注目!炭水化物を食べ過ぎるとニキビの原因になる!?その真相に迫ります!

[最終更新日]2017/01/23

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
炭水化物を食べ過ぎると、ニキビ吹き出物といった肌荒れを引き起こしやすくなると言われています。
炭水化物がニキビの原因に!?イメージ

悩む人の中には、お米やパン・パスタなどの炭水化物を食べると、ニキビや吹き出物が出来やすくなる・・・といった人は多いと思います。実際にニキビ太郎もそのタイプです。。。(汗)

実は、その炭水化物に含まれる「糖質」が僕たちの肌にニキビや吹き出物を作ってしまう原因の1つになっている可能性があるって知っていましたか・・・?

ですが、日本人の主食と言えば「お米」ですよね?他にも、「麺類(うどん、そば)」や「パスタ」に「パン」。そして「じゃがいも(これも炭水化物です)」など・・・食事メニューの中に欠かせない食材ばかりです・・・Orz

以下では、炭水化物とニキビの関係について、お医者さんや専門家の方から聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!また炭水化物を食べても、ニキビや吹き出物を出来難くする対策方法(ニキビ太郎流)も記載してますので、良かったら参考にしてみてください!

因みに、炭水化物にはラーメン、おもち、お好み焼きに使われる小麦粉や米粉、またバナナやおせんべい なども該当すると言われています。

炭水化物がニキビの原因になる理由

ご飯イメージ

炭水化物ってよく味わって食べると、「甘い」味がしませんか??

例えば、白ご飯をそのまま食べて、しばらく噛んでいると甘みを感じると思います。

これは「糖質(糖分)」を含んでいるからなんですね。

白ご飯が口から胃へと移動したら、まず消化が始まります。(本当は口の咀嚼の段階でも唾液によって消化は行われていると言われています)この消化を経て、炭水化物はブドウ糖(糖質)へと変わるとされています。

そして、消化されても体で消費しきれない余った糖質(糖分)は、さらに体内で分解され、脂質(グリコーゲン)に変身します。

ちょっと消化について書きましたが、糖質を過剰に摂取することによって、皮脂の過剰を引き起こす可能性があると言われています。そうなると、ニキビや吹き出物の原因にもつながる可能性が高まってしまうとニキビ太郎は考えています。

大切なことなのでもう一度書きますね。

糖質の過剰摂取が皮脂の分泌を増やす可能性がある

つまり、皮脂が大量に排出されると、それだけ毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの発生につながってしまうということなんですね。

→注意!皮脂の過剰分泌は吹き出物や肌荒れの原因になる!?

ビタミンB2イメージ画像
ビタミンB6イメージ画像

また、糖質を分解する時に、大量のビタミンB群やミネラルを消費してしまう、と言われています。なので、炭水化物を食べ過ぎると、本来であれば肌細胞の代謝に使用する分のビタミンを、糖質の分解に回してしまうということになります。

これは、肌の新陳代謝(=ターンオーバー)の機能を乱すことにつながり、その結果として古い垢(角質)がいつまでも角質層に蓄積するので、それが毛穴を詰まらせる可能性を高めてしまうと言われています。

つまり、ニキビや吹き出物といった肌荒れを発生させたり、悪化させたりすることにも繋がるとされています。

また、ビタミンB2ビタミンB6は、皮脂の分泌を抑制してくれる働きがあるので、このビタミンB群が減ると、それだけ皮脂の分泌を抑えきれなくなることが考えられます。

因みに、この糖質の問題はチョコレートやケーキなどの甘い食べ物にも同じことが言えますので、甘いお菓子を食べ過ぎることにも注意が必要となるとニキビ太郎は考えています。

カレーライスは非常にヤバい!?

カレーライスイメージ画像

ニキビ太郎はカレーライスがめちゃくちゃ好きで、以前は週に5回食べることもありました。この時はまだカレーライスを食べ過ぎることが、ニキビの出来る原因になっていることなんて知らなかったからですね。

皆さん!カレーライスに含まれる食材を思い出してみてください。

・ごはん(炭水化物)
・ルー(市販のものだと大半が脂質)
・じゃがいも
・にんじん

・・・これだけ見ても、炭水化物(糖質)と脂質のオンパレードですよね。。。しかも糖質と脂質のコラボです。美味しいものには、糖質と脂質が含まれている!!と最近CMでよく耳にしますが、、、このことだったんですね。。(汗)

上記のことから、カレーを食べ過ぎると、ニキビの原因になる可能性が高まると言えるのではないでしょうか?

→驚き!カレーはニキビの原因になる!?カレーパンに含まれるルウも危ない!?

ニキビを予防するためには、炭水化物を控えることがポイント!?

糖質制限食メニュー例

ニキビ太郎はニキビを良くするために、夕食に「糖質制限食」という食事法を自ら実践し、その結果ニキビを劇的に予防することができたと感じています。

この記事の1番したで紹介しているリンク先は、ニキビ太郎が実際に食べているメニュー等を詳しく載せている記事になります。

また、朝と昼は腸内環境を良くするバランス重視の食事を取り入れいます。(夕食は糖質制限食を取り入れています。)

ニキビが酷い人ほど参考にしてほしいので、是非リンク先記事を覗いてみてください!!

