注目!ストレスはニキビの原因になる!?今回はその真相にせまっていきます!

[最終更新日]2016/07/14

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

  • POINT!
ストレスは肌に悪影響とよく耳にしますが、実はこれ科学的にも証明されているそうです。また、ストレスはニキビや吹き出物といった肌荒れの原因にもなっているので、ストレスを溜め込むことは非常に危険です。以下で詳しく見ていきましょう。
ストレスがニキビの原因に!?イメージ

ニキビや吹き出物が出来たら、一向に良くならない。。。という人は、ストレスが原因なのかもしれません。人の体は強いストレスを感じると、肌トラブルだけでなく、睡眠障害や鬱などの深刻な問題を引き起こします。

ストレスは主に、大人ニキビの大きな要因の1つだと言われています。なので、今回はストレスによって発生するニキビが、どのような仕組みで出来ていくのかを以下で詳しく見ていきますね!

ニキビや吹き出物ができる過程を知れば、予めニキビ予防策を考えることも可能です。また、ストレスに負けない体作りも可能となるので、是非参考にしてみてください!

脂性肌(オイリー肌)や毛穴詰まりの原因に

ストレスは毛穴詰まりの原因にイメージ

人がストレスを感じると、そのストレスに対抗するために、コレチゾールやアドレナリンと呼ばれるストレスホルモンが副腎皮質から排出されます。

コレチゾールが分泌されるようになると、体内では男性ホルモン(テストステロンなど)の分泌も多くなります。すると、毛穴から分泌される皮脂の量も同時に増加していきます。

この他にも、ストレスによって分泌される、「ノルアドレナリン」というホルモンも皮脂の過剰を促進させる働きがあると言われています。

なので、ストレスを継続的に受け続けると、どうしても男性ホルモンが優位になり、顔は皮脂がたくさんある状態へとなってしまいます。この状態を脂性肌やオイリー肌と呼んだりします。

また、男性ホルモンには肌の1番上にある角質層を硬くする作用もあるため、肌のターンオーバー機能を乱し、毛穴を塞ぎがちにさせます。

→注目!毛穴の詰まりが吹き出物や肌荒れの原因になっています。

さらに、ストレスによって血行が悪化すると、肌に必要な栄養素も届け難くなります。それが、肌の代謝を悪化させ、肌の一番上にある角質層に古い垢(角質)が蓄積しやすくなり、さらに毛穴を詰まりやすくなってしまいます。

これは、大人ニキビや吹き出物の大きな原因となってしまいます。

これらストレス(男性ホルモン)による2つの作用によって、肌はニキビや吹き出物といった肌荒れを作りやすい状態になってしまいます。

活性酸素を発生させる

強いストレスを継続的に受け続けると、体内で大量の活性酸素を生み出してしまいます。活性酸素が体内に発生すると、細胞を老化させるだけでなく、皮脂を酸化させやすくなり、皮膚にダメージを与えやすくなってしまいます。

つまり、ニキビや吹き出物といった肌荒れを作る要因ということです。

また、真皮細胞にあるメラノサイトと呼ばれるシミの原因細胞を刺激し、シミや毛穴の黒ずみの原因になると言われています。

→要注意!活性酸素が吹き出物や肌荒れの原因になる可能性がある!?

皮脂の中にあるスクワレンを酸化させる

スクワレンを酸化させるイメージ

皮脂の中の約10%を占める「スクワレン」と呼ばれる、非常に酸化しやすい油脂成分があると言われています。

そのスクワレンは、ストレスによってより酸化しやすくなると言われています。つまり皮脂の酸化なので、過酸化脂質を作る原因になってしまうんですね。。(汗)

また非常に厄介なことに、過酸化脂質となったスクワレンは他の皮脂を酸化させるといった負の連鎖も生み出すと言われています。。

過酸化脂質は、毛穴にダメージを与え続けます、その結果毛穴を詰まらせやすくなったり、真皮細胞にあるメラノサイトを刺激し、毛穴の黒ずみだけでなく、シミの発生にも大きく関わってきます。

もちろん、毛穴のダメージはニキビや吹き出物といった肌荒れもより引き起こしやすくなる可能性が高くなります。(泣)

ニキビの発生がストレスの原因に!?

