衝撃!ビタミンAが不足するとニキビの原因になる!?その真相に迫っていきます!

[最終更新日]2016/07/14

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
ビタミンAが不足すると肌荒れや乾燥、そしてニキビや吹き出物の原因となりえます。抗酸化物質でもあるビタミンAは、積極的に摂りたい栄養素です。
ビタミンAが不足するとニキビの原因になる!?イメージ

ニキビや吹き出物といった、肌荒れのない綺麗な肌を維持するためには、意識して抗酸化物質を含む食品を摂取していきたいです。

その代表的な抗酸化物質に、ビタミンAが挙げられます。このビタミンAはレバーなどに多く含まれています。

また、にんじん等に含まれるβカロテンは体内で必要な量だけビタミンA(レチノール)に変換されます。これは調べるまでニキビ太郎も知らなかった衝撃の事実です。

βカロテンとは何なのでしょうか?

β(ベータ)カロテンは主に緑黄色野菜に多く含まれていて、抗酸化作用もある脂容性物質です。

favicon ベータカロテンとビタミンAの違いは?

ビタミンAイメージ画像2

ニキビ太郎も最初疑問に思ったのですが、ビタミンAとβカロテンの違いは何なのでしょうか?

→βカロテンが体内に入るとビタミンA(レチノール)に変わるため、栄養素としては同じと捉えても大丈夫です。

ただし、サプリメントなどで体内へ摂り込む場合は、誘導体であるβカロテンの名前がある方が吸収率が良いと言われています。

ただし、レチノールは脂溶性のビタミンなので、摂りすぎると体へ悪影響(頭痛や吐き気など)があると言われています。なので、サプリメントでビタミンAを摂取する際にはレチノールと書かれているサプリより、βカロテンと書かれたものを選ぶようにしましょう!

次は、ビタミンAの効果について調べていきますね!!

ビタミンAの主な効果とは!?

ビタミンAイメージ画像

ビビタミンAの主な働きは、皮膚・粘膜の健康を保ち、肌をしっとりとさせる効果があります。

また免疫機能を正してくれたり、鳥目の予防にも役立つ栄養素だと言われています。

以下で美肌効果とトリ目や視力低下の予防について詳しく見ていきましょう!!

favicon 美肌効果が期待できる

ターンオーバーイメージ図2

ビタミンAは、肌の新陳代謝(=ターンオーバー機能)を高めてくれる働きがあります。

ターンオーバー機能が正常に働くと古い角質が肌に溜まる事を防ぎ、これがニキビや吹き出物の予防につながります。

また、ビタミンAには肌の乾燥を防ぎ、肌をしっとりさせる効果があります。肌が乾燥すると、それも毛穴を詰まらせる原因にもなるので、これもニキビや吹き出物といった肌荒れの予防になります。

逆に、ビタミンAが不足して肌のターンオーバーが機能しなくなると、肌のバリア機能が不安定になります。

これは、肌の外敵(紫外線アクネ菌など)の影響を直接的に受けるようになり、ニキビや吹き出物を初めとした様々な肌トラブルに見舞われる危険性があります。

favicon 活性酸素から細胞を守る働き!

活性酸素から肌の老化を防いでくれるイメージ

体内に取り込んだ酸素は、僕たちの活動によって一定量の活性酸素に変換されます。また、強いストレスやタバコやお酒なんかも活性酸素を発生させる原因です。

この活性酸素は「悪玉酸素」とも呼ばれていて、これが体内で発生すると、体内にある脂質を過酸化脂質に変換し、細胞をサビつかせます。つまり、肌を老化させてしまうということになります。

もしもそのまま活性酸素を放置しておくと、どんどん過酸化脂質は増えていき。結果として細胞達も徐々に酸化し、老化していってしまうことになります。これは、ニキビや吹き出物を発生させる原因となります。

そこで登場するのが、ビタミンA(βカロテン)に含まれる抗酸化物質です。

抗酸化作用のあるビタミンAは、活性酸素を無毒化し僕たちの細胞を酸化(老化)から守ってくれる働きがあります!

なので、ビタミンA(βカロテン)を含む緑黄色野菜などを積極的にとって、ニキビといった肌荒れを予防に役立てたいビタミンです!

favicon トリ目や視力低下を防ぐ

肌荒れの予防効果だけでなく、βカロテンから変換されるビタミンAは、視力の低下を防いだり、トリ目の予防の効果を発揮してくれることが明らかになっています。

ビタミンAが不足すると、視力の低下やトリ目を発生させやすくなってしまうので注意が必要です。

一日にどれくらいの量を摂ればいいと?

成人男性 : 850(μg) 上限値2,700(μg)

成人女性 : 650(μg) 上限値2,700(μg)

※引用:内閣府食品安全委員会(2013)「ビタミンAの過剰摂取による影響(http://www.fsc.go.jp/sonota/factsheet-vitamin-a.pdf,2015/05/09)。

例えば、にんじんだと1日に80gほど食べると、それだけでビタミンAを600μg摂れることになります。

また、ビタミンAは油性なので、油と一緒に食べると吸収率が上がります。そしてビタミンAは抗酸化物質なので、ひとつの食品から摂取するよりも、多くの食品を組み合わせて摂ることがより高い効果が期待できるといわれています。

※1μgRE=1μgレチノール=12μgβカロテンです。

1μg(マイクログラム)REは、レバーなどの動物性食品に含まれている、レチノールの1μgに値し、緑黄色野菜などの植物性食品に含まれるβカロテン12μg(マイクログラム)を摂取することと同じです。

まとめ

生理作用 不足すると ビタミンA多く含む食品
・皮膚や鼻・喉の粘膜を健康にしてくれ、免疫力を高めてくれる
・肌を潤してくれる
・骨を丈夫にしてくれる
・視力低下を防ぐ効果が期待できる etc
・肌の角化異常
・体の成長を妨げる
・肌の乾燥
・視力低下、トリ目、ドライアイ
・免疫機能の低下
・うなぎ
レバー
チーズ
たまご
・のり

↓βカロテン↓
にんじん
・かぼちゃ
ブロッコリー
トマト
ピーマン
ほうれん草
・春菊

逆に、ビタミンAを摂りすぎると、頭痛や吐き気、皮膚や粘膜が剥がれる、筋肉痛、胎児の奇形リスクなどがあると言われています。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

 
  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→注目!ビタミンB2は吹き出物などの肌荒れ予防や予防に効果があります。

コメントを残す

このページの先頭へ