必見!バナナはニキビの予防効果が期待できます!ただし・・・・

[最終更新日]2017/07/15

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

こんにちは!

管理栄養士になるための専門学校に通っている、ニキビ太郎です!

バナナ参考文献

他のニキビ関連のサイトやブログさんでは、「バナナはニキビの原因になる!」とか「バナナを食べると吹き出物がたくさん出来た・・・」といったネガティブな記事が多いですね。。。

ですが、色々と書籍を読みあさったり、自分の体験からもニキビ太郎は「ニキビを作らないためにも積極的にバナナは食べた方がいい!!!」と考えるようになりました。

なぜなら、バナナには酵素や食物繊維、ビタミンやミネラルだけでなく、多くの抗酸化物質を含むフルーツだということが分かったからです!

以下では、バナナとニキビについてお医者さんや専門家の方から聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!

豊富な栄養素を含んでいる

バナナは栄養素が豊富!

冒頭で少し触れましたが、バナナは栄養素の宝庫と表現されるくらい、本当にたくさんの栄養素を含んでいることがわかりました。

favicon 酵素(アミラーゼ、スクラーゼ等)

favicon オリゴ糖

favicon 食物繊維

favicon アミノ酸(トリプトファン、ヒスチジン、バリンといった必須アミノ酸)

favicon 抗酸化物質(ポリフェノール類、β-カロテン、β-クリプトキサンチンといったフィトケミカル:ファイトケミカルと呼ばれることもある)

favicon ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンEなど)

より詳しくみていくと、バナナにはビタミンB1、B2、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビタミンCといった水溶性ビタミンを豊富に含み、その含有量は他のフルーツと比較しても多いです。

特にビタミンB6に関しては、アボガドの0.32mgと干しぶどうの0.23mgよりもバナナの方が高く、その数値は0.38mgです。(全て可食部100g当たりの数値)

これは、果物の中で一番高い数値なんですね。

favicon ミネラル類(カリウム、マグネシウム、亜鉛、カルシウムなど)

特にバナナにはマグネシウムの含有量が高いとされています。

カットバナナ

ミネラルも生体内で不足すると身体は正常に働かなくなってしまうので、絶対に欠かすことの出来ない栄養素です。

神経伝達をスムーズに行ってくれるおかげで、僕らヒトは健康に身体を動かす事が出来るんですね。

また、カルシウムは骨の一部に、鉄も血液の一部になったりと非常な役割を担ってくれています。

バナナは特にカリウムを多く含むフルーツとして有名です。

ここで、女性に嬉しいお知らせを取りあげると、バナナに含まれるカリウムやビタミンB6やトリプトファン(必須アミノ酸)の働きによって生理前の不調を解消してくれる効果が期待できます。

栄養素の話しから外れますが、上記したように多くの種類の栄養素がバナナに入っていますが、1本あたりのカロリーは、一本あたり約90Kcalと非常に低いです。

これは、お茶碗3分の1膳程度のカロリーです!

酵素が豊富だから、身体の消化や代謝の働きが高まる!?

バナナ10

既に紹介したようにバナナには本当にたくさんの栄養素を含んでいます。

ですが、栄養素以外にも注目したい点があります。

それは、消化や代謝の働きを高めてくれる酵素を豊富に含んでいるという点です。

ニキビや吹き出物といった肌荒れで悩んだことがある人は、肌の新陳代謝(ターンオーバー機能)は一度は耳にしたことがあるかもしれないですね。

肌の新陳代謝は、食べ物から摂った栄養素を元にして、古い肌細胞から新しい肌細胞へと生まれ変わらせる反応を指します。

上記では肌の代謝について書きましたが、実は身体の中で行われる「様々な代謝」に酵素が必要となってきます。

そこでバナナの登場です。

バナナには酵素が含まれているので、ニキビ予防のためにも積極的に食べていくべきなのかもしれないです。

その理由は、人の身体は年齢を重ねるごとに年々酵素の量が少なくなっていくとされているからですね。

※酵素については、以下のリンク先ページでも詳しく取りあげているので、是非参考にしてみてください!

→必見!酵素の力で吹き出物や肌荒れを素早く予防できる!?

便秘を解消してくれる!?

便秘はニキビの原因に!?イメージ

バナナには、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因にもなる、
「便秘」も解消してくれる効果も期待できる
と言われています。

その理由は、バナナには2種類の食物繊維が入っているからですね。

食物繊維は炭水化物の一部に分類されますが、バナナに含まれる炭水化物のうち3分の1は食物繊維だとされています。(ちなみに、白いスジも食物繊維なので、そのまま食べることを僕はオススメしたいです。)

食物繊維は基本的に、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分類でき、この2種類の食物繊維をバランスよく摂ることができれば、腸内環境を整え、それが便秘の予防に大きく役立つと言われています。

実はバナナは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく含んでいるんです!!!