初めから全く炭水化物を摂らないのもストレスが溜まると思うので、最初はご飯の量を減らして、タンパク質の食材を一品増やしてみるといったことから始めると継続してきやすいと感じています。なので、少しずつ慣れていく方法が1番オススメです。

炭水化物を全く食べないのも問題に・・?

パンイメージ画像

ここまで炭水化物がニキビや吹き出物の原因だと説明してきましたが、だからといって全く炭水化物を摂らないといったことはしない方がいいとニキビ太郎は考えます。

ちょっと矛盾している感じがしてると思います。。。すみません。ですが、その続きを以下にまとめますね。

炭水化物を極端に減らさない方がいいと考える理由として、炭水化物も人間が活動していくためには絶対に必要なエネルギー源だからですね。糖質も上手に摂取しないと、体内の血糖値の数値が下がり、脳の機能もへたすると低下してしまうと言われています。そうなると、日常生活に支障をきたすことも十分に考えられますよね?

他にも、炭水化物(白ご飯)を食べる量が減り、それが便秘につながるといった問題も出てくる可能性があります。(※日本人の腸は欧米人と比較して長いとされていて、また日本人特有の腸内細菌で、お米や玄米などを食べることで予防できると最近分かってきたそうです。なので、お米をしっかり食べることも大事だと言われています)

食事のメニューにキチンと炭水化物も取り入れて、上手につき合っていくことも非常に重要になると、ニキビ太郎は思います!!!

やはり基本は、バランスの摂れた食生活が大事になると考えます!!

あくまでも、炭水化物(糖質)の食べすぎがニキビの原因となる皮脂の過剰を招いたり、自己治癒力機能を低下させることがあるということが、今回伝えたいポイントです。

パンとご飯なら、ご飯を食べる方が良い!

朝はパンイメージ

朝ご飯がご飯とお味噌汁派、またはパンとコーヒー派の人もいると思います。

実は同じ炭水化物でも、ニキビや吹き出物が出来やすいもの、出来にくいものがあると言われています。。その代表的な比較になるのが「白ご飯」と「パン)」ですね。

さて、あなたはどちらの食品の方を食べ過ぎると、ニキビや吹き出物を発生させると思いますか?

・・・

正解は「パン」になります。

その理由は、パンを構成する原材料に原因があります。パンを作るには、主に小麦粉と水、イースト菌、塩、マーガリンやショートニングなどの油が必要となります。

菓子パンになると、それに大量の砂糖やジャム、卵や生クリームなんかも入ってくるので、さらに糖質や脂質量の増えることになります。

何度も記述しますが、糖質は食べ過ぎると毛穴から分泌される皮脂の量を増加させ、毛穴を詰まらせやすくなる可能性があると言われています。なので、ニキビなどの肌トラブルを抱えやすくなってしまうんですね。。

また、パンに使用されるマーガリンやショートニング系の油脂は、トランス脂肪酸と呼ばれていて、人の体では分解することのできない油脂だと言われています(涙)

そのため、普通よりもビタミンB群・ミネラルの栄養素を大量に必要とします。それでもトランス脂肪酸のほとんどを分解できないため、体に「セルライト」と呼ばれる取れない脂肪が付いたり、毛穴から皮脂が大量にでたりしてしまうんですね。。

例えば、腕や太ももあたりをぞうきん絞りのように絞ってみて、カタカタとしたものが「セルライト」と聞きます。ニキビ太郎の太ももにもあったので、ちょっと衝撃的でした。(汗)

ドーナツイメージ
ハンバーガーイメージ

このトランス脂肪酸は、パン意外にもお菓子系に多く含まれていることが多いと言われています。例えば、ケーキやアイスクリーム、スナック菓子やクッキーやハンバーガー、フライドポテト、ドーナツなんかにも使用されているので、

マクドナルドでハンバーガーとフライドポテト、マックシェイク、ジュースのセットを頼むと、糖質や取れない脂質のオンパレードで、最高にニキビや吹き出物といった肌荒れを作る環境が整うことになってしまいます(汗)

ニキビ太郎もニキビの酷かった学生時代に、駅前にあるマクドナルドやミスタードーナツに頻繁に通っていたので、今になってかなり後悔しています。。(><) なので、パンよりも糖質や脂質の少ない炭水化物である「白ご飯」を食べる方が、ニキビや吹き出物などの肌トラブルを発生させにくいと言われています。 最後は油脂の話になってしまいましたが、炭水化物に含まれる糖質は、ニキビの原因になってしまう可能性がある、ということは覚えておきたいところです。

油脂の全てが悪ではなくて、油脂の中にも必須脂肪酸と呼ばれる摂らなくちゃいけない油脂もあります。こちらの記事で詳しく書きましたので、良かったら参考にしてみてください!

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

 
  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→必見!酵素の力で吹き出物や肌荒れを素早く予防できる!?

コメントを残す

このページの先頭へ