高いということに・・・・(T T)

もちろん、ポテチを1枚2枚食べたところでそれが直接ニキビの原因になるとは考えづらいです。なので、どこからがニキビができやすくて、どこまでなら大丈夫といった、自分の中でラインを作ればこの問題は解決できるケースが多いとニキビ太郎は感じています。

揚げ物を揚げる際に使う「油」には気をつかうべき!?

揚げ物を作る時に使う油の量ってハンパないですよね??

お金持ちの家庭なら、もしかしたら1回1回新しい油を使って揚げ物を作るかもしれませんが・・・普通の家庭なら何度か使用しますよね??

「今日はトンカツで、4日後には唐揚げを作ろうかしら〜♪だからこの油はまた使お〜♪ふふふ」

一般の家庭だと(節約する家だと)このように、油を使い回すこともあると思います。ですが、一回使用した油を数日間放置することで、油の状態(質)は悪くなるとされています。(油は酸化するからですね)

酸化した油はニキビの原因どころか、体への悪影響もハンパじゃないと言われています。最悪の場合だと、「動脈硬化」という恐ろしい病気につながる可能性があるとされています。

なので、ニキビで悩む人ほど【酸化に強い油】を使って調理しなくちゃいけないとニキビ太郎は考え、実践しています!!!

そこで、ニキビ太郎がオススメする油脂を紹介させてください!

理想の油脂、【亜麻仁油・オリーブオイル・しそ脂(えごま油)】

理想の油イメージ画像

特に亜麻仁油は超おすすめする油脂です!!!サラダにかけて食べたり、納豆に少しかけて食べてみるのもオススメしたいです!

亜麻仁油のイメージ画像

油脂の種類は、無添加で加工されていないものを選ぶ必要があります。

また、マーガリンなどトランス脂肪酸が多く含まれている油脂は避けた方が良いと感じています。

理想としては、体内で合成することができない、必須脂肪酸のαリノレン酸が豊富な亜麻仁油、しそ脂(えごま油)、魚油を超積極的に取り入れていきたいところです。

*加熱向きなのは、酸化につよいオリーブ油だと言われています。

注意したいのは、これらの油が熱に弱く酸化しやすいというところです。

加熱せずに摂取していくことが理想です。このことは、先日テレビでも特集されていました!

ここで余談ですが、ヤンキースに移籍した田中投手の奥さんは、サラダに亜麻仁油を最後にかけて食卓に並べているとのことでした!^^

油脂と言えば、さらに注目したいのが、DHAやEPAです!

これらは、生活習慣病を予防してくれる働きがあり、青魚の脂にたくさん含まれていると言われています!

他にも、揚げ物を食べたくなった時には、魚などのメニューを食べるようにしたり、和食に切り替えるようにすることも必要となってくるのかな?と思っています。繰り返しになりますが、ポテチなんかは本当に美味しいので、頻繁に食べたくなる気持ちは僕にもよくわかります。

ですが、そんな時こそ、食べる量を1枚2枚程度に抑えることが大事になるとニキビ太郎は考えます。

食べ過ぎたなと思ったら・・・

もしも飲み会などで揚げ物を食べ過ぎたりした時は、次の日からなるべくヘルシーなメニューを食べたりすることをオススメしたいです!

特に以下の栄養素を含む食材を使ったメニューは、抗酸化作用や脂質の代謝を助けるビタミン類なので、ニキビや吹き出物予防になると言われていますよ!

favicon ビタミンA

ビタミンAイメージ画像

ビタミンAの主な働きは、皮膚・粘膜の健康を保ち、肌をしっとりとさせる効果があると言われています。他にも、肌の新陳代謝(=ターンオーバー機能)を向上させたり、高い抗酸化作用があることで有名なビタミンです。

なので、揚げ物を食べ過ぎて、活性酸素が発生しやすくなっている体には、ビタミンAも積極的に摂りたい栄養素になります。

次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンAを摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