ニキビのせいで本気で死にたいイメージ

ニキビで悩んでいる人ほど、鏡で自分の顔を見た時の絶望感というストレスを感じると思います。ニキビ太郎も酷いニキビやニキビ跡のせいで、鏡を見る度に落ち込み、本当に生きる希望すら失っていた時期もあります。

一日中ニキビのことで悩んでいたからですね。。(泣)

これらは全てストレスであり、よりニキビや吹き出物、ニキビ跡を悪化させてしまいます。

ニキビは本当に「死ぬ」ことも考えてしまうほどの、深刻な肌の病気です。なので、場合によっては早めに皮膚科や精神科にかかることも重要になってきます。

ニキビ太郎は2カ所の皮膚科に行っているのですが、最初に行った皮膚科は完全に外れでした。。(泣)

勇気を出してニキビの診察をお願いしたのですが、先生が少し顔を見て「酷いですねー」「ニキビに効く化粧水」を出しておくので、それで様子を見てくださいというだけの診察で5分程度だったと思います。。

最初がそれだったので、皮膚科には2度と行かないと思っていたのですが、インターネットを通じて皮膚科にも当たり外れがあるということを知り、2回目は違う皮膚科に行きました。

すると、そこのじいちゃん先生が本当に親身になって相談にのってくれて、ニキビに効果的な「ディフェリンゲル」を紹介してくれて、またスキンケアの仕方や食生活まで詳しく指導してくださり、本当に大当たりでした。

おかげさまで、今ではあんなに酷かったニキビで悩むことはほとんどありません。

ニキビは本当に精神的ストレスを蓄積する、非常に厄介な皮膚の病気です。本当に取り返しのつかないことになる前に、早めに皮膚科を受診し、悩みを相談してみることも非常に重要になってくるとニキビ太郎は強く思います。

ニキビ太郎がやっているストレス発散方法

ここで、実際に僕がストレスを解消するためにやっている方法を紹介しますね!

軽い運動を取り入れる

運動イメージ画像2

僕は仕事や日常生活で嫌な事があると、ストレスをためやすい体質のようです。なので、毎日少しでもストレスを減らすために、軽い運動をするようにしています。

具体的には「軽いジョギング」や「ウォーキング」、「ストレッチ」をするようにしています。最近では体幹トレーニングも取り入れています。

また、時間や体力的に余裕があるときは、腕立て伏せや腹筋などの筋トレも好きなので取り入れていますね!

僕ニキビ太郎は初め、ニキビや吹き出物を予防するために開始したのですが、毎日やっていると習慣的になり、先日は東京マラソン(フルマラソン)の大会に出るようになったりしました。

ここまでやる必要はないですが、運動することで気持ちが前をむくようになったり、目標のために色々メニューを作ったり、食事方法にも気を使ったりするようになったのは意外なメリットでした。運動は血行も良くなるので、冷え性などにも効果的です。

さらに、運動をすることによって、肉体的疲労が溜まるので、寝付きがよくなったり、睡眠の質が上がったりします。またニキビ太郎は、疲労回復が以前よりも早くなったと実感しています。

質の高い睡眠は、成長ホルモンをより分泌させることにつながるので、ニキビのない綺麗な肌を目指す人には絶対に欠かせないです。

やっぱり、人生何か目標や目的を持って活動していると、イキイキしてきますし、達成感も味わえたりするので、良いストレス解消にもなりますよ!

今やっている趣味などがあれば、それをとことん追求するという気持ちでやってみてください!楽しみがあれば、ニキビ予防や悪化を防ぐことにもつながると思います。

太陽の光を浴びること

ストレス解消イメージ画像

ニキビが顔にたくさんできると、それだけで外出したくなくなりますよね。。僕も本当にニキビやニキビ跡が酷かったので、その気持ちが痛い程よくわかります。

ですが、そんな時にこそ太陽の光を浴びることが重要になってきます。

ストレスは体内のセロトニン分泌を減らす作用があります。このセロトニンは、人の睡眠を助けるメラトニンの合成に深く関わる物質で、ストレスで減るということはそれだけ睡眠障害を引き起こす確率が高まるということになってしまいます。

太陽の光をたくさん浴びて、メラトニンの合成量を増やすことができれば、寝付きがよくなったり、睡眠の質を高めることが可能です。

また、睡眠はストレスを軽減してくるので、寝る時間が増えるということはニキビや吹き出物の予防にも大きく関わります。※もちろん睡眠も適切な時間の範囲で摂ることが重要です。(目安としては7〜8時間程度です。)

→注意!睡眠不足は吹き出物や肌荒れを引き起こす原因となります。

アロマテラピーも取り入れてみる

アロマテラピーイメージ

ストレス解消には、自分の好きな匂いを嗅ぐことも非常に有効だとニキビ太郎は感じています。

特にアロマテラピーはアロマオイル(精油)を使用するため、ストレスによって乱れた自律神経を整えてくれる働きがあると言われています。

実は欧米では、医療分野でアロマテラピーは大活躍していると耳にします。それだけ香りの力は僕たちに精神的安定をもたらしてくれるんですね!