バナナヨーグルト22

また、バナナ可食部100g当たりに含まれる食物繊維の含有量は1.1gで、これはレタスと同じくらいの量なんですね。

なので、バナナは便秘を解消してくれるだけでなく、腸内環境を良くするためにもかなり優れた食品だ、ということが言えるのではないでしょうか?

また、食物繊維の他にもバナナには「フラクトオリゴ糖」と呼ばれる、比較的消化されにくい糖質を含んでおり、これが腸内環境に滞在する、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌のエサとなると言われています。

フラクトオリゴ糖によって元気になった腸内の善玉菌は、より動きを活性化し、それが腸内環境を整えてくれることを期待できます!

さらに注目したいのは、このフラクトオリゴ糖はカロリーが低く、血糖値も上がりにくいと言う点です。

ちなみに、1998年頃の研究発表で、小腸は全身の70%の免疫力、大腸には10%の免疫力(腸管粘膜免疫)を含んでいるので、腸内細菌のバランスを整えることは非常に大事なことになります。

健康にも優しいので、腸内環境を良くしてくれるバナナは積極的に食べていきたいですね!

→必見!便秘は吹き出物や肌荒れの原因!?

抗酸化作用もある!?

驚愕の事実の1つに、バナナには高い抗酸化作用があることが、調べていくうちに明らかになりました!

バナナには、ビタミンCやビタミンA(β-カロテン)、ビタミンEといった抗酸化作用のある代表的なビタミンだけでなく、ポリフェノール、ケルセチン、β-クリプトキサンチン、ミリセチン、リコペンといったフィトケミカルも含んでいます。

なので、ニキビや吹き出物の原因となる、活性酸素を退治してくれる働きが期待できると言われています

実はこの抗酸化作用の高さでいうと、本当にトップレベルで、レンコンや茶、ニンニク、タマネギやホウレンソウ、ニンジン、シイタケよりも上に位置しています。

バナナイメージ画像

活性酸素が体内に蓄積していくと、肌細胞を破壊するだけでなく、そのDNAまでもを壊してしまうと言われるくらい恐ろしいものなんですね。

簡単な表現をすると、細胞を老化させる原因が活性酸素です。

細胞が老化すれば、それだけ肌の新陳代謝(ターンオーバー)は乱れ、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になる可能性が高まってしまいます。

なので、積極的にバナナを食べて、活性酸素対策をするのをニキビ太郎はオススメしたいです!

他にも、バナナに含まれるβ-カロテンやケンフェロールなどは血液の中にある悪玉コレステロールが蓄積するのを防ぐ効果もあるので、血行を良くする事にも優れていると言われています!

血流が良くなれば、それだけ肌のターンオーバー(新陳代謝)機能も向上すると言われているので、ニキビや吹き出物対策になりますね!^^

→注意!ターンオーバーの乱れは吹き出物や肌荒れの原因になる!?

※ちなみに、バナナに含まれるポリフェノールの分子量は大きく、熟成していくほどその含有量は多くなると言われています。(なので、日頃からストレスが多い人、タバコを吸う人はバナナを食べることをオススメしたいです。)

ニキビによるうつ病の人ほどバナナを摂るべき!?

黄バナナ

ニキビやニキビ跡は本当に夜も眠れなくなるほど精神的に苦しく、辛い肌の病気です。

僕もニキビやニキビ跡が1番酷い頃は、毎日のように「ニキビやニキビ跡のせいで死にたい」と鬱症状を引き起こしていたほどです。。。涙

この鬱病は、セロトニンといったホルモンが減少することで、発症しやすくなると言われています。

腸内で作られたセロトニンは脳に運ばれ、人の心は安定します。

ですが、このセロトニンを作っているのが腸なんですね。

なので、便秘や食生活の乱れなどで腸内環境が乱れていると、正常にセロトニンを作る事ができず、その結果としてセロトニンが欠乏した脳では心が不安定になり、よりストレス耐性が弱くなるといった悪循環を引き起こしてしまうんです。。。

バナナには、バランスの摂れた食物繊維やオリゴ糖が含まれているので、抗うつ食品として積極的に食べてみるのも、ニキビによる鬱病予防につながると、僕ニキビ太郎は考えています。

favicon 睡眠の質にも腸内環境が影響している!?

うつ病に関係するセロトニンに関連してですが、人の睡眠にはメラトニンという物質が非常に鍵を握っています。

このメラトニンは脳の松果体(しょうかたい)から分泌されるのですが、これも腸内細菌のバランスが悪く、腸内環境が悪いと正常に作られなくなり、結果として睡眠障害(眠りが浅い、眠れない)といった症状を引き起こしやすくなります。

肌の新陳代謝は夜眠っている間に行われるので、バナナを食べて腸内環境を意識することは非常に重要になってきそうです。

ちなみに、バナナには必須アミノ酸であるトリプトファンやヒスチジンも含まれていて、これらは不眠対策に効果があると言われています。

皮の色によって成分が異なる!?