チーズ

・のり

たまご

・にんじん

かぼちゃ

とまと

ピーマン

など。特ににんじんやかぼちゃを調理すると、ビタミンA(βカロテン)を効率よくとれると、ニキビ太郎は実感しています。

→注意!ビタミンAが不足すると吹き出物や肌荒れの原因になる!?

favicon ビタミンB2

ビタミンB2イメージ画像

ビタミンB2は、皮脂の過剰分泌を抑えたり、肌のターンオーバー機能を向上させる効果があると言われています。

また、炭水化物(糖質)や脂質、タンパク質の代謝も助けてくれる役割も担ってくれています。

なので、揚げ物を食べ過ぎたときは、次の食材をつかったメニューで、効率よくビタミンB2を摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

レバー

納豆

・牛乳

・ヨーグルト

・卵

さんま

などが該当すると言われています。

特に納豆の納豆菌にはビタミンB2が豊富に含まれていると言われてるので、積極的に食べていきたい食材ですね!

→注目!ビタミンB2は吹き出物などの肌荒れ予防に効果がある!?

favicon ビタミンB6

ビタミンB6イメージ画像

ビタミンB6はタンパク質やアミノ酸の代謝を助けたり、筋肉や血液、細胞を作る際にも大活躍してくれると言われています。

また、ストレスを抑制してくれる作用もあると言われているので、飲み会などの席で溜まったストレスなんかにも有効だと考えられています。

なので、飲み会の席なんかでたくさんの揚げ物を食べ過ぎたときや、ストレスが溜まったときには、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンB6を摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・レバー

・かつお

豆腐

バナナ

・にんにく

など。特にバナナにはたった1本で、一日に必要なビタミンB6を摂取できると言われているので、大変オススメです!ニンニクなんかもメニューに入れやすいので、是非試してみてくださいね!

→必見!ビタミンB6は吹き出物や肌荒れの予防効果がある!?

favicon ビタミンC

ビタミンCイメージ画像4

ビタミンCには、抗酸化作用があるので、肌はもちろん体の老化を予防できると言われているので、積極的に摂っていきたい栄養素です。

揚げ物を食べ過ぎて、活性酸素が体内に蓄積すれば、それだけ肌細胞がダメージを受けるので、ニキビや吹き出物ができやすくなります。

なので、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンCを摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・かぼちゃ

ブロッコリー

・レモン

・じゃがいも

・パセリ

・モロヘイヤなど

特にじゃがいもなんかは、加熱に強いので、熱に弱いビタミンCを効率良く摂るにはもってこいの食材と言われています。

→必見!ビタミンCが吹き出物や肌荒れに効果的!?

favicon ビタミンE

ビタミンEイメージ画像

ビタミンEにも、高い抗酸化力のある栄養素として肌の老化防止に貢献すると言われています。

また、血液のドロドロを予防したり、血行を良くしたりする作用があるので、揚げ物を食べ過ぎたりした時には積極的に摂りたい栄養素だとされています。

なので、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンCを摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・魚肉ソーセージ

玄米

・大豆

・オリーブオイル

・もやし

など。また、ビタミンEはビタミンAが不足がちの時に活躍してくれるビタミンでもあります。

サプリメントを飲むのもオススメ

サプリメントイメージ画像

揚げ物を食べ過ぎたけど、上記のような食材を使って調理できない!!!という人には、サプリメントでこれらの栄養素を効率よく摂る方法もオススメです。

ですが、栄養素は基本的に食事から摂るのが、一番栄養の吸収率がいいとニキビ太郎は思っているので、サプリメントに過剰に期待するのはいけないと思っています。

また、サプリメントで過剰摂取した場合、逆に体に悪影響が出たり、肌にニキビや吹き出物が出来たりすることもあるので、大変注意が必要です。

→ニキビ太郎がオススメするサプリメントはこちらです。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→必見!酵素の力で吹き出物や肌荒れを素早く予防できる!?

コメントを残す

このページの先頭へ