僕は柑橘系の匂いが大好きなので、気分が落ちこんだり、やる気がでない時なんかは、柑橘系の匂いのおかげで活動的になったりします。

また寝る前には、マジョラムやラベンダーの匂いが副交感神経を優位にさせてくれるので、良いと言われています。

気づかないことろでストレスを感じている

実はストレスには人が普段あまり感じないストレスも存在しています。

例を挙げると、加工食品に含まれる添加物です。添加物を体内へ摂取するということは人体にとってストレスと感じてしまうんです。

だけど、普段自分が美味しいと思って食べている加工食品に対してストレスを感じたりしませんよね?

このように自分が全く気づかないところで、実は体にストレスが溜まってる場合が多いです。

そして、ストレスがニキビの発生の原因にもなっていたのはご存知だったでしょうか?ストレスとニキビは、実は切っても切れない関係なのです。(><)[br num="1"]

※余談

僕は一時期、会社の近くにあるお弁当屋さんで、ニキビを気にして野菜を中心としたメニューのお弁当を毎日買って食べていました。。毎日トウモロシと人参とブロッコリーの野菜炒めが入っていたのですが、、、これを良く考えてみるとなんだか冷凍食品っぽいんですよね。。

そしてある日、その考えが決定的となる時がやってきました。その日はお客さんが少なく、店内で静かにお弁当が出てくるのを待っていると、調理場から「チンっ」と聞こえて、さらには「チンできたよー」と奥からおばちゃんの声が聞こえて、すぐにお弁当もレジに運ばれてきました。

そのお店に居たお客さんは僕だけだったので、「チン」された弁当は間違いなくニキビ太郎のものでした。野菜を中心としたお弁当だから買っていたのに、それが冷凍食品だったなんて・・・よく考えてみるとそうしないと利益ってそんなに出せないのかもしれませんね。。このように、自分が気づかないとこで体にストレスを溜めていることは多くあると思います。

ストレスの大きさに比例して体の防御反応は大きく変わってきます。

ここで言う悪影響というのは、肌細胞へのダメージのことです。

ストレスホルモンイメージ図

ストレスを強く感じると、血圧が上昇するということを耳にしたことはありませんか?これはストレスに反応して体が分泌するホルモンによる影響なんですね。。

人は何かストレスを感じると、普段はあまり活発でないアドレナリンやノルアドレナリン、ステロイドホルモン、男性ホルモンの4種類のホルモンが分泌され始めます。(アドレナリンは、スポーツの解説とかでも頻繁に耳にしますよね!)

上に4つの種類を挙げましたが、まず初めに分泌が行われるのは、アドレナリンとノルアドレナリンの2つのホルモンです。先ほども紹介しましたが、体がストレスを強く感じると血圧が上昇します。それは、アドレナリンとノルアドレナリンの2つのホルモンによる影響で、体は緊張状態となってしまいまうからです。

この緊張した状態が長時間続くと、体が「ムリムリ。このままだと体が壊れる」と判断して次に「ステロイドホルモン」を分泌します。僕は、”ステロイド”という言葉を聞くと、体の炎症を抑えてくれるものだけど、副作用の強い薬のことを思い浮かべます。だけど、実は普段から体の中でも少し分泌されているらしいのです。

ニキビ太郎の場合は会社の上司に嫌みを言われた時が1番ストレスが溜まっていると思いますね。。あまり人の悪口を言いたくありませんが、「あなたの一言で傷つき、精神的苦痛を負っている人がいるの知っていますか?」と大きく叫びたいほどですね。。皆が人を思いやれる社会が実現すればいいのにと最近本当に思ってますね。。(なんかニキビとストレスなのに、話の内容がズレてすみません。。)

普段からステロイドは分泌されています。

起こってるイメージ2

例えば、酷い状態にまで悪化した皮膚炎や肺炎などの大きな炎症を起こしてしまうと、体内でつくられるステロイドの量だけは不足しているので、薬として大量に摂取する形の治療をする必要がでてきます。

だったら、肺炎や皮膚炎になったなら、どんどんステロイドという薬を服用すれば良いじゃん!と考えてしまいそうですが、このステロイドには、何度も書きますが多くの副作用があります。

例えば、

  1. 免疫力が低下してしまう。
  2. 血糖値が不安定になってしまう。
  3. 精神的に落ち込みやすくなってしまう。
  4. ミネラルバランスが乱れてしまう。
  5. 血圧の上昇を引き起こしてしまう。

その他にも、胃や腸が弱ったりしてしまうそうです。さらには、ニキビを作る原因になってしまう。。。どうしてかと言うと、ステロイドホルモンによって通常より肌の免疫力が落ちるからと言われているからです。恐ろしすぎますよね??(><)[br num="1"] 体をストレスから守ろうと防御反応をとることが、気付かないうちに逆に体を痛めつける結果となってしまう可能性があるんですね。。。こうやって体の仕組みを見ていくと本当に絶妙なバランスで体の健康が成り立っているんだなと思ってしまいます。