ここからは、バナナの色について少し説明させてくださいね!

実はバナナを食べる時に、皮がどの段階の色にあるかで、期待できる効果が多少異なってくると言われています。

まずは青系バナナです。

favicon 青系バナナについて

青系バナナイメージ

青系バナナは、食べごろよりも少し前のバナナの色を指します。成熟しきってないので、少し甘さが控えめで、どちらかというと酸味が強い傾向があるとニキビ太郎は感じています。

ですが、腸内環境を良くする為に大変優れていると言われています。

青系バナナは、成熟しきっているバナナと比較して、「難消化性デンプン」が多く含まれていると言われています。

これは、食物繊維と同じ働きをすることで知られています。

通常は、色がバナナの黄色に近づくにつれて、分解されて甘みが増すのですが、まだ青いことから、難消化性デンプンが多く残っている状態なんですね。

そのため、食物繊維がより多く含まれているバナナと同じということになり、他の色のバナナよりも腸内環境を良くする効果が期待できると言えると思います。

だけど、実際食べると、種類によっては本当に無味で、シャキシャキで何だコレ!!!!!

と少しストレスが溜まることがあるので、ニキビ太郎は普通に黄色くなったバナナを食べることをオススメしたいです!

青系バナナは、食べた後に口の中が少しザラつきます。汗

青系バナナイメージ2

favicon 黄色バナナ

黄バナナ

次は、通常の黄色のバナナについてです。

この段階になると、難消化性デンプンは分解され、青系バナナよりも甘みや香りが良く、食べやすくなっていて、これぞバナナ!という感じになっています。

他にも、ビタミンB2ナイアシン(ビタミンB3)やビタミンB6といった、美容ビタミンと呼ばれる栄養素がより摂りやすくなるかもしれないです。

バナナは他の果物と比較しても美容ビタミンを含む割合が、ダントツで突出していると言われています。

これらのビタミンが不足すると、体内の代謝がスムーズに行かなくなり、皮脂が大量に分泌され、ニキビや吹き出物が出来やすくなるといった現象が現れます。

ですが、黄色バナナを摂取することで、美容ビタミンを効率的に摂れるので、ニキビや吹き出物対策や予防に大変有効だとニキビ太郎は考えます。

favicon 茶色バナナ

茶色バナナ

最後に茶色バナナになります。この段階になると、バナナの甘みが格段に増し、コクといったものも感じられるようになりますよね!

バナナ関係の書籍を読んでいると、「黒バナナ」と表現して、激推ししているお医者さんもいるようです。

また、青系バナナや黄色系バナナと比較してかなり柔らかくなるので、甘くて柔らかいものが好きという人は多くいると思います!

この茶色の段階になると、より高い免疫効果が得られると言われています!(ちなみに、茶色い斑点はシュガースポットと呼ばれます)

また、茶色く(黒く)なったバナナは天然のサプリメントとも表現されることがあります。

その理由として、バナナは茶色く熟成(発酵)してくると、細胞膜が壊れやすくなっているので、酵素量がより増加し、僕たち人の身体の代謝を助けてくれる働きが期待できるからです!

さらに、バナナの発酵(茶色く、黒くなる)することで、バナナに含まれるデンプンがいい感じに分解されて、その結果オリゴ糖が増えると言われています。

他にも、免疫力を高めてくれるインターロイキン(IL-12)と、胃の粘膜を保護する効果のあるリン脂質が増加するとされています。

また、黄バナナより、茶色バナナの方がGI値(血糖値を上昇させる数値)も低いので、健康に優しいことになります。

保存の仕方の極意

ここでは、ニキビ太郎流のバナナの保存の仕方を紹介していきますね!

バナナマニアでもあるニキビ太郎が毎日実践している方法でもあります!

favicon 基本は常温で保存する

バナナは赤道近くの国(熱帯・亜熱帯地域)で主に生産され、日本はそれを輸入しています。そのため、気温が低すぎるところではバナナが低温障害を引き起こすことがあります。(寒いところに置いていたら、皮が黒ずんだというのは、この低温障害である可能性が高いです)

逆に高温すぎるところでも傷みやすくなってしまうので、できれば20度前後の場所で保存できるのが1番最適だと言われています!