ストレスには十分注意して生活していかなくちゃいけませんね。

ストレスには、ストレッサーが深く関係している

人がストレスを感じる原因となるのは、ストレッサーという感情を引き起こすからです。ストレッサーは、大きく5つの種類に分類することができます。

1つ目は初めに光や温度、音など物理的な環境刺激に感じる物理的ストレッサー。急激な気温変化や、騒音被害に対して感じるストレッサーです。

2つ目に、タバコや食品添加物など科学物質や有機溶剤なんかで、目の異物感や喉のイガイガ、また匂いに関するもの、酸素欠乏なんかに感じるストレッサーは、科学的ストレッサーと呼びます。

3つ目に、生理的ストレッサーです。体が怠かったり、お腹がすいたり、虫歯で歯が痛む時に感じるストレッサーを指します。基本的には、体の問題が原因となります。

4つ目は、心理的ストレッサーです。心理的ストレッサーは、他のストレッサーと密接に関係していると言われています。不安や焦りなどに感じるストレッサーのことです。

最後に、現代社会の情報過多や経済問題、職場関係といったトラブルに関するストレッサーのことを、社会的ストレッサーと呼びます。

この内の物理ストレッサーと心理ストレッサーが、肌に大人ニキビや吹き出物といった肌荒れを引き起こす大きな要因になっていると言われています。

以下で、心理的ストレッサーを中心に詳しく見てみましょう!

favicon 心理的ストレッサーとは

ちょっと復習しますね!心理的ストレッサーとは、日常の不安や怒り、抑うつやいら立ち、さらには焦りのような感情を伴うもので、以下の4つに細分化することが出来ます。

①時刻に関するもの

人と決められた時間に待ち合わせしている時に、その時刻が迫っていることに焦りを感じてしまったりすること。また、仕事で決められた日時にまでに仕上げなくてはいけない資料があるのに、その締め切りギリギリになっても完成していないことに対する焦り。

他にも、大事な筆記試験で終了時間が近づき、周りの人に遅れをとらないようにする時に慌てる様子など。

上記のようなことは、時刻に関する心理的ストレッサーと呼ぶ事ができます。

②ノルマや課題に関するもの

例えば、学校で出された宿題を明日までに仕上げなくちゃいけないことに対するプレッシャーだったり、営業マンにかせられた売り上げノルマに対する心理的ストレッサーのこと。

③身体的脅威に関するもの

車や飛行機に乗っていて、いつ事故を起こすかわからないという場合に感じる不安や、建物の中や駅のホームなどで突然暴れた人に被害を受けるんじゃないかという不安に対して感じることを指します。

④自我の脅威に関するもの

例えば、野球をしている時に自分のミスでチームが負けた時、チームメイトの前で監督から厳しく指導を受けたりした時に感じる感情や、同期で入社した友人に昇進を先超された時の感情。このような自分の自尊心やプライドを傷つけられた時に感じる心理的ストレッサーのこと。

上記なような感情全体を、心理的ストレッサーと呼びます。

favicon 皮脂を増加させる

皮脂イメージ画像

心理的ストレッサーは、体内の自律神経のうちの交感神経を優位にさせる働きがあります。

交感神経は、脳が興奮している状態である時に優位になる神経のことで、この時にアドレナリンやアンドロゲンなどの副腎皮質ホルモンや、男性ホルモンのテストステロンの数値が高くなると言われています。

この内のテストステロンは、I型5αリダクターゼと呼ばれる酵素によって、ジヒドロテスタステロンに変化し、毛穴から排出される皮脂の量を増やす作用があります。

皮脂の量が増えると、それだけ毛穴の中に詰まる要因になりますし、顔が常にテカテカするような脂性肌の原因にもなってしまいます。

これは、物理的ストレッサーにも同じことが言えて、急激な気温変化や、騒音被害、また満員電車にいることへの精神的ストレスも体内の自律神経を乱し、交感神経を優位にさせます。

favicon 心理的ストレッサーを軽減するためには

心理的ストレッサーによって、不安や焦りのストレスを感じると、人は心から蝕まれ、ニキビや吹き出物といった肌荒れだけでなく、最悪の場合「鬱病」など病気も発症しえしまいます。

このような体への悪影響を、アロスタティック負荷と呼ぶようです。これが、大人ニキビを発生させる大きな原因の1つです。

では、この心理的ストレッサーを軽減するためにはどのようにしたらいいのでしょうか?

やはり基本は、規則正しい生活習慣で日常を過ごすことが、非常に大事になってきます。

あとは、自分がリラックスできるような環境をつくることも有効です。温泉につかりにいったり、好きな匂いやインテリアに囲まれて過ごしたり、映画や音楽鑑賞なんかも非常に効果的だとニキビ太郎は感じています。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!便秘は吹き出物や肌荒れの原因!その解消法を紹介します!

コメントを残す

このページの先頭へ