ニキビ太郎は九州の田舎に住んでいるのですが、真冬や真夏は冷房や暖房が程よく効いた部屋に置いて、それ以外の季節はキッチンで保存しています。

ちなみに、早く熟成させるためにビニール袋に入れておくと、バナナから出るエチレンガスによって発酵のスピードが高まるので、オススメです。

逆に真夏であれば、常温保存していると発酵が早く進み過ぎて、すぐに食べれない状態になる可能性があるので、少しでも黒くなったら冷蔵庫に入れるなどの工夫が必要になってくるかもしれないです。(冷蔵庫に入れても黒く低温障害になるので、難しいところではあります)

favicon バナナスタンドを活用してみる

バナナ逆さま

これは、高校生の頃に友人宅で知ったのですが、最近ではバナナスタンドなるもの(バナナ専用の保存スタンド)が開発されて、それにバナナを吊るして保存するという方法です!

そうすることで、バナナの重みによってバナナの一部だけが重みで傷まないように、また黒くなりすぎないようにするためにかなり重宝します!

早速ニキビ太郎もこれを知った翌日に、アマゾンでお洒落なバナナスタンドを購入しました!オシャレなものであれば、普通にインテリアとして良いですよ!

バナナスタンドがなければ、バナナの接地面を少なくする置き方(房を反対にして置く)もアリだと思っています。

favicon 真夏は凍らせるのもアリ!

もう1つ紹介したい保存方法があります。それは真夏にはバナナの皮をむいて、ラップに包み、それを冷凍保存するということです!

これはバナナの種類によって甘みや風味がかなり変わるのですが、ご自分が好きなバナナを冷凍保存して、食後のデザートとしてアイス代わりに食べるのも結構美味しいのでオススメです!^^

バナナで若返るのかを検証した研究がある

ビタミン1本(100g 86kcal)当たりに含まれる栄養素は、

ビタミンB6 : 0.38mg
ビタミンB2 : 0.04mg
ビタミンB1 : 0.05mg
ナイアシン : 0.7mg
葉酸    : 26μg
パントテン酸: 0.44mg
ビタミンC : 16mg

だと言われています。(引用:文部科学省 食品データベース:バナナ,2017/06/30)

このバナナを、「肌の衰えを感じている」と言われている女性達に4週間バナナを食べ続けてもらうといった研究が行われたそうです。

その結果、肌の水分値・油分値・弾力が研究前と比較して上昇したという研究結果があります。

バナナを食べることで、腸内環境がいい状態になり、体重増加もなく、排便がしっかりと行われるようになったという感想を述べられているそうです。

ただし、いくらニキビ予防になるからといってバナナばかりを食べ過ぎると、お腹を壊したりすることもあるので、食べる量は食べ過ぎないように注意する必要がある、とニキビ太郎は実感しています。

オススメ「バナナ」レシピ!

ここからは、ニキビ太郎がオススメしたいバナナレシピである、「バナナ+豆乳+ヨーグルト+ハチミツほうれん草のグリーンスムージー」を紹介していきたいと思います。

バナナは牛乳やヨーグルトといった乳製品と一緒に食べることによって美肌効果が高まると言われています。

なので、それらを中心に取りあげていきますね。

favicon バナナ+豆乳+ヨーグルト+ハチミツとほうれん草のグリーンスムージー

バナナとヨーグルトで整腸作用が期待でき、その結果として美肌作用もあり得ます!

バナナ+豆乳+ヨーグルト+ハチミツとほうれん草のグリーンスムージー

また、豆乳に含まれるイソフラボンやバナナのトリプトファン(必須アミノ酸)とビタミンB6なんかといい感じにマッチングしてストレスの解消や身体のむくみ、そして女性であれば生理の前の不調にも効果があると言われています!

バナナ+豆乳+ヨーグルト+ハチミツとほうれん草のグリーンスムージー2

この特製グリーンスムージーはニキビ太郎の夏の定番で、食材を入れてミキサーにかけるだけなので、時短ですし、何より味もめちゃくちゃ美味しいので、おやつ代わりに飲んでいます!

また、筋トレにチカラを入れている時は、ここにプロテインも入れてタンパク質を多めに摂取したりしています!

非常に美味しいので、皆さんも機会があれば飲んでみて欲しいです!

→必見!グリーンスムージーはニキビ予防に劇的な効果をもたらしてくれる!?

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

参考文献

バナナ参考文献

・ドール社員が教えるきょうのバナナレシピ(書籍名),永岡修一(発行者),株式会社永岡書店(発行所),合同会社ドール(監修者),2013年7月10日(発行)

・黒バナナ健康法(書籍名),鶴見隆史(発行者),株式会社アスコム(発行所),2015年12月24日(発行)

・夜バナナで8割の不調は治る!(書籍名),廣瀬和二(発行者),辰巳出版株式会社(発行所),松生恒夫(監修者),2017年1月25日(発行)

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できる!?

コメントを残す

このページの先頭へ